国道127号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道127号
一般国道

国道127号標識

国道127号
内房なぎさライン
路線延長 75.3 km(総延長・実延長・現道)
制定年 1953年指定(1963年短縮)
起点 千葉県館山市
終点 千葉県木更津市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0128.svg国道128号
Japanese National Route Sign 0410.svg国道410号
Japanese National Route Sign 0465.svg国道465号
Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
千葉県安房郡鋸南町での国道127号

国道127号(こくどう127ごう)は、千葉県館山市から同県木更津市に至る一般国道である。

概要[編集]

休日(特にから夏頃)になると至る所で渋滞が激しかったが、富津館山道路館山自動車道が開通したことにより、渋滞はやや緩和されてきている。

房総半島西岸、東京湾に沿って通じている。途中、幅員が狭いトンネルが多く、一部区間は交通規制(連続雨量規制)区間もある。また、集落部では急な直角カーブや幅員の狭い区間も数多くあり、大型車の通行に支障を来している。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

国道指定当初は館山市から県都千葉市に至る路線であった[4]が、1963年に終点側の木更津市から千葉市が一級国道16号(横浜市 - 横須賀市)および二級国道129号東京環状線(横浜市 - 千葉市)とともに一級国道16号として指定されたため[5]、国道127号は残余区間である館山市から木更津市までの路線となった[6]

年表[編集]

  • 1953年昭和28年)5月18日
    • 二級国道127号館山千葉線(館山市 - 千葉市)として指定施行[4]
  • 1963年(昭和38年)4月1日
    • 終点側の一部区間(木更津市 - 千葉市)が一級国道16号として昇格し[5]、残余区間は二級国道127号館山木更津線(館山市 - 木更津市)として指定施行[6]
  • 1965年(昭和40年)4月1日
    • 道路法改正により一級・二級区分が廃止されて一般国道127号として指定施行[7]

路線状況[編集]

南房総市富浦町から富津市竹岡にかけての約23km区間はトンネルが連続している。建設から多くの時間が経過しており、大型化の進んだ現代の大型車にとって建設当時を基準とする断面では狭く、通行に支障を来している[8]。ただし、各トンネルは最低でも両側2車線かつ5.5 - 5.6mの道路幅員を確保[9]しており、国の道路構造令を根拠とすれば改良済み区間とされるのであるが、現在の必要建築限界では最低でも幅員8メートルを定めており[9]、大幅に下回っていることになる。また、歩道の未整備による歩行者や通学路としての安全性が疑問視されており、沿線自治体は早期改善を国に対して要望してきた[10] 。これに対して、国は視察を通じて対策に乗り出し、2009年には交差点の改良や歩道の整備、老朽化した橋の架け替えや一部のトンネルの改良が決定した[11]

バイパス[編集]

愛称[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

交通規制[編集]

  • 南房総市富浦町南無谷(10.1kp) - 南房総市小浦(12.8kp)連続雨量200mm
  • 安房郡鋸南町元名(22.6kp) - 富津市金谷(24.1kp)連続雨量200mm
  • 富津市金谷(25.9kp) - 富津市海良(33.9kp)危険が予想される場合

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2012年4月1日現在
  3. ^ 富津館山道路を含む

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月22日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 19. 2014年12月1日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月22日閲覧。
  4. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ a b ウィキソースには、一級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  6. ^ a b ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和37年5月1日政令第184号)の原文があります。
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  8. ^ “狭小トンネルの国道127号 沿線3市町が改善へスクラム”. 房日新聞. (2008年12月19日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=2140 2012年9月22日閲覧。 
  9. ^ a b “国道127号の狭小トンネル 国交省関係者が現地視察”. 房日新聞. (2007年9月26日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=362 2012年9月22日閲覧。 
  10. ^ “国道127号整備 3市町で検討会設立”. 房日新聞. (2008年12月25日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=2163 2012年9月22日閲覧。 
  11. ^ “国道127号 国交省 安全対策を予算化 地元の訴え早期に実現”. 房日新聞. (2009年4月23日). http://www.bonichi.com/News/item.htm?iid=2639 2012年9月22日閲覧。 
  12. ^ 道路愛称名”. 千葉県 (2010年12月16日). 2013年4月7日閲覧。
  13. ^ 内房なぎさライン (PDF)”. 千葉県. 2013年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]