やぎ座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やぎ座
Capricornus
Capricornus
属格 Capricorni
略符 Cap
発音 [ˌkæprɨˈkɔrnəs]、属格:/ˌkæprɨˈkɔrnaɪ/
象徴 the Sea Goat
概略位置:赤経 21
概略位置:赤緯 −20
広さ 414平方度 (40位
主要恒星数 9, 13
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
49
系外惑星が確認されている恒星数 2
3.0等より明るい恒星数 1
10パーセク以内にある恒星数 4
最輝星 δ Cap(3.0
最も近い星 LP 816-060;(17.9光年)
メシエ天体 1
流星群 Alpha Capricornids
Chi Capricornids
Sigma Capricornids
Tau Capricornids
Capricorniden-Sagittariids
隣接する星座 みずがめ座
わし座
いて座
けんびきょう座
みなみのうお座

やぎ座(山羊座、Capricornus, Capricorn)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

この星座には2等星以上の明るい星は無い。

海王星は、1846年9月23日、δ星の近くでドイツの天文学者ガレによって発見された。

主な天体[編集]

恒星[編集]

明るい星はα星、δ星、ω星の3星を結ぶ3角形上にある。

  • α星:アルゲディ
  • β星:ダビー
  • δ星:デネブ・アルゲディ(Deneb Algedi)は、やぎ座で最も明るい恒星。

由来と歴史[編集]

英語では、冬至点をやぎ座の名(The Tropic of Capricorn)で呼ぶが、現代の冬至点はいて座であり、やぎ座にはない。これは、古代バビロニア時代、冬至点がこの星座の中にあった名残だとされる[1]。地球の歳差運動のために、冬至点は年とともに西に移動する。そのため、冬至点がやぎ座にあった時代は、ちょうどバビロニア時代ごろになる[1]。このころに黄道12宮が制定されたため、冬至点をThe Tropic of Capricornと呼ぶようになった。きわめて古い星座であることが分かっているもののうちの1つである。

神話[編集]

古代メソポタミア[編集]

上半身は牡(または若い)ヤギで、下半身はコイエンキであるとされる[2]

ギリシア神話[編集]

カタステリスモイ』が引くエピメニデスの説では、アイギパーンが神々とともにティーターンと戦った際に、貝殻をホラガイのごとく吹き鳴らしたところ、ティーターンたちはその轟音にパニックを起こして潰走した。そのため、ゼウスがその戦功を嘉して星座とした。下半身が魚であるのは、魚と化して海に潜り、貝殻を手に入れた際の姿であるという。

しかし一般の説では、神々がナイル川沿いで宴会を開いていたところ、突然、怪物テューポーンが現れ、驚いた神々は動物に姿を変えて逃げた[1]。ヤギ頭の牧神アイギパーンはナイル川に飛び込んだところ下半身だけが魚になり、その姿が大神ゼウスによって星座とされた[1]。この神話から、ヨーロッパでは、角のある海ヤギという想像上の動物とされることが多い。

ローマ神話[編集]

ヤギの姿のカプリコルヌスとされる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0
  2. ^ 近藤二郎『星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』誠文堂新光社