NANA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NANA-ナナ-
ジャンル 少女漫画
漫画
作者 矢沢あい
出版社 日本の旗 集英社
掲載誌 日本の旗 Cookie
アメリカ合衆国の旗 カナダの旗 Shojo Beat
発表号 2000年7月号 -
巻数 21巻(2009年6月作者急病のため休載中)
ゲーム:NANA -ナナ-
対応機種 PS2
発売日 2005年3月17日
2006年1月26日(ベスト版)
ゲーム:NANA すべては大魔王のお導き!?
対応機種 PSP
発売日 2006年7月6日
ゲーム:NANA ライブスタッフ大募集! *初心者歓迎*
対応機種 DS
発売日 2007年8月21日
アニメ:NANA-ナナ-
原作 矢沢あい
監督 浅香守生
シリーズ構成 金春智子
脚本 金春智子、浦畑達彦ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン 濱田邦彦
アニメーション制作 マッドハウス
放送局 日本テレビ
放送期間 2006年4月5日 - 2007年3月28日
話数 全47話+総集編3話
関連作品
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画映画アニメ
ポータル 漫画映画アニメ

NANA』(ナナ)は、矢沢あいによる漫画。また、原作を基にする関連作品群(映画アニメCD作品など)。第48回(平成14年度)小学館漫画賞受賞。

漫画は現在、『Cookie』(集英社)にて連載中である。

概要[編集]

漫画は当初『りぼん』の増刊号という位置づけの『Cookie』1999年Vol.1、同Vol.2に読み切りとして掲載され、『Cookie』が月刊誌として昇格新創刊されると『Cookie』2000年7月号から同誌に連載された。

ファンブック『NANA7.8(ナナてんハチ)』のインタビューによると、初めの2話が読みきりの理由は、『Cookie』の創刊準備号(前述の『Cookie』1999年Vol.1、Vol.2)に読み切りを描くことがきまっていたが、同誌が創刊したのちには連載してほしいという依頼があったため同じ名前で違うタイプの女の子を出し、連載で2人が出会うという形をとったためである。このため、第1話に大崎ナナはいっさい登場せず、同様に第2話には小松奈々が登場しない。

『Cookie』2009年8月号から、作者急病のため休載している[1]

あらすじ[編集]

東京に住む彼氏と同居するため上京する小松奈々、ミュージシャンとして成功するため上京する大崎ナナ、出身地は異なるが同い年の2人のNANAは新幹線の中で出会った。その後、ひょんなことから奈々とナナは同居することとなる。さらに、ナナの所属するBLACK STONESとナナの恋人の本城蓮が所属するTRAPNEST、2つのバンドのメンバーたちを交え物語は進んでいく。

時代設定[編集]

物語本編は1999年から始まり、単行本第21巻の時点で2002年3月である。

第12巻以降、これより数年先のシーンが随所に導入されている。第2巻より作中に挿入されているナナと奈々のモノローグは、この数年先の2人によるものである。

書籍[編集]

番外編[編集]

矢沢は『Cookie』の別冊で本編の登場人物の過去を番外編として描いている。本編第1話は小松奈々の「あたしの生まれ故郷は」という独白で始まっているが、番外編でもそれを踏襲した形となっている。ただし、独白を行うのは番外編の主人公で、例えば番外編『NAOKI-ナオキ-』ではナオキの「おれの生まれ故郷は」という独白で始まる。

番外編には、『Cookie』2003年5月号別冊まんがに掲載された『NAOKI-ナオキ-』、同2006年5月号別冊まんがに掲載された『NOBU-ノブ-』、クッキーフレッシュ'07に掲載された『TAKUMI-タクミ-』の3作がある。これらはそれぞれ単行本9巻、16巻、18巻に収録されている。

外国語版[編集]

ファンブック「NANA7.8(ナナてんハチ)」などによるとフランス語ドイツ語イタリア語タイ語中国語台湾香港)、韓国語韓国)での発行が確認されている。さらに2005年からアメリカ合衆国で連載が開始されたため英語でも発行されるようになった。

翻訳に関してそれぞれの国にあわせた改修や解説ページなどがある。またほとんどの版は日本と同じく右綴じで、現地の他の図書では裏となる側から読むことを説明する注意書きが見られるが、韓国版は「反転印刷」による左綴じであり、楽器の演奏や腕のタトゥーが原版とは逆になっている。

各国語とも正式に許可を得て翻訳されたもののようであるが、フランス語版では淳子の苗字「早乙女」(さおとめ)が表札でSOUTOME(ソウトメ)となっていたり、韓国語版で蓮の苗字「本城」(ほんじょう)が모토시로(モトシロ)と書かれているなど固有名詞のミスが多く見られるため、日本版のスタッフがどの程度まで関わっているかは不明である。

登場人物[編集]

オムニバスCD[編集]

イメージアルバム[編集]

2003年11月6日、AMJ/モモアンドグレープスよりイメージアルバム『NANA's song is my song』が発売された。「あなたの感じるNANAの音楽世界を聞かせて下さい」という公募テーマを元に構成されている。
NANA9巻の「ファミリー新聞」、「淳子の部屋」でも紹介。
収録曲
  1. マーブル/Battle Bomb Rounge
  2. 君ノ名前/savage genius
  3. 楽園の扉/プルカブ
  4. 親愛/ちひろいず
  5. Lotus Blues/Olive
  6. Thanks/Bama☆sister
  7. 問い/ブルウフロッグ
  8. Not be mine/GREEN BEAR
  9. 奏でる神/RK ROSEBUD
  10. NO TITLE/山岡千春
  11. 真夜中の朝日/柿本七恵
  12. MY WAY/REALIZE POWER WAVE
  13. あたしの花/Ann

トリビュートアルバム[編集]

2005年3月16日、東芝EMI(現・EMIミュージック・ジャパン)よりトリビュートアルバム『LOVE for NANA 〜Only 1 Tribute〜』が発売。参加アーティストは、布袋寅泰高見沢俊彦TETSU69abingdon boys school木村カエラDo As InfinityZONE大塚愛など。ジャケットはゴールドとシルバーが販売されているが収録内容は同じである。
オリコン週間ランキングで、初登場2位を獲得した。

ゲーム[編集]

担当声優[編集]

以下はPS2版のもの。PSP版については、後述するアニメ版の声優がそのまま担当。

映画[編集]

NANA[編集]

NANA
監督 大谷健太郎
脚本 大谷健太郎
浅野妙子
製作 近藤邦勝
中沢敏明
久保田修
出演者 中島美嘉
宮崎あおい
音楽 上田禎
主題歌 NANA starring MIKA NAKASHIMA「GLAMOROUS SKY
撮影 鈴木一博
編集 掛須秀一
製作会社 「NANA」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2005年9月3日
香港の旗 2005年11月3日
中華民国の旗 2005年11月4日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 40億3千万円[2]
次作 NANA2
テンプレートを表示

「NANA製作委員会」の製作、東宝の配給により公開された。単行本の5巻までを再現している。

2005年9月3日公開。興行通信社調べによる映画ランキングで初登場1位。最終的な観客動員数は日本だけでも300万人を超え、社会現象を起こす大ヒットとなった(興行収入40.3億円)。結果的に、2005年度の邦画4位という記録的ヒットになった。香港では11月3日に公開し、映画ランキング初登場1位。台湾で11月4日に公開し、13日間で興行収入1000万台湾ドルを超えた。また2006年12月11日TBS系で地上初放送され(視聴率は13.1%)、2008年6月9日には同局で秋葉原通り魔事件の影響で『月曜ゴールデン』枠が急遽、代替放送された(代替放送の視聴率は9.3%)。TBSではかつてこの時間帯が『月曜ロードショー』であった。

ナナ役の中島美嘉とハチ役の宮崎あおいが主演。レイラ役の伊藤由奈もこれをきっかけにブレイクした。中島美嘉が歌った主題歌「GLAMOROUS SKY」は原作者の矢沢あいが作詞、L'Arc〜en〜Cielhydeがメンバー初の楽曲提供による作曲・プロデュースが話題になり、オリコンウィークリーチャートで2週連続1位を記録、2005年度年間ランキングでもトップ10入りする大ヒットとなった。伊藤由奈が歌った挿入歌「ENDLESS STORY」も初登場2位で、長期にわたってロングヒットして話題になった。2人は年末の歌番組に相次いで出演し、共に『NHK紅白歌合戦』へも出場した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 大谷健太郎
  • 脚本 - 大谷健太郎、浅野妙子
  • 編集 - 掛須秀一
  • 音楽 - 上田禎
  • 製作プロダクション - セディックインターナショナル
  • 共同製作プロダクション - IMJエンタテインメント(現:C&Iエンタテインメント)、エクセレントフィルム
  • 製作 - 「NANA」製作委員会(TBS東宝、セディックインターナショナル、集英社、トゥループロジェクト、IMJエンタテインメント(現:C&Iエンタテインメント)、MBSアニプレックス)

受賞歴[編集]

主題歌・劇中歌[編集]

主題歌
GLAMOROUS SKY
中島美嘉:NANA starring MIKA NAKASHIMA
作詞 - 矢沢あい / 作曲 - HYDE / HYDE・KAZプロデュース
劇中歌
ENDLESS STORY
伊藤由奈:REIRA starring YUNA ITO

NANA2[編集]

NANA2
監督 大谷健太郎
脚本 大谷健太郎
製作 信國一朗
中沢敏明
久保田修
製作総指揮 濱名一哉
出演者 中島美嘉
市川由衣
音楽 上田禎
主題歌 NANA starring MIKA NAKASHIMA「一色(ひといろ)」
撮影 清久素延
編集 掛須秀一
製作会社 「NANA2」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2006年12月9日
上映時間 130分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12億5千万円
前作 NANA
テンプレートを表示

映画2作目の『NANA2』は2006年12月に公開された。

スケジュールの都合などにより一部のキャストが1作目とは変更されている。1作目は映画独自のものを目指したが、2作目は「原作を再現すること」を意識している。また、2作目で映画版の『NANA』はシリーズが完結する。2作目の主題歌の作曲は、前作のL'Arc〜en〜CielのHYDEから、GLAYTAKUROとなった。Yahoo!映画ランキング初登場4位であったが、興行収入は前作の40億3千万円に対し、12億5千万円に留まる[3]

キャスト(第2作)[編集]

スタッフ(第2作)[編集]

主題歌・劇中歌(第2作)[編集]

主題歌
一色(ひといろ)
中島美嘉:NANA starring MIKA NAKASHIMA
作詞 - 矢沢あい / 作曲 - TAKURO
  • 劇中でBLACK STONESが演奏するシーンではパンク調にアレンジされている。このバージョンはアルバム『THE END』に「一色 (ALTAnative)」として収録されている。
劇中歌
Truth
伊藤由奈:REIRA starring YUNA ITO
「EYES FOR THE MOON」
中島美嘉:NANA starring MIKA NAKASHIMA

テレビアニメ[編集]

2006年4月5日より「animo」(アニモ)枠としてスタート。2007年3月まで4クール放映された。なお、放送では「ファーストシーズン 最終回」と強調され、今後に続くと思わせる最後であったことから、セカンドシーズンが制作される可能性もある。原作では、11巻までの内容。アニメーション制作はマッドハウス

NNN加盟局で毎週水曜日23時25分から(ただし編成の都合で時間変更の場合あり。また、後記のように3クール目以降は24時台での放映が多くなっている)、NNN系列外では2006年6月8日より琉球放送TBS系)で毎週木曜日(金曜日)1時55分から、日テレプラス&サイエンス(現・日テレプラス)でも2006年10月より放映開始、日本テレビ関連以外では2008年からアニマックスで再放送されている。

開始当初は23時台での放送(23時25分 - 23時55分)と、「4大民放ネットワークで放送される全日帯放送の深夜テレビアニメ」という極めて珍しい試みのものであったが、結局10月以降は事実上24時台に移行した(『NNNきょうの出来事』が放送終了し、『NEWS ZERO』放送開始で、このアニメの放送枠である「animo」枠が入っている『バリューナイト』が30分繰り下げられたため)。1、2話の内容が派手に書き換えられたことを知った矢沢が激怒、放送が危ぶまれたことがあると一部紙面で報道された[4]

2006年7月7日にDVDの第1巻がリリースされた。タイトルにちなんでの発売日設定だけでなく、77日間限定(つまり9月21日まで)で定価707円(税込み)。本編は16:9のワイドサイズで製作されているが、地上デジタル放送の場合上下左右に黒帯の付いた額縁放送で放送されている。

セリフを当てる声優と歌を担当する歌手とに分けたキャストは、同じくマッドハウスが制作した『BECK』(監督:小林治)と同様、大きな特徴のひとつである。2007年3月30日に、東京都渋谷区のライブハウスSHIBUYA-AXで、アニメ版でナナの歌唱を担当した土屋アンナとレイラの歌唱を担当したOLIVIAが、それぞれの役名+バンドでジョイントライブを行った。ちなみに原作漫画・映画版ともに2組がジョイントライブを行うシーンはない。

15話では著作権商標の関係上、原作では「ディズニーランド」の部分がアニメ版では「遊園地」に差し替えられている(原作でのミニーマウスカチューシャの部分も別のものに差し替えられている)。また、28話では、原作では「スカパー」と言っている箇所が「衛星」になっている。

日テレ火曜深夜のアニメ枠同様に固定の番組スポンサーは付いておらず(放送局によっては提供クレジット時のスポンサー読み上げを行っている所もあったが)、当作品はスポットCM主体であった。

最高平均視聴率は6.3%(関東地方)と、深夜アニメとしては異例といえる高い数字を記録した。ただし6%台という数字は夜23時台としてはおおむね平均的な水準の数字であり[5]、24時台以降に放送されている他の深夜アニメの水準と単純に比較することはできない点に留意する必要がある。

担当声優(テレビアニメ)[編集]

歌唱キャスト・および主題歌[編集]

  • 大崎ナナの歌唱は、土屋アンナ(「ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)」名義)。(『黒い涙』から「ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)」に名義が変わった。)
  • 芹澤レイラの歌唱は、OLIVIA(「OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)」名義)。
オープニング
1st. 「rose」(第1話〜第21話、第9話ED)
歌 - ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)
2nd. 「Wish」(第22話〜第36話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
3rd. 「LUCY」(第37話〜第47話)
歌 - ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)
エンディング
1st. 「a little pain」(第1話〜第8話、第10話〜第18話、第41話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
2nd. 「Starless Night」(第19話〜第29話、第42話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
3rd. 「黒い涙」(第30話〜第40話、第47話)
歌 - ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)
4th. 「Winter sleep」(第43話・第44話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
5th. 「Stand by me」(第45話・第46話)
歌 - ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)
インサートソング
「zero」(第4話)
歌 - ANNA inspi' NANA(BLACK STONES)
「Recorded Butterflies」(第18話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)
「Shadow of Love」(第32話)
歌 - OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST)

全NANAのCD[編集]

シングル[編集]

  1. rose(2006年6月28日)(ANNA inspi' NANA(BLACK STONES))
  2. a little pain(2006年6月28日)(OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST))
  3. Wish/Starless Night(2006年10月11日)(OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST))
  4. 黒い涙(2007年1月10日)(ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES))
  5. LUCY(2007年2月7日)(ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES))

アルバム[編集]

  1. NANA 707 soundtracks(2006年7月7日
    通常のサウンドトラックの曲以外に、東芝gigabeatのNANAモデルのCMに使用された、ブルートの曲をイメージしたS-L(spirit of BRUTE)名義の曲「Dirty Pretty」が収録されている。作詞・作曲はタニウチヒデキ。
  2. NANA 7to8 soundtrack(2006年12月21日
  3. ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES)(2007年2月28日)(ANNA TSUCHIYA inspi' NANA(BLACK STONES))
  4. OLIVIA inspi' REIRA (TRAPNEST)(2007年2月28日)OLIVIA inspi' REIRA(TRAPNEST))
  5. NANA BEST(2007年3月21日

スタッフ(テレビアニメ)[編集]

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
1 序章・奈々とナナ 金春智子 浅香守生 浅香守生
中村亮介
濱田邦彦
2 恋?友情?奈々と章司 坂田純一 池田重隆 藤澤俊幸
3 奈々と章司、恋の行方 松本剛 山沢実、桜井木ノ実
4 奈々の恋、ナナの夢 金春智子
浦畑達彦
坂田純一
鶴岡耕次郎
いしづかあつこ 門之園恵美
5 レンの夢、ナナの思い 浦畑達彦 鶴岡耕次郎 若林漢二
鶴岡耕次郎
高炅楠
6 雪の上京!奈々とナナ 金春智子 浅香守生
鶴岡耕次郎
島崎奈々子 冨沢和雄
7 ヤス登場!707号室 上田真弓 土橋昭人、水川弘理
8 いちごグラスと蓮の花 浦畑達彦 高橋敦史 廣川集一 高乗陽子
9 ノブ上京!ナナの歌 浅香守生 池田重隆 君塚勝教
10 美少年シン登場! 佐山聖子 若林漢二 趙瑛来、張民浩
李正弼、申在盆
高炅楠
11 幸子、わざとだよ? 高橋亨 上田真弓 土橋昭人、水川弘理
総集編 淳子の部屋(1) 金春智子(構成) - 中村亮介 濱田邦彦
12 急接近!章司と幸子 浦畑達彦 高橋亨 馬場健、阿部純子
13 幸子の涙、章司の決心 佐山聖子 小酒井優 渡辺純子
14 修羅場のファミレス ふでやすかずゆき いしづかあつこ 谷田部勝義
釘宮洋
君塚勝教
15 ブラスト、初ライブ 大久保富彦 千葉大輔 土橋昭人、桜井木ノ実
16 ナナの恋の行方 坂田純一 池田重隆 高炅楠
17 トラネス、ライヴ 佐山聖子 高橋亨
いしづかあつこ
鈴木美千代
18 ハチの祈り、ナナの想い 坂田純一 いしづかあつこ 君塚勝教、阿部純子
19 ナナのごほうび 金春智子 大久保富彦 小酒井優 渡辺純子
20 急展開!ハチの運命 鶴岡耕次郎 千葉大輔 土橋昭人、桜井木ノ実
鈴木美千代(総作画監督)
21 スイートルームの夢 大久保富彦 池田重隆 君塚勝教
総集編 淳子の部屋(2) 金春智子(構成) - 中村亮介 濱田邦彦
22 七夕の願い、ハチの恋 ふでやすかずゆき 佐山聖子 いしづかあつこ 高炅楠、李正弼
趙瑛来
鈴木美千代(総作画監督)
23 誰にも渡したくない 坂田純一 渡辺勘治 金東俊
24 乱れるハチの心 高橋亨 馬場健、阿部純子
25 気まぐれで勝手な男 佐山聖子 小酒井優 渡辺純子、松浦里美
26 すれちがうハチとナナ 浦畑達彦 大久保富彦 上田真弓 土橋昭人、水川弘理
鈴木美千代(総作画監督)
27 ハチの欲しい未来 鶴岡耕次郎 佐々木奈々子 君塚勝教
28 ハチとノブ、急接近 坂田純一 いしづかあつこ 高炅楠、趙瑛来
鈴木美千代(総作画監督)
29 愛情表現の問題 大久保富彦 若林漢二 中田博文
30 決壊ギリギリ、ナナの心 金春智子 佐山聖子 吉野智美 馬場健、阿部純子
31 ハチ子、妊娠 鶴岡耕次郎 いしづかあつこ 李愗培、高炅楠
鈴木美千代(総作画監督)
32 繋いだ手を離さないで 中村亮介 土橋昭人、水川弘理
33 ハチの選択 佐々木奈々子 君塚勝教
34 割れたいちごのグラス ふでやすかずゆき 佐山聖子 小酒井ゆう 高乗陽子
鈴木美千代(総作画監督)
35 レイラの孤独 大久保富彦 吉野智美 金東俊
36 ブラスト新曲!! 高橋亨 中田博文、阿部純子
総集編 淳子の部屋(3) 金春智子(構成) - 中村亮介 君塚勝教
37 ハチ、シロガネーゼ ふでやすかずゆき 佐山聖子 渡辺正彦 松本朋之
鈴木美千代(総作画監督)
38 運命の引き金 青山浩行 上田真弓 土橋昭人
鈴木美千代(総作画監督)
39 ハチ公、見てろよ! 大久保富彦 吉野智美
いしづかあつこ
君塚勝教
40 ブラスト、デビュー! いしづかあつこ 趙瑛来、李愗培
鈴木美千代(総作画監督)
41 ブラスト合宿 鶴岡耕次郎 小酒井ゆう 森前和也、野口木ノ実
鈴木美千代(総作画監督)
42 ナナ、突然の発作 金春智子 佐々木奈々子 馬場健、阿部純子
43 ブラスト、ゲリラライブ 大久保富彦 渡辺正彦 松本朋之
鈴木美千代(総作画監督)
44 ブラストVSトラネス 佐山聖子 山崎友正 土橋昭人、水川弘理
今井武志
鈴木美千代(総作画監督)
45 ブラストTV初出演 大久保富彦 いしづかあつこ 中田博文
46 再会!ハチと章司 高橋亨 吉野智美 君塚勝教
47 花火大会、ハチとナナ 浅香守生 濱田邦彦

DVD[編集]

  • 第1巻/2006年7月7日発売 ※77日間期間限定で税込み価格707円。期間終了後は1,890円。
  • 第2巻/2006年8月23日発売
  • 第3巻/2006年9月27日発売
  • 第4巻/2006年10月25日発売
  • 第5巻/2006年11月22日発売
  • 第6巻/2006年12月20日発売
  • 第7巻/2007年1月24日発売
  • SPECIAL DVD 7.8巻/2007年2月14日発売 ※「淳子の部屋」3話収録。税込み価格708円。
  • 第8巻/2007年2月21日発売
  • 第9巻/2007年3月21日発売
  • 第10巻/2007年4月25日発売※10巻以降から特典にエピソード・ダイジェストが付属。
  • 第11巻/2007年5月23日発売
  • 第12巻/2007年6月27日発売
  • 第13巻/2007年7月25日発売
  • 第14巻/2007年8月22日発売
  • 第15巻/2007年9月27日発売
  • 第16巻/2007年10月24日発売
  • 第17巻/2007年11月21日発売

一部の定価は税込み価格3,990円。第1巻のみ1話、それ以降は各巻3話収録。レンタル版では、R-1、R-2…・と続く。R-1は、第1巻と第2巻が1つにまとめられ、4話収録となっている。

NANAの部屋[編集]

本作は次回予告がなく、「NANAの部屋」と題して、『NANA』に関する情報を紹介する。担当は鈴江奈々。放送開始当初は、このコーナーが実質次回予告の役割を果たしていたが、次第に関連グッズの紹介等になった。通常は707号室をかたどったセットで撮影しているが、出張したこともある(ジャクソンホール、集英社など)。また、レギュラーで出演している声優や、主題歌を担当している土屋アンナOLIVIAが登場したことがある。日テレプラスの放送でも一部の回のみNANAの部屋が放送されたがアニマックスでは放送されない。

日本テレビ 水曜日23:25 - 23:55枠(2006年4月 - 2006年9月
前番組 番組名 次番組
くりぃむしちゅーのたりらリラ〜ン
NANA
(テレビアニメ版)
NEWS ZERO
※22:54 - 23:55
日本テレビ系 水曜日23:55 - 24:26枠(2006年10月 - 2007年3月
スポんちゅ
※23:55 - 24:20
NANA
(テレビアニメ版)
カートゥンKAT-TUN

脚注[編集]

  1. ^ “「NANA」の漫画家・矢沢さん急病で休載”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2009年6月30日). オリジナル2009年7月27日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090727140242/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2009/06/30/03.html 2009年6月30日閲覧。 
  2. ^ 映画制作者連盟2005統計
  3. ^ 2007年 上半期作品別興行収入(10億円以上) - 東宝、2007年7月11日。(2007年10月16日時点のアーカイブ
  4. ^ 【業界裏メール】アニメ版「NANA」騒動の顛末ZAKZAK
  5. ^ 出典:日テレ広告ガイド「占拠率」[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]