北大路欣也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きたおおじ きんや
北大路 欣也
北大路 欣也
本名 淺井 将勝(あさい まさかつ)
生年月日 1943年2月23日(71歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
身長 174 cm[1]
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1956年 -
活動内容 1956年:『父子鷹
1962年:『源九郎義経
1963年:『海軍
1968年:『竜馬がゆく
1973年:『仁義なき戦い
1974年:『華麗なる
1977年:『八甲田山
1984年:『空海
1985年:『火まつり
1991年:『銭形平次
1998年:『隠密奉行朝比奈
2001年:『北条時宗
2007年紫綬褒章
2008年:『篤姫
2012年:『剣客商売
著名な家族 市川右太衛門(父)
公式サイト プロフィール
主な作品
映画
父子鷹』 / 『旗本退屈男シリーズ
海軍』/ 『源九郎義経』/『新撰組
戦争と人間』 / 『仁義なき戦いシリーズ
華麗なる一族』 / 『八甲田山』 / 『空海
零戦燃ゆ』/『火まつり』 / 『春の鐘
インシテミル』 / 『桜田門外ノ変
テレビドラマ
竜馬がゆく』 / 『新宿警察
検事 霧島三郎シリーズ
銭形平次シリーズ
風雲 柳生武芸帳』 / 『独眼竜政宗
風雲江戸城 怒涛の将軍徳川家光
花の生涯 井伊大老と桜田門
ご存知!旗本退屈男』 / 『子連れ狼
忠臣蔵』 / 『名奉行! 大岡越前
隠密奉行朝比奈』 / 『北条時宗
事件シリーズ』 / 『さすらい署長風間昭平
風林火山』 / 『華麗なる一族』 / 『篤姫
落日燃ゆ』 / 『官僚たちの夏
運命の人』 / 『剣客商売
江 姫たちの戦国』 / 『三匹のおっさん

北大路 欣也(きたおおじ きんや、1943年2月23日 ‐ )は、日本俳優。本名は淺井 将勝(あさい まさかつ)。京都府京都市出身。事務所ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。身長174cm、血液型A型[1]

父は戦前の時代劇から戦後の東映時代劇全盛時代の映画俳優・市川右太衛門。芸名の由来は右太衛門の邸宅が京都市内の北大路に在ったことから、右太衛門が「北大路の御大」と呼ばれていたため。同世代の俳優仲間からは「きんやちゃん」と呼ばれている。

京都市立紫竹小学校、同志社香里中学校から暁星中学校に編入、暁星高等学校を卒業後、早稲田大学第二文学部演劇専修卒業。学位は文学士

来歴[編集]

次男として生誕。子供の頃はめんこを嫌っていた。めんこには父親・右太衛門を含めた当時のスターが描かれていたため、地面に叩きつけることが父親に申し訳ないと思っていた[注釈 1]

1956年(昭和31年)、映画『父子鷹』で勝海舟の少年時代役を演じ、右太衛門に付き添われてデビューを果たす。デビュー作は小学校6年生の時に撮影され、中学1年生の時に封切られた。同じ東映の二世スターで同級生の松方弘樹近衛十四郎の長男)とライバル視された。右太衛門は東映の役員も兼務していたことから[2]、御曹司として右太衛門の庇護のもとキャリアを重ねていき[2][3]1963年(昭和38年)には映画『海軍』で千葉真一の配役と入れ換えを求め、初主演を果たした[3]

大学卒業後、1964年(昭和39年)に『シラノ・ド・ベルジュラック』で舞台デビュー、その後は劇団四季にたびたび客員参加した。1968年(昭和43年)、25歳で大河ドラマ竜馬がゆく』の主役に抜擢される。

1973年(昭和48年)、映画仁義なき戦い』を仕事先で観て共鳴した北大路は、シリーズ化されることを聞きつけ東映へ直訴して、第二部『仁義なき戦い 広島死闘篇』の出演が決まる[4]。しかし北大路は当初のキャスティングを拒み、東映の幹部に仲介させ、千葉真一と配役を再び交換して出演した[3]1974年(昭和49年)には『仁義なき戦いシリーズ』の最終作『仁義なき戦い 完結篇』に再出演し、映画『華麗なる一族』では一之瀬四々彦に扮した。

1984年(昭和59年)には映画『空海』の役作りのために、高野山真言宗の僧侶として得度出家をし、四度加行を行い、不動護摩法の資格を取得した。

大河ドラマ常連俳優の一人で、1993年大河ドラマ炎立つ』では藤原秀衡で出演を予定されていたが、撮影スケジュールが変更されたことに伴い、本編収録開始前に降板したため、渡瀬恒彦が代役を務めた。また、『篤姫』では勝海舟、『江〜姫たちの戦国〜』では徳川家康と、かつて映画で扮した人物を再び演じている。

テレビ時代劇・舞台を中心に活躍し『忠臣蔵』の大石内蔵助はこれまでに三度演じている。『ご存知!旗本退屈男』、『子連れ狼』、『名奉行! 大岡越前』、『隠密奉行朝比奈』、『剣客商売』など時代劇に代表作が多い。近年では現代劇にも積極的に出演しており、『さすらい署長』シリーズなどのほか、2007年平成19年)1月 - 3月放送の『華麗なる一族』で万俵大介役を演じた他、2010年(平成22年)の『絶対零度〜未解決事件特命捜査〜』では35年振りにフジテレビ制作の現代劇連続ドラマの出演をした。2014年平成26年)1月 - 3月放送の『三匹のおっさん』では、1979年の『男なら!』以来35年ぶりとなる現代劇の連続ドラマでの主演をつとめた。

2007年(平成19年)4月紫綬褒章を受章した。同年6月からソフトバンクモバイルの「ホワイト家族24 / ホワイトプラン」などの『白戸家』シリーズCMでお父さん犬・カイ君の声を演じ、現在も継続中である。配役は同社ニュースリリースにて公表されていたが、キャラクターゆえに出演の意外性が注目された。また、2008年に映画『HACHI 約束の犬』にて、主人公の大学教授(リチャード・ギア)の日本語吹き替えを担当した。

人物[編集]

20代の頃は酒が大好きで、深酒するのも青春を謳歌していると思っていたと語っている[2]。サイコロステーキが苦手で「肉自体は好きだが、サイコロ状に切られると何故か肉の味を感じなくなる」とのこと。

1977年11月12日に一般女性と結婚[5]。15歳の時に見染め、13年間の交際を経てのゴールインだった。結婚会見で新婦は北大路の事を日常的に「欣也さま」と呼んでいる事を明らかにしている。2007年に行われた紫綬褒章受賞記念パーティでは妻への感謝の言葉を述べている。

実父・市川右太衛門の死去の後に、実父自身の意思に反して老人保健施設へ入れたとする、実兄(子役の段階で俳優業を断念し、会社員となっていた)夫妻の主張を一部の週刊誌が取り上げてたが、北大路はこの報道を否定している。

まばたきの回数が非常に少ない。これはデビュー当時、まばたきを監督に注意されたトラウマからではないかと、本人が語っている[6]

世界真光文明教団の元信者であり、同教団の大祭実行委員長を本名で務めたことがある。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

太字は主演

舞台[編集]

そのほか[編集]

吹き替え
ゲーム
音声ガイド
  • 東京国立博物館「空海と密教美術展」(2011年)

CM[編集]

音楽[編集]

受賞[編集]

日本アカデミー賞
  • 第1回(1978年) - 優秀主演男優賞『アラスカ物語』『八甲田山』(ノミネート)
  • 第8回(1985年) - 優秀主演男優賞『空海』(ノミネート)
  • 第9回(1986年) - 優秀主演男優賞『春の鐘』『火まつり』『夢千代日記』(ノミネート)
報知映画賞
  • 第10回(1985年) - 最優秀主演男優賞『火まつり』『春の鐘』
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この事実は後にクイズ番組『クイズダービー』(1988年7月30日放送)の問題にもなった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 北大路 欣也 - プロフィール”. YAHOO! JAPAN 人物名鑑. 日本タレント名鑑. 2013年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c 北大路欣也「父の眼力」”. 木村政雄編集長 Special Interview. ファイブエル (2007年7月1日). 2008年10月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c 千葉真一、深作欣二の初時代劇の教えに感謝”. アサ芸+ (2012年11月28日). 2014年5月17日閲覧。
  4. ^ シナリオ作家協会 『笠原和夫 人とシナリオ』 2003年、406頁。
  5. ^ 男の履歴書 北大路欣也”. INLIFE. 2014年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月17日閲覧。
  6. ^ 大竹まこと ゴールデンラジオ!』2007年5月28日ゲスト出演での談。

外部リンク[編集]