劇団四季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劇団四季(げきだんしき)とは、年間3,000ステージ超、俳優・スタッフ700名以上を有し、リピーターを含む年間観客動員数300万人の日本最大規模の劇団

劇団創立は1953年(昭和28年)7月14日。海外ミュージカル作品の上演だけでなく、オリジナルミュージカルも人気がある。 日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たし、2013年(平成25年)3月時点で東京名古屋大阪札幌に専用劇場を所有、公演を行なっている。

電通四季劇場[海]の入居するカレッタ汐留

概要[編集]

設立当初
当初は、東京大学仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学仏文科の学生(浅利慶太日下武史ら)を中心として結成された学生演劇集団であった。最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間がストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥジャン・アヌイフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自死してしまう。
株式会社設立
最初は学生によるアマチュア的色彩の強い劇団だったが、次第に職業劇団へと変化、1967年に法人へと改組され四季株式会社となる。「四季」と名付けたのは、俳優・演出家の芥川比呂志である[1](ちなみに、創立メンバーである浅利たちは、彼らが愛読していたT・S・エリオットの長編詩から着想を得て、「荒地」という劇団名を考えていたが、若いときはよいが40になったときに「荒地」ではどうかとの芥川の指摘で、当時、フランスで活躍していた劇団・テアトル・デ・カトルセゾンから「四季」とした)。芸術性を優先して日本人による創作劇を連続上演して経営危機に陥ったり、生活を支えるためにアルバイトを優先する劇団員とそれを批判した劇団幹部の対立によって内部分裂の危機に見舞われたりしたが、安定した集客力をもつ高水準の芝居を上演することで、公演だけで法人運営が成り立ち劇団員も生活できる経営を志向するようになっていく。
メジャーへの転機
1971年越路吹雪主演のミュージカル『アプローズ』をヒットさせてから、様々なミュージカルを上演しながら技術を蓄積、1979年に『コーラスライン』を上演したことが転機になる。日本の劇場は月単位契約のため、大ヒットを重ねても結局収益が限られる傾向があり、劇団四季は専用劇場の確保を模索しはじめる。1983年に西新宿の都有地空地を借りテント張りの仮設劇場を設置、『CATS』のロングラン公演に踏み切る。1984年11月10日までの公演となった(山田卓振付)。
1985年大阪市西梅田の旧国鉄コンテナヤードに設置した仮設テント劇場で『CATS』を再演、13か月のロングラン公演を達成した。
『コーラスライン』を上演するまで劇団四季の上演回数は多くても年19回で、年平均10回程度だった。、しかし『コーラスライン』を上演した1979年は前年の50倍の581回となり、『CATS』を初演した1983年は707回。以後一貫して上演回数が増え続け、2002年には2530回上演している。
子供向けミュージカルにも力を入れている。
独特の朗唱法
「四季メソッド」という母音をはっきり発音する独特の朗唱法を使用している(母音法)。舞台上から観客の耳へと台詞がはっきり届くよう生み出された発声方法(腹式呼吸)だが、“明確に伝えようとするあまり台詞に感情が無い”と、この発声方法を嫌う演劇関係者や観客もいる。
オーディション
「受かっても落とされる」、「慣れ、だれ、崩れ」、「1音落とす者は去れ」と言われるので、配役されても出来が悪いとキャスト交代される。
ギャラ
主役でも2番手でも、1ステージは同じギャラ。

四季株式会社[編集]

劇団四季の経理・広報等を専門に行う組織として株式会社が設立されている。 衣装メンテナンスも劇団内部で行われているのでロングラン上演中の破損にも対応できる。[2]

四季株式会社
SHIKI THEATRE COMPANY
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 225-8585
神奈川県横浜市青葉区あざみ野一丁目24番地7 四季芸術センター
設立 1967年(昭和42年)9月
業種 サービス業
事業内容 演劇事業・劇場運営事業など
代表者 代表取締役社長 浅利慶太
資本金 4億7,250万円(2006年3月31日現在)
売上高 228億1,900万円(営業収入、2009年3月期実績)
従業員数 211人
決算期 12月31日(2009年度より決算期変更)
外部リンク 劇団四季 公式サイト (日本語)
特記事項:劇団四季の運営会社。
テンプレートを表示

専用・常設劇場[編集]

現在[編集]

専用劇場の有る名古屋・大阪・札幌では、劇団員は、劇団も劇団員にもコストが掛かるホテル住いでなく、劇団四季専用マンションから通勤している。

閉館となった専用劇場[編集]

過去に常設・通年公演をしていた劇場[編集]

関連施設[編集]

四季芸術センター
  • 2006年神奈川県横浜市青葉区あざみ野に開所され、劇団を統括する四季株式会社の本社所在地ともなっている。
  • 敷地面積・17,404.34平方メートル、延床面積・11,741.98平方メートル、地下1階・地上2階構造、従来の稽古場棟である南館と増設された新稽古場棟である本館の2棟から成り立っている。屋上には太陽光発電パネルが設置されて、環境に配慮されている。
  • 主な設備としては、実際の舞台とほぼ同じ機構で稽古をすることが可能な大・中稽古場をはじめ、さまざまな広さの稽古場が計10ヶ所あるほか、個人レッスン向けの研究室、ナレーション取りなどを行う音響スタジオ、衣装・床山部屋、食堂、トレーニングジム、医務室、マッサージ室、四季株式会社のバックオフィスなどがある。
  • ほとんどの上演演目の稽古はこのセンターで実施されており、劇団四季の中枢となっている。
  • 配役の無い研究生は無給であるが、多くの劇団では有料のレッスン料が公演収益が有る劇団四季では無料で受講でき、食堂も割引で利用できるとマツコの知らない世界で放送された。
代々木アトリエ
1965年渋谷区代々木参宮橋に落成。3階建て、約430平方メートルで、現在も稽古場として使用されている。
四季演劇資料センター
  • 長野県大町市に開所され、四季演劇資料館と舞台美術保管倉庫がある。
  • 四季演劇資料館は、1996年に四季演劇資料センター内に開所され、舞台模型・写真・台本・大道具・小道具・衣裳や関連する記録資料が展示されている。また、劇団四季のコマーシャルビデオが閲覧できるライブラリーも備えている。管理・運営は、財団法人舞台芸術センター。
  • 舞台美術保管倉庫は、約43000平方メートルの広大な敷地に、15棟の倉庫群から構成されており、これまでの劇団四季の約45演目[3]の照明・音響機材、大道具・小道具・衣裳、様々な資料などを保管されている。四季芸術センターはじめ各地とオンラインで結ばれて、コンピューター管理が行われている。

新都市公演[編集]

東京エレクトロンホール宮城[宮城県民会館]仙台市青葉区)、静岡市民文化会館静岡市葵区)、上野学園ホール[広島県立文化芸術ホール]広島市中区)にて数週間から最長半年程度のロングラン公演が定期的に行われている。それらの公演は全国公演とは別に新都市公演と銘打って開催されている。

また常設公演を終了した福岡シティ劇場からリニューアルしたキャナルシティ劇場福岡市博多区)に於いても1年当たり数ヶ月に渡る公演を2011年より行っており、新都市公演とほぼ同等の扱いとなっている。

公演作品[編集]

ミュージカル(五十音順)[編集]


ストレートプレイ(五十音順)[編集]

 その他多数


ファミリーミュージカル(五十音順)[編集]

ニッセイ名作劇場でも、多くの作品が上演されている。また、こころの劇場シリーズとして展開している。


その他の作品[編集]


主な俳優(五十音順)[編集]

女優[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行・わ行[編集]

男優[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行・わ行[編集]

海外出身者[編集]


かつて所属していた俳優(五十音順)[編集]

女優[編集]


男優[編集]


故人[編集]


主な客演出演(五十音順)[編集]


かつて所属していた研究生[編集]

特記事項[編集]

シアター・イン・シアター方式[編集]

従来、海外の大型ミュージカルを上演するには劇場に大がかりな仕込みを行う必要があった。

例えば『オペラ座の怪人』を上演する場合、奈落からせり上がってくるキャンドル群や プロセニアム・アーチなどの設営などの仕込みと撤去だけで数週間を必要とするため、 専用劇場や長期間占有できる劇場(日生劇場、近鉄劇場、中日劇場など)でしか上演することが出来なかった。

シアター・イン・シアター方式とは、簡単に言えばプラモデルのようなものである。

予め別の場所で舞台装置(音響装置を含む)を一度組み立て、それを小さなユニットに分割する。 上演したい劇場では、分割されたユニットをその劇場内に組み立てる(組み入れる)だけで 完成することが可能なので、短期間で作業を終えることが可能になる。

これにより、今まで上演できなかった都市での公演が実現できるようになった。

必ず同じ大きさで完成する為、間口や奥行きが大きく異なる劇場で使用することはできない。

プリペイドカードの導入[編集]

2010年8月2日凸版印刷株式会社と富士通エフ・アイ・ピー株式会社が提供する「劇団四季ギフトサービス」を導入することが発表される。

「劇団四季ギフトサービス」劇団四季のウェブショップや、全国の劇場などにてチケットを購入する際に利用できるプリペイドカードで、エンターテイメント業界では初めての導入となる。[4]

カードの販売は、劇団四季のウェブショップ、一部の常設劇場にて実施されており、入金(チャージ)金額は3,000円、6,000円、9,800円の3種類の中から選択される形となっている。

関係先企業[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
かつて専用劇場を共同で運営したが、北海道四季劇場で上演される作品及び全国公演のうち札幌地区を除いた北海道内のチケット販売を請け負っている。
東京放送ホールディングス
かつて本社旧社屋跡に四季専用劇場開設。ただし関係は他の地域と比べると濃密ではない。
日本テレビ放送網
電通が運営している専用劇場公演の主催に名を連ねている。
電通
東京と大阪に四季専用劇場を開設し、現在は東京のみ四季専用劇場を運営している。
キヤノン
スポンサーだが横浜に専用劇場「キヤノン・キャッツ・シアター」を開設し、運営してきた。
積水ハウス
スポンサーだが東京に専用劇場の命名権を購入し、運営している。
東日本旅客鉄道(JR東日本)
共同で東京都区部や横浜市の四季専用劇場の運営のほか、東京23区や横浜にある四季専用劇場及び東京エレクトロンホール宮城で上演される作品および全国公演のうち仙台地区を除いた東北・甲信越地区のチケット販売を請け負っている。
毎日放送
関西地区の公演において特に支援。
西日本旅客鉄道(JR西日本)
共同で京都劇場の運営のほか京都劇場、大阪四季劇場及び上野学園ホールで上演される作品および全国公演のうち北陸・広島地区を除いた中国・四国地区のチケット販売を請け負っている。
中日新聞社東海テレビ放送
名古屋での公演の主催に名を連ねている。
東海旅客鉄道(JR東海)
新名古屋ミュージカル劇場及び静岡市民文化会館で上演される作品および全国公演のうち岐阜・三重地区のチケット販売を請け負っている。
西日本新聞社
RKB毎日放送
西日本シティ銀行(うち旧福岡シティ銀行が関係)
福岡シティ劇場開設において特に支援。現在もそれぞれの本業において公演PRなどを行っている。
九州旅客鉄道(JR九州)
キャナルシティ劇場で上演される作品および全国公演のうち福岡を除いた九州各地のチケット販売を請け負っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

特別版放送において『オペラ調で吹き替えをしなくてはいけない』という都合から同役を演じているメンバーが声優として参加している。

外部リンク[編集]