イトーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 イトーキ
ITOKI CORPORATION
ITOKI CORPORATION logo.png
Itoki.jpg
イトーキ本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7972 1962年9月6日上場
大証1部(廃止) 7972 1961年10月2日 - 2013年7月15日
本社所在地 日本の旗 日本
536-0002
大阪府大阪市城東区今福東一丁目4番12号
設立 1950年昭和25年)4月20日(注1)
(株式会社伊藤喜工作所)
(創業は1890年
業種 その他製品
事業内容 オフィス家具・事務機器・家庭用家具
代表者 松井 正(代表取締役社長)
資本金 52億77百万円
発行済株式総数 5214万3948株
売上高 連結:1,034億61百万円
単独:795億66百万円
2013年12月期)
営業利益 連結:41億40百万円
単独:24億41百万円
(2013年12月期)
純利益 連結:39億10百万円
単独:34億49百万円
(2013年12月期)
純資産 連結:430億26百万円
単独:376億25百万円
(2013年12月31日現在)
総資産 連結:952億61百万円
単独:751億08百万円
(2013年12月31日現在)
従業員数 連結:3,259人 単独:1,898人
(2013年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 (株)みずほ銀行 4.3%
日本生命保険相互会社 4.2%
伊藤 七郎 3.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 3.5%
(2013年12月31日現在)
主要子会社 伊藤喜オールスチール(株) 100%
(株)イトーキマーケットスペース 100%
(株)ダルトン 51.9%
関係する人物 伊藤喜十郎
外部リンク www.itoki.jp
特記事項:注1:2005年平成17年)6月1日、当社(株式会社イトーキクレビオ)が(旧)株式会社イトーキ(1933年(昭和8年)12月26日設立)を合併し現商号に変更。
テンプレートを表示
東京本社。中央区入船

株式会社 イトーキ: ITOKI CORPORATION)は、大阪府大阪市城東区今福東に本社を置く、事務用品・各種設備を扱う企業。

元は製造部門の株式会社イトーキクレビオと販売部門の株式会社イトーキに分かれていたが、2005年平成17年)6月に合併し1社に統合した。東京証券取引所の第一部に上場している。

概要[編集]

創業者の伊藤喜十郎1890年明治23年)に大阪・高麗橋にて、発明特許品の普及ならびに輸入品を取り扱う「伊藤喜商店」を創業する。創業当初は海外から輸入されたホッチキスなどの事務機器や文具などを扱っていたが、自社製品による拡充を計るべく1908年(明治41年)に伊藤喜商店工作部(後のイトーキクレビオ)を設立すると、自社製の事務機器・文具類の開発・販売に乗り出す。

その後は椅子やロッカーを始めとして、和文タイプライターや耐火金庫、他にもオフィス用スチールデスクやパーティションなどオフィスに必要とされる事務機器の多くで高いシェアを占めるまでに成長する。 他にも医療施設や教育研究・図書施設、物流設備向け商品に加え、スチール建材、セキュリティ機器なども扱っており、事業は幅広い。 現在では、机やいすなどの事務用スチール家具が中心である。また、商品単独の販売だけでなく、空間を設計しての提供も行っている。

同じ大阪に本社を置く、コクヨくろがね工作所と並ぶ事務用品製造メーカーであり、みずほ(旧第一勧銀グループ)の一員である。

会社の歴史[編集]

伊藤喜商店→旧イトーキ[編集]

  • 1890年明治23年)12月1日 - 「伊藤喜商店」開業
  • 1903年(明治36年) - 日本のホッチキス第1号と、ゼムクリップを発売
  • 1908年(明治41年) - 伊藤喜工作所(後のイトーキクレビオ)の前身となる伊藤喜商店工作部が設けられ、スチール製品の製造販売を開始。
  • 1920年代には、ラジオの製造販売もしていた
  • 1933年昭和 8年) - 株式会社 伊藤喜商店設立
  • 1950年(昭和25年) - 伊藤喜商店工作部を分離、株式会社伊藤喜工作所を設立
  • 1954年(昭和29年) - 軽量金庫を製造販売
  • 1962年(昭和37年) 海外の展示会初出展。ホームデスク、学習机を発表
  • 1963年(昭和38年) - 社名を株式会社イトーキに変更
  • 1965年(昭和40年) - 自社商品展示会「イトーキショー」を開く
  • 1967年(昭和42年) - キャッチコピー(コーポレートショルダー)「グッドデザイン・グッドシステム」を発表
  • 1973年(昭和48年) - 大阪本社ビル竣工
  • 1975年(昭和50年) - オフィスプランセンター発足
  • 1979年(昭和54年) - オフィスランドスケープを提唱したクイックボナーチームのイェーガーをアドバイザーに招聘
  • 1980年(昭和55年) - アメリカ合衆国のノール社と業務提携
  • 1981年(昭和56年) - Gマークの家具住宅設備部門大賞
  • 1985年(昭和60年) - CI導入
  • 1986年(昭和61年) - コシノジュンコがデザインしたオフィスウェアを販売開始
  • 1987年(昭和62年) - 「イトーキプレゼンテーション87」開く。岡本綾子プロゴルファー)をコマーシャルモデルとして起用
  • 1989年平成元年) - 創業100周年。アメリカ合衆国・ハーマンミラー社と販売提携結ぶ
  • 1990年(平成 2年) - 大阪証券取引所第2部上場
  • 1992年(平成 4年) アメリカ女子ゴルフツアー「ハワイアンレディースオープン」に協賛
  • 1998年(平成10年) - 商品管理統括部門ISO 9001取得
  • 1999年(平成11年) - 業務統括部門ISO 14001取得。ユニバーサルデザインとエコデザインを融合した「Ud&Eco style」(ユーデコスタイル)を企業コンセプトに掲げる。
  • 2000年(平成12年) - メンテナンスを専門に扱う株式会社イトーキテクニカルサービスを設立
  • 2002年(平成14年) - 全社統合でISO 14001取得
  • 2003年(平成15年) - 商業施設事業の株式会社イトーキマーケットスペースを設立
  • 2004年(平成16年) - 株式会社エコ・ブランディングを設立

伊藤喜工作所→イトーキクレビオ[編集]

  • 1950年昭和25年) - 株式会社伊藤喜工作所を設立し、伊藤喜商店工作部の事業を分離独立
  • 1952年(昭和27年) - 大阪市に保管庫・ロッカーの工場を開設
  • 1961年(昭和36年) - 子会社として株式会社伊藤喜オールスチールを設立し、守口市に金庫(耐火金庫含む)の工場を開設
  • 1963年(昭和38年) - デスク(学習机、オフィスデスクなどを製造販売するカテゴリー)の工場を大阪市に新設
  • 1968年(昭和43年) - スチール棚・間仕切り工場を京都府に開設
  • 1969年(昭和44年) - 移動柵でアメリカのスプリーム社と技術提携
  • 1970年(昭和45年) - 京都府にキャビネットの工場を開設
  • 1972年(昭和47年) - キャビネット・メカトロ機器を専門とした工場を滋賀県に新設
  • 1980年(昭和55年) - オランダのオープン・アーク社と座スライドチェアーで技術提携
  • 1982年(昭和57年) - TQCシステム(全社的品質管理システム)が導入される
  • 1986年(昭和61年) - 電子機器工場が滋賀県に完成
  • 1989年平成元年) - デミング賞(実施部門)獲得
  • 1992年(平成 4年) - 滋賀県にチェアー工場完成。大阪市城東区に本社新社屋完成。社名を株式会社イトーキクレビオに変更しCIを導入
  • 1994年(平成 6年) - TPM優秀賞(第1種部門)
  • 1996年(平成 8年) - 振動試験室完成
  • 1997年(平成 9年) - ドイツ・ワルドナー社と研究設備関係で技術提携
  • 1998年(平成10年) - ISO 9001、ISO 14001取得(4事業部門と2サイト)
  • 1999年(平成11年) - パネル工場新設(大阪府)
  • 2001年(平成13年) - 全社でISO 9001、ISO 14001の審査登録を行う
  • 2002年(平成14年) - 中華人民共和国で金盟(蘇州)商業設備有限公司を合弁会社として設立。介護福祉部門を新設

イトーキ[編集]

  • 2005年(平成17年)6月1日、製造・販売の事業統合のため、株式会社イトーキクレビオを存続会社として(旧)株式会社イトーキと合併、株式会社イトーキとなる。
  • 2007年(平成19年)12月、ビジネスジムキ株式会社の株式を取得し、株式会社イトーキ北海道に社名変更(現・連結子会社)。
  • 2008年(平成20年)12月、千葉市緑区に千葉工場を新設し、京都工場より一部を移転。
  • 2011年(平成23年)4月、ジャスダック上場の研究設備機器・粉体機械メーカーである株式会社ダルトン第三者割当増資を引き受け、同社を連結子会社化。
  • 2012年(平成24年)11月、東京都中央区に「イトーキ東京イノベーションセンター“SYNQA”(シンカ)」を開設。


社会貢献活動[編集]

外部リンク[編集]