エーリッヒ・ケストナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリッヒ・ケストナー
Erich Kästner
180804 dresden-kaestnerhaus-plastik-auf-mauer 2-640x480.jpg
ドレスデンの記念館にあるケストナーのブロンズ像
誕生 1899年2月23日
ドイツの旗 ドイツ国ドレスデン
死没 1974年7月29日(満75歳没)
西ドイツの旗 西ドイツミュンヘン
職業 小説家詩人
国籍 ドイツの旗 ドイツ
ジャンル 児童文学
文学活動 廃墟文学(de:Trümmerliteratur
47年グループ
代表作 エミールと探偵たち
飛ぶ教室
ふたりのロッテ
主な受賞歴 ゲオルク・ビューヒナー賞(1957)
国際アンデルセン賞(1960)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エーリッヒ・ケストナー(Erich Kästner, 1899年2月23日 - 1974年7月29日)はドイツ詩人作家である。

生涯[編集]

ドレスデンのノイシュタットに生まれた。父エミール・ケストナーは鞄作りの手工業者だったが、産業工業化のあおりを受けて、工業労働者になり、母親イーダ(旧姓アウグスティーン)は夫の少ない労働賃金を補うため、理容師になる(『わたしが子どもだったころ』に詳細)。本当の父親はユダヤ人の主治医エミール・ツィンマーマン(Emil Zimmermann (1864–1953) )博士で、母イーダとツィンマーマンという医者との間に生まれた不倫の子供であった、と言われているがケストナー本人はそれについて言及しておらず、また、その根拠の大多数が伝聞であることから、いまだ結論は出ていない。

教師になろうとして、教師を養成する専門のギムナジウム中高一貫教育校)に入学。第一次世界大戦に兵士として召集される。命令と服従という関係しかなかった学校、軍隊に反発を感じ、大学進学を決める。ライプツィヒで学業の傍ら、新聞の編集委員をしながら、詩や、舞台批評を発表。空前のインフレの影響もあり、苦労して大学を卒業した後、ベルリンに出て詩人として認められた。

辛らつで、皮肉の強いパロディや、厭世的でシニカルな作品を多く発表する。また、恋愛を対象としたものも多い。1928年に発表した子供のための小説『エーミールと探偵たち』が好評で、次々と子供のための小説を執筆し、児童文学作家として世界的に有名になった。とりわけ、世界各国で何度も映画化された、同タイトルの映画は有名。ケストナー作品の挿絵は「エーミールと探偵たち」執筆と相前後して知り合った画家イラストレーターワルター・トリヤー(de:Walter Trier 1890-1951)が多く手がけ、その関係はトリヤーの死去まで続いた。

成人向けの文学作品でも健筆を振るった。ベルリンの荒廃を描いた『ファービアン』(1932年)は第二次世界大戦世代の日本の作家たち(織田作之助吉行淳之介開高健など)に、好意的に読まれ、子供のためだけではない小説家としての顔を見せている。

自由主義民主主義を擁護し、ファシズムを非難していたため、ナチスが政権を取ると、政府によって詩・小説、ついで児童文学の執筆を禁じられた。ケストナーは父方を通じてユダヤ人の血を引いていたが、「自分はドイツ人である」という誇りから、亡命を拒み続けて偽名で脚本などを書き続け、スイスの出版社から出版した。ナチス政権によって自分の著作が焚書の対象となった際にはわざわざ自分の著書が焼かれるところを見物しにいったという大胆なエピソードがある。ナチスもケストナーを苦々しく思っていたが、拘束などの強硬な手段を取るにはケストナーに人気があり過ぎ、逆に民衆の反発を買う恐れがあったため、ケストナーの著書を焚書にした際、子供たちに配慮して児童文学だけは見逃したり、ケストナー原作の映画を作成したりしている。一方でベンヤミンを含む、マルキシズムの立場からは、政治的に立脚点が無く、その理想は、プチブルジョアのための慰めでしかない、という批判を受ける。

戦後は初代西ドイツペンクラブ会長としてドイツ文壇の中心的人物になった。ちなみにドレスデンにいたケストナーの母親とは戦後の東西ドイツ分断で離れ離れになってしまったが、東ドイツ政府もケストナーが反ナチを貫いた事を高く評価、母親を手厚く保護したという。1960年、『わたしが子どもだったころ』で優れた子供の本に贈られる第3回国際アンデルセン賞を受賞した。

長年ルイーゼロッテ・エンダーレ(de:Luiselotte Enderle)という女性と生涯ともに暮らしていたが、内縁関係のままで生涯結婚する事はなかった。ちなみに『ふたりのロッテ』の主人公である双子の姉妹(ルイーゼとロッテ)は、この内縁の妻の名を分けて名付けたことで知られている。

主要作品[編集]

切手になった『エミールと探偵たち』。原作に掲載されたワルター・トリヤーによる挿絵を図版に引用している

子供向け[編集]

大人向け[編集]

詩集[編集]

  • 腰の上の心臓
  • ある男が通告する
  • 鏡の中の騒音
  • 椅子の間の唱歌
  • 簡潔に
  • 日々の雑貨
  • 人生処方詩集
  • 自著一覧

参考文献[編集]

  • クラウス・コルドン 『ケストナー―ナチスに抵抗し続けた作家』 那須田淳・木本栄訳、偕成社、1999年。ISBN 4038142000
  • 高橋健二 『ケストナーの生涯―ドレースデンの抵抗作家』 福武書店〈福武文庫〉、1992年。ISBN 4828832394 - 高橋は担当翻訳者でもある。
  • スヴェン・ハヌシェク 『エーリヒ・ケストナー 謎を秘めた啓蒙家の生涯』 藤川芳朗 訳  白水社 2010年。 ISBN: 978-4560080955

外部リンク[編集]