青竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青竜の意匠を施した
三垣
太微垣 紫微垣 天市垣
二十八宿
四象
東方青龍
角宿 亢宿 氐宿 房宿
心宿 尾宿 箕宿  
北方玄武
斗宿 牛宿 女宿 虚宿
危宿 室宿 壁宿  
西方白虎
奎宿 婁宿 胃宿 昴宿
畢宿 觜宿 参宿  
南方朱雀
井宿 鬼宿 柳宿 星宿
張宿 翼宿 軫宿  
近南極星区
元禄中所名星座

青竜(せいりゅう、せいりょう、拼音: qīnglóng チンロン)は、中国伝説上の神獣、四神(四象)の1つ。東方青竜。蒼竜(そうりゅう)ともいう。福建省では青虎(せいこ)に置き換わっている。

現代日本語ではは英語で言うブルーを意味することが多いが、「」の原義は青山(せいざん)・青林(せいりん)のように緑色植物の色であり、本来は緑色をしているとされる。

東方を守護する。長いを出した竜の形とされる。青は五行説では東方の色とされる。また、青竜の季節はとされている。

天文学上は、二十八宿の東方七宿に対応する。東方七宿(角宿亢宿氐宿房宿心宿尾宿箕宿)をつなげての姿に見立てたことに由来する。

道教における人格神化した名前では、東海青龍王敖広と呼ばれる[要出典]

清瀧権現の善女龍王は中国・青龍寺に飛来したという。

秩父神社の「つなぎの龍」が青龍である。

俳句において季語である「青帝(せいてい)」・「蒼帝(そうてい)」・「東帝」と同義であり、春(東・青)の象徴である。但し、「炎帝」・「白帝」・「玄帝(冬帝)」と違い、「青帝」はあまり使われない季語であるため、小型の歳時記季寄せから削除されている場合が多い。なお、春のことを「青春」ともいう。

関連項目[編集]