東武鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東武鉄道株式会社
TOBU Railway CO., LTD.
ロゴ 社紋
ロゴ(左)と社紋(右)
Tobuhonsha.jpg
本社(東武館)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9001
略称 東武
本社所在地 日本の旗 日本
131-8522
東京都墨田区押上二丁目18番12号[1]
本店所在地 131-8522
東京都墨田区押上一丁目1番2号(東京スカイツリータウン[1]
設立 1897年明治30年)11月1日
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 根津嘉澄
資本金 1,021億3,597万1,747円
発行済株式総数 10億7,554万607株
売上高 連結:5,434億700万円
単独:2,123億9,800万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:325億8,300万円
単独:262億7,300万円
(2012年3月期)
純利益 連結:160億1,900万円
単独:113億7,900万円
(2012年3月期)
純資産 連結:2,929億9,000万円
単独:2,613億3,100万円
(2012年3月期)
総資産 連結:1兆4,573億500万円
単独:1兆3,595億300万円
(2012年3月期)
従業員数 連結:19,356人
単体:4,631人
(2011年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 富国生命保険相互会社 3.64%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)2.88%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)2.42%
日本生命保険相互会社 2.31%
株式会社三菱東京UFJ銀行 1.62%
株式会社みずほコーポレート銀行 1.23%
株式会社埼玉りそな銀行 1.18%
(2011年3月期)
主要子会社 東武百貨店
関係する人物 末延道成原六郎浅田正文根津嘉一郎
外部リンク www.tobu.co.jp/
テンプレートを表示
2009年までの本社社屋(現在は建替られ東京スカイツリータウンになっている)
東武鉄道並びに東武グループのシンボル・東京スカイツリー

東武鉄道株式会社(とうぶてつどう、英称 TOBU Railway CO., LTD.)は、交通・流通・住宅・レジャーなどの関連会社からなる東武グループの中核となる日本の企業である。「東武」と略されて呼ばれることも多い。

東京証券取引所一部上場。根津財閥の中核企業であり、芙蓉グループ(融資系列ではみずほグループ)を構成する企業の一つでもある。本社は東京都墨田区押上二丁目に所在。

東京都埼玉県千葉県栃木県群馬県の1都4県に、総営業キロ数463.3kmに及ぶ鉄道路線を有する大手私鉄である。営業キロ数は、2010年現在JRをのぞく日本の鉄道では近畿日本鉄道(508.1km、第三種鉄道事業区間を含めると582.2km)に次いで第2位、関東地方では最長である。

路線は、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)・日光線野田線(東武アーバンパークライン)を軸とした「本線」と、東上本線越生線からなる「東上線」の2つの路線群に分けられる。

「東武」の名称は武蔵国の東部に由来する。創立は大手私鉄の中では一番古い。また明治期に発足した私鉄のうち、創立以来社名を一度も変更せずに存続しているのは東武鉄道と近江鉄道島原鉄道の3社のみである。

沿革[編集]

  • 1895年明治28年)4月6日:創立願い[2]
  • 1896年(明治29年)
  • 1897年(明治30年)
    • 9月3日:本免許状下付(北千住-足利間)[5]
    • 11月1日:企業創立(登記完了)。
  • 1899年(明治32年)8月27日:初の路線で現在の伊勢崎線となる北千住 - 久喜間開業。
  • 1905年(明治38年):営業不振により、根津嘉一郎(初代)を初代東武鉄道社長に迎える。
  • 1906年(明治39年)3月16日:帝国議会衆議院鉄道国有法案が可決され、東武鉄道が官設鉄道による買収対象となる。しかし、3月25日に貴族院での修正可決案では除外され、同法がこの内容で公布された結果、東武鉄道は存続。
  • 1912年(明治45年)3月30日:現在の佐野線を運営していた佐野鉄道を合併。
  • 1913年大正2年)3月:現在の桐生線を運営していた太田軽便鉄道を合併。
  • 1920年(大正9年)7月22日:現在の東上線を運営していた東上鉄道と対等合併。存続会社は東武鉄道。
  • 1923年(大正12年)9月1日:関東大震災により被災。
  • 1927年(昭和2年)10月1日:後の伊香保軌道線(1956年廃止)を東京電燈から買収(9月26日許可)[6]
  • 1929年(昭和4年)
    • 10月1日:日光線全通。日本全国に先駆けて、電車による100km以上の長距離運転を実施。
    • 10月10日:臨時で日光特急運転開始。
  • 1931年(昭和6年)
  • 1934年(昭和9年)4月1日:川越地区でバス事業開始。
  • 1937年(昭和12年)1月10日:現在の小泉線を運営していた上州鉄道を合併(1月9日許可)[7]
  • 1938年(昭和13年)4月17日:本社社屋が完成。
  • 1941年(昭和16年)7月:根津嘉一郎(初代)の逝去を受け、根津嘉一郎(2代目)が第2代東武鉄道社長に就任。1994年(平成6年)6月まで社長職を続け、東京証券取引所上場企業の中では、史上最長期間(52年12か月)の社長職を務める。
  • 1943年(昭和18年)
    • 5月1日:現在の鬼怒川線を運営していた下野電気鉄道を合併(4月30日許可)[8]
    • 7月1日:現在の越生線を運営していた越生鉄道を合併(6月10日許可)[9]
  • 1944年(昭和19年)3月1日:現在の野田線を運営していた総武鉄道を合併。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月10日:東京大空襲により浅草地区を中心とした伊勢崎線沿線が被災。
    • 4月13日:空襲により池袋地区を中心とした東上本線沿線が被災。東武堀之内駅(1951年に北池袋駅として復活)と金井窪駅が廃止。
  • 1946年(昭和21年)3月25日:連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の鉄道司令部(RTO)の指令により、啓志線全線が開通。連合軍専用列車を運行。
  • 1947年(昭和22年)5月31日:後の日光軌道線(1968年廃止)を運営していた日光軌道、傍系のバス会社である東武自動車を合併。
  • 1948年(昭和23年)8月6日:連合軍専用列車の一部を開放する形で、日光・鬼怒川特急運転開始。「華厳」・「鬼怒」(現在の「けごん」・「きぬ」)と命名。近鉄特急に続いて日本全国で2番目。
  • 1949年(昭和24年)
    • 4月10日:特急が毎日運行になる。
    • 5月:東京証券取引所市場第一部に上場。
  • 1951年(昭和26年):路線総延長が東武史上最長の596.2kmを記録。
  • 1952年(昭和27年)4月:特急列車を自由定員制から座席指定制に変更。
  • 1955年(昭和30年)7月2日:東武鉄道最初の夜行列車として不定期列車「日光山岳夜行」が運転。
  • 1959年(昭和34年)
  • 1960年(昭和35年)10月:「デラックスロマンスカー (DRC)」と呼ばれた1720系が日光・鬼怒川特急に就役。日光観光を巡り、日本国有鉄道との熾烈な市場獲得競争を繰り広げる。
  • 1962年(昭和37年)5月31日:伊勢崎線にて帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)日比谷線と相互直通運転開始。
  • 1966年(昭和41年)7月1日:本線で蒸気機関車の運転を廃止。
  • 1967年(昭和42年)6月27日:踏切支障報知装置が設置。
  • 1968年(昭和43年)
    • 4月1日:自動列車停止装置が一部使用開始。
    • 11月1日:東武鉄道初の賃貸マンション「竹の塚ステーションビル」が完成。
  • 1969年(昭和44年)7月1日:電話交換機を全自動化。
  • 1971年(昭和46年)6月17日:東武鉄道初の分譲マンション「東武西新井サンライトマンション」が完成。
  • 1973年(昭和48年)9月1日:本線全変電所において遠隔集中制御が開始。
  • 1974年(昭和49年)7月2日:伊勢崎線北千住 - 竹ノ塚間複々線化。関東私鉄として初めての複々線となる。
  • 1983年(昭和58年)
    • 6月1日:熊谷線廃止。これにより非電化区間が消滅。
    • 7月21日:荷物電車の運転を廃止。
  • 1987年(昭和62年)8月25日:東上本線和光市 - 志木間複々線化。帝都高速度交通営団有楽町線と相互直通運転開始。
  • 1989年平成元年)
    • 4月1日:消費税導入に伴う鉄道運賃改定、バス運賃改定を実施。
    • 5月20日:東武博物館が開館。
  • 1990年(平成2年)6月1日:100系が日光・鬼怒川特急に就役。「スペーシア」の愛称が与えられる(列車名は、スペーシアきぬ・スペーシアけごん)。
  • 1992年(平成4年)4月1日:東上本線の秩父鉄道本線への定期旅客列車の乗り入れが廃止。
  • 1993年(平成5年)
  • 1994年(平成6年)6月:根津嘉一郎 (2代目)が東武鉄道会長職に退き、内田隆滋が第3代東武鉄道社長に就任。
  • 1995年(平成7年)
    • 8月11日:志木駅において初めて冷暖房付きホーム待合室を設置。
    • 9月1日:時差回数乗車券と土・休日割引回数乗車券発売開始。
    • 10月1日:自動券売機で普通・時差回数乗車券の発売開始。
  • 1996年(平成8年)4月30日:列車の冷房率が100%となる。
  • 1997年(平成9年)
    • 3月25日:伊勢崎線の北千住駅の大規模改良工事、草加 - 越谷間の連続立体交差化と複々線化が完成、日本の私鉄最長の複々線区間となる。
    • 4月1日:消費税率引き上げに伴い、鉄道運賃改定を実施。
    • 12月28日:特定都市鉄道整備事業計画の期間満了に伴い、鉄道運賃改定を実施。初乗旅客運賃を大人140円とする。北千住 - 北越谷間に設定されていた特別加算運賃(10円)を廃止。
  • 1998年(平成10年)10月30日:東武鉄道百年史を発行。
  • 1999年(平成11年)6月:内田隆滋が社長職を辞職。根津嘉澄が第4代東武鉄道社長に就任。
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
    • 4月1日:東上線運行管理システムを使用開始。
    • 11月20日:電子メールによる会員制情報サービス「102@Club」(いちまるにアットクラブ)開始。
  • 2002年(平成14年)
  • 2003年(平成15年)
    • 3月19日:伊勢崎線にて帝都高速度交通営団半蔵門線東京急行電鉄田園都市線と相互直通運転開始。
    • 5月1日:全駅で終日禁煙を実施。
    • 6月1日:施設・設備の維持補修および保守業務を東武エンジニアリングに委託。
    • 8月1日:69駅における駅業務、構内営業等の業務を東武ステーションサービスに委託。
    • 9月30日:日本大手私鉄で唯一残存していた貨物営業を廃止(実質的な最終貨物列車はこの年の8月2日、北館林荷扱所 - 久喜間の石油輸送列車1往復)。
  • 2004年(平成16年)
  • 2005年(平成17年)
    • 3月20日:特定都市鉄道整備事業計画の期間満了に伴い、定期運賃のみ旅客運賃改定を実施。
    • 4月1日:名古屋鉄道の一部路線廃止により同社の路線総延長が東武鉄道を下回ったため、路線総延長がJR以外の私鉄第2位となる。
    • 9月29日:伊勢崎線竹ノ塚駅構内第37号踏切が自動化。これにより手動式踏切が消滅。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月18日:日光線と東日本旅客鉄道(JR東日本)宇都宮線東北本線)と相互直通運転する特急「日光」・「きぬがわ」・「スペーシアきぬがわ」を新設。大手私鉄で唯一残存していた東武本線における有料の「急行」が「特急」に統合。「区間快速」を新設。「通勤準急」を「急行」に、「準急」を「区間急行」に種別名を変更。
    • 4月24日:東武鉄道お客さまセンターを開設。
    • 11月1日:主要6駅に自動体外式除細動器 (AED) を設置。
  • 2007年(平成19年)
    • 3月18日:ICカード乗車券「PASMO」を導入。同時にJR東日本などが発行するICカード乗車券Suicaと相互利用を開始。通過連絡運輸(JR東日本 - 東武 - JR東日本)を全廃。(その後、連絡定期券に限り復活[10]
    • 8月1日:遺失物検索システムを運用開始。
    • 10月1日:鉄道事業部門に管区制を導入。
  • 2008年(平成20年)
    • 2月14日:ホームページにおいて遅延証明書の発行サービスを開始[11][12]
    • 3月14日:終電をもって自動改札機でのパスネット利用を中止。
    • 6月14日:東上本線が東京メトロ副都心線開業にともない同線と相互直通運転開始。同時に列車種別の見直しを行い、「特急」を廃止し、座席定員制ライナー列車「TJライナー」と「快速急行」を新設。
    • 7月14日:業平橋駅地平ホームの跡地に、東武鉄道・東武タワースカイツリー株式会社による電波塔東京スカイツリー」の建設を着工。
    • 9月29日:「102@Club」(いちまるにアットクラブ)が終了。
    • 11月1日:会社創立111周年に際し、駅係員・乗務員の制服を一新。
    • 11月11日:「特急券チケットレスサービス」「運行情報メールサービス」開始。伊勢崎線・日光線系統の特急券が対象。販売窓口を経由せずに購入・乗車が可能になる[13][14]
  • 2009年(平成21年)
    • 1月1日:池袋西口駐車場を吸収合併。
    • 9月15日:本線の電気指令が北春日部に移転。
    • 9月18日:新本社ビルが竣工。
    • 10月1日:本線の運転指令・営業指令が北春日部に移転。
    • 11月1日:本社事務所を東京都墨田区押上一丁目1番2号から同区押上二丁目18番12号に移転[1]
    • 11月20日:野田線運行管理システムを使用開始。
  • 2010年(平成22年)
    • 3月24日:全線の踏切に踏切支障報知装置を設置。
    • 11月:電報略号を廃止。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月11日:東日本大震災により被災。全線が不通になるも、翌12日中に運行再開。日比谷線・有楽町線・半蔵門線との相互直通運転も中止されたが、それぞれ3月26日、4月1日、4月2日に再開。
    • 7月:CIロゴを使用開始[15]。ただし従来から使用されている円形の社紋も残る[16]。ロゴを手掛けたのは凸版印刷ブランディング部門[17]
  • 2012年(平成24年)
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)4月1日:野田線の路線愛称名「東武アーバンパークライン」使用開始[22]。消費税率引き上げに伴い、旅客運賃改定。切符購入時の初乗旅客運賃を大人150円、ICカード利用時の初乗旅客運賃を大人144円とする。

路線[編集]

路線図(クリックで拡大)

現在の東武鉄道の路線は、大きく本線(伊勢崎線・日光線・野田線ほか)と東上線(東上本線・越生線)とに二分できる。なお、両線の間は自社線では結ばれていないが、車両の転属および東上線車両の南栗橋工場入出場は、秩父鉄道(寄居 - 羽生間)を利用して行われている。回送時には、秩父ATS搭載の8000系電車(森林公園検修区所属の8505F・8506F)が先頭に連結される。

沿革で記載のように、東上鉄道(東上本線)を合併したほか、第二次世界大戦中の陸上交通事業調整法により、総武鉄道(野田線)や下野電気鉄道(鬼怒川線)など周辺の小規模な鉄道会社をいくつか合併した経緯がある。

東上鉄道との合併は、東武鉄道の歴史上唯一の対等合併であり、社内外の調整が難航した。結果的に東武本社とは別に東京・西池袋に東上線を管轄する東上業務部が設置され、本線とは列車種別や運行体制が異なるなど、独立色が強くなっている。

前述周辺私鉄を合併した戦後の最盛期には総延長596.2kmもの路線を有していた。その後ローカル線の廃止を早く進めたこともあって、JRをのぞく日本の私鉄1位の路線網を擁する近畿日本鉄道(近鉄)と2位の名古屋鉄道(名鉄)に次ぐ第3位という状況が長く続いたが、1990年代より名鉄でローカル線の廃止が相次ぎ、2005年4月1日に名鉄と東武で順位が入れ替わり、近鉄に次いで2位となった。1997年会沢線を廃止して以降の保有路線総延長は463.3kmで、近鉄・名鉄と同様に400km以上の路線網を擁する日本の大手私鉄の一つとなっている。

1984年まで多くの貨物列車がほぼ全線に渡って運行され、貨物駅も起点側都内の業平橋(現在のとうきょうスカイツリー)・千住(現在の牛田 - 北千住間にあった千住分岐点からの分岐先に所在)を始め各地に存在し、北千住・久喜伊勢崎駅などで貨物の連絡運輸が行われていた。その後は大幅に縮小しながらも大手私鉄では最後まで貨物列車が運行されていたが、末期の貨物列車運行区間であった伊勢崎線北部、佐野線でも、2003年9月30日限りで貨物営業が廃止された(貨物列車の運行自体は廃止日以前に終了している)。

施設面では、明治時代大正時代蒸気機関車牽引列車主体で営業を開始した路線が多く、いわゆる「国鉄式」など、旧国鉄と共通する駅構造を持った駅が多かった。これらの構造は、1980年代以降の高架化や複々線化など近代化の過程でほとんどが姿を消したが、現在でも春日部駅や伊勢崎線北部にその構造が残っている駅がある。また、旅客営業規則についても、1997年3月24日まで本線系統の有料特急・急行列車に定期乗車券では利用できないなど、国鉄の規定にほぼ準じていた。このかつての施設面や営業規則から、一部では「ミニ国鉄」と揶揄されたこともある。

東武の鉄道路線のトンネルは、押上駅付近の地下線の入口をのぞけば、日光線の明神 - 下今市間の十国坂トンネル1箇所のみで、それも全長40mと非常に短い。これは、大手私鉄ではトンネル区間のない西日本鉄道に次ぐ少なさ・短さである。

本線[編集]

東上線[編集]

廃止路線(全線廃止となった線のみ)[編集]

旅客線[編集]

貨物線[編集]

  • 借宿線:野州山辺駅 - 中川分岐 - 借宿駅 1.3km、中川分岐 - 只上駅 … 1935年7月7日廃止[23]。非電化。
  • 戸奈良線:田沼駅 - 戸奈良駅、田沼駅 - 戸室駅 … 1939年4月5日廃止。非電化。
  • 大谷線
    • 鶴田駅 - 新鶴田駅 1.0km … 1952年9月1日廃止。非電化。
    • 西川田駅 - 新鶴田駅 - 荒針駅 - 立岩駅 11.1km … 1964年6月16日廃止。非電化。
    • 大谷軌道線 26.6km … 1952年3月31日全線廃止。非電化 。
  • 大利根砂利線:羽生駅 - 利根川右岸駅 … 1962年9月廃止。非電化?
  • 東武和泉砂利線:東武和泉駅 - 渡良瀬右岸駅 … 1967年3月23日廃止。
  • 根古屋線小川町駅 - 根古屋駅 4.3km … 1967年4月1日廃止。非電化。
  • 徳川河岸線木崎駅 - 徳川河岸駅(平塚河岸駅) 3.2km - 1968年6月10日廃止。
  • 仙石河岸線西小泉駅 - 仙石河岸駅 3.0km … 1976年10月1日廃止。
  • 小倉川砂利線:壬生駅 - 小倉川採取場駅 … 1984年2月1日廃止。
  • 大叶線:上白石駅 - 大叶駅 1.6km … 1986年10月21日廃止。
  • 千住線:千住分岐点(旧・中千住駅) - 千住駅 0.6km … 1987年5月1日廃止。
  • 柳原線:柳原信号所(野州大塚駅 - 壬生駅間に存在) - 柳原採取場駅 … 1989年11月28日廃止。
  • 会沢線葛生駅 - 上白石駅 - 第三会沢駅 4.6km … 1997年10月1日全線廃止。

優等列車[編集]

浅草駅に停車中の「スペーシア」(奥)と「りょうもう」(手前)

東武鉄道では、古くから日光線鬼怒川線系統では「観光列車」として、伊勢崎線系統では「ビジネス列車」として、特急・急行などの優等列車を走らせていた。「特急料金」だけでなく「急行料金」が存在した。

「特急」については、本線では有料列車なのに対し、東上線では料金不要の速達列車(JRでいう「快速列車」の一種で、「特別快速」に相当)となっていたが、2008年6月14日のダイヤ改正時に東上線特急は廃止され、代わりに「快速急行」が新設された。

「急行」については、本線では、2006年3月18日のダイヤ改正時に従来「急行」として運行されていた列車が「特急」に統合され、急行は他の大手私鉄や東上線と同様の料金不要種別となった。従来から運転されていた「快速」の種別名称は変更されなかったため、当ダイヤ改正以降、快速は急行の上位種別となった。2013年3月16日のダイヤ改正時に東上線にも「快速」が新設されたが、本線と同様、快速は急行の上位種別となった。

2014年1月現在、下記の有料優等列車を運行している。

本線[編集]

臨時夜行列車[編集]

  • 特急尾瀬夜行(臨時、夏期運行、日光線・鬼怒川線系統夜行列車
  • 特急スノーパル(臨時、冬期運行、日光線・鬼怒川線系統夜行列車)

JR東日本との相互直通運転列車[編集]

2006年3月18日のダイヤ改正より、日光線とJR宇都宮線の接続駅である栗橋駅に連絡線を設け、東日本旅客鉄道(JR東日本)新宿駅 - 東武日光駅・鬼怒川温泉駅間を結ぶ特急列車の直通運転が開始された。

新宿駅からの経路はJR山手貨物線 - 宇都宮線(東北本線) - 栗橋駅(運転停車) - 東武日光線・鬼怒川線である。なお、池袋駅で東上線、大宮駅で野田線と接続することから、時刻表、発車案内、停車駅案内図において、JRの駅名を「JR池袋」など頭に「JR」を冠して案内している。

JR東日本線内で事故などの運転トラブルが生じた場合は、南栗橋止まり・栃木始発等の措置がとられる。また、2006年の運転開始当初のJR側の充当車両は485系および189系「彩野」で、485系が定期検査で使用できない際に東武100系(第1予備)またはJR189系(第2予備)が代走していた。

東上線[編集]

過去に存在した主な有料優等列車[編集]

無料優等列車[編集]

以下に本線と東上線で採用されている無料優等種別名を記す。前述の通り、東武鉄道は本線と東上線で運転系統が大きく異なっており、無料優等列車で採用されている種別名も異なる。同一種別でも運行時間帯・運転間隔・ラインカラー等が異なる。

列車 本線 東上線
最優等列車 快速・区間快速 快速急行
上位優等列車 快速
主要優等列車 急行 急行
下位優等列車 区間準急 準急
通勤列車・その他 区間急行・準急[24] 通勤急行

詳しくは各路線の項目を参照のこと。

車両[編集]

他社から乗り入れてくる車両については、前述のJR485・189系のほか、「伊勢崎線」・「日光線」・「鬼怒川線」・「東上線」の各項目を参照のこと。

優等列車・団体列車用[編集]

  • 100系(スペーシア:日光線・鬼怒川線特急/JR線直通特急)
  • 200系・250系(りょうもう:伊勢崎線特急)
  • 300系・350系(特急及び団体臨時列車)
  • 6050系(日光線・鬼怒川線快速・区間快速/野岩鉄道・会津鉄道直通列車/例外的に1日1本最終の区間急行新栃木行きとしても運用)
  • 634型(スカイツリートレイン:特急及び団体臨時列車)
  • 1800系(団体臨時列車及び臨時快速)

通勤列車用[編集]

  • 60000系 (野田線用)
  • 50000系・50050系・50070系・50090系 (50000系・50090系は東上線の地上線用、50050系は伊勢崎線・日光線・地下鉄半蔵門線・東急田園都市線乗り入れ用、50070系は東上線・地下鉄有楽町線・副都心線・東急東横線・横浜高速みなとみらい線乗り入れ用)
  • 30000系 (伊勢崎線・日光線・東上線の地上線用。一部は地下鉄半蔵門線・東急田園都市線乗り入れ用)
  • 10000系・10030系/50番台・10080系 (伊勢崎線・日光線・野田線・東上線の各地上線用。10080系は伊勢崎線・日光線用)
  • 20000系・20050系・20070系 (伊勢崎線・日光線・地下鉄日比谷線乗り入れ用)
  • 9000系・9050系(東上線・地下鉄有楽町線・副都心線・東急東横線・横浜高速みなとみらい線乗り入れ用)
  • 8000系・800系・850系(東上線・野田線・亀戸線・大師線・北部ローカル線用。800系・850系は伊勢崎線・佐野線用)

導入予定の車両[編集]

  • 形式称号未定 (伊勢崎線・日光線・地下鉄日比谷線乗り入れ用)
    • 20m級片側4ドア車7両編成で、2016(平成28)年度より順次導入し上記の20000系を置き換える予定。

過去の車両[編集]

東武鉄道の車両を製造したメーカー[編集]

アルナ工機(旧・ナニワ工機。現・アルナ車両
阪急電鉄グループ企業。東武鉄道の新形式車両初号編成の落成メーカーとしても知られる。1951年の5700系より取引が始まり、100系(スペーシア)・1720系 (DRC)、1800系、2000系、8000系、9000系、10000系、20000系、30000系を竣工した。また、7800系から5050・5070系への車体更新、6000系から6050系への車体更新、1720系から200系への更新、そして1800系から300系・350系への改造工事も同社が行った。
バブル崩壊以降の親会社・阪急電鉄の業績不振もあり、2001年度に同社は債務超過に陥り、鉄道車両製造から撤退。新たに設立されたアルナ車両へ路面電車製造および車両更新工事の事業を引き継いだ。現在アルナ車両とは8000系・10000系の車両更新工事などで取引がある。
東急車輛製造(2012年4月より総合車両製作所 (J-TREC))
東急グループの企業。2012年4月よりJR東日本グループの総合車両製作所が鉄道車両製造事業を継承した。1954年(昭和29年)熊谷線の気動車キハ2000形、7800系の製造より取引が始まった。以後他の車両製造はしなかったが1973年の8000系から製造を始め、100系、200系、6050系、9000系、10000系、20000系、30000系などを竣工した。同社は早くからアメリカバッド社 (The Budd Company) と技術提携し、ステンレス車両製造を行っている。東武初のステンレス車9000系の製造を手掛けたのも同社である。30000系製造終了以後は新車取引がないが、総合車両製作所発足直後に6050系のうち4両が横浜事業所に入場し[25]、634型「スカイツリートレイン」に改造された。
富士重工業(旧・宇都宮車両)
東武宇都宮線江曽島駅 - 南宇都宮駅間にある宇都宮製作所で気動車中心に鉄道車両を竣工していた(電車は黎明期をのぞき東武向けのみ)。宇都宮車両時代の1949年から1954年にかけて、国電戦災復旧車クハ450形、木造客車を鋼体化したクハ500形やクハ550形などの制御車、7800系の一部、日光軌道線の100形、200形を竣工。1965年の8000系2R車(2両編成)から取引が復活し、2000系(中間車)、6050系、9000系、10000系、30000系などの電車、ホキ1形、トキ1形、ワラ1形などの貨車を製造した。また、7800系から5070系への車体更新も行った。
しかし生産両数の減少から、同社は自動車部門(スバル)と航空宇宙部門(米ボーイング社向け分担生産等)へ経営資源の集中を決定、2003年2月に新潟トランシスへ鉄道車両事業を譲渡した。また、同時期に撤退したバス車体部門も伊勢崎市に工場があり、東武バス向けに多数製作した。
日立製作所
電気機関車のED5010形やED5050形、7800系を竣工後、長い間取引がなかった。ただし、制御装置など電装品での取引は長らくあった。車両単位では2004年の50000系から取引が再開した。なお、東上線向けの50000系・50070系・50090系と本線向けの50050系はすべて同社で竣工した。また、9000系、9050系の副都心線乗り入れにともなう改造工事も日本電装とともに行った。施工車両には日立と日本電装の連名のプレートが取り付けられている。
日本車輌製造
愛知県名古屋市に本社を置く。1971年まで埼玉県蕨市に東京支店工場(蕨工場)があり、短距離の甲種輸送で済むため東武鉄道との取引が多かった。本線は北千住、東上線は下板橋(赤羽線板橋駅を介していた)と川越(国鉄川越線は当時非電化で大宮 - 川越間は蒸気機関車9600形やディーゼル機関車DE10形などで牽引していた)で引き渡していた。黎明期の客車を始め、東武最初の電車デハ1形、東武形電車デハ4形 - 6形、デハ10系、運輸省規格形モハ5300形やクハ330形、戦後に木造客車を鋼体化したクハ500形、63系割当車7300系、5700系、7800系、1720系、1800系、6000系、8000系ほか、総武鉄道からの編入車モハニ1101形やクハ1201形などを竣工したが、東京支店工場閉鎖後は取引がない。
汽車製造(汽車会社)
東京都江東区に東京支店(工場)があった関係上、日車同様甲種輸送には短距離で済むため取引が多かった。デハ2形、デハ4形 - 6形、デハ10系、戦時規格統制形クハ1200形、運輸省規格形モハ5300形、5700系、7800系と吊り掛け車を中心に竣工し、1963年の8000系2編成(8104F・8105F)をもって取引が終了した。なお、同社は1972年に川崎重工業に吸収合併された。
川崎重工業(旧・川崎造船所、川崎車輛)
兵庫県神戸市に本社を置く。1927年から翌年にかけてデハ4形 - 6形の一部のほか、下野電気鉄道からの編入車デハニ101形や、63系割当車7300系を製造した。他社向けとは違いいわゆる“川造型”の納入は無かった。
東芝(旧・東京芝浦電気)
いずれも電気機関車で、東芝戦時形のED4010形やED4020形、箱型機のED5000形、ED5060形、ED5080形を竣工した。
東洋電機製造
日光軌道線の電気機関車ED610形を竣工した(車体は東洋工機が担当)。主に電装品を担当し、パンタグラフや、7800系、20000系、9050系では制御装置やモーターなどを総合的に関与、8000系など日立製制御装置搭載車ではモーターを担当。
大栄車輌
運輸省規格形クハ330形の一部および3000系を竣工した。そのほか東武に譲受された国電の戦災車や事故車の復旧を行った。
津覇車輌工業
旧西新井工場で東武車両の改造や更新作業を行ってきた特殊車両製造会社だが、東武系の企業ではない。7300系の更新、16 - 18m級旧形電車の3000系への更新、7800系の5000系への更新、8000系の冷房化改造や車体修繕工事などを手掛けた。
2004年の西新井工場閉鎖後、館林へ移転し、現在は8000系、10000系の車体修繕工事を行っている。なお、車体修繕工事は前述のアルナ車両と合同のため、車内製造銘板は2社の企業名が表記される。

車両について付記[編集]

  • 東武では、旧型車より台車・電装品など主要機器を流用して車体を新造した車体更新車(機器流用車)を「更新車」と呼称し、一方、元来の車体を生かして更新修繕工事(リニューアル工事)を施工した車両を「修繕車」と呼称して区分している。前者は3000系列・5000系列・200系などが該当し、後者は8000系・9000系列・100系などが該当する。2014年現在では、10000系列を対象としたリニューアル工事が順次施工されている。
  • 台車は、メーカー形式とは別に東武社内形式を付与している。例えば「TRS-81M」(メーカー形式FS-511)の場合、TRが台車を示し、Sは製造会社(S:住友金属工業新日鐵住金、F:扶桑金属=住友金属工業の前身、K:汽車会社、T:東芝、H:日立)、数字は設計年の西暦の下2桁(81は1981年を示す)、Mは電動台車を示し、同型の付随台車はMをTに置き換える。なお数字の部分は同じ年に違うメーカー形式の台車が登場した場合には数字の末尾にさらに1、2を加えて3桁にする[26]。社内形式を台車に付与する事例は東京都交通局にも見られる。
  • 古い車両形式を中心に、5700系を「57系」、7800系を「78系」など上2桁で表記・呼称することが、鉄道趣味誌および趣味者においてなされる例がある。

車両基地・工場[編集]

  • 南栗橋車両管区 - 本線系統所属車両の検修。伊勢崎線・日光線の車両を配置
    • 春日部支所 - 伊勢崎線・日光線・亀戸線・大師線の車両を配置、検修
    • 七光台支所 - 野田線の車両を配置、検修
    • 館林出張所 - 伊勢崎線(ワンマン区間用)・佐野線・小泉線・桐生線の車両を配置
    • 新栃木出張所 - 宇都宮線・鬼怒川線の車両を配置
  • 森林公園検修区 - 東上線所属車両の検修。東上本線・越生線の車両を配置
  • 南栗橋工場 - 本線系統の全車両、および東上線系統の一部車両の検査
  • 川越工場 - 東上線系統の9000系・10000系列の検査
  • 北館林荷扱所 - 廃車車両の解体

本線系統には、長い間在姿形車輪削正旋盤(車両から台車や車輪を外さず削正を行う旋盤で、作業完了後すぐに営業運転が可能)が春日部検修区(現南栗橋車両管区春日部支所)の1台しかなく、南栗橋車両管区との2台体制になるまで、削正が追い付かない事態が続いていた。野田線車両の場合、七光台支所構内に削正旋盤がないため南栗橋区まで回送して削正している。

かつて存在した車両基地・工場[編集]

  • 西新井電車区(現・東京地下鉄千住検車区竹ノ塚分室
  • 春日部検修区(現・南栗橋車両管区春日部支所)
  • 七光台検修区(現・南栗橋車両管区七光台支所)
  • 館林検修区(現・南栗橋車両管区館林出張所)
  • 新栃木検修区(現・南栗橋車両管区新栃木出張所)
  • 川越電車庫(現・川越工場→森林公園検修区へ移転)
  • 浅草工場
  • 西新井工場
  • 杉戸工場
  • 館林機関区
  • 杉戸機関区
  • 坂戸機関区

乗務員区所[編集]

運輸部
  • 業平橋乗務管区
  • 春日部乗務管区
  • 館林乗務管区
  • 南栗橋乗務管区
  • 新栃木乗務管区
  • 七光台乗務管区
東上業務部
  • 志木乗務管区
  • 川越乗務管区
  • 森林公園乗務管区

保安設備[編集]

  • 乗り入れ計画があった東京都交通局と共同開発したTSP形ATS(東武型多情報変周関数制御式自動列車停止装置)をすべての路線で使用している。今後、新たな保安装置を開発することが予定されている。詳細は自動列車停止装置の同項目を参照。
  • 2012年度の設備投資計画によると、東上本線の池袋 - 小川町間にATCが2015年に向けて導入される予定である[27]。当初は2012年までの導入が予定されていたが、3年延期された。同線以降は越生線や東上本線の残り区間、伊勢崎・日光線にも導入される構想もある。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・端数は1円単位で切り捨て)。2014年4月1日改定。

  • 下表はICカード利用時の運賃である。切符の運賃は10円単位で、端数は切り上げる(小児半額・端数は10円単位で切り上げ)。
キロ程 運賃(円) キロ程 運賃(円)
初乗り4km 144 46 - 50 648
5 - 7 165 51 - 60 720
8 - 10 195 61 - 70 802
11 - 15 247 71 - 80 885
16 - 20 308 81 - 90 967
21 - 25 360 91 - 100 1,059
26 - 30 411 101 - 120 1,193
31 - 35 463 121 - 140 1,358
36 - 40 515 141 - 178 1,543
41 - 45 586  
  • 東武鉄道では、JRグループ地方交通線近畿日本鉄道などが設定している、閑散線区等の割増賃率・擬制キロ程制度を採用せず、一律の運賃表を適用する。ただし、運賃計算に実際の距離とは異なるキロ程を用いる区間として、小泉線館林 - 太田間には、同区間において距離の長い伊勢崎線経由のキロ程と同じになるよう調整された営業キロが設定されている。
  • JR東日本との通過連絡運輸(JR線→東武鉄道→JR線と乗り継ぐ場合に前後のJR線の営業キロを合算する特例)が数多く設定されていたが、2007年3月17日分を以ってそのすべてが廃止となった。その後、通算の適用はないが単純に2区間のJR線を含む連絡定期券に限り復活している[10]

二区間定期券[編集]

2011年3月16日から1枚の定期券で2つのルートが利用できる二区間定期券の発売が開始される。池袋経由のPASMO定期券で東武東上線池袋 - 和光市間と東京メトロ有楽町線・副都心線池袋 - 和光市間が利用できる。購入金額は東武東上線朝霞方面 - 池袋間の定期運賃と東京メトロ和光市 - 東京メトロ東池袋雑司が谷新大塚方面の定期運賃の合算額となる[28]

乗車カード・企画乗車券[編集]

詳細は以下の各項目を参照。

以下の企画乗車券は東武トラベル各店でのみ発売

東上線関係の企画乗車券は「東武東上本線#周遊券」を参照。

乗降人員上位15駅[編集]

  • 乗降人員は東武鉄道の駅のもの。増加減少増減なしは前年度に比較した増(増加)減(減少)増減なし(増減なし)を表す。
東武鉄道の駅別乗降人員上位15位(2012年度)[29][30]
順位 駅名 人数
(人)
前年比
(%)
前年
順位
前年人数
(人)
所在地 備考
増減なし 1 池袋駅 471,990 増加 1.5 1 464,908 東京都豊島区
増減なし 2 北千住駅 435,017 増加 2.3 2 425,309 東京都足立区 日比谷線の直通人員含む。
増減なし 3 和光市駅 156,394 増加 3.0 3 151,804 埼玉県和光市 有楽町線副都心線の直通人員含む。
増減なし 4 朝霞台駅 149,650 増加 3.0 4 145,301 埼玉県朝霞市  
増加 5 新越谷駅 140,311 増加 3.5 6 135,532 埼玉県越谷市  
減少 6 柏駅 138,686 増加 1.6 5 136,499 千葉県柏市  
増減なし 7 大宮駅 132,450 増加 1.4 7 130,643 さいたま市大宮区  
増減なし 8 川越駅 123,242 増加 1.8 8 121,051 埼玉県川越市  
増減なし 9 船橋駅 111,239 増加 3.6 9 107,418 千葉県船橋市  
増加 10 とうきょうスカイツリー駅押上駅 105,199 増加 28.9 11 81,642 東京都墨田区 半蔵門線の直通人員含む。
減少 11 志木駅 100,401 増加 2.0 10 98,294 埼玉県新座市  
増減なし 12 草加駅 80,993 増加 3.3 12 78,433 埼玉県草加市  
増加 13 春日部駅 72,445 増加 2.6 14 70,636 埼玉県春日部市  
減少 14 竹ノ塚駅 72,407 増加 1.2 13 71,580 東京都足立区  
増減なし 15 ふじみ野駅 63,292 増加 2.7 15 61,409 埼玉県富士見市  

その他[編集]

運転・ダイヤ[編集]

  • 東武鉄道の乗り入れ会社数は6社(東京地下鉄・野岩鉄道・会津鉄道・東京急行電鉄・横浜高速鉄道・JR東日本)で、東京地下鉄の7社(東武・東京急行電鉄・JR東日本・西武鉄道小田急電鉄東葉高速鉄道埼玉高速鉄道)に次ぐ第2位である(ただしJR各社をのぞく)。これは都営地下鉄(京成電鉄・北総鉄道芝山鉄道京浜急行電鉄・東京急行電鉄・京王電鉄)、東京急行電鉄(東武・西武鉄道・東京地下鉄・都営地下鉄・横浜高速鉄道・埼玉高速鉄道)と並ぶ。東京急行電鉄・横浜高速鉄道とは東京地下鉄を、そして会津鉄道とは野岩鉄道を介しての乗り入れとなる。また、JR東日本は特急列車のみの乗り入れとなっている。1992年までは秩父鉄道にも定期列車が乗り入れていたが、現在は伊勢崎線と東上線間の車両の回送のみである。
  • 東武の鉄道路線がない関東の都県は神奈川県茨城県のみだが、車両については東武伊勢崎線・日光線の電車が東京メトロ半蔵門線を通じて東急田園都市線に乗り入れており、さらに2013年3月からは東上線から東京メトロ副都心線を経て東急東横線へ乗り入れしているので、神奈川県でも東武の車両が走っている。また、東武伊勢崎線 - 日光線 - 鬼怒川線の快速・区間快速が野岩鉄道・会津鉄道に乗り入れているため、福島県にも東武の車両が走っている。かつて群馬県・茨城県には直営の一般バス路線があったが、現在はグループ会社へ移管された。
  • 2006年のダイヤ改正で浅草 - 伊勢崎間を直通する列車が特急「りょうもう」のみになり、80年近くにわたり親しまれた浅草発「準急伊勢崎行き」が姿を消した。
  • 他の大手私鉄に比べ、1時間あたりの運転本数が1 - 2本しかない区間が埼玉県北部・群馬県・栃木県を中心に多く存在する。終電が21 - 22時台と都市部や郊外部より早い駅も多い。

車内放送[編集]

  • 優等列車用車両は100系「スペーシア」と200系「りょうもう」で、通勤用車両は8000系(6両編成の一部とワンマン運転対応車。800・850系含む)・9000系(9101Fをのぞく)・9050系・10000系(修繕車のみ)・10030系(修繕車のみ)・20050系・20070系・30000系・50000系・60000系列で車内自動放送装置が搭載されている。上記以外の形式による列車は車掌の肉声による案内放送となる。また、車掌が乗務する列車では出口や接続案内などの補足で車掌の肉声による車内放送が頻繁に行われるほか、車内自動放送装置が搭載されていても自動放送を使用しない場合がある。
    • 車内自動放送装置が搭載されている編成とされていない編成が混結されている場合は、搭載されている編成が最後部に連結されている場合に自動放送を使用し、その際は前部の編成にも自動放送が流れる(例:6両編成で前2両が10000系、後ろ4両が30000系の場合)。
  • 通勤用車両の車内自動放送では、列車種別、行き先、次停車駅、乗り換え案内、一部の車両は開くドアの案内、優等列車では次停車駅の次に停車する駅や通過駅の案内も放送される。なお、通過駅の案内放送は自動放送、車掌の肉声放送ともに本線系統と東上線系統で言い回しが異なり、本線系統は「途中の○○、○○にはとまりません」、東上線系統は「途中通過となります○○、○○へおいでのお客様はお乗り換えください」と案内されることが多い。

サービス[編集]

  • 前述の通り、東武は旧芙蓉グループ(旧富士銀行系)を構成する企業の一つでもあるので、駅によっては構内にみずほ銀行ATMを設置している。過去、東武本線(伊勢崎線・日光線・野田線)の準急・快速・特急停車駅や乗降客数が多い停車駅に富士銀行の支店もしくは周辺や駅構内にATMが設置されていた。
    • 東武沿線には、みずほ銀行(旧富士銀行)の店舗が多く、取引や資本関係も深い。また富士銀行の支店網がないところは伊勢崎線、日光線沿線の地域金融機関とも親密である。埼玉りそな銀行埼玉銀行→旧あさひ銀行)は東武鉄道の株主に名を連ねており、東武は群馬銀行の株主として名を連ねている。埼玉りそな銀行のほか、群馬銀行、足利銀行とも親密である。なお、鉄道会社では京浜急行電鉄もみずほ(旧芙蓉)グループである。
  • 駅の案内表示は東上線区、伊勢崎線区でそれぞれ違ったものが採用されている。いずれも2006年以降にユニバーサルデザインピクトグラムが導入されている。また伊勢崎線区では2012年以降(東京スカイツリー開業の前後)に随時、中国語韓国語併示のものに再度更新が始まっている。
  • 2001年11月20日より、電子メールによる会員制情報サービス「102@Club」(いちまるにアットクラブ)を開始。2008年9月サービスが終了した。
  • 2008年7月1日から、東武鉄道お客様センターのマスコットとして、「姫宮なな」という女性キャラクターが登場した。名前の由来は、伊勢崎線姫宮駅野田線七里駅七光台駅である[31]

PR活動[編集]

  • 東武沿線では日光・鬼怒川・会津方面といった観光地を持っている。しかし1990年代以降同地区の観光客が減少傾向となっている。特急の相互乗り入れを開始した2006年以降はJR東日本ともに積極的にPRを行い、繁忙期には多摩地区や横浜方面からの臨時列車も走らせている。
  • 2012年5月の東京スカイツリー開業に伴い、首都圏のみならず、関西地方など他地域との間でも積極的なコラボPRを行っている。2013年12月からは近畿日本鉄道との間で、高さ日本一の電波塔である「東京スカイツリー」と2014年3月に全面オープンする高さ日本一のビル「あべのハルカス」との相互PRを行っている[32][33]

関係会社[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 会社概要”. 東武鉄道. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 東武鉄道株式会社 1964, p. 886.
  3. ^ 私設鉄道仮免状及免許状下付」、『官報』第3903号、内閣官報局、1896年7月3日、 7頁、 NDLJP:2947183
  4. ^ 日本全国諸会社役員録』明治32年、商業興信所、商業興信所、1911年、上編34頁。NDLJP:780114
  5. ^ 私設鉄道敷設免許状又ハ仮免状下付」、『官報』第4267号、内閣官報局、1897年9月20日、 9頁、 NDLJP:2947554
  6. ^ 軌道譲渡」、『官報』第226号、内閣印刷局、1927年9月28日NDLJP:2956686
  7. ^ 鉄道譲渡許可」、『官報』第3006号、内閣印刷局、1937年1月13日NDLJP:2959488
  8. ^ 地方鉄道譲渡」、『官報』第4894号、内閣印刷局、1943年5月10日NDLJP:2961399
  9. ^ 地方鉄道譲渡」、『官報』第4930号、内閣印刷局、1943年6月21日NDLJP:2961435
  10. ^ a b JR東日本:連絡定期券の発売範囲を拡大しました”. 東日本旅客鉄道. 2008年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年2月2日閲覧。
  11. ^ 平成11年〜20年 - 東武鉄道 会社の沿革
  12. ^ 【東武】ホームページ上での遅延証明書発行サービスを開始します 東武鉄道・グループの総合情報サイトをリニューアル(鉄道フォーラム掲示板)によると2月19日
  13. ^ 東武ネット特急券がスタートしました。”. 東武カード (2008年11月11日). 2014年1月2日閲覧。
  14. ^ 特急券チケットレスサービス・東武携帯ネット会員
  15. ^ 東武グループ グループロゴのご紹介 (PDF)”. 東武鉄道. 2012年4月12日閲覧。
  16. ^ 社是・信条”. 東武鉄道. 2012年4月12日閲覧。
  17. ^ 東武鉄道株式会社様 グループブランディング プロジェクト”. 主なブランディング実績. トッパン ブランド コンサルティング. 2012年6月23日閲覧。
  18. ^ 内外装をリニューアルした際にロゴを挿入したスペーシアをのぞき、かつての円形の社紋の部分を順次CIロゴに置き換えている。
  19. ^ “大規模太陽光発電 (メガソーラー)事業に参入します” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, http://www.tobu.co.jp/file/pdf/3701b57a7a1477189464ef5f64329379/121017.pdf?date=20121017171854 2012年10月21日閲覧。 
  20. ^ “野田線(大宮〜船橋間)に新型車両「60000系」を導入します!” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2012年11月6日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f898e7573fee77ed8d6119b15fb09ae3/121106_1.pdf 2014年1月2日閲覧。 
  21. ^ “「60000系車両野田線就役記念乗車券」を6月9日(日)より限定販売します!” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2013年6月3日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f02cac135d9d53bfe6f3ed997e71f891/130603.pdf 2014年1月2日閲覧。 
  22. ^ “2014年4月1日(火)より東武野田線に路線愛称名「東武アーバンパークライン」を導入します!” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2013年12月17日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/d9efa3362e3ee79cbd6d8650126a3210/131217.pdf 2014年1月2日閲覧。 
  23. ^ 鉄道一部貨物運輸営業廃止実施」、『官報』第2639号、内閣印刷局、1935年10月18日NDLJP:2959118
  24. ^ 速達区間が異なるため、一概に比較できない。
  25. ^ 石丸純也 (2012年4月5日). “東武6050系2連2本が総合車両製作所へ”. railf.jp. http://railf.jp/news/2012/04/05/152800.html 2012年6月25日閲覧。 
  26. ^ 出典:鉄道ダイヤ情報 No.59 1989年3月号 P.42
  27. ^ “2012年度の鉄道事業設備投資計画” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2012年4月26日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/f1c8c3ce8c7dc84cd3bd6ecaaef7f137/120426-%E2%91%A1.pdf?date=20120426153743 2014年1月2日閲覧。 
  28. ^ “池袋〜和光市間で東武線・東京メトロ線の両方に乗車できる便利な定期券をPASMOで発売します!” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2011年2月21日), http://www.tobu.co.jp/file/pdf/9d5bf3753513c4d67ed88b32100c5306/110221_2.pdf?date=20120313093747 2014年1月2日閲覧。 
  29. ^ 駅情報(乗降人員)|企業情報 - 東武鉄道、2014年7月6日閲覧
  30. ^ 東武鉄道 平成23年度1日平均乗降人員・通過人員 (PDF) - 関東交通広告、2014年7月6日閲覧
  31. ^ “東武鉄道お客さまセンターの電話番号が新しくなりました” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道, (2008年7月1日), オリジナルの2011-05-23時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20110523024722/http://www.tobu.co.jp/file/1677/080701.pdf 2008年7月3日閲覧。 
  32. ^ “「あべのハルカス」 ・「東京スカイツリー 」が初のコラボイベントを開催します !” (PDF) (プレスリリース), 東京スカイツリー, (2013年12月4日), http://www.tokyo-skytree.jp/press/1212abePRWEB.pdf 2014年1月2日閲覧。 
  33. ^ “「あべのハルカス」「東京スカイツリー」コラボイベント第二弾を開催します!” (プレスリリース), 東京スカイツリー, (2014年3月27日), http://www.tokyo-skytree.jp/press/2014/03/2014-2.html 2014年3月28日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 東武鉄道株式会社 『東武鉄道六十五年史』 東武鉄道年史編纂事務局、東武鉄道、1964年。全国書誌番号:64010839
  • 『東武鉄道百年史』 東武鉄道社史編纂室、東武鉄道、1998年。全国書誌番号:20043141
  • 『根津翁伝』 根津翁伝記編纂会、根津翁伝記編纂会、1961年。全国書誌番号:62004366
  • 花上嘉成 『東武デラックスロマンスカー 1720系と東武特急の歩み』 JTB〈JTBキャンブックス〉、2004年3月ISBN 4533051707
  • 『鉄道ダイヤ情報』2006年3・4月号
  • 『鉄道ピクトリアル 東武鉄道特集号』
  • 『私鉄の車両24 東武鉄道』 保育社、1987年1月ISBN 4586532246

関連項目[編集]

外部リンク[編集]