東日本高速道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東日本高速道路株式会社
East Nippon Expressway Company Limited
NEXCO East.png
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NEXCO東日本
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:100-8979
東京都千代田区霞が関三丁目3番2号 新霞が関ビル
設立 2005年10月1日
業種 サービス業
事業内容 高速道路、自動車専用道路の管理運営
代表者 廣瀬 博(代表取締役社長)
資本金 525億円
発行済株式総数 1億500万株
売上高 連結:8,398億1,600万円
単体:8,046億8,000万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:48億800万円
単体:2億8,100万円
(2012年3月期)
純利益 連結:45億1500万円
単体:30億7,100万円
(2012年3月期)
純資産 連結:1,639億7,400万円
単体:1,398億4,500万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:7,277億7,700万円
単体:7,007億9,400万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:13,476人
単体:2,192人
(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 国土交通大臣 99.95%
財務大臣 0.05%
主要子会社 ネクセリア東日本(株) 100%
外部リンク http://www.e-nexco.co.jp/
テンプレートを表示

東日本高速道路株式会社(ひがしにほんこうそくどうろ、East Nippon Expressway Company Limited)は、高速道路株式会社法により設立された特殊会社NEXCO3社のうちの一つ)である。略称:NEXCO東日本(ネクスコひがしにほん)。東日本地域の高速道路自動車専用道路などを管理運営する。

会社概要[編集]

2005年10月1日設立。

道路関係四公団の民営化方式として採用された上下分離方式において、道路施設の管理運営(いわゆる上の部分)を業務とする。道路施設の保有を目的に設立される独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構から、道路施設を借り受ける形態をとる。高速道路等の新規建設も事業内容に含まれるが、完成した道路は機構が(建設債務も含めて)保有することになる。

コーポレートスローガンは「あなたに、ベスト・ウェイ」である。ハイウェイラジオの放送内容の最後にも、「あなたに、ベスト・ウェイ。ネクスコ東日本」とアナウンスされている。

ブランドカラーは「ネクスコ・グリーン」と呼ばれる緑。同社では、東日本・北日本の安息を感じさせる自然をイメージした、深みと明るさのある緑としている。なお、営業エリアの多くが共通するJR東日本およびJR北海道のコーポレートカラーも緑である(ただし、NEXCO東日本の緑色の濃さはJR東日本の緑色の濃さに近い)。

支社
  • 北海道支社(管理事務所:6か所、工事事務所:2か所) - 北海道札幌市厚別区
  • 東北支社(管理事務所:15か所、工事事務所:4か所) - 宮城県仙台市青葉区
  • 関東支社(管理事務所:14か所、工事事務所:6か所) - 東京都台東区
  • 新潟支社(管理事務所:4か所、工事事務所:1か所) - 新潟県新潟市中央区

事業範囲[編集]

概ね北海道東北関東、および信越の一部地域において、旧日本道路公団(JH)が管理していた道路を事業範囲とする(首都高速道路については首都高速道路株式会社の事業範囲となる)。また、東名高速道路中央自動車道およびその周辺の一般有料道路については、関東地方(東京都・神奈川県)の区間についても中日本高速道路株式会社の事業範囲に含まれている。

管理する路線[編集]

ネクスコ各社の管轄図

具体的には、以下の道路が事業範囲となる(高速道路株式会社法第6条に基づき日本高速道路保有・債務返済機構との間に締結された協定による)。

全国道路網[編集]

高速自動車国道[編集]

一般有料道路(高規格幹線道路に接続する路線)[編集]

A'は国幹道に並行する一般国道自動車専用道路。Bは、一般国道自動車専用道路

関連企業[編集]

高速人CAR[編集]

Mr.ETCと高速人CAR

高速人CAR(こうそくじんカー)とは、三菱UFJニコスと提携したクレジットカード「E-NEXCO pass[1]」、別称「高速人CARD(こうそくじんかーど)」 の宣伝車のこと。ベース車は「ネクスコ・グリーン」」()にカラーリングしたAE86である。「高速人CAR」コミュニティ[2]がある。

提供番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]