新潟テレビ21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 新潟テレビ21
The Niigata Television Network 21, Inc.
JOUX-TV.JPG
新潟テレビ21本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 UX
本社所在地 日本の旗 日本
951-8521
新潟市中央区下大川前通六ノ町2230-19
設立 1983年3月7日
業種 情報・通信業
事業内容 放送事業(テレビ朝日系列)
代表者 代表取締役社長 玉知夫
資本金 10億円
売上高 56億6400万円(2011年3月期)
主要株主 株式会社テレビ朝日(17.6%)
株式会社朝日新聞社(15.5%)
主要子会社 株式会社UXビジョン
テンプレートを表示
新潟テレビ21
英名 The Niigata Television Network 21, Inc.
放送対象地域 新潟県
ニュース系列 ANN
番組供給系列 テレビ朝日ネットワーク
略称 UX/UXTV
愛称 テレビ21
新潟21
呼出符号 JOUX-DTV
呼出名称 にいがたテレビ21デジタルテレビジョン
開局日 1983年10月1日
本社 〒951-8521
新潟県新潟市中央区下大川前通六ノ町2230-19
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 5
デジタル親局 新潟 23ch
アナログ親局 新潟 21ch
ガイドチャンネル 21ch
主なデジタル中継局 #デジタルテレビ参照
公式サイト http://uxtv.jp/
テンプレートを表示

株式会社新潟テレビ21(にいがたテレビにじゅういち、The Niigata Television Network 21, Inc.)は、新潟県放送対象地域としてテレビジョン放送をする特定地上基幹放送事業者である。

正式名称は株式会社新潟テレビ二十一、略称は2006年7月31日まではNT21(エヌティーにじゅういち)、同年8月1日から、CI導入に伴いUX(ユーエックス)に変更した(一部UXTVまたはuxtvという表記もあり)。コールサインJOUX-DTVANN系列。

概要[編集]

新潟県内4番目の民間放送テレビ局として1983年(昭和58年)10月1日に開局。県内の民放局では最後発となる。またテレビ朝日系マストバイ局では、前年の1982年10月1日に開局した鹿児島放送(KKB)に続いて12局目で、昭和時代最後の開局である。

本社は、柳都大橋の西詰め、たもとにある。同所は、かつて佐渡汽船新潟港ターミナルがあった場所(佐渡汽船は1981年、信濃川対岸の万代島に移転)。開局当初の社屋は2階建てだったが、その後一部増築されている。また県内のテレビ局で唯一、新潟駅万代口を真正面から情報カメラで撮影できる場所に位置しており、カメラからは万代口の屋上に掛かる青い「新潟駅」のサインを見ることが出来る。2004年10月23日に発生した新潟県中越地震の際には、新潟駅を映しながら揺れるカメラの映像が全国ネットで伝えられた。

社名(局名)は、当初「新潟テレビ」という案もあったとされるが、先発局の「テレビ新潟(正式名称は「テレビ新潟放送網」)」と混同されるおそれがあり、ひとつのアクセントとして「21」が付けられたとされている。 社名(局名)の「21」はアナログ放送のチャンネル番号に由来している。一部では「21世紀」という意味合いを持たせていると誤認されているが、21世紀とは直接関係ない[1]。開局当初の略称は前述の通り「NT21」。英称「Niigata Television Network 21」の頭文字から取った[2]

開局にあたって、イメージソング「いとしのキャサリン」(作詞:秋元康、作曲:松尾一彦、歌:CoCo)が制作された。この曲を歌っていたCoCoは、男性のボーカルグループである[3]。試験放送では、モノスコープやカラーバーなどテストパターンの映像のBGMとして、この「いとしのキャサリン」がエンドレスで演奏されていた。また開局前には、新潟市の古町万代シテイなど県内の繁華街で開局をPRするキャンペーンを実施、ノベルティグッズのプレゼントなどが行われた。10月1日の本放送開始後には、この「いとしのキャサリン」を収録したカセットテープの視聴者プレゼントも行われた[4]

通常、地方局の開局にあたっては親会社であるキー局(この局の場合はテレビ朝日)や新聞社(この局の場合は朝日新聞社)が主体となるが、NT21の開局にあたっては、地元の政財界関係者もかなり注力したといわれている。これはテレビ朝日の設立母体の一つである東映の創業者・大川博が新潟県西蒲原郡中之口村(現・新潟市西蒲区)出身であったこと、新潟県が民放テレビの4局化を達成すれば、当時本州日本海側の県では初のケースとなること等が背景にあったといわれている。NT21の初代社長に、当時新潟商工会議所の会頭を務めていた、新潟臨港海陸運送(現リンコーコーポレーション)社長の大久保政賢が就任したことからも、それが窺える(大久保に社長就任を勧めたのは田中角栄らであるという証言もある)。しかしながら地方都市に4局は当時から既に過当状態であり、後発の弱みで開局時から今日まで経営成績の面では常に最下位である。

UXは2001年4月より、環境キャンペーン「Team ECO ~自然派宣言」を実施しており、植物の葉の形で「eco」の文字を表した「Team ECO」のロゴを放送・広告などで幅広く使用している。「Team ECO」は環境保護・改善を訴える啓蒙活動を中心としたもので、県内の行楽地・景勝地でゴミ拾いなどを行う視聴者参加型イベント「Team ECO Work!」、佐渡島トキが野生復帰するための環境整備をサポートする「ときプロジェクト」など、県内各所で活動を行っている。2004年11月22日に県内の放送局で初めて環境マネジメントシステムISO14001」の認証を取得した他、本社正面ロータリー内には、太陽電池パネルを備えた風力発電機(最大出力1.56kw)を設置、社内で使用する一部の電力を賄っている。

2006年8月1日、これまでの略称「NT21」から、CI導入に伴ってコールサインに因む「UX」に変更した。これは同年10月に同局で地上デジタル放送が開始されて、その後2011年7月以降、地上デジタル放送に一本化され、アナログ時代の親局である21chは最終的に淘汰されるための措置である。地上デジタルの場合、UXに割り当てられたチャンネルが23ch、リモコンキーIDが5であり、略称と送信環境との間に整合性がなくなることが、略称変更の大きな要因となった。なお、。また、「UX」にはコールサインを表す他に、それぞれのアルファベットにも意味を持たせており、「U」は「You=あなた・視聴者」、「X」は「未知・無限・進化・交流・発信・可能性・双方向」などを表している[5]。またNT21がUXに愛称を変更したため、2006年8月現在で親局のチャンネル番号を愛称に使用している局は存在しなくなった。また、デジタル放送のリモコンキーID番号を正式な略称の一部として採用している局も現時点ではない。

2010年4月3日、新潟市中央区の「LEXN」にサテライトスタジオ「LEXN STUDIO(UXレクスタ)」をオープンさせる。そのこけら落としとして、同日13時55から1時間、「春のUX全部見せます~レクスタ誕生!新番組も始まるよSP~」を生放送した際に、新しい局のキャラクターとして「ゆぅちゃん・ゴーちゃん」が初登場。

地上デジタル放送[編集]

地上デジタル放送は、総務省の計画に基づき、テレビ新潟と同じ2006年10月1日に開始した。同局がサイマル試験放送を始めた時には、「Team Eco」を初めとする同社のキャンペーン、イベント、催物の宣伝のほとんどがハイビジョン化されていた。翌年の夏以降、ハイビジョン制作に於いては、同局はテレビ朝日系列の地方局では積極的な活動を行う局の1つとなった[6]

また、データ放送にも力を入れている。新潟県内の民放局では一時期、データ放送印刷サービスを常時行った事があり(テレビ新潟新潟放送は一部の番組放送中のみ実施経験、NHK新潟放送局新潟総合テレビでは全く行っていない)、また2010年2月9日から三条市で行われている、全国初の公共交通社会実験に協力をしている[7]。更に、2012年2月6日には、平日のレギュラー報道番組「全力LIVE」の新コーナー「新潟のみんなでソラをライブ」にて、県内ローカルテレビ局初の、インターネット回線経由を使ったデータ放送双方向機能の使用を開始した。

ロゴ[編集]

NT21 A-SAT中継車 拉致取材風景(柏崎市)

現在(2006年8月1日 - )は、イタリック体の「UX」を図案化した赤いロゴを使用している。開局当初から略称変更まで(1983年10月1日 - 2006年7月31日)は、赤色で大きく「21」と書かれた左下に、黄色い「NT」の文字を配したもの。しかし、デザインが煩雑であることから、速報テロップ等には、ブロック体で図案化した「NT21」というロゴも別途使用していた。後年は番組やイベントによって「NT21」のロゴデザインはまちまちになっており、使用するロゴは一定していなかった。

一方、「新潟テレビ21」の社名ロゴのデザインは変更されず、ほぼ一定のデザインのものを使用していた(ただし、同社のホームページでは局ロゴも社名ロゴも使われていなかった)。しかしUXに改称後は、「新潟テレビ21」のロゴが斜体の文字に変わった(デザインも直線的なデザインから曲線的なデザインになった)。

送信所・中継局ではUXロゴが書かれている一方、高田デジタル中継局・アナログ中継局ではNT21ロゴが残存している。

チャンネル[編集]

リモコンキーIDは5である。

テレビ朝日系列のリモコンキーID地図
地図上で赤が塗られている地域では5
地図上で青が塗られている地域では6である。

新潟県は、岡山・香川準広域圏等と同様に全てリモコンキーIDをキー局に合わせたため、UXはテレビ朝日に合わせて「5」となったが、新潟県で「5」はもともとJNN系列局のBSN(新潟放送)のアナログ親局で使用されていた。BSNは、リモコンキーIDがTBSテレビと同じ「6」となったため、日本の民放で唯一アナログ親局より大きな番号に後退した。なお、ANN系列でリモコンキーID「6」を使う局はアナログのチャンネルを引き継いだABCの他にメ~テレ(名古屋テレビ放送)とHTB(北海道テレビ放送)があり、メ~テレとHTBはそれぞれ先発他系列局がアナログ親局と同じ5chをリモコンキーIDに引き継がれたため「6」を獲得した(同様のケースとして、NNN・NNS系列のFBS(福岡放送)がリモコンキーID「5」を獲得している)[8]

  • 親局:23ch JOUX-DTV 弥彦送信所(出力:3kW)
  • 中継局
中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch
高田 39 津南 31 新井 49 守門 38 妙高高原 49
三川 49 津川 49 村上 33 村松 49 高柳 41
津南上郷 22 両津 38 外海府 34 関川 49 青海 31
小出 32 相川 34 湯沢 23 栃尾 49 川口 23
鹿瀬 23 大和 38 津南田中 23 六日町 38 高千 23
糸魚川大野 31 糸魚川早川 38 朝日 37 府屋 27 土樽 38
安塚 36 勝木 25 小千谷真人 39 中里 50 黒川 33
湯之谷 32 柿崎 34 松代 36 新発田赤谷 44 越路 43
鯖石 24 塩沢 31 新津 34 49 下相川 23
牛野尾谷 50 関川女川 38 津南中津 31 柏崎山口 32 中郷 52
宮古木 30

アナログテレビ放送[編集]

2011年7月24日停波時点

  • 送信所:21ch JOUX-TV 弥彦送信所(出力=映像:30kw 音声:7.5kw)
  • 中継局
中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch
高田 37 相川 36 小出 39 津南 53 村上 48 高柳 44
守門 57 関川 57 青海 39 三川 33 津川東 59 村上市府屋 39
村上市勝木 61 両津 40 高千 62 安塚 40 新井 61 村松 61
栃尾 62 塩沢 62 土樽 62 越路 61 新津 32 小千谷真人 58
川口 40 大和 62 黒川 62 津南中里 30 鹿瀬 38 村上市朝日 39
糸魚川早川 40 湯沢 40 糸魚川 37 津川 53 湯之谷 23 六日町 57
外海府 39 下相川 39 糸魚川大野 61 川口大島 51 妙高高原 34 津南田中 23
津南上郷 30 津南中津 37 柏崎鯖石 61 柏崎山口 39 関川女川 48

沿革[編集]

  • 1983年2月4日 テレビ放送の予備免許を取得。
  • 1983年3月7日 新潟テレビ二十一設立。
  • 1983年8月下旬 弥彦山送信所で試験電波送信(二重音声またはステレオ放送[9])。
    • 送信鉄塔はテレビ新潟と共用、送信アンテナは単独設置。
    • マスターは東芝製。送信機、マイクロ波設備はNEC製。
  • 1983年9月(24日?) テレビ放送の本免許を取得。
  • 1983年9月25日 サービス放送開始。
    • ソニー製のCMバンクが放送用として稼動開始。
    • 番組送出用VTR(1インチのみ)は日立製作所製。CM送出用VTR(1インチ)はソニー製(型番はBVH-2000)だった。
  • 1983年10月1日 新潟県で4番目・全国では101局目の民放テレビ局として開局、本放送を開始(メイン・スタジオ面積は60坪)。
  • 1983年12月4日 開局記念歌謡ショー「栄光のビッグヒット~競演!!日本列島北から南へ~」をステレオ放送で全国放送。
  • 1987年10月3日 ローカルの土曜朝の1時間番組『THE7』放送開始(ステレオ放送)。
  • 1988年8月15日 自社主催の大型ロックコンサート「ポップロケッツ'88」開催。
  • 1992年2月9日 自社制作番組『心はいつもノーサイド~北島忠治90歳~』を全国放送。
  • 1994年3月6日 10周年記念特別番組『語り継がれゆくもの~柏崎・綾子舞幻想行~』を全国放送。
  • 1995年4月17日 本社増築工事竣工。
  • 1995年9月4日 自社ローカル初のウィークデーの夕方ワイド番組『小野沢裕子のいきいきワイド』スタート。
  • 1998年4月1日 字幕放送開始。ステーションキャラクターとして“21世紀マン”を採用(2001年3月まで)。
  • 1999年2月28日 15周年記念特別番組『鼓童~地球を一本のロープでつなぐものたち~』を全国24局ネットで放送。
  • 2001年4月1日 環境キャンペーン「Team ECO」開始。
  • 2002年4月1日 『スーパーJチャンネルにいがた』スタート。
  • 2003年9月15日 送信アンテナをアナログ・デジタル共用のものに更新(新潟放送デジタルと共用、送信鉄塔は新潟放送と共用)。
  • 2005年6月10日 地上デジタル放送の予備免許を取得(新潟のNHK、他の民放テレビ3局も同時に取得)。[10]
  • 2005年10月1日 地上波デジタル放送の試験電波送信(弥彦送信所のみ)。送信機はNEC製。
  • 2005年10月25日 地上波デジタル放送の試験放送開始(弥彦送信所のみ)。
    • 試験放送では、放送素材は同一内容のもの(約10分)を繰り返し放送していた。それに当り、ハードディスクレコーダーから送信機に直結させて放送した。この方法は翌年6月1日のマスター更新時まで続いた。
  • 2005年11月1日 地上波デジタル放送の試験放送をフルパワーの3kWに増力する。
  • 2006年6月1日 マスターを東芝製のデジタル・アナログ統合型に更新(更新に伴い、この間は送信停止)。
  • 2006年8月1日 地上デジタルのサイマル試験放送開始に先立ち、CIを導入。局の略称をNT21からUXに変更。
  • 2006年8月7日 4時25分より、地上デジタル放送のサイマルサービス試験放送、データ放送及びワンセグの各試験放送開始。
  • 2006年9月1日10月8日 同局と同じ日に地上波デジタル放送の本放送を開始するテレビ新潟(TeNY)と共同で地上波デジタル放送開始のキャンペーンを実施。
  • 2006年9月25日 地上デジタル放送の本免許を取得(テレビ新潟も同日に取得)。[11]
  • 2006年10月1日 地上デジタル本放送開始(UHF23ch、出力3kW、コールサイン:JOUX-DTV、リモコンキーID5
  • 2007年6月9日 ローカル番組で、新潟ビッグスワンからJ1リーグ「アルビレックス新潟VSヴィッセル神戸」の模様をハイビジョンで生中継する(ハイビジョン生中継は同局初。それに関する中継機材をレンタルして生放送を実施した)。
  • 2007年7月9日 
    • 局舎のメイン・テレビ・スタジオがハイビジョン対応になり、『スーパーJチャンネルにいがた』がハイビジョン化される。(これに伴い、自社の報道番組の多くがハイビジョンで放送されるようになる。)
    • データ放送がリニューアルされる。
  • 2007年7月13日 全国高校野球選手権新潟大会(この年は第89回)の開催に伴い、デジタル放送のデータ放送が、その大会仕様のデザインに変更される。しかし、同月16日に新潟県中越沖地震が発生し、同月の18日頃には、同放送はその地震情報用のデザインに変更。更にその後の同月23日には、高校野球及び新潟県中越沖地震情報兼用に変更された(トップページは高校野球)。
  • 2007年7月31日8月1日 長岡市悠久山野球場から第89回全国高校野球選手権新潟大会の準決勝及び決勝をハイビジョン及び5.1チャンネルサラウンドステレオで生中継した(ハイビジョン中継車及びサラウンド関係機器はレンタルで賄う。5.1チャンネルサラウンド・ステレオ放送は、県内ローカル番組史上初。以後この番組の放送は、毎年ハイビジョン、サラウンド・ステレオ音声となる)。
  • 2007年10月8日 お天気表示画面がハイビジョン化する。
  • 2007年11月10日 『まるどりっ!』スタート。
  • 2008年6月 池上通信機製のハイビジョンSNGFPU中継システムを自社導入、稼動開始[12]。これにより、主に報道中継用等におけるローカルテレビ中継車でのハイビジョン運用を、設備をレンタルしなくてもできる様になった。(ただし、スポーツ中継等、大規模なローカルのハイビジョン番組については、引き続き、中継車等の設備をレンタルして放送を行う。)
  • 2009年3月30日 アナログ及びデジタル、ワンセグの全放送にてウォーターマークの表示が開始される。ウォーターマークの表示開始は、テレビ朝日系列放送局及び新潟県内の放送局において最後の対応となった。
  • 2009年8月末頃 ニュース専用スタジオのハイビジョン化対応工事開始。これに伴い、同工事終了までは全てニュースがメインスタジオでの放送となり、これにより、ローカルニュースが全時間帯ハイビジョン化される。
  • 2009年9月28日 ニュース専用スタジオのハイビジョン化対応工事完了に伴い、ニューススタジオからの放送もハイビジョン化される。これにより、局舎内設備が全面ハイビジョン化対応となる。
  • 2010年2月9日 三条市で実証実験を行っている、デマンド交通と地上波デジタルデータ放送を組み合わせた公共交通社会実験のデータ放送配信を開始。
  • 2010年4月3日 新潟市中央区の「LEXN」にサテライトスタジオ「LEXN STUDIO(UXレクスタ)」オープン[13]。こけら落としとして、同日13時55から1時間、『春のUX全部見せます~レクスタ誕生!新番組も始まるよSP~』を生放送する。その際に、新しい局のキャラクター「ゆぅちゃん」と「ゴーちゃん」が初登場する。
  • 2010年4月5日 サテライトスタジオ「LEXN STUDIO(UXレクスタ)」からの初のレギュラー生放送番組、『レクスタ発昼どきキンコンカン』がスタートする[14]
  • 2010年7月1日 「UXサポーターズ」の活動開始が、『レクスタ発昼どきキンコンカン』の番組内にて発表される。詳しくは下記を参照。
  • 2010年7月5日 NHK日本民間放送連盟の協定により、一部の再放送を除く全ての番組がハイビジョンと同じ16:9のアスペクト比での放送となると同時に、アナログ放送においてSDのCMを除く全てがレターボックス表示となる(SD再放送番組については、上下左右に黒帯が出る額縁放送となる)。
  • 2011年3月22日 同年3月11日東北地方太平洋沖地震が発生し、福島県にある福島原子力発電所から放射能が出た影響で福島県民が新潟県に避難。これに伴ってUXは同じ系列局である福島放送と協力して、『ふくしまスーパーJチャンネル』の録画放送を開始。
  • 2011年7月24日 正午、アナログテレビ放送が終了。同日の23時55分には、同電波が完全に停波する。
  • 2012年2月6日 平日のレギュラー報道番組『全力LIVE』の新コーナー「新潟のみんなでソラをライブ」にて、県内ローカルテレビ局初の、インターネット回線経由を使ったデータ放送双方向機能の使用を開始。[15]
  • 2013年10月1日 開局30周年。

ネットワークの移り変わり[編集]

従来、新潟県のANN・テレビ朝日(当時はNETテレビ)系列は1968年開局の新潟総合テレビ(NST)であった。NST設立当時、朝日新聞社が全国朝日系テレビネットワークを構築すべく、全国各地にUHF新局の開局申請を行い、その結果、他系列と相乗りになる形で朝日系のテレビ局「NST」が開局した。読売新聞等の相乗りながら、朝日系のテレビ局としてANNに加盟していた。しかしNSTは、フジテレビとの関係が深く、NSTとクロスネットをしていたNETテレビと日本テレビの両陣営は、新たにテレビ局免許申請の可能性が出てくると、ともにNSTを諦めて新局開設に注力することとなった。しかし1973年に県内3局目のチャンネルプランが割り当てられた際には、申請者の一本化に失敗して新局開設は頓挫している。1980年に改めて3・4局目のチャンネルプランが割り当てられた際は、両陣営の激しい免許争奪戦の末、1981年に日本テレビ系列のテレビ新潟(TNN、現TeNY)が開局。テレビ朝日系列NT21の開局は、その2年半後となった。NT21開局までの間、テレビ朝日は新潟県においては引き続き、NSTと優先ネットを結んでいた。

情報カメラ設置ポイント[編集]

2014年現在、設置されている箇所を挙げる。

UXサポーターズ[編集]

  • UXは2010年7月1日から「県民にUXを身近に感じてもらいたい」という狙いからUXサポーターズを結成。専属イベントコンパニオンを採用したのは県内の民放では初の試みであり、UX主催に関するイベントやアナウンス、受付業務などを担当し、テレビにも出演する。対象は19歳から27歳までの女性で、5名を任命。

 任期は1年間となっている。但し更新する可能性があるが、この活動を機にその後は様々な分野で活躍している。

自社制作番組[編集]

テレビ朝日系列番組[編集]

遅れネットおよび系列局制作番組を記載。なお、制作局の表記のない番組はテレビ朝日制作。

テレビ東京系列番組[編集]

制作局の表記のない番組はテレビ東京制作。

現在のところ、テレビ東京系列の番組の放送数は新潟県内の4局の中では1番少ない。

その他の番組[編集]

終了した番組[編集]

自社制作番組[編集]

テレビ東京系列番組[編集]

その他の番組[編集]

開局時に移行した番組[編集]

NSTからの移行番組[編集]

BSNからの移行番組[編集]

民教協は引き続きBSNが加盟・放送。

アナウンサー[編集]

男性[編集]

女性[編集]

異動した元アナウンサー[編集]

  • 近正仁(1983年開局入社 初代アナウンサー 現報道制作局所属・現記者)
  • 村山朋彦(1991年入社 現営業局営業部)

元アナウンサー[編集]

男性
女性

オープニング・クロージング[編集]

県内の他の民放局は、放送休止時間帯に天気予報やニュース映像を放映しているが(いわゆるフィラー)、UXは開局時から経費節減のため、休止中はカラーバーのみの放映か、もしくは完全に送信停止となるケースが多い。2005~06年春の間は、番組宣伝のスポットCM等をエンドレスで放映していたこともあるが、2006年5月頃からは地上デジタル放送対応の作業を行うため、カラーバーのみか、もしくは停波となることが多かった。2007年4月頃からは、一部時間帯を除き、番組宣伝をエンドレスで放送するようになった(EPGでの番組表示「UXインフォメーション」)。

  • 3代目「YOU&ME&UX」(2008年1月~)
    • 新潟テレビ21テーマソング“笑顔のつながり~YOU&ME&UX”をBGMとした環境映像メインの映像である。作詞はさえきけんぞう、作曲・編曲は千住明、歌は木村真紀が担当している。オープニング・クロージングともに同じ。ハイビジョン、ステレオ音声での制作。新潟市内の風景、桜や花畑、砂浜、日本海の映像、そのあとトンボ、カモ、鳥等が現れ、その途中からの砂浜から日本海までの間、「JOUX-(D)TV・新潟テレビ21アナログ(デジタル)放送」と表示され、「JOUX-(D)TV、新潟テレビ21(デジタル放送)です」とアナウンスが入る。このアナウンスの声は三河かおりが担当。
  • 2代目「UX」(2006年8月1日2007年12月31日
    • ハイビジョン、ステレオ音声での制作。CGがメインの映像である。「UX」のロゴと、「進化」「交流」「発信」などの文字、そして地球、朱鷺、チューリップ、波などの映像が次々とクロスしてゆく。最後に白バックを背景に「JOUX-(D)TV 新潟テレビ21 UX」と表示される、以上15秒間の映像。なお、周波数・出力・中継局などの技術情報はない。
    • 同日以降放映されている、略称変更PR用のステーションブレイク(最後のコールサイン・社名の映像部分が「NT21からUXへ。」に差し変わっている)及びローカルニュースのタイトル画面等と兼用している。
    • オープニング、クロージングとステーションブレイクは同じBGM、ローカルニュースのタイトルでは別のBGMが流れる。
  • 初代「いとしのキャサリン」(1983年9月25日(サービス放送開始)~2006年7月31日)
    • フィルムでの制作。
    • 模型飛行機が様々な風景の中を飛んでゆく映像。オープニングは青空、クロージングは夕空を中心とした構成だった。開局以来23年間に亘って使用された。BGMは、NT21開局時のイメージソング「いとしのキャサリン」(作詞:秋元康、作曲:松尾一彦、歌:CoCo)。オープニング、クロージング共に、1分30秒。
    • なおオープニングは当初モノラルだったが、約半年後にアナウンスを入れ直してステレオ化された。しかし、クロージングはモノラルである。
    • この曲は、自局の採用情報や出前授業のCMでも使用された(出前授業については外部リンクを参照)。
    • オープニングでは空を背景に、クロージングでは海を背景に、アナウンスが入る。「JOUX-TV、JOUX-TV、新潟テレビ21、映像周波数:519.24MHz、音声周波数:523.74MHz、映像出力:30kW、音声出力:7.5kW、21チャンネルでお送りします(お送りしました)。」アナウンスに合わせて、技術情報が順番に表示される。
    • アナウンスは、当初、オープニング・クロージング共にテレビ朝日の堀越むつ子(現在は同局取締役)が担当していたが、オープニングのステレオ化に伴い、オープニングは別の人物が担当するようになった(クロージングの初代のアナウンスは、2代目のクロージングに代わるまでずっと使われていたようである)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998~2001年の間、「21世紀マン」というステーションキャラクターを採用していた事があり、その際には後付けながら「21世紀がやってくる」などと21世紀に絡めつつ、社のPRを行っていた
  2. ^ 親局のチャンネル番号を正式社名として使用しているテレビ放送局は、現状では新潟テレビ21のみである(登記上の社名は上記の漢数字表記となっている)。他にチャンネル番号を社名や略称に採用した事例には、東京12チャンネル(1981年、テレビ東京に改称)、ミヤギテレビ(mm34。1985年、MMTに改称)、富山テレビ(T34。1994年、BBTに改称)などがある
  3. ^ 1989年にデビューしたアイドルグループCoCoとは異なる。
  4. ^ この「いとしのキャサリン」のアナザーバージョンとして「1973年のキャサリン」というタイトルのナンバーが存在する。作詞・作曲は同じ両名でメロディも全く同一だが、歌は山本コウタローで、歌詞も大きく異なる。1984年10月にリリースされた山本のアルバム「10月の距離」に収録されている。余談だが、秋元はその更に2年後の1986年に「1986年のマリリン」を作詞し(作曲は筒美京平)、本田美奈子に提供している。「いとしの-」の歌詞中には「20才になったら21」というくだりがあるが、開局翌年の1984年にはサントリーウイスキーの新商品を発表した。「21」と名付けられたこの商品のキャッチコピーは「ハタチをすぎたら、21」。アメリカのピアニストデュオ・ラベック姉妹が出演していたCMでも彼女らがこのコピーを発していた。当然NT21はこの商品(後に販売終了)とは全く無関係であったが、関係の有無に関してしばしば視聴者からの問い合わせも寄せられたといわれる。
  5. ^ 放送局のコールサインを正式に略称・愛称に採用している局は、他にテレビ朝日(EX,2003年10月より正式採用)、仙台放送(OX)、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)、北陸放送(MRO)、四国放送(JRT)、テレビ東京(TX,1989年4月より正式採用)などがある。また正式な略称・愛称ではないものの、フジテレビ(CX)など、通称としてコールサインで呼ばれるケースがある
  6. ^ 例えば、アルビレックス新潟ビッグスワンでのサッカー生中継や、高校野球の新潟県予選の準決勝・決勝戦を、高額であるというハイビジョン中継機材をレンタルして生中継し、特に後者の中継においては、県内ローカル番組初の5.1チャンネルサラウンド・ステレオで放送した。更に2007年7月9日からは、局舎のメインスタジオをハイビジョン化対応とし、これに伴い県内向けの放送である「スーパーJチャンネルにいがた」がハイビジョン化された。その後、報道番組の多くがハイビジョン化され、県内の民放局では報道番組のハイビジョン化の比率が大きくなり、県内の報道番組で最もハイビジョン化の比率が高いNHK新潟放送局に準ずるほどになった。この勢いは、ニューメディアの採用を積極的に行っている日本テレビの系列局で、当時県内のローカル番組のハイビジョン化が最も遅れているといわれていたテレビ新潟や、新社屋への引っ越しを機に、新潟の民放で最も早く局舎スタジオの全面ハイビジョン化対応を実施し、ローカル番組のハイビジョン取材もいち早く行った新潟総合テレビ(NST)にも、少なからず影響を与えたという。
  7. ^ http://www.city.sanjo.niigata.jp/seisaku/page00448.html#koutsu 三条市の平成22年2月9日定例記者会見
  8. ^ メ~テレはCBCが5を引き継いだため、HTBはSTVが5を引き継いだため。なお、FBSはRKBが4を引き継いだため。
  9. ^ 二重音声は正弦波信号(主音声:1KHz、副音声:400Hz)、ステレオ放送は局のイメージソング「いとしのキャサリン」をフルバージョンで流していた
  10. ^ この日は、新潟県を含む全国のNHKの地方局13局と、全国の地方民放40局が同時に予備免許を取得した。インプレス社AV Watch 2005年6月9日付記事
  11. ^ 総務省信越総合通信局報道資料 平成18年9月20日付
  12. ^ 主に報道中継用に使用。報道中継用等での小型ローカルテレビ中継車によるハイビジョン化は、県内民放ではテレビ新潟(TeNY)に次いで2局目である。
  13. ^ 当然ながら、当初からハイビジョン、ステレオ放送対応のスタジオである。尚、同スタジオから局舎までは光ファイバーによるデジタル回線で結ばれている。
  14. ^ 途中、お昼のUXローカルニュース・天気が入るが、その時は、局舎の報道スタジオからの放送となる。
  15. ^ テレビの視聴者に対し、今テレビを観ている所の天気を4択のカラーボタンでインターネット経由にて送信してもらうもの。UX本社では、データ放送の天気地域を認識する郵便番号の送信により位置を認識して、新潟県の地図の上に天気状況をピンポイント式で表すもの。よって、個人情報の送信は郵便番号のみである。この「みんなでソラをライブ」は、テレビ朝日のフルネット局各局でも、同年2月頃から相次いで開始している。
  16. ^ キー局のテレビ朝日が加盟している民間放送教育協会制作分は、同協会へは新潟放送が加盟しているため移行されなかった。

外部リンク[編集]

なお、旧アドレスのnt21.co.jpは略称変更後も2006年9月までアクセスできた。現在は別の企業が使用している。