京浜急行電鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京浜急行電鉄株式会社
Keikyu Corporation
Keikyu logo.svg
本社(泉岳寺駅A1出入口)
本社(泉岳寺駅A1出入口)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9006
略称 京急、京急電鉄、京浜急行
本社所在地 日本の旗 日本
108-8625
東京都港区高輪二丁目20番20号
地図
設立 1948年昭和23年)6月1日(注1)
業種 陸運業
事業内容 旅客鉄道事業 他
代表者 取締役社長 原田 一之
資本金 437億3,800万円
(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 5億5,152万1,094株
売上高 連結:2,954億500万円
単独:1,077億7,600万円
2012年3月期)
営業利益 連結:189億8,900万円
単独:105億8,500万円
(2012年3月期)
純利益 連結:41億1,900万円
単独:39億7,900万円
(2012年3月期)
純資産 連結:1,871億8,700万円
単独:1,196億300万円
(2012年3月期)
総資産 連結:9,643億300万円
単独:8,789億1,800万円
(2012年3月期)
従業員数 連結:9,179人 単体:1,498人
(2011年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 日本生命保険 5.07%
みずほコーポレート銀行 3.44%
横浜銀行 3.39%
第一生命保険 2.35%
日本トラスティ・サービス銀行(中央三井信託銀行退職給付信託口)1.99%
日本トラスティ・サービス銀行(信託口) 1.89%
西武鉄道 1.85%(2011年9月30日現在)
主要子会社 京浜急行バス
川崎鶴見臨港バス
京急ステーションサービス
関係する人物 立川勇次郎
雨宮敬次郎
望月軍四郎
五島慶太
田中百畝
日野原保
外部リンク http://www.keikyu.co.jp/
特記事項:注1:当時の東京急行電鉄から分離する形で、新設の当社が陸上交通事業調整法による合併前の旧京浜線を引き継いだ。なお、当社鉄道事業を創業した会社の設立(創立)は1898年明治31年)2月15日(大師電気鉄道株式会社)。
テンプレートを表示
京急全線ランドサット衛星写真
川崎以北拡大
川崎-金沢八景間拡大
金沢八景以南拡大

京浜急行電鉄株式会社(けいひんきゅうこうでんてつ、: Keikyu Corporation)は、東京都港区に本社を置く大手私鉄である。略称は京急(けいきゅう)。

東証一部に上場し、芙蓉グループを構成する企業の一つで、京急グループの中核企業である。かつては京浜急行(けいひんきゅうこう)を公式略称、Keihin Electric Express Railway Co., Ltd.を英文社名としていたが、2007年平成19年)12月1日よりポスターチラシ類などにおいて「京急電鉄(けいきゅうでんてつ)」の名称および新ロゴマーク、2010年(平成22年)10月21日[1]より「Keikyu Corporation」の英文社名を使用開始し、順次変更している。グループ全体でのコーポレートスローガンは、「あんしんを羽ばたく力に」(2008年以降)。

概要[編集]

京浜急行電鉄は、東京都港区から品川区大田区神奈川県川崎市横浜市、さらに三浦半島へ至る鉄道路線を運営している。近年は羽田空港へのアクセス鉄道としても利用されている。また都営地下鉄浅草線京成電鉄北総鉄道北総線相互乗り入れ芝山鉄道芝山鉄道線に乗り入れを実施しており(詳細は後述)、千葉県北部の千葉ニュータウン成田空港まで乗り入れている。交通事業のほかに流通事業・サービス事業・不動産事業なども経営する。

過去の略称は京浜電気鉄道時代の「京浜」が使われており、1963年昭和38年)には湘南電気鉄道時代の駅名であった「湘南-」を「京浜-」に改称し統一させた。しかし昭和30年代前半から子会社の名前などに「京急」を使うようになり、一時は「京浜」と「京急」の略称が混在していたが、次第に「京急」の方が定着していったことから1987年(昭和62年)6月1日には同年に民営化した東日本旅客鉄道(JR東日本)との差別化も意識し、コーポレートアイデンティティ (CI) の一環として、それまで「京浜-」としていた10駅の駅名冠称を「京急-」に改め、略称を「京急」に統一した。なお、「京急-」という名称は同社の登録商標になっている。

現在の京浜急行電鉄は列車の運転業務を主として行っており、工務および電気設備は京急鉄道施設、車両整備は京急ファインテック鉄道駅業務は都営地下鉄浅草線との共同使用駅であり、東京都交通局の管理駅である泉岳寺駅を除く全駅が京急ステーションサービスなどの自社100%出資の子会社にそれぞれ業務を委託している。また電鉄本体は総合職で採用した社員を除き現業職員の採用も行っておらず、運転士車掌は京急ステーションサービスから試験を経て選抜された者が電鉄本体に転籍し、教習を受けて仕事に就くという形を取っている。

コーポレートスローガン[編集]

  • 「めざす未来へ ふれあい京急」(1988年 - 1998年)
  • 「新しい出会いに夢のせて」(1998年 - 2008年)
  • 「あんしんを羽ばたく力に」(2008年 - )

歴史[編集]

現在の京浜急行電鉄の元となったのは、旧東海道川崎宿に近い六郷橋から川崎大師まで標準軌で開通した大師電気鉄道である。同社は日本で三番目、関東では最初の電気鉄道会社であった。創立時には安田財閥が人的・資金で援助したこともあり、そのため現在でも安田財閥の流れを組む芙蓉グループの一員となっている。

東京市電との相互乗り入れを目論み、軌間を開業時の標準軌から一旦は1372mmの馬車軌間へ改軌を行うが、後に子会社となる湘南電気鉄道による三浦半島方面の延伸線への乗り入れを行うために、再度標準軌に改軌された。

1942年には陸上交通事業調整法に基づく戦時統合により東京急行電鉄(いわゆる大東急)に併合されるが、1948年に京浜急行電鉄、小田急電鉄、京王帝都電鉄(現:京王電鉄)の3社が分離・独立し、現在に至る。

京浜急行発祥の地記念碑(川崎大師駅

年表[編集]

  • 1897年(明治30年)8月26日 - 大師電気鉄道に対し軌道特許状下付(橘樹郡川崎町久根崎-同郡大師河原村字中瀬間)[2]
  • 1898年明治31年)2月15日 - 大師電気鉄道株式会社設立。
  • 1899年(明治32年)
    • 1月21日 - 六郷橋 - 大師間 (2.0km) 営業開始。
      • 開業式は1902年(明治35年)10月17日挙行。営業開始3年後となった開業式について、業務多忙により実施できなかったと推測されている[3][4]。「京浜急行百年史」「京浜電気鉄道沿革史」によれば、開業当初は日清戦争後で社会経済情勢が不安定だったこと、対立関係にあった人力車組合の影響を考慮して開業直後に行わなかったとの旨が記載されている。
    • 4月25日 - 京浜電気鉄道株式会社に社名変更。
    • 11月28日 - 軌道特許状下付(橘樹郡川崎町久根崎-荏原郡品川町品川橋間、同郡大森町字揚場-大森停車場間)[5]
  • 1900年(明治33年)11月2日 - 軌道特許状下付(橘樹郡川崎町六郷橋際-神奈川町停車場間)[6]
  • 1901年(明治34年)
    • 2月1日 - 大森停車場前(現・JR線大森駅) - 八幡(現・大森海岸) - 六郷橋間開業。
    • 8月24日 - 発電所の余剰電力を利用した電燈電力供給事業開始。
    • 11月10日 - 軌道特許状下付(蒲田-羽田間)[7]
    • 11月18日 - 軌道特許状下付(橘樹郡大師河原村字川中島-同村中瀬耕地渡船場間)[8]
  • 1902年(明治35年)6月28日 - 蒲田(現・京急蒲田) - 穴守間開業。
  • 1902年(明治35年)9月1日 - 六郷橋 - 川崎(現・京急川崎)間開業。
  • 1904年(明治37年)
    • 3月1日 - 全線を標準軌から馬車軌間に改軌。
    • 5月8日 - 品川(現・北品川) - 八幡間開業。大森停車場前 - 八幡間が大森支線となる。
  • 1905年(明治38年)12月24日 - 品川(現・北品川) - 神奈川間開通。
  • 1913年大正2年)12月31日 - (旧)穴守 - 穴守間開業。1914年には(旧)穴守駅付近に羽田駅(後の稲荷橋駅、現・穴守稲荷駅)が開業。
  • 1923年(大正12年)5月1日 - 電燈電力供給事業を群馬電力(後に東京電力[9]と合併)に譲渡。
  • 1925年(大正14年)3月11日 - 高輪 - 北品川間開業。
  • 1927年昭和2年)8月27日 - 自動車事業開始。
  • 1930年(昭和5年)
    • 2月5日 - 高輪 - 横浜間開通。
    • 4月1日 - 湘南電気鉄道の黄金町 - 浦賀間と金沢八景 - 湘南逗子間が標準軌 (1435mm) にて開業。
  • 1931年(昭和6年)
    • 7月4日 - 大船 - 片瀬間にて日本初の有料道路事業開始(京浜急行線)。
    • 12月26日 - 日ノ出町駅まで延伸された湘南電気鉄道と横浜から野毛山をトンネルで抜け標準軌で敷設された京浜電気鉄道延長線が接続され、横浜 - 浦賀間で相互直通運転開始。
  • 1933年(昭和8年)4月1日 - 高輪駅を廃止し品川駅へ乗り入れ。全線を標準軌に改軌。品川 - 浦賀間直通運転開始。
  • 1937年(昭和12年)3月8日 - 大森支線、大森停車場前 - 大森海岸間を廃止。
  • 1941年(昭和16年)11月1日 - 京浜電気鉄道と湘南電気鉄道・湘南半島自動車が合併し、この時に現在の路線網の骨格がほぼ完成した。
  • 1942年(昭和17年)
    • 5月1日 - 小田急電鉄と共に東京横浜電鉄へ合併。東京急行電鉄(東急、「大東急」)が発足。
    • 12月1日 - 久里浜線、横須賀堀ノ内 - 久里浜間が開業。
  • 1945年(昭和20年)1月7日 - 大師線、桜本まで開通。
  • 1948年(昭和23年)6月1日 - 東京急行電鉄(「大東急」)の第3会社として京浜急行電鉄株式会社が設立。東京急行電鉄から現在の当社線を譲り受けて営業開始。
  • 1949年(昭和24年) - 東京証券取引所に株式上場。
  • 1952年(昭和27年)1月1日 - 大師線のうち塩浜 - 桜本間を川崎市交通部(現・川崎市交通局)に譲渡。
  • 1956年(昭和31年)4月20日 - 穴守線、穴守稲荷 - (旧)羽田空港間開業。
  • 1963年(昭和38年)11月1日 - 穴守線を空港線に改称。久里浜線に久里浜検車区および久里浜工場(当時)を開設し、野比(当時)まで開通。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月27日 - 久里浜線、津久井浜まで開通。
    • 7月7日 - 久里浜線、三浦海岸まで開通。
  • 1968年(昭和43年)6月21日 - 品川 - 泉岳寺間開業。都営浅草線と直通運転開始。
  • 1974年(昭和49年)5月26日 - 横浜駅下り専用ホームを撤去し島式1面2線に(2006年7月22日に再設置)。
  • 1975年(昭和50年)4月26日 - 久里浜線、三崎口まで開通。
  • 1984年(昭和59年)7月1日 - 大船 - 片瀬間の有料道路事業廃止。
  • 1985年(昭和60年)3月2日 - 逗子線、京浜逗子・逗子海岸両駅を統合し、新たに新逗子駅を開業。
  • 1986年(昭和61年)12月26日 - 東京 - 弘前間に夜行高速バス「ノクターン号」運行開始。
  • 1987年(昭和62年)6月1日 - 「京浜-」と名の付く10駅を「京急-」に改称。
  • 1991年平成3年)1月15日 - 空港線、穴守稲荷 - (旧)羽田空港間休止(1993年廃止)。
  • 1993年(平成5年)4月1日 - 空港線、穴守稲荷 - 羽田(現・天空橋)間開業。
  • 1994年(平成6年)4月1日 - 「ルトランカード」によるストアードフェアシステム導入(パスネット普及に伴い2002年10月使用停止)。
  • 1998年(平成10年)11月18日 - 空港線、天空橋 - 羽田空港(現・羽田空港国内線ターミナル)間が開業し、現在の路線がすべて開通。
  • 2000年(平成12年)12月20日 - パスネット導入。
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 自動車事業を京浜急行バス株式会社に継承し、分割する。
  • 2004年(平成16年)11月24日 - 西武鉄道の株式計260万株を同年中にホテル京急と共同で購入していたことが発表される(「西武鉄道#証券取引法違反事件」参照)。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)11月14日 - 全駅への自動体外式除細動器 (AED) 設置を完了。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - PASMOを導入、Suicaとの相互利用開始(その後、在庫僅少により横須賀中央・上大岡・横浜・品川の各定期券センターをのぞき発売中止、同年10月1日より全駅で発売再開)。同時に首都圏の私鉄としては初めての試みとして全駅構内(売店、飲食店、自動販売機)でPASMO電子マネーを導入。
  • 2008年(平成20年)2月25日 - 会社創立110周年の一環として、駅係員と乗務員の制服を一新。
  • 2009年(平成21年)9月30日 - セブン-イレブン・ジャパンと業務提携を行い、京急ステーションコマースが運営する京急線各駅の売店すべてをセブン-イレブンに転換することを発表[10]
  • 2010年(平成22年)
    • 5月16日 - 本線平和島駅 - 六郷土手駅間および空港線京急蒲田駅 - 大鳥居駅間の上り線高架線使用開始。
    • 10月21日 - 空港線羽田空港国際線ターミナル駅が開業。駅ナンバリングを導入。英文社名を「Keihin Electric Express Railway Co., Ltd.」から「Keikyu Corporation」に変更[1]
  • 2011年(平成23年)
  • 2012年(平成24年)10月21日 - 本線平和島駅 - 六郷土手駅間および空港線京急蒲田駅 - 大鳥居駅間の下り線高架線使用開始。
  • 2013年(平成25年)3月23日 - KitacamanacaTOICAICOCAPiTaPanimocaはやかけんSUGOCAがIC乗車カード相互利用開始で利用可能になる。

路線[編集]

前身の京浜電気鉄道や湘南電気鉄道などの路線も含む。

現有路線[編集]

総延長キロ数 : 87.0km

廃止路線・区間[編集]

未成線[編集]

  • 生見尾線 : 総持寺駅(廃止) - 学校裏駅(現・平和島駅)付近 : 現在の産業道路に沿って海沿いを走るルートだった。1915年に軌道特許申請が却下され、京浜電鉄は東京府内部分の建設を断念。神奈川県内は大師線に接続するルートに変更、完全子会社海岸電気軌道として開業するが1937年に廃止となった(「海岸電気軌道#歴史」を参照)。現在の大師線の川崎大師 - 産業道路間は、旧海岸電軌の廃線跡に作られたもので生見尾線のなれの果てともいえる(「海岸電気軌道#廃線跡とその後」を参照)
  • 武山線 : 衣笠駅付近(現在の衣笠十字路付近)- 林 : 着工後に終戦となり中止。
  • 久里浜線 : 三崎口駅 - 油壺駅(仮称) - 三崎駅(仮称): 事業廃止
  • 三浦半島西部線(葉山線) : 逗子海岸駅 - 飯森駅(仮称) 14.5km

京浜急行電鉄の前身の一つである湘南電気鉄道にも「予定線」として多数の計画線が存在した。日ノ出町駅 - 桜木町駅間の建設予定地には、予定地に沿って道路や住宅が並んでいる。

京浜急行電鉄・路線図


[編集]

2013年3月末現在、73駅[11]を営業している(泉岳寺駅を含む)。

京浜急行電鉄は、東京の私鉄で唯一東京メトロとの乗り換え駅がない。

乗降人員上位15駅[編集]

  • 乗降人員は京浜急行電鉄の駅のもの。増加減少増減なしは前年度に比較した増(増加)減(減少)増減なし(増減なし)を表す。
    • 順位…上位15駅は全駅変動なし。
京浜急行電鉄の駅別乗降人員上位15位(2012年度)[12][13]
順位 駅名 人数
(人)
前年比
(%)
前年
順位
前年人数
(人)
所在地 備考
1 横浜駅 305,878 増加 0.6 1 303,904 横浜市西区 各社局線総合では日本・世界第5位
2 品川駅 253,919 増加 2.0 2 253,919 東京都港区 各社局線総合では日本・世界第9位
3 泉岳寺駅 158,504 増加 3.0 3 153,745 東京都港区 浅草線の直通人員含む
4 上大岡駅 140,806 増加 0.4 4 140,230 横浜市港南区  
5 京急川崎駅 114,311 増加 0.6 5 113,634 川崎市川崎区  
6 金沢文庫駅 70,858 減少 0.6 6 71,255 横浜市金沢区  
7 羽田空港国内線ターミナル駅 70,712 増加 2.9 7 68,693 東京都大田区  
8 横須賀中央駅 67,175 増加 0.2 8 67,053 神奈川県横須賀市  
9 金沢八景駅 55,064 増加 1.3 9 54,374 横浜市金沢区  
10 京急蒲田駅 47,473 増加 1.9 10 46,564 東京都大田区  
11 平和島駅 45,567 増加 4.6 11 43,452 東京都大田区  
12 京急久里浜駅 43,823 減少 0.3 12 43,949 神奈川県横須賀市  
13 青物横丁駅 42,552 減少 1.5 13 43,178 東京都品川区  
14 追浜駅 39,997 増加 0.3 14 39,892 神奈川県横須賀市  
15 杉田駅 33,704 増加 0.7 15 33,454 横浜市磯子区  

駅長所在駅[編集]

駅長所在駅は品川平和島京急蒲田羽田空港国内線ターミナル京急川崎川崎大師神奈川新町横浜日ノ出町上大岡金沢文庫追浜横須賀中央京急久里浜三浦海岸の15駅。駅長所在駅ごとに管区が置かれ、泉岳寺駅とここに挙げた15駅以外の駅は、いずれかの駅長に属する被管理駅となっている。なお、駅長もその他の駅係員同様、京急ステーションサービスの社員である。

運行体制[編集]

都営地下鉄浅草線京成電鉄押上線本線東成田線成田スカイアクセス線北総鉄道北総線芝山鉄道芝山鉄道線と直通運転を実施している。乗り入れ車両は8両編成のため、普通列車の停車駅の有効長の関係で普通としては運転されず、京急線内ではエアポート急行特急快特エアポート快特として運転される。

車両[編集]

京急の現有車両は総合車両製作所(旧・東急車輛製造)および川崎重工業製で、ほぼ半々の割合で製造されている。2006年4月1日現在、758両を保有する(事業用車・緊急予備車・休止車両・保留車を除く)。各形式の詳細、使用線区、運用などについてはそれぞれの記事を参照されたい。

外観[編集]

経営・技術面など多方面から範としたアメリカパシフィック電鉄の影響から、創業以来の伝統として車体広告車などの例外を除いて車体は赤く塗装されており、会社のイメージカラーにもなっている。塗色のパターンは幾度か変遷があり、現在では、窓下に白帯が入るもの、窓周りが白く塗られているもの(800形で初めて採用され、現在では600形・2100形・新1000形で採用している)がある。2007年3月に登場した京急初のステンレス車両・新1000形6次車以降では車体幕板と腰板に赤色のラッピングを施し、さらに窓下に白帯を入れアクセントとした。

車両設計についても長らく役員を務めた日野原保の下で独自の哲学を持ち、他の大手私鉄では1970年代には両開き式側扉、前面下部2灯の前照灯が主流となっていた中、1980年代まで通勤形電車に片開き式側扉や前面上部1灯の前照灯を採用していた[要追加記述]。このほか、前面下部にアンチクライマー(乗り上げ止め)を遅くまで採用、長らく非塗装ステンレス車を採用せず、アルミ製車体であっても普通鋼製車体と同様の塗装を施すといった特徴が見られる。また、車外の灯具にはLEDを使用していたが、当初導入したLED灯具の経年輝度低下が問題になったことから交換コストや簡便性を検討し、現在では順次電球に戻している。しかし、経年輝度低下問題が解決[要追加記述]したことから新1000形8次車の車側灯でLEDが再び採用された。 さらに急曲線が各所に存在するため、旋回特性で不利[要追加記述]なボルスタレス台車は導入していない。

種別・行先表示[編集]

視認性の問題から行先表示に3色LED表示器は導入しなかったが、フルカラー・白色LEDが実用化され視認性に特に問題なかったこと、多くの色を表現でき種別案内が色で可能になったこと、行先の増加や運転系統の変化に伴い幕交換が多数発生している現状を踏まえ、2005年(平成17年)以降製造車両から本格採用した。また、2010年3月ごろより東急5000系列に類似したフルカラー・白色LED行先表示(日本語・英語を交互表示)が搭載されるようになり、LED装備車全車の表示内容を収めたROM変更が完了している。

相互直通運転を行っている京成電鉄とは異なり、駅名の「京急」は省略しない(「京急川崎」など)。

方向幕搭載車は、以前は黒地に白抜き文字の表示(さらにそれ以前は白地のローマ字無し)であったが、現在では白地のローマ字入り幕に交換が進んでいる[14]。かつては行先板を使用していた名残りから「新町(神奈川新町)」「文庫(金沢文庫)」など省略駅名を表示していたが、現在は大半の車両が正式な駅名を表示するようになっている。

特殊な表示形態として以下のものがある。

  • エアポート快特と快特を区別するため、エアポート快特には「快特」の文字の前に飛行機のマークを表示する(他社の車両も同様)。2012年10月21日からは、アクセス特急との統一と誤乗防止のため、橙色となる。京成線内から羽田空港国内線ターミナルへ向かうアクセス特急や快速、または京急線内のエアポート急行についても同様に「(飛行機マーク)アクセス特急」「(飛行機マーク)快速」「(飛行機マーク)急行」の表示を行う。ただし、「エアポート急行」の表示機能のない車両は「急行」の表示を行う。
  • 羽田空港国内線ターミナル行は「羽田空港」と表示する。
  • 泉岳寺行上り列車は品川まで「品川方面泉岳寺」と表示する(搭載車に限る)。その場合は、品川駅到着前に「泉岳寺」単体表示に変更する。
  • 京急ウィング号」の種別表示「Wing 」は横幅の広い行先表示箇所に表示され、行先が種別表示箇所に表示されるのが2000形の時からの京急ウィング号ならではの特徴であった。現在は新種別幕の追加および全車両共通幕化改造により、他の列車種別と同様に種別が種別幕に、行き先が方向幕に表示されるのみとなった。
  • 京成線への直通列車では、駅名の「京成」を省略する(京成成田は「成田」と表示)。
  • 京成線への直通列車のうち、京成佐倉成田空港行に接続する列車は京急線内で「成田空港方面 佐倉」と表示する。基本的に品川駅到着前に「佐倉」の単体表示になるが、稀に都営浅草線・京成線内でも表示することがある。
  • 北総線への直通列車は品川まで「品川・日本橋方面 印西牧の原」もしくは「品川・日本橋方面 印旛日本医大」と2行に分けて乗り入れ先を強調した行先を表示する。なお、新1000形のLED車は前面は「品川方面 印西牧の原」もしくは「品川方面 印旛日本医大」と2行に分けて行先を強調した表示がなされ、側面は1行で同じように表示する。どちらも品川駅到着前に「印西牧の原」「印旛日本医大」の単体表示に変更する。
  • 大師線で運用される列車は「京急川崎小島新田」と表示する。ただし、京急川崎駅から折り返さない列車については「京急川崎」と表示する。
種別色[編集]
  • エアポート快特…橙
  • エアポート快特(旧表示)・快特…緑
  • 特急…赤
  • エアポート急行…青
  • 普通…黒

仕様[編集]

都営地下鉄線に乗り入れる列車は、片側3扉で、貫通扉を備え、火災などの非常時に運転室正面から脱出可能な編成に限定される。現在、この条件を満たすのは1500形600形・新1000形である。なお2100形も構造上は乗り入れることが出来るが、2扉オールクロスシートという内装およびドア数を嫌う東京都交通局が乗り入れを認めず、泉岳寺以南の自社線運用となっている。

形式呼称は、京成電鉄や東京都交通局と同様に「…系」ではなく「…形」を使用し、形式番号が乗り入れている3社・局と重複しないように2000番台より若い数字を用いる(ちなみに大東急時代は5000番台が振られていたが、分離独立時に5000を引いて一斉に改番した)。また、京急では必ずしも編成を固定しておらず、1500形を中心に現在でも編成替えが多く行われていることから編成を表す「…F」(「編成」を意味する英単語Formationの頭文字)などの呼称は用いない。さらに、京急部内では車両形式と編成を表す記号も使用されており、一例を挙げると、2代目1000形の8両編成では「8V」などと呼称されている(出典:「京急ダイヤ100年史」)。

先頭車両(制御車)は一部の事業用車を除きすべて電動車となっており、他社局からの乗り入れ車両についても先頭台車は重量の重く安定している電動台車に限定している。これは国鉄三河島事故鶴見事故以降、京急線内では脱線事故などの際に転覆事故へと被害を拡大させないこと、軌道回路の正確な検知を行うことで素早く確実な分岐器の転換・信号の開通・踏切の動作が求められているためである。過去には京成の3500形旧3000系列3200形3300形)などの先頭付随台車(6M車)の車両(改造前に、主に夏季の海水浴や正月の初詣臨時列車で使用された)や、当時先頭車が電動車でなかった北総7000形北総・公団線(現・北総線)の2期線開通直後の一時期)が例外的に入線した時期もあったが、現在は一切の例外を認めていない。

また、ボルスタレス台車は走行安定性の観点から現在に至るまで採用されておらず、軸受支持についても600形で一旦軸梁式が採用されたものの、2100形以降は走行安定性確保から円筒案内式へと戻され、現在では新車で同方式を採用する国内唯一の事業者となっている。

一見保守的ともいえる一方で、ドイツの電気機器メーカ「シーメンス」社製主制御器ノルウェー製座席、スウェーデン製座席カバーを使用するなど、諸外国の技術導入も積極的である。また、起動加速度は全車両で3.0 - 3.5km/h/s と高めに設定されている一方、直流モーターを使用する車両は弱め界磁制御の領域を広く取るなどして高速性能も確保している。現有車両は800形と1500形の初期車を除いて営業最高速度120km/h運転を実施しており、高加減速性能と高速性能を高次元で両立していることが言える。

かつて運行していた週末座席指定特急では禁煙プレートに号車札を差し込み、灰皿を置いて喫煙可能にしていた名残で、現在の600形まで独特の形をしていた禁煙プレートを採用していた。

また首都圏近郊の会社としては珍しく(特に在京大手私鉄では唯一)、車内における日本語の次駅案内の自動放送を導入していない[15]

現有車両[編集]


過去の車両[編集]

京浜急行電鉄分離独立後に在籍した過去の車両は以下の通り。いずれも廃車時の形式。東急統合時と1965年、1966年に改番が実施され、製造時とは形式名が変更されている車両が多い。

開業期から京浜急行電鉄成立以前までに下記3形式の木造車両が在籍した。形式はいずれも製造時のもの。一部は京急分離独立後にも在籍していた。このほか、大師電気鉄道開業時から大正時代まで木造2軸電車が在籍していた。

廃車後の地方私鉄への譲渡先は、東京急行電鉄西武鉄道と比べると多くないが、特筆すべき譲渡先としては高松琴平電気鉄道が挙げられ、木造車時代から平成に入って引退した車両まで、多くが譲渡されている。特に近年の琴電琴平線はほとんどが元京急車である。

設備[編集]

運転保安装置は全線で乗り入れ先各線と共通の1号型ATSを採用していたが、2009年(平成21年)2月14日よりC-ATSに更新した。検車区は久里浜の車両管理区を中心に金沢検車区新町検車区を加え計3か所を有する。

土木設備[編集]

路線はかつての軌道線や地方鉄道に由来するため地上を走行する区間が多かったが、各地で立体交差化が進んでいる。近年は弘明寺 - 上大岡間の高架化や空港線の一部地下化が行われた。しかしながら、関東南部の大手民鉄では珍しく東京都区内においても主要道路に踏切が存在する。特に京急蒲田周辺では第一京浜環状八号線に跨るため慢性的な交通渋滞の要因となっていることから、2014年(平成26年)の完成を予定して連続立体交差化事業が行われており[16]2012年(平成24年)10月には事業区間全線が高架化された[17]

旅客案内施設[編集]

大規模な駅では発車時刻や行先などを表示する発車標のLED式表示装置、液晶式表示装置への更新も行われているが、依然主要駅でも反転フラップ式案内表示機が使われている駅もある。また品川駅京急蒲田駅羽田空港国際線ターミナル駅羽田空港国内線ターミナル駅では外国人の利用客を意識して日本語、英語のみならず中国語韓国語の表示ができるようになっている。

品川駅や横浜駅などでは自動放送装置も導入されている。ドア数や車両数の違いや分割・併合の多さ、先着などの案内が複雑なため主要駅への自動放送装置導入には消極的だったが、詳細なアナウンスができるシステムが構築され、駅員によるアナウンスと遜色のない細やかな情報が提供されることが特徴である。

その他、接近する列車の種別が表示される簡易案内装置が多くの駅で導入されている。あくまで接近列車の種別を示すもので、JRのATOSのように次発列車の時刻・種別を案内するものではない。当初は機械式だったが、現在はLED式となっている。また、併せて列車接近自動放送(通過・停車別)が導入されている駅も多い。品川駅と京急蒲田駅では発着の多い羽田空港国内線ターミナル行の列車について羽田空港国内線ターミナル駅での出口案内も合わせて行う。

また、2008年(平成20年)11月18日より「京急駅メロディ大募集」として同年7月に一般公募により決定したご当地ソングが京急線内主要17駅(品川・青物横丁・立会川・平和島・京急蒲田・羽田空港(現在の羽田空港国内線ターミナル)・京急川崎・横浜・上大岡・金沢文庫・金沢八景・新逗子・横須賀中央・堀ノ内・浦賀・京急久里浜・三崎口)で、列車接近案内音(駅メロディ)として使用が開始されている(後に生麦・羽田空港国際線ターミナル・港町や、期間限定で梅屋敷でも採用された。それぞれの駅の採用曲は「発車メロディ#京浜急行電鉄」の項目を参照)。なお、ご当地ソングを鉄道事業者が採用している例はこれが初めてではなく、既に西日本鉄道で行っているが、西鉄では列車車内でのメロディでの採用に対して京急では駅の案内で使用している点が異なる。

ホームで駅員が監視業務をしていない駅では車掌がワイヤレスマイクを通じて駅ホームスピーカーを使い(一部の京成車は車外スピーカーで直接)、種別、行先、ドア閉めの告知をしており、笛や発車ブザーによる発車案内は主要駅を除き省略されている。通過待ちをする列車の乗務員はホームに立ち通過監視を行うのが慣習になっているほか、車掌による発車時のホーム監視は8両編成以下の場合乗務員室扉を開けて行ってたが(ホームドアのある羽田空港国際線ターミナル駅を除く)、近年は安全のため乗務員扉を閉め窓から確認作業をするように行ってる。また監視に集中することから、車掌と駅員の間での敬礼は行われない。

また、車両は羽田空港・浦賀新逗子三崎口寄りを1号車とし、品川寄りを大きい数字(12両編成の場合12号車、8両編成の場合8号車)としている。

駅務施設[編集]

自動券売機は現在すべてがタッチパネル式多機能券売機となっているが、PASMOの導入に合わせてPASMO対応への改造が行われた。一部には定期券発行機能(新規含む)が搭載され、利便性向上を図っている。2010年7月下旬から品川駅を皮切りに、自動券売機が順次更新されている。1994年(平成6年)4月1日には独自のストアードフェアシステムを導入し、対応するルトランカードの販売・利用が開始された。一方でパスネットの利用開始は機器更新が間に合わず、2000年(平成12年)10月14日のサービス開始時には導入せず2001年(平成13年)以降の予定としていたが、羽田空港駅(現・羽田空港国内線ターミナル駅)開業に伴う乗客増加に対応すべく、2000年12月20日に前倒しで導入した(ただし導入当時は対応自動改札機が限定されていた)。

その他の駅の設備[編集]

2007年5月より全駅で公衆無線LANMzoneフレッツ・スポット)が利用可能となっている。

運賃[編集]

大人普通旅客運賃(小児半額・端数は1円単位で切り捨て)。2014年4月1日改定。

  • 下表はICカードの運賃である。切符の運賃は10円単位で、10円未満は切り上げる(小児半額・端数は10円単位で切り上げ)。
キロ程 運賃(円)
初乗り3km 133
4 - 6 154
7 - 10 195
11 - 15 237
16 - 20 278
21 - 25 308
26 - 30 360
31 - 35 422
36 - 40 483
41 - 45 565
46 - 50 638
51 - 55 710
56 - 60 760
61 - 65 854
66 - 67 926
特定運賃
JR線との競合のため、品川 - 横浜で298円(切符は300円)、品川 - 京急川崎、京急川崎 - 横浜で227円(切符は230円)の特定運賃を設定。
これに伴い、品川 - 神奈川・仲木戸、北品川・新馬場 - 横浜などの区間でも特定運賃を適用。
加算運賃
羽田空港国際線ターミナル・羽田空港国内線ターミナル発着の運賃は170円を加算。
天空橋 - 羽田空港国内線ターミナル間内のみの利用は加算運賃なし。
京急蒲田・糀谷 - 羽田空港国際線ターミナルは294円(切符は300円)、大鳥居・穴守稲荷 - 羽田空港国際線ターミナルは283円(切符は290円)の特定運賃。
京急蒲田 - 羽田空港国内線ターミナルは335円(切符は340円)、糀谷・大鳥居・穴守稲荷 - 羽田空港国内線ターミナルは304円(切符は310円)の特定運賃。
加算運賃減額区間があるため、下に挙げる割引運賃適用区間以外への運賃は天空橋駅で乗車区間を分割した方が安くなる。
割引運賃
羽田空港国内線ターミナル - 都営線各駅、都営線経由で他社線までの運賃は、大人60円・小児30円の割引。
都営線を経由して東京メトロ線各駅との運賃は、都営線・東京メトロ線間の連絡特殊割引(大人70円)を適用[18]
羽田空港国内線ターミナル - 京成線空港第2ビル・成田空港の運賃は、大人90円・小児50円の割引。京成本線経由、成田スカイアクセス線経由両方とも適用される。
品川 - 新馬場の各駅と泉岳寺を経由して都営浅草線大門 - 五反田、泉岳寺・三田を経由して都営三田線白金高輪 - 芝公園の各駅との運賃は、大人20円・小児10円の割引。
子安 - 日ノ出町の各駅(横浜を除く)とみなとみらい線新高島 - 馬車道の各駅との運賃は、大人20円・小児10円の割引。

このほかにも有人改札口で硬券による入場券および初乗り運賃の乗車券を発売していたが、2012年2月現在は京急線全線で硬券の発売は終了している。

割引乗車券[編集]

京急線は、沿線に三浦半島、横浜といった観光地や羽田空港を擁し、観光客を始めとする利用者に向けて様々な割引乗車券を発売している。

なお、ここでは「羽田空港駅」と記した場合、羽田空港国際線ターミナル駅と羽田空港国内線ターミナル駅両方が含まれる。

発売中の割引乗車券[編集]

三浦半島1DAYきっぷ/三浦半島2DAYきっぷ
京急本線金沢文庫駅 - 浦賀駅、逗子線・久里浜線全線および三浦半島エリアの京浜急行バス指定区間が乗降自由、三浦半島の各種施設の優待特典が付く。各々1日ないし2日間有効。以前は横須賀市内エリアをフリー区間に収めたものも発売していた。
みさきまぐろきっぷ
京急線乗車駅 - 三崎口駅の往復乗車券と、三崎エリアの京浜急行バスが乗り降り自由、マグロ料理の食事券、レジャー施設利用券が付く。1日間有効
東京1DAYきっぷ
京急線乗車駅 - 品川駅の往復乗車券と、フリー区間となる京急線泉岳寺駅 - 品川駅および東京都交通局都営地下鉄都営バス都電日暮里・舎人ライナー、即ち都営部分は都営まるごときっぷと同等の効力)が乗降自由。泉岳寺駅をのぞく京急線各駅で販売している。1日間有効。以前は「TOKYO探索きっぷ」の名称で発売していた。
横浜1DAYきっぷ
京急線横浜駅 - 上大岡駅および横浜市営地下鉄ブルーライン横浜駅 - 上大岡駅(ただし阪東橋 - 弘明寺では途中乗降不可)、みなとみらい線全線、横浜市営バス(横浜都心部の一部区間)が乗降自由。1日間有効。「みなとぶらりチケット」に京急線横浜駅 - 上大岡駅間とみなとみらい線を追加したものといっても良い。
弘明寺みうら湯きっぷ
乗車駅 - 弘明寺駅の往復乗車券と「みうら湯弘明寺店」の入場割引券。2日間有効。
東京湾フェリー往復きっぷ
京急線乗車駅 - 京急久里浜駅および京急久里浜駅 - 久里浜港の京急バスと、久里浜港 - 金谷港東京湾フェリー往復乗車券。4日間有効。
京急羽田・ちか鉄共通パス
京急線羽田空港駅 - 泉岳寺駅の片道乗車券と都営・東京地下鉄共通一日乗車券。羽田空港国内線ターミナル駅と羽田空港国際線ターミナル駅で発売。
東京トラベル1DAYパス/東京トラベル2DAYパス
京急線羽田空港駅 - 泉岳寺駅(品川駅でも乗降可能)の片道乗車券と都営地下鉄一日乗車券(ワンデーパスと同等の効力)。羽田空港国内線ターミナル駅と羽田空港国際線ターミナル駅で発売。
空の旅おでかけきっぷ
京急線羽田空港駅 - 押上駅または浅草駅経由 - 東武本線各駅(一部のぞく)の割引乗車券。1日間有効。羽田空港国内線ターミナル駅と羽田空港国際線ターミナル駅で発売。
羽得きっぷ
関東地区をのぞくJTBグループ近畿日本ツーリストグループの窓口(一部をのぞく)で発売。京急線羽田空港駅 - 泉岳寺または横浜駅の往復割引乗車券。9日間有効。
羽得2枚きっぷ
券売機を設置している空港で発売。また、航空会社との提携で品川駅・横浜駅・羽田空港駅でも発売されることがある。効力は10日間有効であること以外は上記の羽得きっぷと同じだがこちらは2枚1組となっているのでペア乗車券としても利用できる。京急線駅で購入する場合、往路品川/復路横浜という利用も可能。
よこすかグルメきっぷ
京急線乗車駅 - 往復乗車券、フリー区間電車バス乗車券および選べる食事券(ヨコスカネイビーバーガーまたはよこすか海軍カレー)。当日限り有効。
京急&東京スカイツリー周辺散策フリーきっぷ
京急線乗車駅 - 都営浅草線浅草駅・押上駅の往復乗車券、東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)浅草駅 - 北千住駅間・押上駅 - 曳舟駅間・東武亀戸線全線のフリー区間の割引乗車券。1日間有効。
羽田京急きっぷ
日本各地の空港のリムジンバスの往復乗車券と、京急線往復乗車券がセットになったきっぷ。京急線内では羽田空港国内線ターミナル駅から品川(泉岳寺)または横浜までならどの駅でも利用可能。バスの乗車券、京急の乗車券とも2枚1組になっているのでペア乗車券としても使える。有効期限は10日。2013年8月現在、新千歳空港 - 札幌・室蘭、とかち帯広空港 - 帯広、秋田空港 - 秋田、富山空港 - 富山、小松空港 - 金沢、伊丹空港 - 大阪・京都・神戸、広島空港 - 広島、北九州空港 - 小倉・折尾、福岡空港 - 小倉・佐賀・久留米・荒尾・熊本・日田・由布院・別府・長崎・佐世保、長崎空港 - 長崎・ハウステンボス・佐世保、阿蘇くまもと空港 - 熊本、大分空港 - 別府・大分、鹿児島空港 - 鹿児島間のリムジンバスとのセット券が発売されている。

過去に発売されていた割引乗車券[編集]

平和島温泉クアハウスきっぷ
乗車駅 - 平和島駅の往復乗車券と「平和島温泉クアハウス」の入場割引券。2日間有効。2011年6月現在、発売終了。
記念艦三笠きっぷ
テレビドラマ『坂の上の雲』の放送に合わせて発売されていた割引乗車券。2012年3月31日までの期間限定発売。京急線乗車駅 - 往復乗車券、フリー区間および記念艦「三笠」の入場引換券、Z旗のハンカチが付く。なお、中学生の場合は記念品がプレゼントされる。また、小人用の設定はない[19]。1日間有効。
大田江戸前きっぷ
京急線乗車駅 - 往復乗車券、フリー区間および江戸前食事券(指定された10店舗の中から1品選ぶ)、商店街おみやげ券 または レトロ喫茶券。当日限り有効。

広報[編集]

西武鉄道の秩父・長瀞の広告がラッピングされている電車

広報誌[編集]

  • 京急のまちマガジン なぎさ(偶数月の1日発行)
  • 京急線 普通電車の旅(Web版も公開 奇数月更新)

他社との相互旅客誘致[編集]

キャラクター[編集]

  • けいきゅう♪ドレミたん[21]
    • 2009年頃に展開されたキャラクターである。電車を模した箱の中に「萌えキャラ」の女の子が制服姿で乗り、電車の運行業務を行う意匠となっている。愛称の「ドレミたん」は、2100形電車に採用されているドイツシーメンス社製GTOサイリスタ素子VVVFインバータ制御装置および主電動機から発する磁励音(通称「ドレミファインバーター」)に由来する。箱のデザインモデルとなる電車は、愛称の由来となった2100形のほか、600形 (KEIKYU BLUE SKYTRAIN) [22]新1000形(ステンレス車)[23]のバージョンもあった。2009年3月、タイトーが販売するゲームソフト『鉄道ゼミナール -大手私鉄編-』のスピンオフとして公式サイトにアップデートされた「京急検定」に登場したのち、同年11月にリニューアルした公式モバイルサイトなどでも使用された。また、京急系列のホテルでは関連グッズを付属させた宿泊プランの販売も行われた[24]
  • けいきゅん[25][26]
    • 2011年10月に羽田空港国際線ターミナル駅が開業1周年となったことを記念して作成されたキャラクターである。「開業1周年記念祭」の告知とあわせて愛称の公募が開始され、同年11月に結果発表し命名された。京急によると、同社の広報活動全般に展開するとしている。

協賛番組[編集]

いずれも過去のもので、関東ローカル限定の提供だった。

空港線の羽田空港延長後は、地方からの羽田空港到着便利用者を対象として、京急沿線とつながりのない遠隔地の放送局の番組に複数社提供社として名を連ねたり、スポットCMを出稿した例がある[27]

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 英文会社名の変更に関するお知らせ (PDF)”. IRニュース. 京浜急行電鉄 (2010年10月19日). 2010年10月23日閲覧。
  2. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  3. ^ 「黎明期の京浜電車」寺島京一、鉄道ファン1967年1月・67号
  4. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』にも本社ノ事業ノ一段落ヲ告ゲタルモノと記述『京浜電気鉄道株式会社沿革』
  5. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  6. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  7. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  8. ^ 『京浜電気鉄道株式会社沿革』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  9. ^ 東邦電力系で現在の東京電力とは別。
  10. ^ セブン-イレブン・ジャパンと京浜急行電鉄株式会社 駅売店のセブン-イレブン展開で業務提携”. 報道発表資料. 京浜急行電鉄. 2009年10月3日閲覧。
  11. ^ 京浜急行電鉄株式会社 - 日本民営鉄道協会、2014年4月17日閲覧
  12. ^ 京急電鉄1日平均乗降人員 - 京急まちWeb 2014年4月2日閲覧・2012年度の乗降人員
  13. ^ 京浜急行電鉄 平成23年度1日平均乗降人員・通過人員 - 関東交通広告 2014年4月2日閲覧・2011年度の乗降人員
  14. ^ 京阪電気鉄道の場合は逆に白地から黒地白抜き文字表示に変更している。
  15. ^ 注意喚起放送や英語の放送は存在し、車掌による放送と併用する形で使用されている。また、羽田空港国際線ターミナル・羽田空港国内線ターミナルの両駅に到着する際のみ日本語の自動放送もある。
  16. ^ 京浜急行線の連続立体交差事業と関連する街路事業 - 大田区
  17. ^ 事業区間の全線高架化 - 大田区
  18. ^ 【羽田空港アクセスガイド】おトクなきっぷ
  19. ^ 中学生以下は記念艦「三笠」の入場料が無料であるため。
  20. ^ 3月26日(月)から【西武鉄道×京急電鉄】相互ラッピング電車を運行! - 京浜急行電鉄、2012年3月21日
  21. ^ 京急初の“萌えキャラ”で「京急検定」アピール - オリコンキャリア(2009年3月13日付、2012年7月22日閲覧)
  22. ^ 萌えキャラ“ドレミたん”がクールに変身! - Walker Plus(東京ウォーカー、2009年5月31日付、2012年7月22日閲覧)
  23. ^ 大好評につき問題等一新!!京急検定 最終回を実施(報道発表資料) - 京浜急行電鉄(2009年7月28日付)[リンク切れ]
  24. ^ 『けいきゅう♪ドレミたん』マグカップ付プラン(朝食付)(トップページ内「人気のプランをご紹介」) - 京急EXイン浅草橋駅前(2012年7月22日閲覧)
  25. ^ 京急電鉄のマスコットキャラクター誕生!! 「開業1周年記念祭」の詳細発表(ニュースリリース) - 京浜急行電鉄(2011年10月14日付、2012年7月22日閲覧)
  26. ^ 京急電車マスコットキャラクターの名前が「けいきゅん」に決まりました(京急グループのお知らせ) - 京浜急行電鉄(2011年12月15日付、2012年7月22日閲覧)
  27. ^ 過去、札幌テレビでは、ズームイン!!朝!の7時半以降のローカルセールス枠のスポンサー(複数社のうちの一)となったことがある。

参考文献[編集]

  • 『京浜急行八十年史』 京浜急行電鉄 社史編集班 編、京浜急行電鉄、1980年3月15日
  • 『京浜急行百年史』 京浜急行電鉄 編、京浜急行電鉄、1999年3月
  • 『京浜電気鉄道沿革史』 京浜急行電鉄 編、京浜急行電鉄、1949年5月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]