冬休み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

冬休み(ふゆやすみ)とは、の長期休暇のことである。学校における正式な名称では、冬季休業(とうききゅうぎょう)ということが多い。3学期制の学校では2学期と3学期の間におかれる。

学校の冬休みは、年末に大掃除をして正月を祝う日本ならではのものである。ヨーロッパには、冬休みが存在せず、クリスマス休暇があるだけで、元日1月1日祝日扱いで休日であるが、1月2日からは、平常の授業になる。中国台湾韓国旧正月を祝うため、これもまた事情が異なる。

なお、日本の企業の場合、学生より期間は短いものの、同様の時期に休暇を取る場合が多い。

期間[編集]

小学生・中学生・高校生[編集]

関東以南では一般的に12月25日頃から1月7日頃までだが(ただし、学校や都道府県によっては12月26日ないし12月27日から冬休みとするところもある。また、学校週五日制の実施などに伴う授業時間数の減少を防ぐため、近年では1月4~7日に始業式を行う都道府県、学校、年もある)、冬休みが長い代わりに夏休みの短い地域(北海道は全地区[1]、他にも北東北甲信に多い。)では最長で1月15~20日頃まである地域も存在する。夏休みが短く2日間の秋休みを導入している仙台市は冬休みはほかの地域と同じである。
なお日数の長い北海道でも、中学校の場合は冬休みが長いと部活に伴う登校・自由登校・高校入試の準備に影響が出やすいため、札幌市などは12月25日頃から1月10日頃までとしている(小学校より冬休みが3~5日程度短く、その分中学校の夏休みは増える)。
なお、日本の元号昭和から平成へ移行してからは天皇誕生日が12月23日になったため、これに合わせて冬休みを12月23日からとする学校も多くなっている。他に2学期中に自然災害や集団風邪・インフルエンザが発生して学級閉鎖・学年閉鎖で休校になった場合も、始業式を前倒しするケースが多い。同時に冬休みの終わりも早いところでは1月4日までとする学校も出できている。

短期大学[編集]

小中学生のそれに近いが、「冬休み明けの講義は1月のみで終わってしまい、2月は試験だけ」という短期大学がほとんどである。

大学生[編集]

小中学生のそれに近いが、「冬休み明けの講義は1月のみで終わってしまい、2月は試験だけ」という大学がほとんどである。

専修学校[編集]

学校によって異なり、小中学校と同様の年末年始を中心とした時期のみの学校がある一方、資格試験が少ない学校では12月中旬頃から始まることもある。(大原学園専門課程の2年次など)。

社会人[編集]

1月1日元日)前後の4~7日間を休みとして取ることが多く、平均して下記の公務員の期間に準ずる場合が多い。年末が特に多忙な業種を中心に、12月23日の祝日を出勤にして、後で長い休みをとる場合もある。しかし、最近では一部の大手小売・サービス業、中小企業社員、交代勤務社員、フリーター等で冬休みが無いケースが多くなってきている。また、コンピューターシステムの更新やメンテナンスといった大掛かりな作業は、GWや年末年始といった時期にしか行えないので、そのような作業に携わる人たちも冬休みが無いケースが多い。

公務員[編集]

国家公務員の場合、12月29日1月3日。ただし、その前後の日(12月27日28日1月4日5日)が土曜日日曜日にあたるとその前後の日も事実上含まれる。なお、警察消防など、公共の安全を図るための機関のうち、事務手続きに関する以外の職種は、この期間も業務を行っている。また職員の交代勤務制で言えば、病院(入院患者の看病)や動物園(飼育動物の給餌)も同様である。 地方公務員の場合は自治体ごとに条例で休日が定められるため、必ずしも国家公務員の休暇期間と一致しない。

銀行・郵便局など金融機関[編集]

12月31日~1月3日。なお、その前後の日(12月29日30日、1月4日・5日)が土曜日、日曜日にあたるとその前後の日も事実上含まれる。従来、正月三が日(1月1日~3日)は大半の金融機関で預金の引き落としを店頭の機械(CDATM)により行うことが出来なかったが、2007年よりメガバンク三菱東京UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行)の全てが年中無休で出揃い、また、りそな銀行も正月三が日や5月の大型連休のATMの利用が可能となった。ゆうちょ銀行のATMについても、2008年から、正月三箇日の利用が可能となった。但し、ホリデーサービスを実施しているATMに限る。

冬休み期間(日本以外の国)[編集]

アメリカ合衆国[編集]

アメリカ合衆国の学校では一般的に12月22日から1月3日まで冬休み期間となる。宿題はない。 一方、アラスカ州では小学校では12月16日から1月22日まで約1ヶ月ぐらい冬休み期間となる。

スウェーデン[編集]

スウェーデンの学校では12月19日から1月4日まで冬休み期間となる。

韓国[編集]

韓国では2学期制の小中高校の冬休みは日本とほぼ同じく12月25日から1月5日までとなっている。

中国[編集]

中国では小中高校の冬休みは春節三が日を含めた1月後半から2月後半までとなっていっている、大体4週。

フィリピン[編集]

フィリピンの学校では次の学事年度6月に始まるため、冬休み期間は12月25日から1月3日までとなっている。

南半球の国[編集]

北半球と夏冬が逆転するため、冬休みは7月25日から8月5日までとしている。

冬休みの過ごし方[編集]

学校の児童や生徒の場合、夏休みほど活動的な時期ではないことが多い。期間の短さや、途中の正月行事による中断、地方によっては積雪があることの他、冬場の風邪の流行などが外出を手控える要因とされる。さらに小中高校の最終学年にあたる児童や生徒の場合は上級学校の受験を直前に控えているケースが少なくなく、その準備に追われることも要因の一つである。

両親の実家など親の帰省に伴う学生や、年末年始の家族旅行に伴う学生、さらにはウィンタースポーツに出かける学生もかなり多いが、夏休みに比べるとどうしても帰省以外の外出は多くない。近年では、百貨店スーパーマーケットにて大々的に初売りが行われるため、初詣でお寺や神社に向かうように、家族で店に向かうのは冬休みならではの外出とも言える。

また、学校の宿題も、「読書感想文」や「自由研究」などは日数の長い北海道を除き、夏休みと違って一般的には出されることが少ない。このため、冬場ならではの自然観察を行う学生は趣味で行う場合が多く、夏休みに比べると行う学生も多くない。

冬休みの宿題[編集]

  • 書初め
  • 作り
  • 各教科のプリントやドリル
  • 漢字・単語の練習
  • 新年の目標や抱負をまとめる
  • 本読み
  • 体力づくり など

冬休みのイベント[編集]

冬休みを題材にした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 木造校舎が多かった1980年代までは、北海道の小学校では一時期、省エネルギーの観点から冬休みが夏休みより長かった年度もあった(札幌市立の小学校でも1981~82年度に行われていて、おおむね冬休みが12月22日から1月20日までの約6週間で、その分夏休みは3日程度少なく、7月27日から8月16日までであった。この他山間部・離島など小規模僻地校の多い町村でも行われていたと考えられる。

関連事項[編集]