アストリッド・リンドグレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アストリッド・リンドグレーン
Astrid Lindgren
Astrid Lindgren 1924.jpg
(1924年)
誕生 1907年11月14日
死没 2002年1月28日(満94歳没)
職業 児童書編集者児童文学作家
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
ジャンル 児童文学
代表作 長くつ下のピッピ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アストリッド・リンドグレーンAstrid Lindgren,1907年11月14日 - 2002年1月28日)は、スウェーデンの児童書の編集者で、同時に児童文学作家でもある。彼女の著書は、世界の70か国語以上に翻訳され、100以上の国で出版されている。

解説[編集]

スウェーデンの南東部のヴィンメルビューで生まれた。小さな牧場で家族と共に過ごした子供時代の経験が作品の下敷きになっている。彼女が十代の時、晩年のエレン・ケイに会い、影響を受けたという。その後、教師や事務員をする傍ら執筆活動を始め、1945年、『長くつ下のピッピ』(Pippi Långstrump)を執筆、これが彼女の世界的な名声の出発点となった。もともとこれは、彼女の小さかった娘カーリンのために考え出されたものだという。

彼女は子どもの権利や動物の権利の擁護者としても知られ、あらゆる虐待に反対の立場を表明している。1993年、ライト・ライブリフッド財団(1980年ヤコブ・フォン・エックスキュールが創設)から、財団賞を受けた。1958年には青少年のための文学作品に与えられる国際アンデルセン賞も受賞している。

彼女の作品は、スウェーデンの豊かな自然に囲まれた子供達の姿を描いたものから、少年探偵が活躍する推理もの、幻想的なファンタジーなど幅広く、『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』『ロッタちゃん』などはテレビ・映画化もされている。

2002年に、スウェーデン政府が彼女を記念して、児童青少年文学賞である「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を創設。2005年絵本作家荒井良二日本人初の受賞となった。

『長くつ下のピッピ』シリーズは全世界で1億3000万部以上を売った。

「やかまし村」はイェータランドスモーランド地方の様子を基にしたものであるという。

リンドグレーンの作品[編集]

シリーズ作品[編集]

独立ストーリー[編集]

  • 『ミオよ、わたしのミオ』(Mio min Mio)1954年
  • 『さすらいの孤児ラスムス』(Rasmus på luffen)1956年
  • 『小さいきょうだい-四つのものがたり』(Sunnanäng)[短編集]1959年
    • 『小さいきょうだい』
    • 『ボダイジュがかなでるとき』
    • 『カペラのひつじ』
    • 『公子エーカのニルス』
  • わたしたちの島で』(Vi på Saltkråkan)1964年
  • 『はるかな国の兄弟』(Bröderna Lejonhjärta)1973年
  • 山賊のむすめローニャ』(Ronja rövardotter) 1981年

岩波書店版 『リンドグレーン作品集』[編集]

尾崎義・大塚勇三・石井登志子 訳

  1. 『長くつ下のピッピ』 1964年
  2. 『ピッピ船にのる』 1965年
  3. 『ピッピ南の島へ』 1965年
  4. 『やかまし村の子どもたち』 1965年
  5. 『やかまし村の春・夏・秋・冬』 1965年
  6. 『やかまし村はいつもにぎやか』 1965年
  7. 『やねの上のカールソン』 1965年
  8. 『名探偵カッレ君』 1965年
  9. 『カッレ君の冒険』 1965年
  10. 『名探偵カッレとスパイ団』 1965年
  11. 『さすらいの孤児ラスムス』 1965年
  12. 『ラスムスくん英雄になる』 1965年
  13. 『ミオよ、わたしのミオ』 1967年
  14. 『小さいきょうだい』 1969年
  15. 『わたしたちの島で』 1970年
  16. 『親指こぞうニルス・カールソン』 1974年
  17. 『やねの上のカールソンとびまわる』 1975年
  18. 『はるかな国の兄弟』 1976年
  19. 『山賊のむすめローニャ』 1982年
  20. 『おもしろ荘の子どもたち』 1987年
  21. 『川のほとりのおもしろ荘』 1988年
  22. 『やねの上のカールソンだいかつやく』2007年
  23. 『カイサとおばあちゃん』 2008年

なお、「長くつ下のピッピ」「やかまし村」「名探偵カッレ君」各シリーズ同様、「やねの上のカールソン」も三部作であるが、3作目「やねの上のカールソンだいかつやく」のみ2007年まで邦訳されなかった(「―とびまわる」の後書きに、翻訳者によって3作目のあらすじが紹介されている)。『小さいきょうだい』『親指こぞうニルス・カールソン』『カイサとおばあちゃん』は短編集。

『はるかな国の兄弟』の勇気の意味[編集]

リンドグレーンは、人が自らの命を捧げてまでも守るべき「価値」とは何かを『はるかな国の兄弟』(1973)というファンタジー物語で読者に語りかけた。その主題は1954年の長編『ミオよ、わたしのミオよ』においてすでに示しており、また短編『公子エーカのニルス』にも窺える。

スウェーデン語の原題『Bröderna Lejonhjärta(ブレーデッナ・レヨンイェッタ)』は「ライオンの心をもつ兄弟」という意味である。

物語は病弱なクッキー(カールの愛称)が、兄のヨナタンに死の恐怖を語ることから始まる。優しいヨナタンは死は恐ろしいことではないとクッキーに語った。それは新しい世界「はるかな国」に入って行くことなのだ、と。

ある日火事が起き、ヨナタンは足が不自由なカールを助けようとして死んでしまう。しかし、生き残ったカールもまた自病のため、その命は限られていた。死を迎えたカールは、目覚めると、ヨナタンが語っていた通りの「はるかな国」に辿り着いていた。そこでカールは兄と再会する。美しい花の咲く、静かで平和な世界だった。

しかし、その美しい世界を、武力で征服し支配しようとする独裁者が出現する。ヨナタンはクッキーをつれ、村の人々と協力して、独裁者の軍隊と戦おうとする。人が自分の命を捧げてまでも守らねばならないこととは何か。「勇気」の意味、つまり「ライオンの心」を、リンドグレーンは、『はるかな国の兄弟』で語る。

写真絵本『エヴァ、ノリコさんに会う』[編集]

1956年に、スウェーデンの女性写真家、アンナ・リヴキン= ブリック(Anna Riwkin-Brick)が出版した子供向けのお話付きの写真集シリーズのうち、9冊のテキストを、その出版社の編集者であったリンドグレーンが担当した。このシリーズの最初が日本で撮影された『Eva möter Noriko-san』という一冊であり[1]、スウェーデンのエヴァという少女がノリコという日本の少女を訪ねる設定で日本の文化を紹介した。内容自体は、戦後ながら着物姿で生活し、菖蒲風呂に入り、お神輿を担ぎ、雛人形を飾るといった、外国人向けの現実離れしたストーリーだったが、スウェーデンよりもイスラエルで人気を得、ヘブライ語版は28版を重ねた。幼い頃に愛読者だったイスラエル人の映画監督が、モデルとなった少女たちを追うドキュメンタリーを制作しはじめ、スウェーデンで医師となっていたエヴァを見つけ、2013年にはノリコを探すために来日した[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Eva möter Noriko-san リンドグレーン公式サイトの紹介
  2. ^ のりこさんを捜せ イスラエル人気本のモデル 映画監督来日へ東京新聞、2013年8月10日
  3. ^ のりこさん、どこにいらっしゃいますか?イスラエル大使館 Israel in Japan Facebook、2013年3月31日
  4. ^ Filmmaker searches Japan for Israeli national ‘idol’ Noriko-sanThe Asahi Shimbun, August 12, 2013

外部リンク[編集]