こと座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こと座
Lyra
Lyra
属格 Lyrae
略符 Lyr
発音 [ˈlaɪrə]、属格:/ˈlaɪriː/
象徴 the Lyre
概略位置:赤経 19
概略位置:赤緯 +40
広さ 286平方度 (52位
主要恒星数 5
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
25
系外惑星が確認されている恒星数 5
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 5
最輝星 ベガ(α Lyr)(0.03
最も近い星 2MASS J18353790+3259545;(18.5光年)
メシエ天体 2
流星群 こと座流星群
こと座7月流星群
こと座α流星群
隣接する星座 りゅう座
ヘルクレス座
こぎつね座
はくちょう座

[1]

こと座(琴座、Lyra)は、トレミーの48星座の1つ。北天の星座で、あまり大きな星座ではない。

α星は、全天21の1等星の1つであり、ベガ(七夕のおりひめ星)と呼ばれる。ベガと、はくちょう座α星のデネブわし座α星のアルタイルの3つの1等星で、夏の大三角と呼ばれる大きな二等辺三角形を形成する[2]

都会など空の条件のよくないところでは、明るいベガしか見えないが、そのすぐ近くに3-4等星が平行四辺形に並んでいるため、空の環境が良ければ比較的見つけやすい星座である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

  • α星:ベガ(Vega)は、こと座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ(実視等級0.03等)[3]スペクトル型A型の主系列星[3]、地球から比較的近く、およそ25光年の距離にある[3]。この星には塵のリングが見つかっており、惑星が存在するのではないかと考えられている。また、この星は写真に撮影された最初の恒星でもある。さらに13000年後には、北極星になる。
  • β星:シェリアク(Sheliak)は、B型の青色輝巨星(3等星)で、変光星である。「こと座β型」食変光星の代表星となっている。8等の伴星のある見かけの二重星でもある。
  • γ星:スラファト(Sulafat)は、B型の巨星で、β星と同じく3等星である。連星でもある。
  • δ星:青白い6等星(δ1星)と、4等から5等に変光する赤色輝巨星(δ2星)からなる見かけの二重星である。
  • ε星:5等のε1星と4等のε2星からなる二重星。かろうじて肉眼で見分けられるかどうかという程度の角距離で、全体で4等星となっている。さらに各々の星が実視連星であり、「二重の二重星」となっていることからダブル・ダブル・スターとも呼ばれている[4]。望遠鏡ならば、ε1星・ε2星ともに分離でき、4重星になっているのが分かる。
  • ζ星:4等星と6等星からなる見かけの二重星。双眼鏡で見分けることができる。
  • RR星:7等から8等まで収縮膨張を繰り返す「こと座RR型脈動変光星の代表星である。

星団・星雲・銀河[編集]

  • M56球状星団。約33,000光年の距離にある、やや疎(まば)らな星団。視等級8.3等、実直径約85光年。
  • M57(環状星雲):惑星状星雲。視等級8.8等、距離6,000光年から8,000光年。

その他[編集]

神話[編集]

非常に古い星図には鳥、特にハゲタカ(Vultur cadens)と記載される。はくちょう座、アルタイルとともに、ヘラクレスの12の冒険の6番目の冒険で殺された鳥とされる。

「こと座」とされるようになってから『カタステリスモイ』が語る神話は次のとおり。

発明の神ヘルメースライアーを発明し、アポローンが譲り受けて弾いた。この琴はアポローンの息子オルペウスの物となり、オルペウスは有名な音楽家になった。やがてオルペウスは妻エウリュディケーを娶ったが、妻はヘビに噛まれすぐに死んだ。悲しんだオルペウスは冥神ハーデースのところに行き、琴を弾きながら妻を戻してくれるよう頼んだ。ハーデースは琴の調べが大変に美しいのでこれを許可したが、途中決して振り返ってはならないという条件をつけた。帰る途中、もうちょっとというところでオルペウスは思わず後ろを振り向き、妻は冥界に連れ戻され、永遠にいることになり、オルペウスは身を投げて死んだ。(一説には、酒神ディオニューソスの祭りで泥酔した女たちに殺された)琴はそのまま川を流れていたが、ゼウスが拾い、星座とした。

東アジアの七夕伝説[編集]

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られる。わし座のアルタイルを牛飼いに見立てた恋物語が伝わっている。東アジアでは、7月7日がこの2つの星の祭日である。

出典[編集]

  1. ^ Ian Ridpath and Wil Tirion (2007). Stars and Planets Guide, Collins, London. ISBN 978-0007251209. Princeton University Press, Princeton. ISBN 978-0691135564.
  2. ^ 夏の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  3. ^ a b c SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME VEGA. 2013年1月15日閲覧。
  4. ^ 『天体望遠鏡で楽しむ星空ガイドブック』ビクセン 2009年 5版。33P

参考文献[編集]

  • パトリック・ムーア(編) 『ギネスワールド - 天文と宇宙』 中村 士・高田昌英・湯浅 学(訳) 講談社、1982年。
  • 原 恵 『星座の神話 - 星座の歴史と星名の意味』 恒星社厚生閣、1975年。

関連項目[編集]