リカバリースワップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リカバリースワップ: Recovery Swap)とは、CDS (Credit Default Swap) に関連した、デリバティブ契約。参照組織においてクレジットイベントが発生した場合、予め決められた回収率にて、契約のカウンターパーティーと決済することができる。利用目的としては、(1)回収率のヘッジ手段、(2)きわめてデフォルトする可能性が高いためにCDS取引の流動性が落ちている場合に、回収率のみを抽出してトレードをすることが出来るなどがある。

また、リカバリースワップでは、デフォルトした場合にのみキャッシュフローが発生するため、契約当初においてはキャッシュフローのやり取りはない。

CDSマーケットの規模が大きな欧州や北米においては、ハイイールド銘柄を中心に2003年頃からリカバリースワップが開始されたが、その後、デフォルト率が低下するとともに、リカバリースワップの取引が減少していた。しかし、2007年のサブプライム問題をきっかけに、デフォルト率の高まりとともに、北米や欧州では再び取引が活発化しつつある。

使用例[編集]

参照組織Aについて、リカバリーレートが20/25とあった場合、買い手は回収率を20%と見ており、売り手は回収率を25%と見る。仮に22.5で取引が成立したとする。もし、参照組織Aにクレジットイベントが発生した場合、買い手は回収率が22.5%より高ければ、収益を確保することができ、売り手は回収率が22.5%より低ければ収益を確保できる(取引コストや事務コストなどを除く)。