テレ朝チャンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テレ朝チャンネル1
ドラマ・バラエティ・アニメ
テレビ朝日のCS放送!
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社テレビ朝日
本社(本部) 〒106-8001
東京都港区六本木六丁目9番1号
旧チャンネル名 ファボリTV( - 2004年2月29日)
テレ朝チャンネル(2005年3月1日 - 2013年3月31日)
放送(配信)開始 2002年6月1日
HD放送(配信)開始 2008年10月1日
ジャンル 総合エンターテイメント
放送内容 テレビ朝日のドラマ・アニメ・バラエティ・情報番組など多数
視聴可能世帯数 3,483,226世帯(2010年7月末現在)
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社シーエス・ワンテン
チャンネル番号 Ch.298(HD)
物理チャンネル ND2
視聴料金 2チャンネルのセットで、月額1080円(税込)
放送開始 2002年6月1日
HD放送開始 2012年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.611(HD)
視聴料金 2チャンネルのセットで、月額1080円(税込)
放送開始 2008年10月1日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社テレビ朝日
チャンネル番号 Ch.717
視聴料金 月額648円(税込)
放送開始 2004年3月1日
放送終了 2014年5月31日
その他(再送信・配信)
ひかりTV 506,556(HD)
eo光テレビ 817(HD)
J:COM 755(HD)
公式サイト
特記事項:
 2013年4月1日に現在のチャンネル名に変更。
テレ朝チャンネル2
ニュース・情報・スポーツ
テレビ朝日のCS放送!
基本情報
運営(番組供給)事業者 株式会社テレビ朝日
本社(本部) 〒106-8001
東京都港区六本木六丁目9番1号
旧チャンネル名 衛星チャンネル(1989年10月1日 - 不明)→朝日ニュースター(不明 - 2013年3月31日)
放送(配信)開始 1989年10月1日
HD放送(配信)開始 2012年7月1日
ジャンル ニュース
放送内容 ニュース・スポーツなど
視聴可能世帯数 5,513,700世帯(2010年4月現在)
アナログ放送(CS、放送終了)
プラットフォーム スカイポートTV
放送事業者 株式会社衛星チャンネル
チャンネル番号 S-5ch
放送開始 1993年10月1日
放送終了 1998年9月30日
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム スカパー!
放送事業者 株式会社シーエス・ワンテン
チャンネル番号 Ch.299(HD)
物理チャンネル ND2
視聴料金 2チャンネルのセットで、月額1080円(税込)
放送開始 2002年6月1日
HD放送開始 2012年7月1日
スカパー!プレミアムサービス
放送事業者 株式会社スカパー・ブロードキャスティング
チャンネル番号 Ch.612(HD)
視聴料金 2チャンネルのセットで、月額1080円(税込)
放送開始 2012年9月29日
スカパー!プレミアムサービス(標準画質)
放送事業者 株式会社テレビ朝日
チャンネル番号 Ch.256
視聴料金 月額648円(税込)
放送開始 1997年3月13日
放送終了 2014年5月31日
ディレクTV(放送終了)
放送事業者 ワンダーウェーブ株式会社
チャンネル番号 Ch.503
放送開始 1997年12月1日
放送終了 2000年9月30日
その他(再送信・配信)
eo光テレビ 882(HD)
J:COM 758(HD)
JCN 107
公式サイト
特記事項:
2012年3月31日まで、株式会社衛星チャンネルにより運営
2012年4月1日よりテレビ朝日運営(チャンネル名は「朝日ニュースター」を維持)
2013年4月1日にチャンネル名を「テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ」に変更。
2014年4月1日に現在のチャンネル名に変更。

テレ朝チャンネル(テレあさチャンネル)は、株式会社テレビ朝日が運営するCSデジタル放送向けの専門チャンネルである。

目次

概要[編集]

過去にテレビ朝日(旧称号のNET・日本教育テレビ時代に制作したものを含む)やBS朝日、および全国各地の系列局で放送された各種テレビ番組を総合的に編成・放送している。

2014年現在は、ドラマバラエティアニメ等が中心の『テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ』(テレあさチャンネルワン ドラマ・バラエティ・アニメ)と、報道番組情報番組時差放送やスポーツ中継が中心の『テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ』(テレあさチャンネルツー ニュース・じょうほう・スポーツ)の2チャンネルで構成されている。

朝日新聞や系列新聞の日刊スポーツには、各チャンネルの番組表が毎日掲載されている[1]

なお、『テレ朝チャンネル2』が2013年3月末に改称されるまで放送されていた『朝日ニュースター』については同記事を参照のこと。

沿革[編集]

2002年6月に『ファボリTV』(Favori TV)の名称で、スカイパーフェクTV!2(後のスカパー!e2、現・スカパー!)にて放送を開始した。「Favori」とはフランス語で「お気に入り」という意味である。

2004年3月1日、スカイパーフェクTV!(現・スカパー!プレミアムサービス 標準画質)で放送を開始し、両衛星放送サービスにて放送を実施することになったが、この際チャンネル名をテレ朝チャンネルに改称、番組編成も一部変更した。また2004年4月1日からはケーブルテレビでも放送を始めた。

2008年10月1日、スカパー!HD(現・スカパー!プレミアムサービス)にてハイビジョン放送を開始した。

2010年1月27日、スカパー!e2での画角情報を4:3から16:9のワイドサイズに変更。

2012年2月10日、スカパー!e2の衛星基幹放送事業者であるシーエス・ワンテンが総務省から東経110度CS放送の衛星基幹放送業務の認定(16スロットによるHD放送)が適当と認められる[2]

2012年4月1日より、朝日ニュースターの事業主体が衛星チャンネルからテレビ朝日に移行(法人格としての「株式会社衛星チャンネル」は経営統合による吸収で消滅)されるため、一部の情報・トーク・スポーツ番組は朝日ニュースターへ移行(一部番組は2つのチャンネルで放送するが、朝日ニュースター側は再放送扱いとなる)する。

2012年7月1日、スカパー!e2ではCh.303(CS2)からCh.298(CS1)に移行し、ハイビジョン画質による放送開始。チャンネル名を「テレ朝チャンネルHD」に変更。また、スカパー!e2では「気象警報」「地震情報」「津波警報・注意報」のデータ放送と一部番組で字幕放送を実施する(いずれも朝日ニュースターと同時開始)。

2013年4月1日より、テレビ朝日のCS放送チャンネルのブランドを「テレ朝チャンネル」に統合。

  • 旧・テレ朝チャンネルはチャンネル名を『テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ』に改名、それに伴い『ドラえもん』(2005年開始の現シリーズ)や『ナイナイナ』、『アメトーーク!』などを新たに放送開始[3]
  • 旧・朝日ニュースターは『テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ』としてリニューアル。新番組『午後のニュースルーム』(BS朝日との同時放送)の開始など、報道・ニュース番組の強化のほか、スポーツ中継も全て集約された(ただし『ワールドプロレスリング』関連の一部番組を除く)。

2014年4月1日より『テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ』のチャンネル名を『テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ』に変更、あわせてスカパー!でのジャンルを「ニュース」から「総合エンターテイメント」に変更。また、スカパー!では1・2の2チャンネルセット契約のみとなった。その他、録画においてダビング10を廃止しコピー・ワンスに変更された。

テレ朝チャンネル1 ドラマ・バラエティ・アニメ[編集]

チャンネル概要[編集]

チャンネル番号
視聴料金
  • 月額600円(税別)

ケーブルテレビでの放送[編集]

当初のケーブルテレビ向けの放送は、コストの高いリマックス方式を用いないと提供できず、J:COMを初めとする一部のケーブルテレビ局でしか視聴できなかった。

しかし2006年4月1日にはi-HITS(現在のJDS)で、2007年4月1日のJC-HITSでも配信を開始したため、視聴可能世帯が増加した。また、ハイビジョン放送の配信をJDSで2008年11月1日より、JC-HITSで2012年4月1日より開始した。

なお、J:COMのうち、旧JCN[4]加盟局による配信は2014年1月現在も実施されていない。

編成について(1)[編集]

2007年10月より、午前4時を基点とする24時間放送を行っている(不定期にメンテナンスによる深夜の休止あり)。それまでは、午前4 - 6時を常設の放送休止としていた。

2006年4月に放送事業者が変更されてからは、テレビ朝日系列の番組やオリジナル番組が大幅に増えた。その反面、番組数が増えたためにタイムテーブルが入り組み、定時から始まる番組は非常に少ない。また、サッカーなどのスポーツ中継により番組の変更・休止・繰り下げも多かった。

しかし2012年4月より朝日ニュースター(現在の『テレ朝チャンネル2』)がテレビ朝日の直営となったことで、スポーツ中継は『徹子の部屋』(傑作選の『徹子の部屋〜Classics〜』も含む)などと共に同局に移行、放送時間が変更するケースは減少している。

系列局の朝日放送(ABC)の番組も放送しているが、同局制作の一部の番組(主にスポーツ中継)は同局が運営する『スカイ・A sports+』(テレビ朝日も出資)で放送される。また、2006年4月の『ドラバラ鈴井の巣』を皮切りに北海道テレビ(HTB)制作の番組も放送されるようになった。 また、メ〜テレ制作番組は、姉妹チャンネルのエンタメ〜テレ☆シネドラバラエティで放送されることが多い。

オリジナル番組(特にバラエティ番組)の特徴として、『ダチョ・リブレ』や『世界制服!竹山塾』に代表されるように、不定期に休止期間を挟みながら放送していくシーズン制のものが多い点が挙げられる。逆に、『上田ちゃんネル』のように継続して新作が制作される番組はむしろ少数である。

また、毎年子供らが長期の休校期間(春休み夏休みお盆休みも>、冬休み年末年始も>)に入る時期、あるいは、ゴールデンウィークや祝日などは日中の時間帯を中心に、テレビ朝日が関与するアニメーションや特撮映画作品を集中的に放送しており、特に夏休みに実施する東映東映チャンネルファミリー劇場との提携による3チャンネル連合企画・「スーパーヒーローMAX」と題したキャンペーンは過去の平成仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズを大々的に特集し、それらの映画作品や、現在放送されているテレビ作品のキャッチアップ放送などの企画を展開している。またこの他に主に春休みやゴールデンウィークに新作映画が公開されるドラえもんクレヨンしんちゃんのテレビ作品、映画作品などの集中放映も行っていたりする。

主な番組[編集]

アニメ[編集]

シンエイアニメシアター[編集]

シンエイ動画が制作したアニメ作品を放送。同社はテレビ朝日の連結子会社であるため、本放送時は他系列で放送された作品[5]も放送されたことがある。

かつては全体の1/3以上の時間帯[6]を占めていた。2006年4月の改編で縮小したものの、2014年現在も午前中を中心に毎日放送されている。また、番組の冒頭では「放送当時のオリジナリティを尊重して放送する」という旨の静止画が表示される。

原則としてスペシャル版は放送されないため、作品によっては物語展開に混乱が生じる。例として、『クレヨンしんちゃん』では野原ひまわりの誕生の経緯を描いたエピソードが当初に放送されず、長らくレギュラー放送版で初登場とされていた。後に『しんちゃん』はスペシャル版を不定期に放送するようになり、該当するエピソードも放送された。また、次回予告などの本編以外のコーナーも基本的にカットされる[7]ほか、藤子不二雄作品を中心にタイトルクレジットが再編集されることもある。

番組編成の都合でいずれかの番組枠が休止となる場合、つなぎ番組として『シンエイアニメ 傑作選』が組まれる。また、編成の都合で休止となる他ジャンルの番組の振り替えとして放送される場合もある。

その他[編集]

テレビ朝日系列で放送された人気作品を編成。

特撮[編集]

スーパー戦隊シリーズ』や『スーパー戦隊Vシネマ』、『仮面ライダーシリーズ』の歴代作品を放送。

2005年からは、東映チャンネルファミリー劇場と共に『スーパーヒーローMAX』と題した合同企画を行っている。

映画[編集]

新作が公開される半年前頃(10月以降)から、「カウントダウン企画」と称し6か月連続で放送される。
日曜洋画劇場』にて放送された作品も多数放送される。

ドラマ(1)[編集]

主な作品(放送終了した番組を含む)
国内ドラマ[編集]
海外ドラマ[編集]
刑事ドラマ[編集]
木曜ミステリー[編集]
時代劇[編集]
金曜ナイトドラマ[編集]
土曜ワイド劇場[編集]

情報[編集]

過去には食と旅のフーディーズTVで放送された番組も放送していた(現在は全て終了)。

チャンネルオリジナル番組[編集]
テレビ朝日系列[編集]

音楽[編集]

チャンネルオリジナル[編集]
ストリートファイターズ』にて紹介されたアーティストのミュージック・ビデオを放送。事実上の穴埋め番組
テレビ朝日系列[編集]
テレビ朝日を代表する音楽番組『ミュージックステーション』(スーパーライブを含む)は放送されていない(肖像権等の都合による)。

バラエティ[編集]

チャンネルオリジナル番組[編集]
テレビ朝日系列[編集]
北海道テレビ放送制作[編集]
その他[編集]

トーク[編集]

スポーツ(1)[編集]

2012年まではAFCチャンピオンズリーグなどのサッカー・AFCの生・録画中継[10]を放送していたが、翌2013年からはテレ朝チャンネル2に移行[11]している。

プロ野球中継(テレ朝チャンネル2、および前身の朝日ニュースターが全て放送[12][13])やプロボクシング中継[14]は放送したことがない。

2012年4月以降は、一部の番組がテレ朝チャンネル2(当初は朝日ニュースター)で後日再放送扱いで遅れて放送されている。

ニュース・報道(1)[編集]

BS朝日の『News Access』と共通のスタジオや出演者で制作されるスポットニュース。朝日ニュースターのテレ朝直営化にあわせ、2012年3月30日をもって終了。
終了時点の基本的な放送時間は平日の8:55、11:55、13:55、17:55、20:55。

ミニ番組[編集]

番組案内(1)[編集]

長年『テレ朝チャンネルガイード』の名称で放送していたが、2013年4月1日(テレ朝チャンネル2の放送開始日)より『ワンナビ』という番組名で放送されている(テレ朝チャンネル2では『ツーナビ』)。いずれの番組も10分間で、無料放送。

  • 2007年4月からの一年間は、柳原可奈子バカリズムダーリンハニーのコントを中心に、番組を紹介する内容だった。
  • 2008年10月からは、矢島悠子久保田直子両アナウンサーによる『やじくぼ散歩』を番組内で放送。2012年4月からの一年間は、旧朝日ニュースターでも放送された。
  • 2013年4月1日からは、久冨慶子アナウンサーが出演している。

なお、編成の都合上30分ほど時間が余った場合にも複数回流れる。

フィラー[編集]

『世界の車窓からDVDブック』(朝日新聞出版)の収録映像を放送。

なお、2006年6月頃までは前述の『MUSIC GARAGE』やキングレコード所属のアーティストのミュージック・ビデオを流して対応していた。

また、不定期であるがクロスプログラムゴー!ゴー!ゴーちゃん。(テレビ朝日のオープニング・クロージング時のジャンクション映像)が放送される場合がある(ロゴの部分をテレビ朝日からテレ朝チャンネルに差し替えたもの)。

テレビショッピング[編集]

ロゴマーク(ウォーターマーク・1)[編集]

番組内で常時表示されている(CM中やスポーツの生中継、およびかつての『テレ朝チャンネルニュース』を除く)。なお、旧来の画面比4:3で制作された番組では、番組内に収まる位置に表示される。

  • ファボリTV時代 - 2004年5月 : 右上
  • 2004年6月 - 2006年3月31日 : 右下 緑色 \tv asahi channelロゴ
  • 2006年4月1日 - 2008年9月30日 : 右下 オレンジ色 \tv asahi channelロゴ
  • 2008年10月1日 - 2013年3月31日 : 右下 オレンジ色 /tv asahi (ch.) ロゴ
  • 2013年4月1日 - :右上 ピンク色 吹き出し風のデザインにテレ朝と白抜き文字が入り、横に「1」と書かれている。

テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ[編集]

チャンネル概要(2)[編集]

チャンネル番号
  • 衛星放送
    • スカパー!プレミアムサービス
      • Ch.256(標準画質) - 衛星一般放送事業者:テレビ朝日
      • Ch.612(ハイビジョン、HDのみ) - 衛星一般放送事業者:スカパー・ブロードキャスティング
    • スカパー! Ch.299(ハイビジョン画質) - 衛星基幹放送事業者:シーエス・ワンテン
視聴料金
  • 月額600円(税別)

編成について(2)[編集]

2012年4月1日にテレビ朝日の直営となってから、一年間は従来からのニュース専門チャンネルとして放送されていた。

直営化により朝日新聞東京本社制作の番組が姿を消したが、その代わりにテレビ朝日の報道・情報番組の時差放送やスポーツ中継の強化、旧・テレ朝チャンネル(現・テレ朝チャンネル1)から移行、または2チャンネル揃って放送(時差)される教養・ドキュメンタリー・トーク番組などが編成されるようになった。

2013年4月1日をもって、チャンネル名を『テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ』に改称、2014年4月1日より現在の『テレ朝チャンネル2 ニュース・情報・スポーツ』に再変更した。この2度目のチャンネル変更になってから、これまでテレ朝ch1のみでしか放送されなかったドラマの放送も行われている。

主な番組(2)[編集]

ニュース・報道(2)[編集]

特記しないものは、テレビ朝日での放送後に遅れて放送されている。

教養・ドキュメンタリー[編集]

民間放送教育協会(民教協)加盟局制作[編集]
以前は旧・テレ朝チャンネル(現・テレ朝チャンネル1)で放送していた。

スポーツ(2)[編集]

広島東洋カープ主管の対読売ジャイアンツ戦を放送(BS朝日および広島ホームテレビ[15]も加わる)同時放送。

ドラマ(2)[編集]

番組案内(2)[編集]

  • ツーナビ(無料放送)
青山愛アナウンサーが出演。ただし2012年4月分からの一年間は、従来からの『朝日ニュースターガイド』の名称で、旧・テレ朝チャンネルと同じ内容の『やじくぼ散歩』を番組内で放送。

ロゴマーク(ウォーターマーク・2)[編集]

2013年4月1日以降、基本的にテレ朝チャンネル1と同じ体裁で表示しているが、青色をベースとしている。

CM中や一部の番組では表示していない点も同様である(主にニュース・報道番組)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし日刊スポーツ西日本版では、2013年の2チャンネル体制になってからは掲載が省略されている。
  2. ^ 東経110度CS放送に係る衛星基幹放送の業務の認定
  3. ^ 朝日ニュースター:名称変更で4月から「テレ朝チャンネル2 ニュース・スポーツ」に - 毎日jp 2012年2月26日
  4. ^ 2014年4月 合併。6月にブランドをJ:COMに統合
  5. ^ 日本テレビ制作の『美味しんぼ』など。
  6. ^ 毎日6:00 - 8:00・14:00 - 16:00(土日は12:00 - 14:00)・19:00 - 21:00・24:00 - 26:00
  7. ^ あたしンち』ではミニコーナーも放送しているが、『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけと共演する本放送時における放送枠変更に関する内容(セリフとテロップ)が修正されていた。
  8. ^ テレ朝チャンネルではじめて放送された平成仮面ライダーシリーズ作品。
  9. ^ 第1話初回放送の2008年3月11日に第2話が放送される放送事故があった。
  10. ^ 日本代表4チームの内、BS朝日と2チームずつ折半して放送。例として、2010年シーズンはガンバ大阪川崎フロンターレのゲームを生中継、鹿島アントラーズサンフレッチェ広島のゲームを録画放送した(BS朝日はこの逆)。
  11. ^ ただし、ACLの放映権については2013年度の大会以後は日本テレビ放送網BS日テレ日テレG+日テレプラスを含む)に移行したため、テレ朝chでの放送は2012年度をもって終了した。
  12. ^ テレビ朝日 2012年シーズンプロ野球・埼玉西武ライオンズ主催ゲームCS完全生中継決定!! - テレビ朝日、2011年12月27日
  13. ^ ただし、放映権を持つ西武主催ゲームと広島対巨人戦が重複した際に、後者をテレ朝チャンネルで放送することになっているが、2012年の対象となるゲームが西武のビジターとなり、実現しなかった(一部のスカパー!情報誌より)。2014年は9月16日にそれが該当し、西武対日本ハム戦をch2、広島対巨人戦をch1<BS朝日と同じ内容>で放送している
  14. ^ エキサイトボクシング』はスカイ・A sports+、テレビ朝日で過去に放送された試合はFIGHTING TV サムライで放送されていた。
  15. ^ 広島ホームテレビでの放送がない試合(主に木曜~土曜ナイター)もある。また、地上波での放送が広島ローカルとなった日には、ホームテレビでは全国放送版の『スーパーベースボール』名義となる場合(実制作がEXかHOMEかはその時々で異なる)と、映像の一部のみを共有する『カープ応援中継“勝ちグセ。”』名義(実況・解説は自社で差し替え、応援ツイート紹介やプレゼント企画などを実施)となる場合の二通りがある。

外部リンク[編集]