富司純子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじ すみこ
富司 純子
富司 純子
本名 寺島 純子 (てらしま じゅんこ)
旧姓は俊藤 (しゅんどう)
別名義 藤 純子 (ふじ じゅんこ)
生年月日 1945年12月1日(69歳)
出生地 日本の旗 日本和歌山県御坊市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
職業 女優司会者
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1963年 -
活動内容 1963年:デビュー
1972年:結婚、引退
1974年:司会者として復帰
1977年:出産・育児のため休業
1980年:復帰
1982年:女優復帰
1989年:映画出演再開
1998年
復帰後初めて映画主演
2007年紫綬褒章受章
配偶者 七代目尾上菊五郎
著名な家族 寺島しのぶ(長女)
五代目尾上菊之助(長男)
主な作品
映画
緋牡丹博徒シリーズ』/『日本女侠伝シリーズ』
『女渡世人シリーズ』/『関東緋桜一家
おもちゃ
テレビドラマ
源義経』/『琉球の風
北条時宗
テレビ番組
3時のあなた

富司 純子(ふじ すみこ、1945年12月1日 - )は、日本女優司会者血液型O型。和歌山県御坊市出身。

旧芸名は藤 純子(ふじ じゅんこ)。本名は寺島 純子(てらしま じゅんこ)、旧姓は俊藤(しゅんどう)。

父は俊藤浩滋、夫は七代目尾上菊五郎、長女は寺島しのぶ、長男は五代目尾上菊之助2007年平成19年)に紫綬褒章受章。

来歴[編集]

5歳の時に大阪市へ移り、7歳から日本舞踊を習う。大阪市立本庄中学校卒業。

1962年昭和37年)、京都女子高等学校2年生のときによみうりテレビの歌謡番組『ハイハイ、マヒナです』のカバーガールとして姉・允子と共に出演。

1963年(昭和38年)、父・俊藤浩滋の勤務先である東映京都撮影所に見学に行ったところをマキノ雅弘スカウトされ、藤 純子の芸名をもらい、『八州遊侠伝 男の盃』で千葉真一の恋人役でデビュー。同年、朝日放送テレビのコメディー『スチャラカ社員』の若い女給役で出演。

1968年(昭和43年)、『緋牡丹博徒』で初主演主題歌も歌い、ヒット。主人公「緋牡丹のお竜」こと矢野竜子でシリーズ化され、若山富三郎菅原文太と共演した1970年昭和45年)の第6作目『緋牡丹博徒 お竜参上』はシリーズの代表作となった。『緋牡丹博徒シリーズ』の他に『日本女侠伝シリーズ』、『女渡世人シリーズ』もヒットし、東映スターの仲間入りをした。背に彫った緋牡丹の刺青を見せる『緋牡丹博徒』については、当初は肌を見せることに抵抗があり、出演を拒んでいたが、俊藤に説得されて渋々応諾したという経緯がある。しかし『緋牡丹博徒』の人気を直に感じて「父の凄さを初めて理解した」と回想している。

1972年(昭和47年)、NHK大河ドラマ源義経』で共演した歌舞伎俳優の四代目尾上菊之助(現・七代目尾上菊五郎)と結婚し、『関東緋桜一家』を最後に引退を表明。

1974年(昭和49年)、寺島 純子(てらじま じゅんこ)の本名でフジテレビのワイドショー『3時のあなた』の司会に就任し、「司会者」として芸能界に復帰。1977年昭和52年)より3年間、出産・育児のため番組を一時降板したが、1980年昭和55年)より復帰。歴代司会者では森光子に次いで2番目の長寿司会在任期間(10年11ヶ月)となった。1983年昭和58年)には、NHK『勇者は語らず』で女優としても復帰。

1989年(平成元年)には、高倉健との『あ・うん』で映画への出演を再開。この際「白紙の新人女優としてスタートしたい」、「寺島は夫の名字」との意思から芸名を富司 純子(ふじ すみこ)に改めた。

1998年(平成10年)『おもちゃ』で26年ぶりに映画に主演、各主演女優賞に輝く。

2006年(平成18年)、映画『フラガール』で日刊スポーツ映画大賞助演女優賞を受賞。同賞の主演・助演賞の2冠は渡哲也真田広之鈴木京香に続き4人目[1]

2010年(平成22年)、連続テレビ小説てっぱん』で主人公の祖母役を演じ、ギャラクシー賞2011年度2月月刊賞を獲得した。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

情報番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 京都迎賓館 極める!京都の技とおもてなし(2013年12月14日(NHK BSプレミアム)、2014年1月3日(NHK総合))

バラエティ[編集]

声優[編集]

CM[編集]

受賞[編集]

作品 受賞年 カテゴリ 結果
緋牡丹博徒・お命戴きます 女渡世人・おたの申します 1971年 第17回キネマ旬報賞 女優賞 受賞
緋牡丹博徒・お命戴きます  1971年 第26回毎日映画コンクール 女優演技賞 受賞
あ、春 1999年 第24回報知映画賞 助演女優賞 受賞
ドリームメーカー 1999年 第24回報知映画賞 助演女優賞 受賞
おもちゃ 1999年 第42回ブルーリボン賞 助演女優賞 受賞
第45回キネマ旬報賞 助演女優賞
第12回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞
第23回日本アカデミー賞 主演女優賞 ノミネート
フラガール 2006年 第19回日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞 受賞
第49回ブルーリボン賞 助演女優賞
第16回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞
第30回日本アカデミー賞 助演女優賞 ノミネート
舞妓はレディ 2014年 第39回報知映画賞 助演女優賞 ノミネート[2]
トワイライト ささらさや 2014年 第39回報知映画賞 助演女優賞 ノミネート[2]
受賞年
2007年 VOGUE NIPPON Women of the Year 2007

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ nikkansports.com (2006年12月5日). “富司純子が4人目の2冠/映画大賞”. 2009年2月20日閲覧。
  2. ^ a b “【報知映画賞】「るろうに剣心」最多7ノミネート”. スポーツ報知. (2014年11月13日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20141112-OHT1T50312.html 2014年12月1日閲覧。 
  3. ^ 受賞者一覧、山路ふみ子文化財団、2014年11月20日閲覧。