クラウドファンディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラウドファンディング英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である[1][2]。ソーシャルファンディングとも呼ばれる[3]

概要[編集]

クラウドファンディングは防災市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資[4] 、映画[5]フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究[6] 、個人・事業会社・プロジェクトへの貸付など、幅広い分野への出資に活用されている。

クラウドファンディングは多くの投資家から株式を募集することによる企業の資金調達の手法としても注目されている。この形のクラウドファンディングは、JOBS Act英語版(より少ない制限のもと小規模な投資家から広く出資を募ることを可能にする法案)に直接的な言及があるように、最近アメリカ合衆国の政策立案者から注目された[2]。JOBS Actは実施を待っているが、en:Mosaic Inc.などの混合モデルは、認可状態にある一般市民に群衆の一部としてクリーンエネルギーのプロジェクトに直接投資する資格を与える既存の証券法を利用している。

クラウドファンディングは、クラウドソーシングのコンセプト(個人が多くの人々からわずかな寄与を集め、利用することで目標に到達するという大雑把なコンセプト)にその原点がある。クラウドファンディングは、特定のプロジェクトまたはベンチャーの資金調達をするために、多くの人々から少額の寄付を通して出資を集めるというこのコンセプトの応用である[7]

クラウドファンディングのモデルは必然的に多様な関係者を伴う[8]。その中には出資されるアイディアやプロジェクトを提案する人々や組織、その提案を支持する「群衆」も含まれる。なお、クラウドファンディングはプロジェクトの首唱者と「群衆」を引き合わせる組織(「プラットフォーム」)によって成り立っている。

一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。米国ではKickstarterが有名。アートなどの分野に特化したサービスも多く、国内でもサービスが増加している。

種類[編集]

クラウドファンディングは資金提供者に対するリターン(見返り)の形態によって大別される。金銭的リターンのない「寄付型」、金銭リターンが伴う「投資型」、プロジェクトが提供する何らかの権利や物品を購入することで支援を行う「購入型」がある[9]。日本においては資金決済に関する法律等によって個人間の送金や投資が制限されていることから、購入型のクラウドファンディングが普及している。また、ソーシャルレンディングと言われる個人から少額の資金を募り投資を行うモデルも、近年は投資型クラウドファンディングと位置づけられ、クラウドレンディングとも通称され、国内では既に60億円近い実績がある。

歴史[編集]

初期の、クラウドファンディングのひな形の前身は17世紀において、書籍の印刷代を募るために使われた寄付ビジネスモデルだった。寄付者へのおまけが標題紙で触れるようなことだった点で、クラウドファンディングに類似している。

1884年、自由の女神像製作委員会アメリカが像の台座用の資金を切らしてしまった。新聞出版者のジョーゼフ・ピューリツァーは自身の新聞ニューヨーク・ワールドで、アメリカの大衆に台座にお金を寄付するよう促した。ピューリツァーは6ヶ月で10万ドルを集めた。おおよそ125,000人の人々がこのために1ドル以下の寄付を多く行った[10]

1997年、イギリスのロックグループマリリオンのファンが全米ツアーを引き受け、ファン主催のインターネット上キャンペーンという手段による寄付で6万ドルを集めた[11]。このアイディアはこのバンドが一切かかわらずにファンが立案し、ファンが実行したのだが、マリリオンは以来、2001年から現在に至るまでのアルバムのレコーディングやマーケティングへの出資の方法としてこの手法を用い、大成功している。en:Anoraknophobia[12][13]Marbles[14]en:Happiness Is the Road[15]

アメリカ合衆国に本社を置く企業のen:ArtistShare(2000/2001)は音楽のための最初のクラウドファンディングサイトとされており、後にen:Pledgie(2006)、en:Sellaband(2006)、en:IndieGoGo(2008)、Kickstarter(2009)、en:Appsplit(2010)、en:Microventures(2010)などのサイトが続いた[16][17]

世界で活躍している日本のロックバンドElectric Eel Shockはクラウドファンディングを十分に取り入れ、前もって重要なレコーディングの取引をかわさない最初のバンドの一つとなった。2004年に未契約バンドとして、100人のファン(サムライ100)から1万ポンドを集め、代わりに彼らに終身ゲストリストを提供した[18]。二年後、彼らはSellaBanndで5万バジェットを集めた最速のバンドになった[19]。彼らは生まれ故郷の日本でUniversalに国際的にこのアルバムの使用許可を出した。

映画産業において、フリーライター/ディレクターのen:Mark Tapio Kinesは1997年に当時未完成だった初作「Foreign Correspondents」のウェブサイトを立ち上げた。1997年初め前後に、彼は最低25人のファンからインターネット経由で125,000ドル以上を受け取り、彼に映画を完成させるための資金を提供した[20]。後にen:Franny Armstrongが彼女の長編映画en:Age of Stupidのための寄付システムを作った[21]。2004年から2009年(封切日)までの5年間で彼女は150万ポンドを集めた[22]。2004年12月に、フランスの事業家や製作者のBenjamin PommeraudGuillaume Colbocが自分たちの短編SF映画「Demain la Veille (明日を待つ)」の資金繰りのため大衆向けインターネット寄付キャンペーン[23]を開始した。三週間以内に彼らは5万ドルを集めることができ、結果映画をとることができた。

en:Morton ValenceはSellabandのようなサードパーティーのウェブサイトを使用せずに独立してクラウドファンディングを始めた比較的無名なバンドの早期の一例である[24]

クラウドファンディングへの最も早い言及例として知られているのは2006年8月12日に、fundavlogでMichael Sullivanが著したものである[25]

2012年に米TIME紙は全世界でも最高のクラウドファンディング・プラットフォームを説明し、評価する記事を掲載した[26]

2012年現在、クラウドファンディングの市場規模は前年比2倍の28億ドル(日本円換算で約2291億円)と見積もられており、特にビデオゲーム関連での出資が著しい伸びを見せている。Kickstarterにおいてビデオゲーム分野の出資額は2011年比で10倍以上にまで達した。ゲームソフトではStar Citizenが約620万ドル、ゲーム機ではOUYAが約860万ドルを集め話題となった。

日本[編集]

日本では、法規制の問題から見返りを得ない寄付に近いものか、物品購入型に限られてきたが、2014年に金融商品取引法が改正され、1人当たり50万円を上限に、総額1億円未満の資本調達が可能になる[27]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ordanini, A.; Miceli, L.; Pizzetti, M.; Parasuraman, A. (2011). “クラウドファンディング―それは革新的なサービスプラットフォームを通し消費者を投資家に一変させる(Crowd-funding: Transforming customers into investors through innovative service platforms)”. Journal of Service Management 22 (4): 443. doi:10.1108/09564231111155079.  (あるいはこちらでも Scribd document)
  2. ^ a b What IS Crowdfunding And How Does IT Benefit The Economy” (2012年11月27日). 2012年12月6日閲覧。
  3. ^ クラウドファンディングとは 「ソーシャルファンディング」 (crowd funding): - IT用語辞典バイナリ”. 2012年12月6日閲覧。
  4. ^ Welcome to The Crowdfunding Wiki!”. Michael Sullivan and pbworks consensus group. 2012年8月12日閲覧。
  5. ^ Crowd funding: An emerging trend in Bollywood”. 2012年8月12日閲覧。
  6. ^ Crowdfunding as the future of science funding? | The Science Exchange Blog”. Blog.scienceexchange.com (2012年5月27日). 2012年8月19日閲覧。
  7. ^ Crowfunding in a Canadian Context” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
  8. ^ Crowdfunding: Transforming Customers Into Investors Through Innovative Service Platforms” (accessed February 7, 2013). 2013年5月28日閲覧。
  9. ^ クラウドファンディング:ウェブ上の新しいコミュティの形”. 人工知能学会. May 2,2013閲覧。
  10. ^ Joseph Pulitzer” (2013年2月7日). 2013年2月28日閲覧。
  11. ^ The Marillion story and what we can all learn from it”. 2013年2月28日閲覧。
  12. ^ guitartabsexplorer.com”. 2013年2月28日閲覧。
  13. ^ “BBC article, May 11, 2001”. http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/1325340.stm 2013年2月28日閲覧。 
  14. ^ OHM Review”. 2013年2月28日閲覧。
  15. ^ Calling the faithful for Album 15”. 2013年2月28日閲覧。
  16. ^ Wharton”. 2013年2月28日閲覧。
  17. ^ Inc.com”. 2013年2月28日閲覧。
  18. ^ Drownedinsound.com "Wanna Go VIP? Electric Eel Shock'll show you the way...", Dec 2nd, 2004”. 2013年2月28日閲覧。
  19. ^ itsallhappening, June 24th, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
  20. ^ Andrew Rodgers (1999年6月11日). “Filmmaker Uses Web To Help Finance, Cast Movie”. Chicago Tribune. 2013年1月7日閲覧。
  21. ^ Kate Bulkley (2012年11月24日). “funding models for film making | Sheffield Doc/Fest 2010 | guardian.co.uk”. Guardian. 2012年12月13日閲覧。
  22. ^ Crowd-Funding FAQ”. Spanner Films (2009年7月13日). 2012年12月13日閲覧。
  23. ^ Christina Warren (2011年1月17日). “A Guide to Kickstarter & Crowd Funding [INFOGRAPHIC]”. Mashable.com. 2012年12月13日閲覧。
  24. ^ blog entry by Morton Valence "Nothing Like Sellaband", May 22, 2008”. 2013年2月28日閲覧。
  25. ^ Crowdfundings earliest citation”. 2013年2月28日閲覧。
  26. ^ How to Pick the Right Crowdfunding Site”. 2012年10月22日閲覧。
  27. ^ 新興企業、ネット経由で資金集めやすく 改正金商法が成立日本経済新聞、2014年5月23日

外部リンク[編集]