ニッタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッタン株式会社
NITTAN COMPANY, LIMITED
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ニッタン
本社所在地 日本の旗 日本
東京都渋谷区笹塚一丁目54番5号
設立 大正14年12月1日(登記上)
業種 火災報知設備消火設備
代表者 板倉 秀樹(代表取締役社長)
資本金 23億250万円
従業員数 724名
(2011年3月31日現在)
主要株主 セコム株式会社 100%
外部リンク www.nittan.com
テンプレートを表示

ニッタン株式会社(ニッタン、NITTAN COMPANY, LIMITED)は、自動火災報知設備消火設備住宅用火災警報器等を扱うセコムグループの防災メーカーである。

沿革[編集]

  • 1954年:東京都渋谷区山下町に日本火災探知器株式会社として設立。
  • 1965年:
    • 特殊精機株式会社がニッタングループの傘下となり、ニッタン精機株式会社に商号変更。
    • 国産初のイオン化式感知器の認可を受ける。
  • 1966年:ニッタン株式会社(初代)に商号変更。
  • 1967年:ニッタン電子株式会社を設立。
  • 1969年:エビス電工がニッタングループの傘下となり、ニッタン電工株式会社に商号変更。
  • 1970年:
    • 株式額面変更のため、休業状態となっていた株式会社共栄社へ吸収合併され、株式会社共栄社はニッタン株式会社(2代目)へ商号変更。
    • 船舶用防災機器のAB認証を得る。国内初、イオン化式煙感知器が英国FOCにより許可される。
  • 1972年:
    • 英国にNITTAN(UK)LTD.を設立
    • 日本舶用品検定協会HK認可を得る。
  • 1978年:住宅用火災警報器の販売開始。
  • 1989年:横浜市希望ヶ丘に研究所完成、株式を店頭公開。
  • 1990年:埼玉県に中央配送センター完成
  • 1994年:東京証券取引所市場第2部に株式を上場、スウェーデンにNITTAN SYSTEM ABを設立。
  • 2003年:中国に日探消防設備(中山)有限公司を設立。
  • 2005年:株式交換により株式会社住生活グループの子会社となり、東京証券取引所市場第2部の上場廃止。
  • 2006年:スウェーデンのConsillium社と合弁でコンシリアム・ニッタンマリーン株式会社を設立。
  • 2010年:生産部門統合のため、ニッタン電子株式会社がニッタン精機株式会社を吸収合併。
  • 2011年7月:株式会社LIXILニッタンに商号変更[1]。併せて、ニッタン電子株式会社も株式会社LIXILニッタン電子に商号変更。
  • 2012年4月:住生活グループからセコムに全株式が譲渡され、商号がニッタン株式会社に戻る。株式会社LIXILニッタン電子もニッタン電子株式会社に戻る。

マスコットキャラクター[編集]

  • ニッコリタンちゃん(通称:タンちゃん)

CM[編集]

事業所一覧[編集]

<支社> 北海道、東北、首都圏、中部、関西、中国、四国松山、九州

<支店>

  • 秋田、八王子、横浜、千葉、水戸、つくば、さいたま、群馬、長野、金沢、大津、京都、神戸、岡山、高松、北九州、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島

<営業所>

  • 青森、郡山、富山、奈良、和歌山、松江、徳山、高知、佐賀

<事務所>

関連会社[編集]

主要子会社

サービスセンター

  • 株式会社北海道ニッタンサービスセンター
  • 株式会社東北ニッタンサービスセンター
  • 株式会社名古屋ニッタンサービスセンター
  • 株式会社ニッタンサービスセンター大阪
  • 株式会社広島ニッタンサービスセンター
  • 株式会社四国ニッタンサービスセンター
  • 株式会社福岡ニッタンサービスセンター

注釈[編集]

  1. ^ 商号変更のお知らせ (PDF) - ニッタン株式会社 2011年5月9日(2011年5月18日閲覧)

外部リンク[編集]