てるてる坊主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
てるてる坊主

てるてる坊主(てるてるぼうず)とは、日本風習の一つであり、またこの風習をテーマにした童謡の題名でもある。  

風習としてのてるてる坊主[編集]

てるてる坊主は、白い布や紙などをくるんだ人形である。これを正立させた状態で軒先などに飾ると、明日の天気晴れになると言われている。「てるてる法師」、「てれてれ坊主」、「日和坊主(ひよりぼうず)」など地域によってさまざまな呼称がある。

一部地域などでは逆に倒立させた状態で飾ると、明日の天気がになると言われている(「ふれふれ坊主」「あめあめ坊主」「るてるて坊主」と言われる)。またてるてる坊主に「顔を描くと」雨になるとする。

起源[編集]

日本では、江戸中期既に飾られていたようである。この頃は現在と異なり折り紙のように折って作られるもので、より人間に近い形をしており、その形代を半分に切ったり、逆さに吊るして祈願した。19世紀はじめの『嬉遊笑覧』には、晴天になった後は、瞳を書き入れて神酒を供え、川に流すと記されている。

『日本国語大辞典』によると、江戸時代の文献では「てり雛・てり法師・てりてり坊主・てるてる・てるてる法師・てるてる坊主・てれてれ法師」など、さまざまに呼ばれていた。

類似の風習として、中国には箒を手にした切り紙の人形である掃晴娘があり、これと日本のてるてる坊主との類似はすでに江戸時代の榊原篁洲『榊巷談苑』で指摘されている[1]。また、ヘボン和英語林集成』は「TERI-TERI-BŌZU」に「掃晴娘」の字をあてている。掃晴娘は文献上初の李俊民の「掃晴婦」詩に見えるのが古い。『燕京歳時記』にも見え[2]、20世紀はじめまでは一般に見られる習俗だったようだが、現在は知らない人が多く、むしろ日本から伝わったてるてる坊主の方が知名度が高い。

蜻蛉日記』下巻に「今日かかる雨にもさはらで、同じ所なる人ものへまうでつ。さはることもなきにと思ひて出たれば、ある者『女神にはきぬ縫ひて奉るこそよかなれ。さしたまへ』と寄り来てささめけば『いで試みむかし』とて、縑(かとり)の雛衣(ひひなぎぬ)三つ縫ひたり。」とあるのを、掃晴娘に関係づけるむきもある[要出典]

童謡『てるてる坊主』[編集]

作詞浅原六朗(号:鏡村)、作曲中山晋平による同名の童謡がある。1921年大正10年)『少女の友』に発表され、教科書にも掲載されていた。

最初に発表されたときには4番まであり、その1番は「雨なら共に泣こう」という内容の歌詞がついていたが、後に削除された。

1976年のイタリアの国際児童音楽祭「第18回ゼッキーノ・ドーロ」では、この歌が「Teru terubozu」という題名でイタリア語詞を施され出場している[3]。イタリア語詞はフランコ・マレスカ (Franco Maresca)、歌唱は日本人出場者の粟国淳。同回ゼッキーノ・ドーロの国外曲部門で部門優勝に相当するゼッキーノ・ダルジェントを受賞した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 榊原篁洲『榊巷談苑』(国会図書館近代デジタルライブラリー)「此国の女ばらの、雨ふりて止ざるときに照法師といふものつくりて、晴をいのることにする、唐国にては帚晴娘といふ(後略)」
  2. ^ 富察敦崇『燕京歳時記』(1906)「六月乃大雨時行之際。凡遇連陰不止者、則閨中児女剪紙為人、懸於門左、謂之掃晴娘。」
  3. ^ http://www.filastrocche.it/leggi.asp?idContent=9568&novita=&iniziale=