ぴたテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ぴたテン
ジャンル ハートフルコメディファンタジー
漫画
作者 コゲどんぼ
出版社 メディアワークス
掲載誌 月刊電撃コミックガオ!
発表号 1999年10月号 - 2003年8月号
巻数 全8巻
小説
著者 落合ゆかり
イラスト (表紙)コゲどんぼ
(挿絵)山口りな
出版社 メディアワークス
レーベル 電撃G's文庫
刊行期間 2002年4月 - 2003年2月
巻数 全3巻
アニメ
原作 コゲどんぼ
監督 川瀬敏文佐藤雄三
シリーズ構成 面出明美小林靖子
キャラクターデザイン 坂井久太
アニメーション制作 マッドハウス
製作 テレビ大阪読売広告社、ぴた組
放送局 日本の旗テレビ大阪(テレビ東京系)

大韓民国の旗 Tooniverse / 香港の旗 TVB

放送期間 2002年4月7日 - 9月29日
話数 全26話
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ぴたテン』は、コゲどんぼ漫画作品。「月刊電撃コミックガオ!」(メディアワークス)で1999年10月号から2003年8月号まで連載され、2002年にはアニメ化もされた。単行本は全8巻。

概要[編集]

中学受験を控えた、ちょっぴりクールな小学6年生「樋口湖太郎」が、天界から彼の元にやって来た見習い天使「美紗」や、突然どこかから現れた謎の女性「紫亜」、同級生のテンちゃん、小星達と共に悩み、成長して行く物語。

アニメ化されて幅広い年齢層に関心が持たれたことなどから、7巻や8巻は、一部コミックスランキングでは、台頭する週刊少年誌系の単行本と順位を争う場面も見られた。

原作は序盤はコメディを基調としていたが、中盤には登場人物の抱える悩みがクローズアップされていき、終盤は湖太郎の家系をめぐる謎がストーリーの軸となっている。アニメ版では原作とは違いコメディ色が強く、結末も全く異なる。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

声の項はアニメ版による。

樋口 湖太郎(ひぐち こたろう)
- 沢城みゆき
主人公。小学6年生。中学受験を控えている。隣に引っ越してきた美紗に追い掛け回される。
母親はすでに他界(アニメ版、原作ともに交通事故で他界したとされている。原作では母親とともに交通事故に遭遇、湖太郎だけが助かり、この時の思い出が深刻なトラウマとなっている)。父親と二人暮しだが父親は多忙なためほとんど一人で生活している。
最初はしつこく追い掛け回す美紗を煙たがっていたが、彼女の持ち前の明るさに少しずつ心を開いていく。紫亜に対しては特別な感情を抱いており、惹かれていく(亡き母の姿と重ねているようなところもあった)。そのため、同じく紫亜にほのかな恋心を抱く天と喧嘩になる場面もあったが、紫亜が自分と血が繋がっていることが発覚し、あきらめる。それからは天とも和解した。
原作では母親がいないせいかクールで大人びた性格。原作の設定では悪魔の血を引いているため、幽霊・天使など普通の人間には見えないものが見える(ただし美紗は普通の人間にも見える)。悪魔に近づくと頭痛がしていたが、美紗の力によって平気になった。また霊感によって無意識にテストやスポーツで先読みすることもあり、成績は良い。曽祖父の息子(要するに大伯父にあたる)小太郎の生まれ変わり。魂が同じなので美紗は湖太郎の事を小太郎だと思い込み、湖太郎を幸せにしようとした。
アニメ版ではクールさが薄れ、年齢相応の性格になっている(第一話では比較的原作に近い口調だった)。成績は至って普通。また、見えないものが見える特性は血に起因するものではなく、特殊な体質のためということになっている。
美紗(みしゃ)
声 - 田村ゆかり
本作のヒロインで、天界からやって来た見習い天使。天使なのに黒い服を着ていることが多く、また他の天使とは異なり人間の目に見え触れる事もできる。明るく開放的な性格で、「てひひ〜」「○○っス」などといった特徴的な口調で喋る。敵対関係である悪魔の紫亜と同居するという天然っぷりも見られる。
下界へは湖太郎を幸せにするためにやって来たのだが、その理由は、過去に出会った湖太郎の前世小太郎を死なせてしまった事から、転生した彼を今度こそ幸せにするため(それが正式な天使への昇格試験)。また、湖太郎と初めて会った時のセリフ「私とつきあってください!!」も、特徴的な口調も、すべて小太郎との逢瀬に起因する。
アニメ版では、湖太郎の前世にかかわるエピソードが一切ないため、美紗の最初のセリフも口調も単なる謎のセリフになってしまっている。また、なぜ湖太郎を幸せにしようとしているのかも最後まで謎のままである。
原作では最後は自立を望む湖太郎の意思を汲み取って湖太郎の前(視界)から姿を消す。その後、一人前の天使になれた模様。
アニメ版では消滅して忘れ去られた紫亜を救うために「記憶を取り戻す魔法」を使って消滅。その後、早紗の計らいにより見習い天使に降格して(紫亜の消滅が天使試験の課題だったため、一度は昇格した)再び湖太郎の元へ戻って来る。その時のセリフは「また私と付き合ってくださいっス!!」だった。
原作では美紗が天使であることは湖太郎の友人には最後まで秘密のままであったが、アニメ版では第三話で湖太郎、小星、天にばらしてしまっている。
ちなみに、第一巻で「母に頼ってばっかのダメな娘で〜」というセリフがあったが、最後までその「母」は登場せず、登場する美紗の身内は姉の「早紗」のみである。
アニメ版では完全な主役であり、キャスト欄も湖太郎ではなく彼女が一番上になっている。
紫亜(しあ)
声 - ゆかな
本作のもう一人のヒロインで、魔界からやって来た見習い悪魔。悪魔なのに白い服を着ていて、とても心優しい。おっとりしていて家庭的で少々天然だがミステリアス。天使である美紗とは正反対の性格。丁寧な口調で、口癖は「はぅ〜。」
かなり悪魔の力が弱っており、物語初期では力を増幅するための杖を持っていたが、美紗の天使の力によって先端の球が半分に砕かれ(アニメでは完全に砕かれた)、美紗から相反する天使の命の力を注ぎ込まれさらに弱っている。その後、美紗の部屋に転がり込み、綾小路天の紹介で、天の親戚が経営する喫茶店tricotでウェイトレスのバイトを始める(原作では湖太郎達の指導でデタラメな履歴書を書いたりしていたが、アニメでは天が話を通した事で即採用となっている)。アニメ版ではいつも湖太郎と美紗にお弁当を渡しており、このお弁当は天によくつまみ食いされる。
過去に魔界の事故に巻き込まれ、人間界に迷い込み記憶を失って、米屋に拾われ、うわ言で本名の「しあ」とつぶやいていた事から志摩と名付けられた。そして湖太郎の曽祖父となる太郎と仲良くなり、米屋が暴動で襲撃され行方がわからなくなるも、数年後に芸妓となって再会、妾としてもらわれていく事になっていたが、関東大震災を機に駆け落ちして小太郎と志乃という二人の子をもうけた。つまり、紫亜は湖太郎の曽祖母である。
体が弱ってニャーが魔界に連れ帰りに来た際に、人間界での記憶を消されたため志摩としての記憶は失ったが、太郎との再会の約束の記憶は完全には消え去らず、何を探したいのか思い出せずにその何かを探しに人間界を訪れた。
原作では上記のとおり「探し物をするため」に人間界に来ており、湖太郎の命を吸い取るなど悪魔らしいところを見せていたが、アニメ版では上記の設定は一切無く、修業のために人間界に来ている見習い悪魔ということになっている。悪魔らしさなど微塵もなく(早紗ですら悪魔の気配を全く感じ取れない程)、物を浮かせたりする程度の力しか持たない。テレポートは可能だが、ほんの数メートルしか移動できず、無理に長距離を跳ぶと貧血で倒れてしまう。しかも体力もない。また、「見習い悪魔」であることが強調されていたり、天然色が強いキャラクターになっているなど、他のキャラクターと同様に原作との相違点が多い。11話で湖太郎や天達にあっさりと自分が悪魔である事を明かしたり、薫に悪魔かと聞かれて「はい」と笑顔で答えたりなど、美紗と同様に自分の正体を隠そうとしない。
原作では太郎の葬儀の後に命が尽き、湖太郎の前で息を引き取る。亡骸はニャーが魔界に持ち帰った。
アニメ版では終盤に(あまりの悪魔らしくなさから)見習い悪魔をクビになり、自身もそれを受け入れて消滅、同時に皆に忘れ去られてしまう。しかし早紗曰く、天使も悪魔も人が想う事によって存在出来るらしく、美紗の「記憶を取り戻す魔法」によって思い出され、復活する。その後も美紗の部屋にニャーと住み、湖太郎と共に美紗の帰りを信じて待つが、その直後に美紗は帰って来る事になる。
料理や掃除など家事はとても得意だが、ひらがな以外の読み書きがほとんどできない。常識はずれな一面もあり、仕事を探す際に、「なにかできます。」「ごはんとかできます。」と書かれた看板を提げ路上に立つ、など時々不思議な行動をとる。また、原作ではカメラで写真を撮られると必ず目をつぶってしまう。カメラで魂を吸い取られるという迷信を信じているらしい。
植松 小星(うえまつ こぼし)
声 - 釘宮理恵
湖太郎のクラスメイトで、幼馴染。強気な性格。湖太郎のことが好きで、美紗から湖太郎を守ろうとする。美紗が湖太郎に抱き付くたびに引き離している。なぜか猫耳をつけているが、原作の終盤で付け耳であったことが明らかになる。
小説版第一巻によると、湖太郎と出合ったのは幼稚園時代で、そのころから湖太郎のことを好きになっていた。
アニメ版では強気な性格に加え、アクティブな部分が追加されている。湖太郎を好きになったのは、幼稚園時代に滑り台で転んで泣いていた時に湖太郎に手を差し伸べられたのがきっかけである。しかし実際の当時の彼女はいじめっ子から湖太郎を守ったり、大食い大会や相撲大会で活躍した、男の子顔負けの凄まじい幼稚園児であった。なぜか本人はその記憶の一切を無意識のうちに封印し、自分をか弱い女の子と思い込んで滑り台の思い出を宝物としていた。湖太郎に優しく手を差し伸べられた件の真相も、その時は風邪を引いていたから労わって貰っていたとの事。
湖太郎にくっつく美紗を迷惑に思っているが、嫌っている程ではなく、むしろ彼女の容姿や大胆さに憧れている。
綾小路 天(あやのこうじ たかし)
声 - 斎賀みつき
湖太郎のクラスメイト。愛称は「テンちゃん」。
全国模試で一位になるほどの秀才で、クラスの女子にも好かれているが、陰で努力する様子を隠していたり、家庭の事情(父が長期入院しているため経済的に苦しく、合格確実と言われている難関私立中に進学できない)を表に出さないようにしているため、妬みを受ける事も多い。
原作では、紫亜に思いを寄せていたが、物語終盤で本当は小星のことが好きであることが判明する。(明言されるのは原作八巻で、それ以前にもそれをほのめかせるシーンがあった)
アニメ版では家庭の事情は特に描かれない。また、小星にちょっかいを出したりはするものの、実際は紫亜だけに思いを寄せていて、結構いい感じになっていた。一度は紫亜が悪魔である事を知って思い悩むが、自分が天使である事を全く意識せず人間の湖太郎にくっつく美紗の姿を見て、最終的に種族は関係ないと悟る。
ニャー
声 - 冬馬由美
紫亜がいつも連れている黒猫。その正体は、紫亜のお目付け役の悪魔。実際は美青年の姿をしている。名前を聞かれて鳴き声で答えたためにニャーと呼ばれる(アニメ版では美紗が勝手にそう呼んだため。その後は何故か紫亜にもニャーと呼ばれるようになる)。
原作では、後半になって人型の姿を見せる。小説版第三巻で「クラウス・ローゼンバーグ」という本名が明かされた。原作6巻のあとがきでは、原作者のコゲどんぼはニャーの本名について「考えつかないんで、うすぼんやりとごまかしていた」と述べている。
志摩を見守り記憶を消して連れ帰った。そのため紫亜の探し物が何であるかも知りながら同行している。同族の命は格別の栄養源となるため、紫亜の命が尽きる前に湖太郎の命を吸い取って生き永らえるように奨めている。
アニメ版では最後まで本来の姿を見せる事はなく、性格もかなり違っていた。原作では冷たい感じの性格であるのに対し、アニメでは紫亜の教育係およびツッコミ役としての性質の強い性格となっている。紫亜の悪魔らしくなさに苦悩するが、紫亜を復活させるために記憶を取り戻す薬を調合したり、妨害する早紗と死闘を繰り広げたりと優しさも見せている。挙句、紫亜が消滅した後は悪さをする気にもなれず、そのまま普通の猫となって余生を過ごす事すら考えていた。また、当初は紫亜以外には猫として振舞っていたが、紫亜が自分の正体を明かしてからはいつの間にか湖太郎と美紗の前では普通に言葉を発している。
御手洗 大(みたらい ひろし)
声 - くまいもとこ
湖太郎のクラスメイト。御手洗家の御曹司。私立校に通っていたが、全国模試で天に勝てない悔しさから天・湖太郎と同じクラスに転校してきた。天をライバル視しているが、相手にされていない。美紗に一目ぼれし、それ以来美紗を想っている。武道、茶道、陰陽道を究めている。そのため霊感が強いらしく、美紗を天使と言い(比喩的な意味合いとも解釈できるが)、紫亜を物の怪(=悪魔)だと即座に見破った。
通称「ダイちゃん」。この名前(御手洗と大)のために綾小路天から「ウンコ」呼ばわりされることもある。
アニメ版では、天からの呼び名は「御手洗」となっていた。(ただし、一度だけ天から「何が御手洗だ!このトイレ男!」と言われている)
御手洗 薫 (みたらい かおる)
声 - 野川さくら
大の妹。一途な性格で、天に一目惚れしている。天にちょっかいを出そうとする大を力づくで阻止することもしばしば。薙刀使いで、地面を割るほどの破壊力を持つ。
頭にメジャー状の髪飾りをつけている。忍びの配下を従えている。
早紗(さしゃ)
声 - 岡村明美
美紗の姉で免許のある正式な天使。通称「さっちゅん」。というか自分でそう名乗っている。小太郎の事件で塞ぎこんでいた美紗を、なかば強引に社会復帰させた。その後は美紗の天使昇格試験をサポートするため下界に降臨し、湖太郎を「試験の邪魔になる」と言って排除しようとする。天界でも一目置かれており、誰も逆らえないという。
アニメ版では美紗の様子を見に来たり、美紗の試験官を務めるために降臨。湖太郎に天使である自分の姿が見えたり、美紗が紫亜と同居している事などの予期せぬ事態には「(下界は)ストレンジワールドだわ」と大騒ぎし、湖太郎に「よく驚く人だなぁ」と言われた。「誰かが困っているビーム」を受信し、ついつい人助けをしてしまう。また、ニャーとは犬猿の仲となり、顔を合わせる度に喧嘩している。
てるてる坊主風の髪飾りをつけている。
湖太郎の父
声 - 檜山修之
子想いではあるが、仕事で家を空けていることが多い。また湖太郎の母は事故で他界しているため、湖太郎はほぼ一人暮らし状態。
湖太郎の曽祖父の家では、亡き妻の実家にあたるため何かと気を使う模様。
紫乃(しの)
声 - 川田妙子
湖太郎の母方の従妹。母親は他界しており、父親は病気で入院しているため湖太郎の家で面倒を見ることに。
悪魔の血が流れているため霊感があり、悪魔に近づくと頭痛がするため紫亜を避けている。
語尾に「〜ぅ」をつけるという、独特な口調でしゃべる。
原作では、引っ込み思案ではにかみやな性格。アニメ版では、かなりやんちゃな性格に変更されている。しかし口調は忠実に再現されている。
太郎(たろう)
原作にのみ登場する人物。湖太郎の母方の曽祖父で、小太郎の父親。志摩(昔の紫亜)と仲良くなるも生き別れになり、茜という許嫁がいたが、学校も辞めて、志摩と駆け落ち同然の田舎暮らしをして、小太郎と志乃という二人の子をもうけた。
原作開始時点では老齢ながら存命で、毎年りんごを大量に送っていたが、原作終盤で他界。最期まで紫亜を待ち続けていたが、再会は叶わなかった。
紫乃から見ても曽祖父であるが「おじいちゃん」と呼ばれている。
アニメ版には登場しないが、第二話で湖太郎が「田舎のじいちゃんから箱一杯のりんごが届いてさ」と言うシーンがある。
小太郎(こたろう)
原作にのみ登場する人物。樋口湖太郎の前世にして大伯父。幽霊が見えるためにその存在を語ったり、他人に迫る「死」が見えたため出兵する若者の死を予言したりしたために、不吉な存在として村八分に遭っていた。そのような身体である自分を呪っていたが、天使・美紗の姿を見る事ができるのもその力のためであり、唯一の救いだった。
しかし美紗が天界に帰ることになり、後を追おうとして湖に入水して死亡。それが原因で、美紗は黒い服を着せられ、人間に触れられるほど低級な存在になってしまった。
志乃(しの)
原作にのみ登場する人物。小太郎の妹で、湖太郎の母方の祖母。故人。
湖太郎の母、紫乃の母、湖太郎の叔母、の3人姉妹をもうけた。
一ノ瀬 葵
小説版2巻のみの人物で、大の幼馴染。大より一つ年上で、中学一年生。大からは「あおちゃん」と呼ばれている。
両親の離婚により、父親とニューヨークへ行くことになった。

アニメ[編集]

2002年4月7日から9月26日テレビ大阪製作・テレビ東京系6局で放送(関西の独立U局3局、そのほか系列外7局でも主に深夜に遅れネットで放送)、後にAT-Xでも放送された。全26話。

日本国外では、香港で「天使・愛・美紗」(ただし、DVDは単行本と同じ「迷糊天使」)のタイトルで放送された他、ブラジルなど中南米でもCSのアニメ専門チャンネルで放送されたが、英語圏では今のところ放送・DVD発売ともされていない。

また、小学館幼稚園でも女児向けキャラクターとして連載された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Wake Up Angel ~ねがいましては∞(無限)なり~」
作詞・作曲 - UCO、吉見 / 編曲 - Funta、深澤秀行 / 歌 - Funta
エンディングテーマ「ちいさなまほう」
作詞 - 谷口正明 / 作曲・編曲 - 七瀬光 / 歌 - 沢城みゆき

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 天使とのつきあい方 面出明美 佐藤雄三 中原清隆 2002年
4月7日
2 おいしいアップルパイの作り方 川瀬敏文 奥村吉昭 権允姫 4月14日
3 きもだめしの楽しみ方 佐藤雄三 山田雄三 南伸一郎 4月21日
4 楽しい温泉の入り方 小林靖子 中村賢太郎 磨積良亜澄 野口和夫 4月28日
5 アルバイトの探し方 ふでやすかずゆき 駒井一也 赤尾良太郎
南伸一郎
5月5日
6 新しいともだちの迎え方 ときたひろこ 木村隆一 中原清隆 5月12日
7 いたずらの仕方 江夏由結 中野新道 松園公 相坂直紀 5月19日
8 ライバルとの戦い方 杉原研二 蔭山康生 富沢信雄 馬場健 5月26日
9 天使の見つけ方 ときたひろこ ひいろゆきな 山田雄三 金相燁 6月2日
10 上手な仲直りの仕方 江夏由結 佐藤真二 安田好孝 6月9日
11 素敵なダンスの誘い方 ふでやすかずゆき 空廻稔
ひいろゆきな
溝渕康人 森下真澄
中原清隆
赤尾良太郎
6月16日
12 ガラクタの集め方 小林靖子 新留俊哉 高橋丈夫
宍戸淳
李時旼
広田知子
6月23日
13 お城の歩き方 ときたひろこ 木村隆一 南伸一郎 6月30日
14 しあわせの感じ方 平田豊 大西景介 桜井木ノ実 7月7日
15 遊園地のあそび方 江夏由結 増田敏彦 古谷渓一郎 宮本佐和子 7月14日
16 下界の歩き方 ときたひろこ 青山浩行 馬場健 7月21日
17 休日の楽しみ方 江夏由結 新留俊哉 岡崎幸男 玉井公子 7月28日
18 バカンスのすごし方 ふでやすかずゆき 佐藤雄三 磨積良亜澄 坂井久太 8月4日
19 見習い天使のがんばり方 小林靖子 青山浩行 古谷渓一郎 馬場健 8月11日
20 なくしたものの見つけ方 杉原研二 プリンちゃん 桝井剛 金相燁 8月18日
21 女の子のがんばり方 ときたひろこ 田中敦子 古谷渓一郎 宮本佐和子 8月25日
22 運動会の燃え方 ふでやすかずゆき
小林靖子
佐藤真二 太田雅彦 中原清隆
森下真澄
9月1日
23 ハイキングの楽しみ方 杉原研二
小林靖子
松尾衡 阿部純子
北野幸広
9月8日
24 お見舞いの行き方 江夏由結 新留俊哉 岡崎幸男 玉井公子 9月15日
25 お別れの仕方 ときたひろこ ひいろゆきな 関田修 岩井優器
飯飼一幸
斎藤和也
9月22日
26 想いのつなぎ方 小林靖子 佐藤雄三 坂井久太 9月29日

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 放送日 放送日時 放送区分
大阪府 テレビ大阪 2002年4月7日 - 9月29日 日曜 9:30 - 10:00 テレビ東京系
関東広域圏 テレビ東京
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
岡山県香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
和歌山県 テレビ和歌山 2002年4月13日 - 10月5日 土曜 9:30 - 10:00 独立UHF局
熊本県 熊本朝日放送 土曜 深夜1:00 - 1:30 テレビ朝日系列
石川県 石川テレビ 土曜 深夜2:30 - 3:00 フジテレビ系列
奈良県 奈良テレビ 2002年4月15日 - 10月7日 月曜 17:30 - 18:00 独立UHF局
愛媛県 南海放送 月曜 深夜1:55 - 2:25 日本テレビ系列
長野県 長野放送 2002年4月16日 - 10月8日 火曜 深夜1:10 - 1:40 フジテレビ系列
新潟県 新潟テレビ21 火曜 深夜1:41 - 2:11 テレビ朝日系列
広島県 広島ホームテレビ 2002年4月17日 - 10月9日 火曜 深夜1:25 - 1:55
滋賀県 びわ湖放送 2002年4月19日 - 10月11日 金曜 7:30 - 8:00 独立UHF局
宮城県 東日本放送 2002年4月20日 - 10月12日 土曜 深夜2:45 - 3:15 テレビ朝日系列
日本全域 AT-X CS放送

ラジオ[編集]

ぴたぴたエンジェル♪
ぴたぴたエンジェル♪A
  • 放送局:ラジオ大阪、文化放送他
  • 放送期間:2002年10月 - 2003年3月
  • パーソナリティ:田村ゆかり、新谷良子

関連商品[編集]

既刊一覧[編集]

コミックスは日本だけでなく米国イギリスドイツフランス韓国香港台湾タイでも刊行されている。

電撃コミックス
  1. 2000年4月初版 ISBN 4-8402-1528-6
  2. 2000年10月初版 ISBN 4-8402-1692-4
  3. 2001年4月初版 ISBN 4-8402-2202-9
  4. 2001年10月初版 ISBN 4-8402-1984-2
  5. 2002年4月初版 ISBN 4-8402-2110-3
  6. 2002年10月初版 ISBN 4-8402-2222-3
  7. 2003年4月初版 ISBN 4-8402-2367-X
  8. 2003年9月初版 ISBN 4-8402-2480-3
ぴたテン 公式コミックファンブック(アンソロジー
  1. 2002年3月初版 ISBN 4-8402-2089-1
  2. 2002年6月初版 ISBN 4-8402-2133-2
  3. 2002年9月初版 ISBN 4-8402-2209-6
電撃G's文庫
落合ゆかり・著。表紙:コゲどんぼ、本文挿絵:山口りな
  1. ちょっと昔の過ごし方 2002年4月初版 ISBN 4-8402-2082-4
  2. 大切な人の守り方 2002年8月初版 ISBN 4-8402-2184-7
  3. さよならの伝え方 2003年2月初版 ISBN 4-8402-2202-9
ムック
2004年1月初版 ISBN 4-8402-2542-7

CD[編集]

全てランティスより発売。

シングル[編集]

  • ちいさなまほう(2002年5月22日、LACM-4054)
    歌:湖太郎(沢城みゆき)
    1. ちいさなまほう
    2. TROUBLE ANGEL
    3. ちいさなまほう(off vocal)
    4. TROUBLE ANGEL(off vocal)
  • 幸せになるといいな!(2002年5月22日、LACM-4059)
    歌:美紗(田村ゆかり)
    1. 幸せになるといいな
    2. うれしい空の飛び方
    3. 「おはようっス 美紗っス」
    4. 幸せになるといいな(off vocal)
    5. うれしい空の飛び方(off vocal)
  • 予感(2002年6月26日、LACM-4063)
    歌:紫亜(ゆかな)&ニャー(冬馬由美)
    1. 予感
    2. なつかしい宝物
    3. 「紫亜です。趣味は……趣味は-」
    4. 予感(off vocal)
    5. なつかしい宝物(off vocal)
  • Sigh,Sigh.(2002年6月26日、LACM-4062)
    歌:小星(釘宮理恵)
    1. Sigh,Sigh.
    2. 小さな願い
    3. 「マイネーム イズ 小星・植松!」
    4. Sigh,Sigh.(off vocal)
    5. 小さな願い(off Vocal)

サウンドトラック[編集]

  1. TVアニメーション「ぴたテン」サウンドトラック 幸せ音楽会 Vol.1(2002年7月24日、LACA-5114)
    劇伴の作曲・編曲:七瀬光
    1. 天使の朝
    2. 湖太郎、いつもの毎日
    3. 天使の飛翔
    4. わいわいで行こう
    5. 湖太郎と美紗
    6. 天使のラグタイム
    7. 回想
    8. いつも大あわて
    9. どっきりな事
    10. ちぐはぐな関係
    11. 大ちゃん登場
    12. ちいさなドキドキ
    13. うれしい思いやり
    14. 薫がゆく!
    15. 天使のスキップ
    16. 楽しくて毎日
    17. めでたし
    18. 次回は...
    19. Wake Up Angel〜ねがいましては∞(無限)なり〜(TV Ver.)
      歌:Funta
    20. ちいさなまほう(TV Ver.)
      歌:湖太郎(沢城みゆき)
  2. TVアニメーション「ぴたテン」サウンドトラック 幸せ音楽会 Vol.2(2002年10月23日、LACA-5129)
    全作曲・編曲:七瀬光
    1. 天使の奮闘
    2. 走る走る
    3. 夢の世界
    4. 穏やかな関係
    5. 紫亜がほんのり
    6. 紫亜的めでたし
    7. 紫亜のお手伝い
    8. みんな元気
    9. がんばる女の子
    10. 幼い思い出
    11. 不安と思案
    12. 小星の妄想
    13. 逃げるぞぉ...
    14. 心で思っていること
    15. きもだめし
    16. なかよし
    17. 妄想へと...
    18. 静かな思いやり
    19. リゾートだ
    20. 小さな夢
    21. 日本の夏
    22. 静的描写
    23. 想いがはやる
    24. 熱い特訓
    25. 元気な朝
    26. 気まずい空気
    27. さらに深刻に...
    28. 紫亜、美紗別れの予感
    29. 紫亜との別れ
    30. 消えるということ...
    31. 天使のハッピーエンド
    32. 今日のお話は...
    33. アイキャッチ-1
    34. アイキャッチ-2

アルバム[編集]

  • TVアニメーション「ぴたテン」イメージアルバム わいわいで行こう(2002年10月2日、LACA-5120)
    1. ドラマ「がんばった人へのがんばり方」
    2. うきうき☆タラッタ
      歌:美紗(田村ゆかり)
    3. ドラマ「教育指導の仕方」
    4. 予感(ショートサイズver.)
      歌:紫亜(ゆかな)&ニャー(冬馬由美)
    5. ドラマ「おとなり天使の探り方」
    6. Sigh,Sigh.(ショートサイズver.)
      歌:小星(釘宮理恵)
    7. ドラマ「兄妹対決の仕方」
    8. 薫のミラクル・スパイラル・ラブ!
      歌:薫(野川さくら)
    9. ドラマ「おなじところの見つけ方」
    10. TROUBLE ANGEL(ショートサイズver.)
      歌:湖太郎(沢城みゆき)
  • TVアニメーション「ぴたテン」ヴォーカルアルバム 天使たちの合唱会(2003年1月22日、LACA-5134)
    1. Wake up Angel〜ねがいましては∞(無限)なり〜
      歌:Funta
    2. うきうき☆タラッタ
      歌:美紗(田村ゆかり)
    3. Sigh,Sigh.
      歌:小星(釘宮理恵)
    4. TROUBLE ANGEL
      歌:湖太郎(沢城みゆき)
    5. 幸せになるといいな!
      歌:美紗(田村ゆかり)
    6. 予感
      歌:紫亜(ゆかな)&ニャー(冬馬由美)
    7. コズミック・ダイビング
      歌:美紗(田村ゆかり)&湖太郎(沢城みゆき)
    8. 薫のミラクル・スパイラル・ラブ!
      歌:薫(野川さくら)
    9. なつかしい宝物
      歌:紫亜(ゆかな)
    10. うれしい空の飛び方
      歌:美紗(田村ゆかり)
    11. 小さな願い
      歌:小星(釘宮理恵)
    12. ちいさなまほう
      歌:湖太郎(沢城みゆき)

DVD[編集]

バンダイビジュアルより発売。全巻とも通常版の他に限定版「フィギュアスペシャル」が有る。

※以下の商品番号は通常版。

  • ぴたテン 1 (BCBA-1156)
  • ぴたテン 2 (BCBA-1167)
  • ぴたテン 3 (BCBA-1158)
  • ぴたテン 4 (BCBA-1159)
  • ぴたテン 5 (BCBA-1160)
  • ぴたテン 6 (BCBA-1161)
  • ぴたテン 7 (BCBA-1162)
  • ぴたテン 8 (BCBA-1163)
  • ぴたテン 9 (BCBA-1164)

外部リンク[編集]

テレビ東京 日曜9:30のアニメ枠(テレビ大阪制作)
前番組 番組名 次番組
ぴたテン