小室翠雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小室 翠雲(こむろ すいうん、1874年8月31日 - 1945年3月30日)は、日本画家南画家。本名は貞次郎(ていじろう)。父は日本画家・小室桂邨。文展開設にあたって正派同志会副委員長として文展新派に対抗した。文展審査員・帝展審査員をつとめた日本画の大家である。

経歴[編集]

春庭・秋圃 三の丸尚蔵館蔵 双幅 絹本着色(1919年

主な作品[編集]

寒林幽居図 絹本墨画著色 宮内庁三の丸尚蔵館蔵 第7回文展出品作(1913年
谿山幽邃図 館林市立資料館蔵 絹本着色 日本画会第8回展出品(1905年

関連人物[編集]

外部リンク[編集]