名前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

名前(なまえ、: όνομα: nomen: name)とは、人物に与えられた言葉のことで、それらを識別したり呼んだりする際に使われる。名称、あるいは単にとも言う。名前をつけることを「名付ける」「命名(めいめい)する」という。名前として使われる言葉を名詞という。

多くの場合、名前とは人名である。また、人名のうち、家族を表す(名字)でない方、個人を識別する名を指すことも多い。ただし、名ではなく姓を指して「名前」と呼ぶこともある。

一般論[編集]

すべての事象には名がある。と言うより、名前がないものは存在認識できない。

我々は先ず対象に名前を付ける。そのためには対象の概念を明確にし、またそれ以外の事象との区別を持たなければならない。この過程で名前を付けた対象が明確になる。

たとえば、自然観察の際に、まず生き物の名前を覚えることから始めることが多いが、これはそれ自体に価値があるのではなく、名前を覚えることで、それまでどれも同じに見えていたものの区別がつくようになるからである。たとえばハコベの名を覚えれば、雑草として区別せずに一緒にしていたものの中から、それが見分けられるようになるし、さらにウシハコベコハコベを知れば、ハコベの中にもさらに違いがあることもわかるようになる。

名前は元々あるものではなく、人間がそれを個別に把握すべき対象として認識した際に与えるものである。したがってどの範囲で名を与えるかは人間とそれとの関わりによって変わる。たとえば文化が違えば個々の物に対する関わりの深さも異なり、これが名前にも影響するため、言語によって名の扱いも異なる。たとえば日本語において、ウシという動物の名は「牛」である。それに含まれる差異については雄牛・雌牛・仔牛と接頭語をつけ、あるいは牛肉と語尾をつけて説明的に扱う。だが英語では牛は総称としては cattle 、雄牛は bull 、雌牛は cow 、仔牛は cult、牛肉は beef と、すべて全く異なった語を当てる。

商品の名前[編集]

商品名については、関連があるとイメージが結びつきやすいが、全く関係がない名前を付けることも珍しくはない。

他には、球場などの名前を期間限定で自由に付ける権利売買する事例もある。

プログラムにおける名前[編集]

プログラムにおいては、スコープが異なる限り一意性(唯一無二であること)を保証することは要件とされていない場合が多い。一意性を保証するために名前空間を導入することもある。


関連項目[編集]