榎木孝明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
えのき たかあき
榎木 孝明
生年月日 1956年1月5日(58歳)
出生地 鹿児島県伊佐郡菱刈町(現・伊佐市
身長 180 cm
血液型 B型
職業 俳優画家
活動期間 1978年 -
配偶者 鈴木輝江
主な作品
ロマンス
真田太平記

榎木 孝明(えのき たかあき、1956年1月5日 - )は、鹿児島県伊佐郡菱刈町(現・伊佐市)出身の日本俳優・水彩画家。

来歴・人物[編集]

幼少の頃は、独りで絵を書くのが好きな目立たないおとなしい泣き虫だった。しかし、そんな息子の軟弱さを許せない父親から厳しく鍛えられたという。そのひとつとして習った薩摩示現流は玄人の域。流派の教えは芸能界に入ってからも生きており、「どんな仕事でも決して手抜きはしない。いいわけはしない。たとえ自分が悪くなくても全て自分が引き受けよう。たとえ損をしても後からくる得が大きい」という心構えで仕事に臨むという。

絵が好きで進学した武蔵野美術大学で、アルバイトで経験した芝居にのめり込む。1978年劇団四季の研究生になり3年次で中退[1] 。四季の同期には声優の速水奨がいた。1984年連続テレビ小説ロマンス』でテレビデビューを果たし、以来舞台やテレビ、映画、ラジオ等あらゆる分野で活躍している。

北海道美瑛町大分県九重町鹿児島市アートギャラリーを持ち、画集を出版するほか、日本各地のみならずインドネパール等の国を旅をして数々の絵を手がけている。

映画『アダン』出演の際、五十嵐匠監督よりあばらが見えるほどの減量を相談され、15キロも減量したことがある。

特技は上述のとおり古武術。現場では共演者・スタッフを気功にて一瞬のうちにひっくり返してみせるというお茶目な一面もあり、絵画個展のファンクラブ会員限定の茶話会でも、実技を行ったことがある。テレビ番組で介護に古武術の体術を応用した「古武術介護」を実演したこともある(インターネットでも画像による解説を行っている[1])。

ドラマ『浅見光彦シリーズ』では、浅見光彦役(1995年 - 2002年)を年齢により、若き中村俊介に譲った後も、原作者である内田康夫のたっての希望により、光彦の兄の浅見陽一郎(警察庁刑事局長・警視監)役(2003年の第3作から)としてシリーズ出演を継続。

手帳に日記を書いている。

妻は女優の鈴木輝江。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

情報番組[編集]

  • ソ連領シルクロード冒険(1991年、フジテレビ)
  • 南米パンタナール3000キロ(1992年、フジテレビ)
  • 感動エクスプレス 心よみがえるインド(1992年、フジテレビ)
  • チベット夢呼吸(1993年、フジテレビ)
  • 榎木孝明の大冒険!(1994年、フジテレビ)
  • ヒマラヤ5000年 時空の花園(1998年、テレビ朝日)
  • 榎木孝明の薬草マンダラ紀行(1999年、富山テレビ製作・フジテレビ系放映)
  • 榎木孝明が描く風景 日本の世界遺産(2004年 - 2007年、BSジャパン
  • 趣味悠々・おくのほそ道を歩こう(2007年、NHK)
  • 田舎に泊まろう(出演して現在5回目、テレビ東京)
  • 榎木孝明が歩く神々と民の里 戸隠(2009年 、テレビ信州)
  • 経済ドキュメンタリードラマ ルビコンの決断(2010年、テレビ東京)
  • いい旅・夢気分 (2011年・2012年7月11日、テレビ東京)※2012年の回は夫婦で箱根を旅行
  • にっぽん原風景紀行(2011年10月、BSジャパン

ラジオ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 鷹の道
  • チベットの碧
  • スールー漂海
  • 水と緑と光の大地
  • ヒマラヤ物語
  • 空の詩
  • 風の人
  • 風の瞳
  • 光と闇の交差点
  • 旅の面影
  • 心は風のままに(イラスト+エッセイ集)
  • 東京散歩
  • 東京賛歌
  • 風の旅、心の旅
  • 自分への旅
  • いい加減なスケッチのすすめ(水彩画集+教則本)
  • ギリシャの風に吹かれて(水彩画+写真集)
  • ロケ地の情景 日本の世界遺産
  • もっといい加減なスケッチの旅(水彩画集+教則本)※『いい加減なスケッチのすすめ』の続刊
  • 宇宙一切を救うアセンション・プロセス(エハン・デラヴィとの共著)

CDアルバム[編集]

  • 空飛ぶ鯨(朗読・歌つき)

出典[編集]

  1. ^ 講談社刊『MORE No.107(1990年8月号)』「インタビュー 榎木孝明」より

外部リンク[編集]