VoIP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1140E VoIP Phone アバイア

Voice over Internet Protocol(ボイス オーバー インターネット プロトコル、VoIP(ブイ オー アイピー)、Voice over IP(ボイス オーバー アイピー))とは、音声を各種符号化方式符号化および圧縮し、パケットに変換したものをIP(Internet Protocol : インターネットプロトコル)ネットワークでリアルタイム伝送する技術である。Voice over Frame Relay (VoFR) ・Voice over ATM (VoA) などと同じVoice over Packet Network (VoPN) の一種。

この項では「VoIP」の技術とIP電話の網構成を記述する。その他については関連項目も参照のこと。

VoPNの概要および経緯[編集]

VoPNは、データ通信網と伝送路や交換設備を共用することを目的としてはじめられた。

VoFRは、X.25よりも遅延が少ないフレームリレーを使用するものである。IP加入者網が無かった時代に内線電話として普及したが、IP網の価格の低下と速度の向上、提供地域の拡大により撤去が進んだ。

VoAは、従来の電話網で必要となる電話交換機パケット通信とリアルタイム通信とを多重化するために開発されたATM交換機に置き換えるものである。高価で有資格者による保守を必要とするものであり、電気通信事業者携帯電話固定電話などの公衆交換電話網で使用されているものがほとんどである。

VoIPは、1990年代後半より、インターネット電話と呼ばれる、スピーカーマイクロフォンまたは、ヘッドセットを接続したパソコンソフトウェアをインストールする方式で利用されていたが、使い勝手が悪く、遅延・エコー・欠落などにより音質も従来の電話より劣るものであった。

2000年代より、ADSLFTTH広域イーサネットといった常時接続・高速・定額制のIP加入者回線が普及し、Resource Reservation Protocol (RSVP) などのQoS機能で音質が改善された。また、専用機器の開発に伴い一般の電話と同じ操作・機能となり、公衆網への発信が可能になり、電話番号の割り当てにより公衆網などからの着信が可能となった。

また、無線LAN上でのVoIPに関する技術を特にVoWLAN (Voice over Wireless LAN) と言うこともある。

技術[編集]

音声信号の圧縮符号化方式には、通常0.3 - 3.4kHz帯域のものが用いられるが、0.05 - 7kHz帯域のものも使用される。狭い帯域で多数チャネルが必要な場合に、音声が一定のレベル以下のときにパケットを送出しない無音圧縮の手法が使われ、頭切れや演算負荷の増加の原因になることもある。

リアルタイム性を重視し再送信を行わないRTPを使用して音声パケットを送り、パケット通信網の遅延時間のばらつきによるパケットの間隔や順序の乱れを吸収するため、受信側にバッファメモリが使用される。バッファメモリによる遅延時間は、回線の状況が良いときは小さく、悪いときは大きく調整される。途中で破棄されたパケットは、直前のパケットのデータから演算した音声やホワイトノイズなどの挿入で補正される。

バッファ補正の遅延時間の影響で、みなし音声方式の場合ファクシミリなどのモデムDTMFを使用した通信がうまくいかない場合がある。そのため、デジタルデータのパケットとしてファクシミリを送るための専用プロトコルであるT.38対応のゲートウェイを使用することもある。→InternetFAXを参照。

VoIP専用機器[編集]

VoIP専用機器には、通信プロトコルとして、SIP (Session Initiation Protocol) のものとH.323のもの、IPv4のものとIPv6のものとがある。網として統一されていないと、多数のゲートウェイが必要となる。

2005年現在、新規導入ではSIPが多い。2014年現在ではほぼSIPに統一され、H.323を利用することはまれである。

VoIP網制御装置[編集]

VoIP網制御装置とは、IPアドレス電話番号の相互変換・通信帯域管理・輻輳処理・課金・プレゼンス管理などの付加機能などを行う機器。SIPではSIPサーバ、H.323の場合ゲートキーパーと呼ぶ。また、汎用サーバのソフトウェアとして実装されているものをソフトスイッチとも呼ぶ。

電話交換機より安価に導入でき、保守や機能拡張が容易である。

VoIPゲートウェイ[編集]

VoIPゲートウェイとは、IP電話網制御装置の制御により、公衆交換電話網や他のIP電話網などの異なる網間との情報の送受信やプロトコル変換を行う機器。

IP電話交換機
IP電話交換機とは、一般電話網の交換機にIP網への接続機能を追加したもの。事業者用のものと、内線用のIP-PBXと呼ばれるものとがある。VoIP網制御装置と統合されたものもある。
IP電話アダプタ
IP電話アダプタとは、LANなどを通してVoIPでの通話を可能にするためプロトコルやインターフェースを変換する機器。次の様な機器の接続用がある。
  • アナログ電話機 (ATA) : 回線数の少ないものが一般的である。家庭向け等の機種では、ADSLモデムやルーターとの複合機も多い。
  • PHS : 構内PHSのバックボーンをLANに統合するために使用する。
  • ISDN対応内線交換機 : ビジネスホンなどをISDNから切り替えるために使用する。S点接続のものが多いがU点のものもある。

VoWLANコントローラー[編集]

VoWLANコントローラーとは、無線LANアクセスポイント間で無線IP電話機をハンドオーバーできるように制御する機器。無線LANのセキュリティ向上機能を持つものも多い。端末とアクセス・ポイント間との認証・ハンドオーバーの時間を短縮する規格としてIEEE 802.11iがある。また、品質確保のための帯域制御・同時通話数制限、待ち受け時間延長のための省電力制御の規格としてIEEE 802.11eがある。

Wi-Fi電話端末[編集]

Wi-Fi電話端末とは、無線LANに直結できる携帯型電話機。モバイルセントレックス用の端末として、期待されている。2007年現在、IEEE 802.11i・IEEE 802.11e対応の連続待ち受け時間などが改善されたものが登場し、また、携帯電話などとのデュアル機や、通信端末分離型(CFカード等)の端末も開発されている。

無線LAN内蔵携帯電話は、2004年からNTTドコモによって、企業向けに「PASSAGE DUPLE」というモバイルセントレックスサービスとして展開されている。「ホームU」という個人向けサービスも2008年7月より開始されている。

IP電話機[編集]

IP電話機とは、イーサネットに直結できる据え置き型電話機。Power over Ethernet機能のあるスイッチングハブからの給電で動作し、個別の電源アダプタが不要なものも存在する。また、スイッチングハブ機能を持ちパーソナルコンピュータとの連携機能を持つものもある。

ソフトフォン[編集]

ソフトフォンとは、パソコンのソフトウェアとして実現されたIP電話のことである。比較的安価で他ソフトとの連携機能・音声録音などの多くの機能を持ち、コールセンターなどで使用されている。無線IP電話機の携行忘れ時の代替用の導入もある。

また、USB接続のヘッドセット型で、内蔵メモリーにソフトウエアが書き込まれており、接続するだけでインストールされるものも販売されている。

スマートフォン[編集]

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにSkypeViberなどのアプリケーションをインストールして、インターネット電話としての利用が可能。

端末機器接続方法[編集]

固定電話と、セカンダリIP電話とを1台の一般電話機で共用する場合

一般電話機 - | IP電話 | - 公衆交換電話網
             |アダプタ| - IP中継網

プライマリIP電話と、セカンダリIP電話とを1台の一般電話機で共用する場合

一般電話機 - |セカンダリ| - 電話ケーブル - |プライマリ| - IP中継網
             | アダプタ | - LAN ケーブル - | アダプタ |

固定電話と、セカンダリIP電話とを2台の一般電話機で別々に使用

一般電話機 (1)  - 公衆交換電話網
一般電話機 (2)  - |IP電話アダプタ| - IP中継網

プライマリIP電話と、セカンダリIP電話とを2台の一般電話機で別々に使用

一般電話機 (1)  ----- 電話ケーブル ----- |プライマリ| - IP中継網
一般電話機 (2)  - |セカンダリ| -- LAN -- | アダプタ |
                  | アダプタ |  ケーブル

2台対応のプライマリIP電話アダプタで一般電話機を使用

一般電話機 (1)  - | IP電話 | - IP中継網
一般電話機 (2)  - |アダプタ| 

固定電話と、セカンダリIP電話とをn台の一般電話機で共用する場合

一般電話機 (1)  - |内線電話| - 公衆交換電話網
一般電話機 (n)  - | 交換機 | - |IP電話アダプタ| - IP中継網

プライマリIP電話と、セカンダリIP電話とをn台の一般電話機で共用する場合

一般電話機 (1)  - |内線電話| ----- 電話ケーブル ----- |プライマリ| - IP中継網
一般電話機 (n)  - | 交換機 | - |セカンダリ| -- LAN -- | アダプタ |
                               | アダプタ |  ケーブル

ISDN対応BRIのS点・U点またはPRI接続のIP電話アダプタで一般電話機を使用

一般電話機 (1)  - |内線電話| - | IP電話 | - IP中継網
一般電話機 (n)  - | 交換機 |   |アダプタ|

ISDN対応BRIのS点・U点またはPRI接続のIP電話アダプタで固定電話を併用して一般電話機を使用

一般電話機 (1)  - |内線電話| - 公衆交換電話網
一般電話機 (n)  - | 交換機 | - |IP電話アダプタ| - IP中継網

網構成方式[編集]

中継網のみIP網とするもの。

  • 一般電話機 - 一般加入者線 - IP電話交換機 - IP中継網 - 着信先

IP化された加入者線に、IP電話アダプタを介して一般電話機を接続するもの。

  • 一般電話機 - IP電話アダプタ - IP加入者線 - IP中継網 - 着信先

IP電話機をIP化された加入者線に直結するもの。

  • IP電話機 - IP加入者線 - IP中継網 - 着信先

無線IP電話機を無線LANアクセスポイントを介してIP化された加入者線に直結するもの。データ通信用との併用の場合には、特に通話品質の確保に配慮した基地局やスイッチ網の構成が求められる。2007年現在、基地局電気通信事業者が設置する移動通信サービスの提供も計画されている。

  • 無線IP電話機 - 無線LAN基地局 - IP加入者線 - IP中継網 - 着信先

VoIPを活用した電話網[編集]

一般的にはIP電話との認知は無いまたは薄いが、中継網にVoIPを活用している電話サービスも以下に述べる。

2001年4月から、フュージョンコミュニケーションズが日本初の本格的な専用IP網中継電話事業者識別コード番号0038のマイライン(優先接続方式)で営業開始した。

2005年2月には、KDDIが、内部の中継網(収容局以降)を専用IP網で構成して、メタルプラスサービスを開始した。直収電話の形態を取っている。

PHS事業者のウィルコムでは、2005年頃より、トラフィックの多い地域にVoIP対応交換機 (ITX : Ip Transit eXchange) [1] (PDF) を導入し、VoIP網を構築してきたが、2012年3月には全基地局のITXへの収容を完了した。これにより、音声通話およびデータ通信のトラフィックについて、内部の中継網(収容局以降)を専用IP網で構成して、従来の電話網から専用IP網(VoIP含む)に流す事で、NTT東西への接続料が不要となった。またウィルコム同士の音声通話定額制の導入を可能にできたのも、このITX化による恩恵である。

アクセスポイント方式
通常の電話からアクセスポイントに電話を掛けて、VoIPの中継網を通して他の電話網に着信する、特殊なサービスもある(スーパーテレフォン、JENS ipPhone等)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]