玄武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
玄武(高松塚古墳壁画)。
玄武(玄天上帝)。
三垣
太微垣 紫微垣 天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿 亢宿 氐宿 房宿
心宿 尾宿 箕宿  
北方玄武
斗宿 牛宿 女宿 虚宿
危宿 室宿 壁宿  
西方白虎
奎宿 婁宿 胃宿 昴宿
畢宿 觜宿 参宿  
南方朱雀
井宿 鬼宿 柳宿 星宿
張宿 翼宿 軫宿  
近南極星区
元禄中所名星座

玄武(げんぶ、拼音: xuánwŭ ショワンウー)は、中国。北の星宿の神格化。玄天上帝ともいう。宋代には避諱のため、真武と改名されている。清代には北極佑聖真君に封じられている。上帝翁上帝公などとも呼ばれる。

北方を守護する。の長いが巻き付いた形で描かれることが多い(尾が蛇となっている場合もある)。ただし玄天上帝としては黒服の男性に描かれる。

玄とはを意味し、五行説では北方の色とされる。

奈良県明日香村キトラ古墳の石室内の北側壁にも玄武が描かれている。

中国天文学では、周天を天の赤道帯に沿って4分割した1つで、北方七宿の総称。北方七宿の形をつなげてのからみついたの姿に象った。

俳句において季語である「冬帝」・「玄帝」と同義であり、冬(北・玄)の象徴である。なお、冬のことを「玄冬」ともいう。

関連項目[編集]