沖電気工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖電気工業 株式会社
Oki Electric Industry Co., Ltd.
Oki logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6703
大証1部(廃止) 6703 2013年7月12日上場廃止
略称 沖電気、OKI
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:105-8460
東京都港区虎ノ門1丁目7番12号
設立 1881年(明工舎)
1949年(現法人)
業種 電気機器
事業内容 電子通信・情報処理・ソフトウェアの製造・販売
システム構築・ソリューション
代表者 代表取締役社長 川崎秀一
資本金 440億円
売上高 連結4,558億円(2013年3月期)
純資産 連結566億円(2013年3月31日)
総資産 連結3,493億円(2013年3月31日)
従業員数 連結17,459名(2013年3月31日)
決算期 3月末
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 4.63%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 2.98%
沖電気グループ従業員持株会 2.61%
(2013年3月末現在)
主要子会社 関連会社 参照
関係する人物 沖牙太郎(創業者)
外部リンク http://www.oki.com/jp/
テンプレートを表示

沖電気工業株式会社(おきでんきこうぎょう)は、東京都港区虎ノ門に本社を置く、通信機器現金自動預け払い機 (ATM) 等の情報機器を主体に製造するメーカーである。通称「OKI」。東京証券取引所一部上場。芙蓉グループに属する。

概要[編集]

日本最初の通信機器メーカーとして1881年(明治14年)創業以来、130年以上の歴史を誇り、日本電信電話公社グループ(現:日本電信電話株式会社、NTTグループ)との関係が強い。

近年、企業スローガンを「Open Up Your Dream」とし、ユビキタス社会の実現と「安全、安心、豊かな社会」への貢献を目ざし、NGN、インターネット、セキュリティ、ソフトウェア、サービスなど、情報と通信が融合した新たな分野へ事業領域を拡大している。

沿革[編集]

主な製品[編集]

  • 電話交換機全般
  • 企業向けボタン電話システム
  • IPテレフォニーシステム
  • VoIPシステム
  • ビデオ会議システム
  • 動画監視システム
  • 集積回路(ロジックLSI、メモリLSI、光部品)
  • 現金自動預け払い機(ATM)、消費者金融自動契約機
  • 各種発券機
  • KIOSK端末
  • 銀行向け事務集中システム・ソリューション
  • コールセンターの開発・構築・運営支援
  • プリンター(沖データ)
  • マルス(主にMV端末(みどりの券売機)など)
  • スマートフォン向け業務アプリケーション構築・運用支援
  • DressUP IT基盤ソリューションサービス
  • 基幹業務システム構築・運用支援
  • プライベートクラウド導入支援サービス
  • 仮想化ITソリューションサービス
  • 各種ASP事業(銀行口座からのモバイルSuicaチャージ/Edyチャージ、iアプリバンキング中継サーバ、位置表現抽出・管理サービス「LocoSticker」)

かつてはパソコンifシリーズ)や電子ボード「かわら版」なども手がけていたことがあったが、現在は撤退している。このため現在一般市場(コンシューマー)向け製品としてはプリンターがあるのみで、電機労連大手各社の中では知名度がやや劣る。

  • 防災無線の制御箱

関連会社[編集]

CM[編集]

  • 1990年代中期頃以降、CMは流していない。当時のCMにはアイドル歌手の浅香唯星野由妃が出演していた。それ以前には、会社のイメージキャラクターとして小林桂樹が務めていたこともある。
  • 2009年10月より、菅野美穂をイメージキャラクターに採用したプリンターのTV CMを開始。

スポンサード[編集]

テレビ・ラジオ[編集]

その他[編集]

沖電気(OKI)陸上競技部[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 同社は2014年4月1日、OKIサーキットテクノロジーに社名変更。

出典[編集]

  1. ^ 沖電気社史『進取の精神 -- 沖電気120年のあゆみ』2001年、P23 - 26[1]。このときウェスタン・エレクトリックの日本側代理人だった岩垂邦彦が、沖の合弁断念後に合弁先として自ら設立したのが日本電気である。
  2. ^ 『進取の精神 -- 沖電気120年のあゆみ』P398 - 401[2]
  3. ^ 半導体事業を分社し新会社を設立
  4. ^ OKIネットワークスを設立
  5. ^ 社名変更並びに事務所移転のお知らせ (PDF)”. OKI田中サーキット株式会社 (2014年2月). 2014年4月28日閲覧。
  6. ^ “メイドインジャパンの現場力(1):OKI鶴岡工場はなぜ1年間で生産効率を抜本的に上げられたのか(1/3)”. ITmedia. (2013年11月28日). http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1311/28/news009.html 2014年4月28日閲覧。 

外部リンク[編集]