劇団四季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電通四季劇場[海]の入居するカレッタ汐留

劇団四季(げきだんしき)は、四季株式会社が制作企画・興業運営を行う、日本の商業演劇を代表する劇団である。ただし、特に初期においては、シェークスピア、チェーホフなど既存商業演劇(新派、コマ劇場、新橋演舞場など)よりは、既存新劇団体(俳優座、文学座など)に近いレパートリーを持っていたことなどから、今でも新劇団体のカテゴリに含める場合もある。

概要[編集]

700名以上の俳優・スタッフにより東京名古屋大阪札幌に設置した専用劇場を中心に年間3,000ステージ超を上演(興業)する。年間観客動員数はリピーターを含めて300万人。1970年代以降、海外ミュージカル作品のロングラン上演を通じて日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たした。

海外ミュージカルの輸入によらない、浅利慶太がプロデュースを手がけて制作する「劇団四季のオリジナルミュージカル」や「劇団四季のファミリーミュージカル」も人気がある。また、 JR東日本アートセンター自由劇場開業後は従前のストレートプレイの上演も増加している。

概歴[編集]

1953年(昭和28年)7月14日に劇団七曜会から分裂する形で設立[1]。当初は、東京大学文学部仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学文学部仏文科の学生(浅利慶太日下武史ら)を中心として10人で結成した学生演劇集団であった。最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間がストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥジャン・アヌイフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自死してしまう。

当初はアマチュア的色彩の強い劇団だったが、1960年に有限会社劇団四季を設立し法人化。浅利は石原慎太郎に知己を頼り、五島昇の仲介で日生劇場の開設と運営に携われることになった。劇場運営から経営スキルを身につけ、次第に商業演劇指向へと変化し、1967年に四季株式会社へ改組した。この名付け親は俳優・演出家の芥川比呂志である[2]。芸術性を優先して日本人による創作劇を連続上演して経営危機に陥ったり、生活を支えるためにアルバイトを優先する劇団員とそれを批判した劇団幹部の対立によって内部分裂の危機に見舞われたりしたが、安定した集客力をもつ高水準の芝居を上演することで、公演だけで法人運営が成り立ち劇団員も生活できる経営を志向するようになっていく。

1971年に浅利のプロデュースで越路吹雪主演のミュージカル『アプローズ』がヒットすると、様々なミュージカルを上演しながらノウハウを蓄積し、1979年に『コーラスライン』を上演したことが転機になる。日本の劇場は月単位契約のため大ヒットを重ねても結局収益が限られる傾向があり、浅利は専用劇場の確保を模索しはじめる。1983年西新宿の都有地空地を借りテント張りの仮設劇場を設置し、1984年11月10日まで『CATS』のロングラン公演に踏み切った(山田卓振付)。1985年には大阪市西梅田の旧国鉄コンテナヤードに設置した仮設テント劇場で『CATS』を再演、13か月のロングラン公演を達成した。

浅利は中曽根内閣時代に中曽根康弘のブレーンを務め、政界から経済界への広い人脈を活かすようになる。創立45周年の1998年に国鉄改革により接点が生じた松田昌士が当時社長を務めた東日本旅客鉄道(JR東日本)がメセナ活動の一環として「JR東日本アートセンター 四季劇場」を竣工し、それを関東地方初の専用劇場とした。四季劇場[春]のこけら落とし作品である『ライオンキング』は日本最長である15年以上のロングラン公演記録を日々更新し、ターニングポイントとなった。以後、電通阪神電気鉄道など大手企業が自社ビルなどに設置した劇場を専用劇場として独占的に使用したり、『アイーダ』・『マンマ・ミーア!』・『ウィキッド』など最新の海外ミュージカル作品の輸入上演により動員数を拡大し、週におおむね4日以上ミュージカルやストレートプレイを上演し続けている。

『コーラスライン』を上演するまで劇団四季の上演回数は多くても年19回で、年平均10回程度だった。しかし『コーラスライン』を上演した1979年は前年の50倍の581回となり、『CATS』を初演した1983年は707回。以後一貫して上演回数が増え続け、2002年には2530回上演している。

特徴[編集]

方法論[編集]

演技に当たり、常に背筋を伸ばして腹式呼吸を意識し、母音をはっきり発音する独特の朗唱法(母音法)を「四季メゾット」として徹底させている。これは舞台上から観客の耳へと台詞がはっきり届くよう生み出された発声方法だが、“明確に伝えようとするあまり台詞に感情が無い”と、この発声方法を嫌う演劇関係者や観客もいる。

技術[編集]

シアター・イン・シアター方式[編集]

従来、海外の大型ミュージカルを上演するには劇場に大がかりな仕込みを行う必要があった。

例えば『オペラ座の怪人』を上演する場合、奈落からせり上がってくるキャンドル群やプロセニアム・アーチなどの設営などの仕込みと撤去だけで数週間を必要とするため、専用劇場や長期間占有できる劇場(日生劇場、近鉄劇場、中日劇場など)でしか上演することが出来なかった。シアター・イン・シアター方式とは、簡単に言えばプラモデルのようなものである。

予め別の場所で舞台装置(音響装置を含む)を一度組み立て、それを小さなユニットに分割する。上演したい劇場では、分割されたユニットをその劇場内に組み立てる(組み入れる)だけで完成することが可能なので、短期間で作業を終えることが可能になる。これにより、今まで上演できなかった都市での公演が実現できるようになった。

必ず同じ大きさで完成する為、間口や奥行きが大きく異なる劇場で使用することはできない。

劇団四季ギフトサービス[編集]

2010年8月2日凸版印刷富士通エフ・アイ・ピーのインフラを用いた「劇団四季ギフトサービス」を導入することが発表される。

劇団四季のウェブショップや、全国の劇場などにてチケットを購入する際に利用できるプリペイドカードで、エンターテイメント業界では初めての導入となる。[3]

カードの販売は、劇団四季のウェブショップ、一部の常設劇場にて実施されており、入金(チャージ)金額は3,000円、6,000円、9,800円の3種類の中から選択される形となっている。

役者[編集]

通常は劇団の研究生オーディションで選出され研究生として入団し、劇団内で育成されて役者(実演家)として所属契約を結んで出演となるが、外部の劇団や芸能プロダクション所属の役者・歌手が登用されて出演する場合もある。

北京・ソウルでのオーディション毎年行っているために海外出身者が毎年いる。対象者にダンス・歌と並行して日本語の授業を設けていて、中には主役を務めた者もいる。舞台裏では同国出身者同士が母国語を使っている場面があるため、日本語の強制などはないと思われる。発音に違和感があるために区別はしやすい。

役者の雇用区分は個人事業主請負社員)であり、出演料は配役と出演回数に応じて変動する。主役や2番手クラスでは年1000万円を超えている者がいると2000年代前半までゴシップ都市伝説として報じられていたが、2007年以降になると浅利のインタビュー記事や公式サイト内の社史コラムページ「四季物語」の文中で事実であると四季側が公表するようになっている。

浅利が「受かっても落とされる」、「慣れ、だれ、崩れ」、「1音落とす者は去れ」と発言するように、配役されても出来が悪いと途中でキャスト交代されることがある。

専属の俳優は出演作品のパンフレットや公式サイトの記事以外では詳細なプロフィールは公表されず、個人のブログの設置も行われていないため私生活については窺い知ることが出来ない。また、日本人風の芸名を持つ外国人役者が多く国籍を意識しづらい。退団した場合も劇団からは公表されない場合が殆どである。

四季株式会社[編集]

四季株式会社
SHIKI THEATRE COMPANY
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:225-8585
神奈川県横浜市青葉区あざみ野一丁目24番地7 四季芸術センター
設立 1967年(昭和42年)9月
業種 サービス業
事業内容 演劇事業・劇場運営事業など
代表者 代表取締役社長 吉田智誉樹
代表取締役専務 越智幸紀
資本金 4億9,725万円(2014年6月25日現在)
売上高 228億1,900万円(営業収入、2009年3月期実績)
従業員数 211人
決算期 毎年12月31日(2009年度より決算期変更)
関係する人物 浅利慶太(元取締役社長)
外部リンク 劇団四季 公式サイト (日本語)
特記事項:劇団四季の運営会社。
テンプレートを表示

四季株式会社は、商業演劇である劇団四季そのものを運営している演劇興業会社である。 衣装メンテナンスも自社で行われ、ロングラン上演中の破損にも対応できる。[4]

専用・常設劇場[編集]

現在[編集]

専用劇場の有る名古屋・大阪・札幌では、劇団員は、劇団も劇団員にもコストが掛かるホテル住まいでなく、劇団四季専用マンションから通勤している。

閉館となった専用劇場[編集]

過去に常設・通年公演をしていた劇場[編集]

関連施設[編集]

四季芸術センター
  • 2006年神奈川県横浜市青葉区あざみ野に開所され、劇団を統括する四季株式会社の本社所在地ともなっている。
  • 敷地面積・17,404.34平方メートル、延床面積・11,741.98平方メートル、地下1階・地上2階構造、従来の稽古場棟である南館と増設された新稽古場棟である本館の2棟から成り立っている。屋上には太陽光発電パネルが設置されて、環境に配慮されている。
  • 主な設備としては、実際の舞台とほぼ同じ機構で稽古をすることが可能な大・中稽古場をはじめ、さまざまな広さの稽古場が計10ヶ所あるほか、個人レッスン向けの研究室、ナレーション取りなどを行う音響スタジオ、衣装・床山部屋、食堂、トレーニングジム、医務室、マッサージ室、四季株式会社のバックオフィスなどがある。
  • ほとんどの上演演目の稽古はこのセンターで実施されており、劇団四季の中枢となっている。
  • 配役の無い研究生は無給であるが、多くの劇団では有料のレッスン料が公演収益が有る劇団四季では無料で受講でき、食堂も割引で利用できるとマツコの知らない世界で放送された。
代々木アトリエ
1965年渋谷区代々木参宮橋に落成。3階建て、約430平方メートルで、現在も稽古場として使用されている。
四季演劇資料センター
  • 長野県大町市に開所され、四季演劇資料館と舞台美術保管倉庫がある。
  • 四季演劇資料館は、1996年に四季演劇資料センター内に開所され、舞台模型・写真・台本・大道具・小道具・衣裳や関連する記録資料が展示されている。また、劇団四季のコマーシャルビデオが閲覧できるライブラリーも備えている。管理・運営は、財団法人舞台芸術センター。
  • 舞台美術保管倉庫は、約43000平方メートルの広大な敷地に、15棟の倉庫群から構成されており、これまでの劇団四季の約45演目[5]の照明・音響機材、大道具・小道具・衣裳、様々な資料などを保管されている。四季芸術センターはじめ各地とオンラインで結ばれて、コンピューター管理が行われている。

新都市公演[編集]

東京エレクトロンホール宮城[宮城県民会館]仙台市青葉区)、静岡市民文化会館静岡市葵区)、上野学園ホール[広島県立文化芸術ホール]広島市中区)にて数週間から最長半年程度のロングラン公演が定期的に行われている。それらの公演は全国公演とは別に新都市公演と銘打って開催されている。

また常設公演を終了した福岡シティ劇場からリニューアルしたキャナルシティ劇場福岡市博多区)に於いても1年当たり数ヶ月に渡る公演を2011年より行っており、新都市公演とほぼ同等の扱いとなっている。

公演作品[編集]

ミュージカル(五十音順)[編集]


ストレートプレイ(五十音順)[編集]

 その他多数


ファミリーミュージカル(五十音順)[編集]

ニッセイ名作劇場でも、多くの作品が上演されている。また、こころの劇場シリーズとして展開している。


その他の作品[編集]


主な俳優(五十音順)[編集]

女優[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行・わ行[編集]

男優[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

ら行・わ行[編集]

海外出身者[編集]


かつて所属していた俳優(五十音順)[編集]

女優[編集]


男優[編集]


故人[編集]


主な客演出演(五十音順)[編集]


かつて所属していた研究生[編集]

取引先企業[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
かつて専用劇場を共同で運営したが、北海道四季劇場で上演される作品及び全国公演のうち札幌地区を除いた北海道内のチケット販売を請け負っている。
東京放送ホールディングス
かつて本社旧社屋跡に四季専用劇場開設。ただし関係は他の地域と比べると濃密ではない。
日本テレビ放送網
電通が運営している専用劇場公演の主催に名を連ねている。
電通
東京と大阪に四季専用劇場を開設し、現在は東京のみ四季専用劇場を運営している。
キヤノン
スポンサーだが横浜に専用劇場「キヤノン・キャッツ・シアター」を開設し、運営してきた。
積水ハウス
スポンサーだが東京に専用劇場の命名権を購入し、運営している。
東日本旅客鉄道(JR東日本)
共同で東京都区部や横浜市の四季専用劇場の運営のほか、東京23区や横浜にある四季専用劇場及び東京エレクトロンホール宮城で上演される作品および全国公演のうち仙台地区を除いた東北・甲信越地区のチケット販売を請け負っている。
毎日放送
関西地区の公演において特に支援。
西日本旅客鉄道(JR西日本)
共同で京都劇場の運営のほか京都劇場、大阪四季劇場及び上野学園ホールで上演される作品および全国公演のうち北陸・広島地区を除いた中国・四国地区のチケット販売を請け負っている。
中日新聞社東海テレビ放送
名古屋での公演の主催に名を連ねている。
東海旅客鉄道(JR東海)
新名古屋ミュージカル劇場及び静岡市民文化会館で上演される作品および全国公演のうち岐阜・三重地区のチケット販売を請け負っている。
西日本新聞社
RKB毎日放送
西日本シティ銀行(うち旧福岡シティ銀行が関係)
福岡シティ劇場開設において特に支援。現在もそれぞれの本業において公演PRなどを行っている。
九州旅客鉄道(JR九州)
キャナルシティ劇場で上演される作品および全国公演のうち福岡を除いた九州各地のチケット販売を請け負っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ すみ光保のボウリングエッセイ:第58回 2014年4月26日閲覧
  2. ^ 劇団四季 ファミリーページ みんなのQ&A - ちなみに浅利たち創立者は、彼らが愛読していたT・S・エリオットの長編詩から着想を得て「荒地」という劇団名を考えていたが、若いときはよいが40になったときに「荒地」ではどうかとの芥川の指摘で、当時フランスで活躍していた劇団・テアトル・デ・カトルセゾンから「四季」とした。
  3. ^ 凸版印刷プレスリリース、劇団四季へのギフトカードサービス提供について ~エンターテイメント業界初のギフトカード~、2010年08月02日
  4. ^ 2014年1月30日18時15分~25分東海テレビ放送SuperNEWS
  5. ^ 2014年1月30日18時15分~25分東海テレビ放送SuperNEWS

関連項目[編集]

特別版放送において『オペラ調で吹き替えをしなくてはいけない』という都合から同役を演じているメンバーが声優として参加している。

外部リンク[編集]