館林市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たてばやしし
館林市
Tatebayashi Morinji Temple Gate 1.JPG
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
団体コード 10207-5
面積 60.98km²
総人口 77,002
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 1,260人/km²
隣接自治体 邑楽郡邑楽町千代田町明和町板倉町
栃木県足利市佐野市
市の木 クロマツ
市の花 ヤマツツジ
市の鳥 カルガモ
館林市役所
所在地 374-8501
群馬県館林市城町1番1号
北緯36度14分41.4秒東経139度32分31.6秒
館林市役所
外部リンク 館林市

館林市位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
館林駅前ロータリー(旧駅舎)
駅前通り(通称:てんしゃば通り)。てんしゃばとは方言説・館林駅に実際にあった転車場説あり。1986年に公募によって名づけられた。
「花のまちクイーンズ通り」(愛称)館林市立第二小学校前。館林駅から市役所までの都市計画道路館林駅前通り線。愛称は2009年4月に62通の応募の中から決定された。
館林城本丸跡と向井千秋記念子ども科学館
つつじが岡公園

館林市(たてばやしし)は、群馬県南東部にある。旧邑楽郡上毛かるたで「ツル舞う形」と喩えられた群馬県の「ツルの頭」に位置する。

概況[編集]

今から約2万年前に館林に最初に人々が住み始めた。中世になると赤井氏長尾氏由良氏などが館林を本拠地とし、最終的には1590年徳川四天王の一人である榊原康政関東以北への押さえとして館林城に入り城下町を整備した。江戸時代の第五代将軍徳川綱吉が城主だった時期(25万石)もある。

つつじの名勝つつじヶ岡公園や、全国的に有名な童話分福茶釜で知られる茂林寺、群馬県立館林美術館、製粉ミュージアムなどの観光地がある。

群馬県の平成の大合併以前からあった市としては、唯一市町村合併を行わなかった市であるが、邑楽郡大泉町を除く邑楽郡4町との合併に向けた研究会を設置している(現在協議中)。小麦が多く取れることから、日本のチェルノーゼムと自称している。また七五三は、館林城主徳川徳松の健康回復を願って1681年に始まったものが全国に広がった。

地理[編集]

東毛地域と呼ばれる群馬県の東部に位置し、市域の北部は渡良瀬川を隔てて栃木県佐野市及び足利市、東部は群馬県邑楽郡板倉町、南部は明和町及び千代田町に、西部は邑楽町に接する。

南北を渡良瀬川利根川の2大河川に挟まれ、鶴生田川が市街地を東西に、市西部を多々良川近藤川が南北に流れ、新堀川新谷田川谷田川が市南部を貫流している。城沼多々良沼近藤沼茂林寺沼などの沼が点在する低湿地帯と台地(大宮台地から切り離された館林台地、主に低台地)から成り立っている。

1986年(昭和61年)撮影の館林市中心部周辺の空中写真。市街地東方の湖は城沼である。
1986年撮影の5枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

人口[編集]

総人口:80,268人(男:40,205 人 女:40,063人)

世帯数:31,307世帯

(2010年現在の推計人口)

外国人登録者数:

中国 556人
フィリピン 313人
ブラジル 299人
ペルー 107人
韓国朝鮮 104人
バングラデシュ 80人
タイ 78人
2007年7月1日現在
Demography10207.svg
館林市と全国の年齢別人口分布(2005年) 館林市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 館林市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
館林市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 61,130人
1975年 66,410人
1980年 70,245人
1985年 75,141人
1990年 76,221人
1995年 76,857人
2000年 79,371人
2005年 79,454人
2010年 78,580人
総務省統計局 国勢調査より

名物[編集]

気候[編集]

冬から春先にかけて北風(からっ風赤城おろし)が吹き、夏はが多く発生する。

また、他県境付近の市(埼玉県熊谷市群馬県前橋市など)と同様、しばしば摂氏40度近い猛暑に見舞われる。2007年8月15日には40.2度、翌16日に40.3度を記録した。また、2010年には猛暑日の年間日数を埼玉県熊谷市と共に国内最多の41日を記録した[1]。さらに2011年6月22日には全国で最初の猛暑日を記録した。また、この年も猛暑日の年間日数が30日と国内最多であった[2]。2012年も同じく猛暑日の日数で32日と国内最多を記録[3]。これらの猛暑の現象は発達した太平洋高気圧がもたらす温かい大気が当市の北西にある赤城山方面から熱風となって吹き降りるためである(フェーン現象)。アメダス観測所は館林消防署(美園町)敷地内の土の上に防草シートを敷き、設置されている。

2001年から市民一斉気温測定を行い、市内の気温分布を調査している。アメダスの記録と比べ、露場が広く、芝生である館林城跡地では0.0~0.4度低く、交通量の多い道路沿いでは2~3度高い。館林市中心部では1~2度高く、郊外の森林や水辺では市街地より3~5度低いことから、高温は市街地で発生することがわかった(ヒートアイランド現象)。市民は打ち水緑のカーテンなどで気温を下げる活動を行っている。2008年6月に「暑さ対策本部」(本部長は市長)を設置し、市民、企業、行政が一体となって暑さ対策に取り組むことになった。

歴史[編集]

  • 旧石器時代縄文時代
    • 紀元前2万年~1万年 - 石器の発見により館林に旧石器時代(2万年前)から人々が住み始めたことが分かった。またそれより後の縄文時代の住居跡、石器、土器も発見された。当時はこの辺りまでが海であり館林は海への玄関口であった。
  • 弥生時代古墳時代
    • 紀元前300年ころ - 伝衛門遺跡・北近藤第一地点遺跡など150以上の地点で弥生時代の住居跡が発見されている。古墳時代になると天神双子古墳、山王山古墳、淵の上古墳など多数の古墳が作られた。調査の結果この地方は当時の中央政権の勢力下であったようである。
  • 奈良時代平安時代
    • 769年 - 書物『続日本紀』に「邑楽郡」(当時の館林も含むこの地方一帯の名前で、読みはヲハラキ又はオホアラキ)が登場する。ちなみに現在も館林以外の東毛地方を邑楽郡(オウラグン)と言う。
    • 927年 - 書物『延喜式』にも「邑楽郡」が登場する。この当時の邑楽郡内の地名には「長柄・疋田・池田・八田」があると記されている。
    • 1108年 - この時代中世の所領が形成され館林・邑楽一体には藤原氏系譜の佐貫荘が成立した。その後1184年の一ノ谷の戦い後、佐貫荘の佐貫広綱は頼朝の御家人となる。
  • 鎌倉時代室町時代
    • 1199年 - 頼朝が没し実権が北条氏に移ると佐貫荘など最有力の御家人を次々滅ぼし所領を没収。
    • 1333年 - 南朝の新田義貞と北朝の足利尊氏の対立が激化。館林一帯の佐貫荘は足利、新田両軍に分裂した。
    • 1338年 - 足利尊氏が室町幕府を開く。新田方の佐貫荘は所領を没収された。この頃館林一帯に足利方の佐貫荘の一族、舞木氏が頭角を現す。
    • 1416年 - 関東管領上杉禅秀が、足利持氏と対立。上杉方に舞木氏、岩松氏(新田一族)が加わり参戦する。しかしこの乱は鎮圧され上杉禅秀は自害。翌1417年、今度は岩松氏が蜂起するが、この時は舞木氏は足利方として戦い、岩松満純を討ち取りその首を鎌倉へ差し出した。
    • 1454年 - 羽継原合戦が勃発。佐貫荘舞木氏の被官赤井氏が台頭を表す。(赤井、舞木両氏とも足利成氏に重用される。)
    • 1471年 - 幕府・上杉方が足利荘と佐貫荘に侵攻。赤井文三赤井文六館林城に籠城して上杉勢と戦う。しかし、館林城は落城。上杉方は古河へ進撃、成氏は敗走した。当時の館林城は上杉方・足利方の中間に位置し両陣営攻防の拠点であった。
    • 1562年 - 上杉謙信(長尾景虎)が館林城を攻める。城主赤井文六は降伏し、忍城(現在の埼玉県行田市)へ落ちのびる。上杉謙信は館林城を長尾景長に与える。景長の没後、長尾家を金山城主次男(現在の群馬県太田市由良顕長が継ぐ。長尾・由良陣営は「新田・館林・足利」にまたがる一大勢力になった。
    • 1574年 - 長尾・由良陣営は北条氏との関係強化に踏み出す。これに反発した上杉謙信は新田・館林・足利各所に大々的に放火。これを長尾・由良陣営は防戦。
  • 安土桃山時代
    • 1578年 - 長尾氏の下で東毛地域の勧農開拓の為の植林、用水路事業を行い多大なる貢献をした大谷休泊(大谷新左衛門)が没する。
    • 1584年 - 北条氏直が館林城を攻める。翌年落城し館林城は北条氏規に与えられる。館林領は北条氏の直轄領となる。
    • 1590年 - 豊臣秀吉が北条氏討伐のため出兵。石田三成を将とする軍勢2万人を館林城に向かわせる(その他関東の北条氏の城にも攻撃)。館林城側は6千人が篭城。5月22日、石田勢は軍勢を三手に分け総攻撃するも4ヶ月たっても城が落ちなかった。石田勢は館林城東南の大沼(城沼)からの侵攻を計画するも、城攻め用に調達した大量の大木が消失する。北条氏勝から稲荷が館林城の鎮守として祭られていることを知ると、狐の霊験を恐れ開城交渉を申し入れた。城側もこれを受け入れ5月末退散した。この年徳川家康の江戸御打入り。江戸の総奉行で徳川四天王の一人榊原康政が館林城主となり、10万石を領する。康政は8月19日、領内茂林寺に対し寺中への狼藉・竹木伐採・放牛馬についての禁制を下す。
    • 1591年 - 榊原康政が竜興寺に対し寺中への禁制を下す。
    • 1595年 - 榊原康政が利根川、渡良瀬川の両川に計54キロに及ぶ堤防を築く大工事を行う。これにより河川の氾濫が大幅に低下した。
    • 1597年 - 館林城城下町に南北通り(日光脇往還)が完成。また、館林内の薬師堂、善導寺、天神宮、観音堂などを城の西側に移設。その後、成島、当郷、小桑原、谷越、足次の5村の農民を新設の城下町に移住させ町民とする(新町人は地税免除)。館林城を中心に城下町、寺社を配置しその周囲を塀で囲み5つの門を設ける。館林城を江戸にいる徳川の防戦砦として整備した。
    • 1600年 - 関ヶ原の戦いが起こる。榊原康政は徳川家康の子徳川秀忠について参戦する。資金不足で戦いに間に合わなかった秀忠に家康は会おうともしなかったが、康政は身をもって家康に侘び父子の仲直りが実現した。以後秀忠は家康没後も榊原康政に殊遇を忘れなかった。
  • 江戸時代
    • 1605年 - 榊原康政の愛妾お辻が他の側室の妬みに耐えかねて、城沼に身を投げて自殺。これを知った村の人々がお辻の死を哀れみ生前に愛したツツジの木を1本、城沼の南岸、龍灯の松のかたわらに植え、その霊を慰めた。
    • 1606年 - 5月14日、榊原康政が館林城内で死去し善導寺に葬られる。遺領は三男の康勝が継ぐ。
    • 1617年 - 徳川家康の遺骸が日光山改葬のため、館林城下を通過。
    • 1627年 - 榊原忠次が城沼の南丘にツツジの名木808株を多数移植。領民遊覧のため拡張する。(現在のつつじヶ丘公園)
    • 1661年 - 後の徳川5代将軍徳川綱吉が館林城主となる(館林宰相とよばれた)。館林城は25万石の城となり、また大改築も実施されたため、大変壮大な名城となった。本丸・二の丸・三の丸・屋敷百家・旗本など大名小路は多くの人々で満ち溢れ、館林の繁栄はまるで「江戸の全盛期」のようであったと書物『館林記』に記されている。この時、館林城に近い下野国2郡7村が邑楽郡に編入し、綱吉の新領地に加わる。また、館林城鐘もこの年に鋳造。
    • 1676年 - 過重な年貢に苦しむ名主小沼庄左衛門ら18名が越訴の罪で処刑される(日向義民
    • 1680年 - 徳川綱吉徳川幕府第5代の将軍に任ぜられ権大納言となる。綱吉の子徳川徳松(当時2歳)が館林城主になる。
    • 1681年 - 病弱な徳川徳松の健康回復を願って儀式(現在の七五三)が行われる。
    • 1683年 - 5月28日午後8時、徳松が病死し、館林城が廃城になる。以後館林は代官が支配する。
    • 1707年 - 徳川綱重の次男越智松平氏が館林城主になる。館林城の再築に着手。再築費3万1千両を賄うため領民に増税を割り当てる。目に余る苦しみに領民が享保の館林一揆を起こす。首謀者の田谷村名主小池藤左衛門ら3人が処刑される。
    • 1837年 - 館林出身の生田万が乱を起こす。襲撃の際の重症をうけ切腹をとげる。享年37。
    • 1845年 - 山形藩より秋元志朝が館林城に入封。幕府の権力衰退の中、江戸の大地震をきっかけに藩政の大改革を断行。多くの江戸の家臣を館林に移した。また、館林藩校の求道館を整備拡充し、造士書院と改称。優秀なものを江戸に遊学させる。
    • 1863年 - 館林藩が雄略天皇稜の修理を完了する。
    • 1868年 - 館林藩は官軍として戊辰戦争を戦う。東北各地の戦功により永世1万石を下賜される。
  • 明治時代
  • 大正時代
  • 昭和時代
    • 1936年 - 館林出身の版画家藤牧義夫が「ガード下のスパーク」を出展。1938年には第14回帝展に「給油所」を出品し入選。
    • 1939年 - 館林出身の彫刻家藤野天光がニューヨークの万国博覧会に出展。1947年には日本彫刻家連盟の設立に参加。
    • 1945年 - 米軍機による爆撃を受ける。2月10日に渡良瀬地区が空襲を受け、1人負傷。7月10日にも空襲を受け、3人死亡する。
    • 1954年 - 市制施行により館林町と郷谷、大島、赤羽、六郷、三野谷、多々良、渡瀬の各村が合併し、邑楽郡を離脱し館林市が誕生。初代館林市長は遠藤仁之輔。1956年には館林市章、館林市歌が制定。
    • 1958年 - 11月27日皇太子明仁親王自身の強い意思により、皇室が始まって以来初めて庶民の中から妃が選ばれ、当市とゆかりの深い正田家より正田美智子が選ばれた。正田美智子を生んだ正田家の地元である当市では、大変な奉祝に満ち溢れていた。
    • 1959年 - 4月10日、皇太子明仁親王と正田美智子のご成婚当日、当市内目抜き通りにはお祝いする紅白の巨大なアーチや幕が飾られた。全国からマスコミが押しかけ、市内の道路には社旗をはためかせた取材車が走り回った。全市を挙げて奉祝行事を行い、家々には日章旗が掲げられた。
    • 1960年 - 茂林寺北側に広がる茂林寺沼とその一帯の湿原が県の天然記念物に指定される。
    • 1963年 - 館林市庁舎落成記念式典が挙行される。
    • 1970年 - 館林市民憲章が制定。
    • 1972年 - 東北自動車道館林インターチェンジが開通。館林まつりがはじまる。
    • 1974年 - 市制20周年記念。市の花、市の木、市の鳥が制定。館林城三の丸跡に館林文化会館、図書館がオープン。
    • 1978年 - 郷土資料館(現・第一資料館)がオープン。
    • 1981年 - 館林市市役所が現在の新市庁舎に移転する。城沼総合体育館、第二資料館がオープン。
    • 1983年 - 皇太子ご夫妻が、館林に。あかぎ国体ご臨席のため行啓される。
    • 1984年 - 市制施行30周年記念。「館林市民のつどい」を開催。
    • 1986年 - 三の丸芸術ホール、城沼市民プールがオープン。
    • 1987年 - 田山花袋記念館、勤労青少年ホームがオープン。
  • 平成時代
    • 1989年 - 約2キロの保安林に彫刻の小径が完成。
    • 1991年 - 館林子ども科学館(現・向井千秋記念子ども科学館)がオープン。プラネタリウムの全天周映画上映開始。
    • 1993年 - 総合福祉センターがオープン。
    • 1994年 - 市制施行40周年記念式典が開催される。当市出身の向井千秋NASAスペースシャトルで日本人女性初となる宇宙飛行を達成。
    • 1998年 - 向井千秋が日本人初となる2度目の宇宙飛行を達成。
    • 2001年 - 県内2館目となる群馬県立館林美術館がオープン。「自然と人間」をテーマに「シロクマ」などの近現代美術作品を展示。
    • 2004年 - 市制施行50周年記念式典が盛大に挙行される。
    • 2005年 - 大西飛行場で撮影された映画『ALWAYS 三丁目の夕日』が大ヒットを記録
    • 2007年 - 館林駅開業100周年。全国で観測史上8位となる最高気温40.3℃の猛暑日を記録。
    • 2009年 - 7月27日、F2スケール(風速約50m~69m)の竜巻が発生、21人が重軽傷を負う災害が発生。歴史の小径事業を開始(1.5キロにわたり歴史的建造物を移築し整備)。12月には館林駅の新駅舎が完成し東西通路が竣工。
    • 2012年 - 日清製粉株式会社が製粉の歴史を学べる博物館、製粉ミュージアムを創業の地である当市にオープン。

行政[編集]

  • 市長
安楽岡 一雄(やすらおか かずお)
(中島勝敬前市長が2007年2月28日付けで病気を理由に辞職したことにより、4月15日、県議から転出し無投票で初当選。2011年4月24日再選)
  • 市議会:定数 22名(2010年9月26日改選、有権者数 62,917名、投票率 56.26%)

警察・消防[編集]

  • 館林警察署
  • 館林地区消防組合(館林市、邑楽郡で構成)
    • 館林消防署
      • 西分署
      • 北分署

経済[編集]

地元企業[編集]

ショッピングセンター[編集]

金融機関[編集]

など

姉妹都市・友好都市[編集]

この他に、山形県天童市2001年に「相互交流協定」、埼玉県志木市東京都昭島市と「災害時相互応援協定」を締結している。

教育[編集]

大学・短大[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

幼稚園[編集]

  • 館林市立東幼稚園(大島町)
  • 館林市立西幼稚園(近藤町)
  • 館林市立南幼稚園(本町三丁目)
  • 館林市立北幼稚園(代官町)
  • 館林市立杉並幼稚園(新宿二丁目)
  • 私立富士幼稚園(富士見町)
  • 私立常楽幼稚園(木戸町)

保育園[編集]

公立

  • 館林市立長良保育園(台宿町)
  • 館林市立東保育園(瀬戸谷町)
  • 館林市立南保育園(本町三丁目)
  • 館林市立六郷保育園(新宿二丁目)
  • 館林市立多々良保育園(日向町)
  • 館林市立渡瀬保育園(足次町)
  • 館林市立三野谷保育園(上三林町)
  • 館林市立美園保育園(美園町)
  • 館林市立高根保育園(北成島町)
  • 館林市立松波保育園(高根町)

私立

  • ルンビニ保育園(赤生田本町)
  • 聖ルカ保育園(大街道三丁目)
  • 双葉保育園(松原一丁目)
  • ももの木保育園(花山町)
  • 青柳保育園(青柳町)

特別支援学校[編集]

  • 館林市立養護学校(上三林町)

学校教育以外の施設[編集]

  • 館林地区高等職業訓練校(館林地区職業訓練運営会が運営する認定職業訓練施設)

交通[編集]

主要都市までの距離[編集]

県境付近にあるため、20km圏内の狭い範囲に群馬県太田市)、栃木県佐野市足利市)、茨城県古河市)、埼玉県羽生市行田市等)の4県それぞれのがある。

  • 前橋市まで約50km。(群馬県内の市の中では最も遠い)
  • 宇都宮市まで約50km。
    • 東北自動車道があるため、所要時間は前橋より宇都宮の方が短い。
  • 高崎市まで約60km(前橋と同じく群馬県内の市では最も遠い)。
  • 東京まで約70km(鉄道の特急で都心へ60分ほどであり、通勤圏内)。

鉄道[編集]

路線バス[編集]

かつては東武鉄道バス(当時)を含め3社が市内や周辺自治体への路線バスを運行していたが、モータリゼーションの進行に加えて、比較的平坦な土地だったことから自転車が普及し[4]、路線バス利用者は減少した。1980年ごろから路線の廃止が進み、1986年12月31日には古河市下都賀郡藤岡町(現・栃木市)を結ぶ2路線が廃止されたことにより、当時日本に653あった市のなかで唯一、路線バスが存在しない市となった。その後しばらくは高齢者にタクシーチケットの配布で対応していたが、1993年からは館林市が貸切バス事業者に運行委託をする形で、路線バスの運行が再開されている。

道路[編集]

高速道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

出身有名人[編集]

館林市ゆかりの人[編集]

観光地[編集]

鶴生田川(ふれあい橋より)
  • 鶴生田川
    • 「世界一こいのぼりの里まつり」が行われ、こいのぼりの数は、およそ5640体。開催期間は5月13日までである。
    • 2004年3月27日-5月9日まで行われた「世界一こいのぼりの里まつり」での掲揚数5283体をもって、2005年5月5日付けで、ギネス社より「一番多く・一つの地域で同時に揚げてあるウインドウソックス」という部門で世界記録に認定された。

その他[編集]

隣接する邑楽郡板倉町明和町と同様に、群馬県でありながら東北自動車道沿線にあるため、宅配便では隣接県扱いになる例が多い。

※その他の群馬県は23群馬ターミナル管轄である。

※その他の群馬県と埼玉県本庄市は15群馬ターミナル管轄である。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 内務省衛生局保健衛生調査室編『各地方ニ於ケル「マラリア」ニ関スル概況』1919年(大正8年)発行(2008年2月26日現在、国立国会図書館の『近代デジタルライブラリー』で閲覧可能)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]