ぴんとこな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぴんとこな
ジャンル 歌舞伎
少女漫画
漫画
作者 嶋木あこ
出版社 小学館
掲載誌 Cheese!
レーベル Cheese! フラワーコミックス
発表期間 2009年11月号 -
巻数 既巻11巻
テンプレート - ノート 

ぴんとこな』は、嶋木あこによる日本少女漫画作品。

Cheese!』(小学館)にて2009年11月号から連載されている。単行本は2013年7月現在既刊10巻。第57回小学館漫画賞少女向け部門を受賞。

歌舞伎を題材とした作品であり、タイトルの「ぴんとこな」は、歌舞伎の用語で「男らしく芯のある、二枚目」を意味する。

連載情報

  • 第一部・恭之助編(2009年11月号 - 2010年1月号、全3話)
  • 第二部・一弥編(2010年4月号 - 7月号、全4話)
  • 第三部(2010年9月号 - 連載中)

あらすじ[編集]

歌舞伎界の名門に生まれ、御曹司ともてはやされながらも、全くやる気がなく実力が名前に伴わない恭之助

一方、歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、鍛錬に鍛錬を重ね、実力だけでのし上がってきた一弥

ある日、恭之助が恋に落ちたあやめという女の子は、一弥の昔からの知り合いで、互いに好き合いながらも事情があって想いを伝えられずにいるようで……。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

河村 恭之助(かわむら きょうのすけ) / 本名:河村 猛(かわむら たける)
歌舞伎の名門・木嶋屋の御曹司。身長175cm。人気はあるがやる気がなく、芸はだらしない。大根役者だが御曹司独特の「舞台の華」を持つ。幼い頃は父親を喜ばせたくて稽古に精進していたが、一向に誉めてくれないためやる気を失ってしまった。
あやめと出会い、彼女に恋をする。彼女に認めてもらい「一番」になるため、再び稽古に精を出すようになる。
千葉 あやめ(ちば あやめ)
猛と同じ杏星学園高校の生徒。特待生。元お嬢様で歌舞伎に非常に詳しい。正義感が強くしっかり者だが、天然ボケの面も。父親の会社が倒産し、現在は学生生活の傍らバイトを掛け持ちし、アパートで貧乏な一人暮らし中。本郷弘樹(澤山一弥)とは小学生の頃からの知り合いで、ずっと好きだった。
猛(恭之助)には最初は憮然とした態度を取っていたが、ひたむきな彼に少しずつ心を開いていく。なお、父親は作中に登場しないが生存はしている(39話時点)。
澤山 一弥(さわやま いちや) / 本名:本郷 弘樹(ほんごう ひろき)
門閥外(もんばつがい、歌舞伎の家の出身ではないこと)出身。部屋子。轟屋に小学校五年生の時に入門し歌舞伎の修行中。稽古にも真面目に取り組み、実力もあり人気が出始めている。
歌舞伎を始めるきっかけとなったあやめを一途に想い続けていたが、記憶が次第に薄れていくことも手伝い、芸の精進のために優奈と関係を持つ。
しかし、それを知ったあやめから別れを切り出され、落ち込んでいた所に恭之助(猛)から喝を入れられる。
澤山 優奈(さわやま ゆうな)
轟屋の娘。住み込みで修行に励む一弥(弘樹)のことが好き。歌舞伎のことはあまり詳しくない。
一弥への恋情と、友達として見てくれるあやめへの友情とに苦しむが・・・
一弥が好きで結婚したいらしい。

木嶋屋周辺[編集]

春彦(はるひこ)
杏星学園初等科からの猛の親友。猛の性格をよく分かっている。
河村 世左衛門(かわむら せざえもん)[1]
恭之助の父親。本名:たつのり(漢字不明)。芸に厳しいが恭之助のいないところで父親らしい優しさを垣間見せる。
八代目 河村 樹藤(かわむら じゅどう)[2]
恭之助の祖父。亡くなる際に世左衛門に残した一言が世左衛門の人生に影を落とす。
河村 百合子 (かわむら ゆりこ)[3]
梨園の妻として雑誌の表紙を飾ることもある華やかな女性。「男は甲斐性」がモットー。
ヤス
木嶋屋の住み込みの弟子であり恭之助の付き人。恭之助を「坊っちゃん」と呼び幼い頃から面倒を見ている。

轟屋ほか[編集]

澤山 咲五郎(さわやま さくごろう)
優奈の父親で一弥の師匠。屋号は轟屋。一弥の歌舞伎役者としての素質を高く買っており、婿入りさせて自分の跡を継いでもらいたいと願っている。
梢六(しょうろく)
養成所出身の門閥外の歌舞伎役者。本名:「田辺」。優奈に片思いをしている。
山本(やまもと)
一弥の付き人。元養成所出身の歌舞伎役者志望だった。梢六とは養成所時代からの友人。
佐賀田 完二郎(さがた かんじろう)
西田屋の御曹司。24歳。自身が主催する歌舞伎の勉強会の「封印切」で、準主役の梅川役に一弥を抜擢する。
近江 竹太郎(おうみ たけたろう)
高島屋の御曹司。自分の芸が中々客に評価されずひねくれてしまっている。
近江 竹二郎(おうみ たけじろう)
高島屋の御曹司。兄と同じくパッとしなと自分の芸が中々客に評価されずすっかりひねくれてしまっている。
高村 恵利左衛門 (たかむら えりざえもん)
屋号は米駒屋藤娘が当り役の女形の大御所的存在「大米駒」。恭之助達木嶋屋とは親類に当る。
高村 恵太郎 (たかむら けいたろう)
米駒屋の御曹司で恵利左衛門の孫。21歳。本名:早川つかさ。恭之助の初恋の相手であり、男性と知って以来トラウマの対象となっている。若手女形として活躍中。

作中で披露された演目[編集]

  • 鏡獅子…1話。女小姓弥生のちに獅子の精:恭之助 ※獅子の精の場面のみ/胡蝶の精:恭之助 ※回想シーン
  • 封印切…6話・7話。忠兵衛:完二郎/梅川:一弥 ※国立劇場・小劇場
  • 棒しばり…9話-11話。次郎冠者:恭之助/太郎冠者:一弥 ※国立劇場『歌舞伎鑑賞スクール』
  • 菅原伝授手習鑑(加茂堤の段)…14話。斎世親王:完二郎/苅屋姫:一弥 ※歌舞伎座
  • 三人吉三…16話-18話。和尚吉三:完二郎/お嬢吉三:一弥(1日のみ代役:梢六)/お坊吉三:恭之助 ※国立劇場
  • 野崎村…19話-23話。お光:恭之助/久松:竹太郎/お染:竹二郎 ※新橋演舞場
  • 女殺油地獄…25話-29話。河内屋与兵衛:一弥/豊島屋七左衛門:咲五郎 ※全国巡業
  • 娘道成寺…32話。白拍子花子:恵利左衛門/所化:恭之助、一弥ほか ※歌舞伎座『顔見世大歌舞伎』
  • 桜姫東文章…30話-37話。僧清玄のちに釣鐘権助:恭之助/稚児白菊丸のちに桜姫:一弥 ※日生劇場『超若手花形歌舞伎』

単行本同時収録[編集]

田中さん家のたかや君
『少女コミックCheese!』(小学館)1999年10月号掲載
別のクラスの「田中たかや」君に恋をしているさやか。ところが、彼のクラスにはもう一人、同姓同名の「田中たかや」がいて、行く度に何かと邪魔をされ……。

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

ぴんとこな
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2013年7月18日 - 9月19日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
監督 河合勇人
岡本信吾
山室大輔
原作 嶋木あこ『ぴんとこな』
脚本 高橋麻紀
プロデューサー 高橋正尚
伊藤仁吾
出演者 玉森裕太
中山優馬
川島海荷
松村北斗
ジェシー
山本耕史
高嶋政宏
榎木孝明
江波杏子
岸谷五朗
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
エンディング Kis-My-Ft2「キミとのキセキ」
外部リンク 公式サイト

特記事項:
初回は69分拡大(21:00 - 23:03)。
第2話の直前には、TBSのみ「もうすぐぴんとこな」(20:55 - 21:00)を別途放送。
第3話は前座のボクシング中継が延長したため、20分遅れ(21:20 - 22:14)。
テンプレートを表示

『ぴんとこな』のタイトルでテレビドラマ化。2013年7月18日から9月19日までTBS木曜ドラマ9』枠(21:00 - 21:54[15]JST)で放送されていた。

主演はKis-My-Ft2玉森裕太[16]

キャッチコピーは「歌舞伎界のイケメン御曹司が送る、真夏の胸キュンLOVE」。

キャスト[編集]

人物詳細は原作部分を参照。

主要人物(テレビドラマ)[編集]

河村 恭之助(かわむら きょうのすけ)
演 - 玉森裕太Kis-My-Ft2[17](幼少期:藤野大輝
木嶋屋の御曹司。本名:河村猛。杏星学園高校3年A組。
澤山 一弥(さわやま いちや)
演 - 中山優馬(幼少期:田中悠太
轟屋の弟子。本名:本郷弘樹。あやめは小学生時代の同級生。
千葉 あやめ(ちば あやめ)
演 - 川島海荷9nine[18][19](幼少期:平澤宏々路
杏星学園高校3年C組。病気で他界した母の影響で歌舞伎を好きになる。
坂本 春彦(さかもと はるひこ)
演 - ジェシージャニーズJr.
恭之助の親友でクラスメイト。
三島 千晶(みしま ちあき)
演 - 草刈麻有
あやめの親友で良き理解者。おむすび「稲香屋」であやめと一緒にアルバイトしている。
澤山 梢平(さわやま しょうへい)
演 - 松村北斗(ジャニーズJr.)
轟屋の弟子。一弥と同じく養成所出身。
澤山 優奈(さわやま ゆうな)
演 - 吉倉あおい [20]
轟屋の娘。杏星学園高校2年。父の弟子・一弥に好意を抱く。学校でいじめられているところをあやめに助けてもらう。やがて一弥の想い人があやめであることに気づいて、激しい嫉妬心を抱き始める。

歌舞伎界[編集]

木嶋屋
河村 世左衛門(かわむら せざえもん)
演 - 岸谷五朗
恭之助の父親。妻を早くに亡くす。
ヤス
演 - 清水優
木嶋屋の弟子で恭之助の付き人でもある。
三田 シズ(さんた しず)
演 - 江波杏子
河村家の家政婦。お互いが素直になれず、上手く行かない河村家の父子関係の間を取り持つ。
轟屋
澤山 咲五郎(さわやま さくごろう)
演 - 榎木孝明
一弥の師匠で優奈の父親。
澤山 多佳子(さわやま たかこ)
演 - 前田典子
咲五郎の妻。優奈の母親。
歌舞伎俳優
佐賀田 完二郎(さがた かんじろう)
演 - 山本耕史
大岩 松吉(おおいわ まつきち)
演 - 高嶋政宏(特別出演)
恭之助、一弥らが所属する檜会の若手研修公演の指導者。

その他[編集]

  • 莉子(杏星学園高校生徒・恭之助の追っかけ) - 藤井武美
  • 本人(劇中冒頭や劇中内で歌舞伎の歴史や歌舞伎の演目について説明する) - 市川猿之助(特別出演)
  • 水族館のスタッフ - 柳沢慎吾(友情出演 / 第3話)[21]
  • 本郷 竹雄(一弥の祖父) - 大石吾朗(第6話)
  • 園山 喜久夫(日本舞踊園山流家元) - 清水紘治(第7話)
  • 桐島 美月(恭之助の幼なじみ) - マイコ(第7・8話)
  • 千葉 啓介(あやめの父親) - 佐野史郎(第7・9話)
  • 大川 正也(東西スポーツ新聞社編集長) - 小木茂光(第9話)
  • 河村 銀蔵(世左衛門の兄弟子) - 市川團蔵(特別出演 / 最終話)

スタッフ[編集]

  • 原作 - 嶋木あこ『ぴんとこな』(『Cheese!』連載中 / 小学館)
  • 脚本 - 高橋麻紀
  • 音楽 - 平野義久新屋豊
  • 監督 - 河合勇人、岡本信吾、山室大輔
  • 主題歌 - Kis-My-Ft2「キミとのキセキ」(avex trax[22]
  • 脚本監修 - 松岡亮
  • 脚本協力 - 池田奈津子、河合悟史
  • 助監督 - 八木一介
  • 音楽コーディネート - 溝口大悟
  • CG - 田中浩征
  • タイトル - 稲生諭
  • スタントコーディネート - 釼持誠
  • 結髪 - 山倉省三
  • 顔師 - 中野秀俊
  • 歌舞伎装置 - 阿部宗徳
  • 歌舞伎装飾 - 渡邉功
  • 歌舞伎衣装 - 辻正夫
  • 歌舞伎監修 - 松竹演劇部
  • 歌舞伎指導 - 中村京蔵、坂東橘太郎
  • 振付・所作指導 - 花柳寿楽花柳典幸
  • 協力 - 松竹撮影所、松竹撮影センター、前進座、松竹大谷図書館
  • プロデューサー - 高橋正尚、伊藤仁吾(松竹
  • 協力プロデューサー - 八木亜未
  • ラインプロデューサー - 阿部智大
  • プロデューサー補 - 山田尚史
  • 制作協力 - 松竹
  • 制作著作 - TBS

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 監督 視聴率[23]
第1話 7月18日 華麗でゴージャス!!
日本の美・歌舞伎界のイケメン御曹司が贈る胸キュン・三角関係!
そして400年の伝統を背負う父と子―いつか父を越えてみせる!!
河合勇人 8.7%
第2話 7月25日 切ない片想い…ダメ御曹司は恋の力で強くなる! 7.6%
第3話 8月01日 届かない想い…彼女の一途な恋のために 岡本伸吾 8.7%
第4話 8月08日 海合宿!! おまえのためだけに…最高の告白 5.9%
第5話 8月15日 すべてが終る…衝撃のラスト!! 舞台上まさかの号泣 山室大輔 7.4%
第6話 8月22日 歌舞伎界追放!! 未来が今、閉ざされる 5.9%
第7話 8月29日 嫉妬の炎が矢のように…恋心をえぐる悪意の総攻撃 河合勇人 7.0%
第8話 9月05日 運命の恋大ピンチ!? 美人モデルが誘う甘い夜のワナ 岡本伸吾 6.7%
第9話 9月12日 さよなら運命の恋…二度と会えなくても貴方を守る 山室大輔 8.8%
最終話 9月19日 最後の舞台に全てを懸ける…それぞれの涙と約束 岡本信吾 6.8%
平均視聴率7.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

劇中で披露された演目[編集]

TBS 木曜ドラマ9
前番組 番組名 次番組
潜入探偵トカゲ
(2013.4.18 - 2013.6.20)
ぴんとこな
(2013.7.18 - 2013.9.19)
夫のカノジョ
(2013.10.24 - 2013.12.12)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 5』24頁、2013年8月4日閲覧。ドラマ版でも読みは同じ
  2. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 4』89頁、2013年8月4日閲覧。
  3. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 10』収録「おまけのページ 百合子とあやめ」、2013年8月4日閲覧。
  4. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 1』、2013年6月1日閲覧。
  5. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 2』、2013年6月1日閲覧。
  6. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 3』、2013年6月1日閲覧。
  7. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 4』、2013年6月1日閲覧。
  8. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 5』、2013年6月1日閲覧。
  9. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 6』、2013年6月1日閲覧。
  10. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 7』、2013年6月1日閲覧。
  11. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 8』、2013年6月1日閲覧。
  12. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 9』、2013年6月1日閲覧。
  13. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 10』、2013年7月26日閲覧。
  14. ^ 小学館:コミック 『ぴんとこな 11』、2014年1月25日閲覧。
  15. ^ 初回は23:03まで69分拡大で放送。第2話の直前にはTBSのみ「もうすぐぴんとこな」(20:55 - 21:00)を別途放送。第3話は前座のボクシング中継が延長したため、20分遅れ(21:20 - 22:14)。
  16. ^ まんたんウェブ (2013年5月17日). “キスマイ玉森 : “信長のシェフ”から歌舞伎界の御曹司へ 人気マンガ「ぴんとこな」がドラマ化”. 2013年5月17日閲覧。
  17. ^ オリコンスタイル (2013年5月17日). “キスマイ玉森、歌舞伎俳優役でドラマ主演 連ドラ初の“梨園”が舞台”. 2013年7月22日閲覧。
  18. ^ オリコンスタイル (2013年7月18日). “川島海荷(9nine)、三角関係&三刀流に奮闘中「充実させたい」”. 2013年7月22日閲覧。
  19. ^ 映画.com (2013年7月11日). “川島海荷、イケメン2人に好かれて胸キュン 歌舞伎ドラマ「ぴんとこな」”. 2013年7月22日閲覧。
  20. ^ http://www.tbs.co.jp/pintokona/cast/
  21. ^ ぴんとこな公式HP 現場レポート (2013年8月1日). “第3話はいかがでしたか?”. 2013年8月2日閲覧。
  22. ^ ナタリー (2013年6月14日). “キスマイ胸キュンな新曲が玉森主演「ぴんとこな」主題歌に”. 2013年7月22日閲覧。
  23. ^ ぴんとこな - スポニチ Sponichi Annex 芸能、2013年11月8日参照。

外部リンク[編集]