大阪証券取引所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

大阪証券取引所(おおさかしょうけんとりひきじょ)は、かつて存在した証券取引所である。現在は大阪取引所へ組織変更している。

2013年7月16日、現物市場(第一部・第二部・ジャスダック)を東京証券取引所へ統合した。これにより、デリバティブ(金融派生商品)特化型の取引所となった。

旧上場会社[編集]

上場会社の数[編集]

2013年7月12日時点の上場会社数は以下の通り。

  • 市場第一部 502
  • 市場第二部 190
  • JASDAQ スタンダード 858
  • JASDAQ グロース 49
  • 外国株券 1
  • 外国投資証券 1
  • 内国投資証券(ベンチャーファンド) 2
  • 上場投資信託受益証券 19
  • 出資証券 1

最終単独上場会社[編集]

以下は2013年7月12日の大阪証券取引所現物市場最終日時点での上場企業である。これらはそのまま2013年7月16日の東京証券取引所への現物市場取引統合後も、そのままのカテゴリーで配置転換上場されている。

()内は証券コード

市場第一部[編集]

市場第二部[編集]

関連項目[編集]

廃止された証券取引所

脚注[編集]