ミュンヒハウゼン男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミュンヒハウゼン男爵(ミュンヒハウゼンだんしゃく、 ドイツ語: Baron Münchhausen英語: Baron Munchausen[1])といえば、通例、『ほら吹き男爵の冒険』の主人公をさすが、架空の人物ではない。『ほら吹き男爵の冒険』の原型は、18世紀ドイツ貴族ミュンヒハウゼン男爵カール・フリードリヒ・ヒエロニュムスが自身の冒険談として周囲に語ったほら話である。

本項ではほら吹き男爵ことミュンヒハウゼン男爵にまつわる史実と創作をともに扱うが、混乱を避けるため、史実とされる部分では称号を省きミュンヒハウゼンと表記し、創作とされる部分ではミュンヒハウゼン男爵と表記する。

史実[編集]

『ヒエロニュムス・フォン・ミュンヒハウゼン』(作者未詳、ミュンヒハウゼン博物館)

ミュンヒハウゼン男爵カール・フリードリヒ・ヒエロニュムスKarl Friedrich Hieronymus Freiherr von Münchhausen1720年5月11日 - 1797年2月22日)は、18世紀ドイツ貴族である。現在のニーダーザクセン州の街ボーデンヴェルダーでミュンヒハウゼン家の第5子として生まれる。15歳のとき、ブラウンシュヴァイク公家に小姓として出仕した。

ロシアに移っていたブラウンシュヴァイク公子アントン・ウルリヒは、死亡した小姓の補充を実家に求めた。1737年、ミュンヒハウゼンはアントン・ウルリヒに仕えるためロシアに渡るが、1739年にアントン・ウルリヒの元を去り、バイロン公爵夫人の求めに応じてロシア軍騎兵少尉に任官した。

アントン・ウルリヒは1739年にアンナ・レオポルドヴナと結婚し、大元帥に就任する。1740年、アンナは息子のイヴァン6世を擁して摂政に就任する。この政変の余波で、ミュンヒハウゼンは中尉に昇進した。リガに駐屯していたが、1740年および1741年の対オスマン帝国戦には参加している。

1741年12月、政変によりイヴァン6世が廃され、アントン・ウルリヒはアンナとともに幽閉された。ミュンヒハウゼンはその2年前にアントン・ウルリヒの元を去っていたため、追及から免れた。1744年リヴォニア近郊の町ペルニエルで判事の娘ヤコビン・フォン・デュンテンと結婚する。

1750年には大尉に昇進する。休暇を取り、妻を伴ってボーデンヴェルダーに帰省した。しかし母が死に、また2人の兄弟が戦死して、ヒエロニュムスがミュンヒハウゼン家を継ぐことになったため、ロシアに戻ることはなかった。1754年、ロシア軍から除籍される。

ボーデンヴェルダーでのミュンヒハウゼンは機知に富んだ話術で広く評判を集めたが、同時に実務的な面については誠実な人物とも評されていた。妻に先立たれた後、1794年に再婚したが、不和から離婚に至っている。1797年に没した。子供はない。

創作[編集]

ミュンヒハウゼン男爵、ドレによる挿絵

ミュンヒハウゼンの物語がはじめてまとまった形で出版されたのは1781年ベルリンでのことだが、著者は不明である。その後1785年に大幅加筆された英語版が出版され、著者は元ヘッセン方伯の司書ルドルフ・エーリヒ・ラスペ英語版である。Baron Munchhausen's Narrative of his Marvellous Travels and Campaigns in Russiaがその時の題名だが、The Surprising Adventures of Baron Munchausenとも呼ばれた。しかしながら、そのユーモラスな物語の中にはミュンヒハウゼン以外の出典から拝借したものも少なくない。実際、周囲からミュンヒハウゼン自身に対して遠慮深いという評価があったとはいえなかったこともあり、ラスペの出版はむしろミュンヒハウゼンの評判を落とす結果となった(もともとラスペには盗癖があり、ヘッセン方伯のコレクションに手をつけた容疑で英国へ国外逃亡中の身であり、晩年には宝石偽造にかかわってアイルランドへと再逃亡している)。

1786年ゲッティンゲン大学の私講師ゴットフリート・アウグスト・ビュルガー英語版がラスペ版をドイツ語へと翻訳、さらに加筆してドイツに逆輸入した。Wunderbare Reisen zu Wasser und Lande: Feldzüge und lustige Abenteuer des Freiherrn von Münchhausenとして出版されたこのビュルガー版は、今日のドイツでももっとも知られている版のひとつである。なお、ビュルガーは共和思想の持ち主であり、ビュルガー版には政治的風刺が多く盛り込まれた。そのためか、ビュルガーは生前自分が著者であることを固く秘した。またミュンヒハウゼンやラスペ同様、ビュルガーもまた晩年は不遇であり、教授に昇進できぬまま貧乏講師で終わっている。

19世紀、ミュンヒハウゼン男爵の物語は数多くの作家たちによって加筆され、さまざまな言語に翻訳された。その結果として物語には100以上のバリエーションが存在する。ミュンヒハウゼンが軍人として活躍したロシアでも、ミュンヒハウゼン男爵の物語は古くから出版されており、とくに子供向けにリライトされたものは広く愛読されている。ミュンヒハウゼンが滞在したというカリーニングラード(旧:ケーニヒスベルク)には「ミュンヒハウゼンの末裔たち」というクラブがあり、2005年にはミュンヒハウゼンの像が建てられた。

ミュンヒハウゼン男爵の物語のうち、ミュンヒハウゼン自身が語ったものがどれくらいあるのかは明らかでない。ただし、エピソードの大多数はミュンヒハウゼンが生まれる前から数世紀にわたり流布してきた民話がもととなっていることが判明している。

美術[編集]

多くのイラストレーターがミュンヒハウゼン男爵の物語に挿絵を描いてきたが、男爵のイメージを決定付けたのは1862年版に採用された(ミュンヒハウゼンとは似ていない)ギュスターヴ・ドレの挿絵である。ドレは他にもダンテの『神曲』や聖書にも挿絵を提供したことで知られる。

映画[編集]

1943年ウーファーによって『ほら男爵の冒険』が制作された。ウーファーの創立25周年記念作品であり、全編フルカラー(これはドイツにおいても4番目のカラー映画だった)で撮影され、当時としては高い水準の映像を実現している。ラスペ版を基にエーリッヒ・ケストナーが脚本を書き、ヨセフ・フォン・バキが監督した。出演ハンス・アルバース(ミュンヒハウゼン男爵役)、ブリギッテ・ホルナイ(エカチェリーナ大帝役)。もっともケストナーはナチ党政権から発禁処分を受けていたため、バキは機転を利かせて「ベルトールド・ビュルガー」(ビュルガーはドイツ語で市民の意味)という偽名でケストナーをクレジットした。後になってこの事実を知ったヨーゼフ・ゲッベルスは怒り、バキは戦後まで映画制作の現場から外され、その他の制作担当者も処分される憂き目に遭った。

1979年、マーク・ザハーロフが撮影したロシア語の映画Тот самый Мюнхгаузенでは、冒険談が出版された後のミュンヒハウゼンが描かれた。映画の中のミュンヒハウゼンは自分が正気であることを証明しようと苦闘する。

テリー・ギリアム1988年スペインバルセロナで映画『バロン』を撮影した。出演ジョン・ネヴィル(ミュンヒハウゼン男爵役)、エリック・アイドルオリヴァー・リードロビン・ウィリアムスジャック・パーヴィスユマ・サーマン

他にも男爵の生涯を描いたさまざまな短編が制作されている。中にはジョルジュ・メリエスによるものもある。

パロディ[編集]

アメリカの初期のSF作家ヒューゴー・ガーンズバックは戦間期に「ミュンヒハウゼン男爵の科学的冒険」を書いた。これは20世紀に蘇ったミュンヒハウゼン男爵が「現代科学」を駆使して活躍する教育的かつユーモラスな冒険SFであった[2]

日本の星新一にも『ほら男爵 現代の冒険』(新潮社 1970)という作品がある。これは執筆当時の現代を舞台に、ミュンヒハウゼン男爵の子孫、シュテルン・フォン・ミュンヒハウゼン(架空)を主人公にした風刺的なSF風の連作中編である。なお、「シュテルン」はドイツ語で「星」を意味する。

他にも以下のような作品がある。

関連用語[編集]

周囲の同情や関心を集めるために病気を装ったり自傷したりする精神疾患をミュンヒハウゼン症候群というが、これはミュンヒハウゼンがほら話で周囲の関心を集めたことにちなんでつけられた病名である。

ミュンヒハウゼンのトリレンマとはものごとの確実な根拠が得られることはないのではないかという問題提起である。ミュンヒハウゼンが自分の髪を引っ張りあげることで底なし沼から脱出したエピソードから名づけられた。

上記のエピソードは、版によっては、髪ではなくブーツの紐を引っ張りあげたことになっている。コンピュータやエレクトロニクスのブートストラップという用語はこのエピソードに由来するとされるが、詳細はつまびらかでない。

また、コンピュータのブートシーケンスについては、ブートの各ステージで、プログラム自身のいる場所を次にロードするプログラムのために空けてやる必要性から、プログラム自分自身を自分自身で別のアドレスにコピーする、ということがおこなわれることがあり、その様子から、とする説がある。

書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ なお、正しいつづりは「Münchhausen」だが、英語ではしばしば h を一文字省略し「Münchausen」と表記され、「マンチョーゼン」と英語読みで発音される。
  2. ^ 日本語訳は、前半のみが『世界SF全集 第4巻』早川書房(1971)に収録。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]