アークヒルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アークヒルズ
ARK Hills
東京タワーから見たアークヒルズ
施設情報
所在地 東京都港区赤坂一丁目12-32
状態 完成
着工 1983年昭和58年)11月
竣工 1986年(昭和61年)3月
用途 事務所店舗共同住宅ホテルコンサートホールテレビスタジオ駐車場
地上高
最頂部 153.34m
屋上 144.8m
各種諸元
階数 地上37階地下6階
敷地面積 41,186.61m² m²
建築面積 22,853.71m² m²
延床面積 360,608.87m² m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
戸数 479戸
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所建築設備設計研究所竹中工務店
施工 鹿島建設戸田建設フジタ工業竹中工務店清水建設
デベロッパー 赤坂六本木地区市街地再開発組合(森ビルなど)
所有者 森ビルテレビ朝日など
アークヒルズ(再開発前)周辺の約430メートル四方を写した航空写真。1979年11月6日撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
アークヒルズ(再開発後)周辺の約430メートル四方を写した航空写真。1989年10月20日撮影。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
アーク森ビル
ARK MORI BUILDING
施設情報
所在地 東京都港区赤坂一丁目12-32
状態 完成
着工 1983年昭和58年)11月
竣工 1986年(昭和61年)3月
用途 事務所店舗駐車場
地上高
最頂部 153.34m
屋上 144.8m
各種諸元
階数 地上37階地下6階
敷地面積 11,115.76m² m²
建築面積 7,859.96m² m²
延床面積 181,833.01m² m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
エレベーター数 乗用32台、非常用2台
駐車台数 500台
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所建築設備設計研究所
施工 鹿島建設戸田建設フジタ工業
デベロッパー 森ビル
所有者 森ビル
アークタワーズ
ARK Towers
施設情報
所在地 東京都港区六本木一丁目3-38
状態 完成
着工 1983年昭和58年)11月
竣工 1986年(昭和61年)3月
用途 共同住宅駐車場
地上高
最頂部 イースト76.69m
ウエスト67.99m
各種諸元
階数 イースト 地上25階地下2階
ウエスト 地上22階地下2階
サウス地上6階地下2階
敷地面積 6,671.46m² m²
建築面積 2,472.29m² m²
延床面積 54,411.05m² m²
構造形式 鉄筋コンクリート造
戸数 イースト273戸
ウエスト130戸
サウス30戸
駐車台数 173台
関連企業
設計 森ビル竹中工務店
施工 竹中工務店
デベロッパー 赤坂六本木地区市街地再開発組合(森ビルなど)
所有者 森ビルなど
サントリーホール
Suntory Hall
サントリーホール
情報
用途 コンサートホール
設計者 安井建築設計事務所入江三宅設計事務所
施工 鹿島建設
建築主 森ビル
管理運営 サントリーホールディングス
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 10,830.51m²(テレビ朝日と共有) m²
建築面積 3,022.33m² m²
延床面積 12,149.23m² m²
階数 地上4階地下2階
着工 1983年昭和58年)11月
竣工 1986年(昭和61年)3月
開館開所 1986年(昭和61年)10月12日
所在地 107-8403
東京都港区赤坂一丁目13-1
位置 北緯35度39分59.81秒
東経139度44分29.06秒
座標: 北緯35度39分59.81秒 東経139度44分29.06秒
テンプレートを表示
テレビ朝日アーク放送センター
TV Asahi
テレビ朝日アーク放送センター
情報
用途 テレビスタジオ
設計者 安井建築設計事務所入江三宅設計事務所
施工 清水建設
建築主 全国朝日放送株式会社
事業主体 株式会社テレビ朝日
管理運営 株式会社テレビ朝日
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 10,830.51m²(サントリーホールと共有) m²
建築面積 412.89m² m²
延床面積 13,604.09m² m²
竣工 1985年昭和60年)9月
所在地 106-0032
東京都港区六本木一丁目1-1
テンプレートを表示
ANAインターコンチネンタルホテル東京
Ark hills.jpg
ホテル概要
ホテルチェーン IHG・ANAホテルズグループ
設計 入江三宅設計事務所建築設備設計研究所
施工 鹿島建設戸田建設ほか
運営 IHG・ANAホテルズグループ
前身 東京全日空ホテル
階数 地下3 - 36階
レストラン数 11軒
部屋数 844室
シングル数 65室
ダブル数 391室
ツイン数 411室
スイート数 30室
敷地面積 10,984.69 m²
建築面積 8,940.98 m²
延床面積 98,331.68 m²
最頂部 132.85m
開業 1986年昭和61年)6月7日
最寄駅 東京メトロ溜池山王駅
東京メトロ六本木一丁目駅
最寄IC 首都高速都心環状線霞が関出入口
所在地 〒107-0052
東京都港区赤坂一丁目12-33
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

アークヒルズ (ARK Hills) は、東京都港区赤坂一丁目と同六本木一丁目にまたがって位置する複合施設である。赤坂アークヒルズとも呼称される。

概要[編集]

高層のオフィスビルホテル集合住宅や、コンサートホール放送局などから構成される複合施設として、1986年昭和61年)に完成した。開発・運営は森ビルによるもので、当時の民間による都市再開発事業としては最大級の規模であった。

プロジェクトは1967年(昭和42年)に始まっており、完成には計画開始から20年近い歳月を要している。再開発地の対象となった地域のなかでも六本木一丁目は住宅密集地となっており、古くからの住宅街を潰しての再開発を図る森ビルに対しての反発は強く、用地買収は困難を極めたという。

名称の『ARK』は、赤坂(『A』: Akasaka)と六本木(『R』: Roppongi)のつなぎ目(『K』: knot)に由来する[1]。また、「アークヒルズ」は大規模都市再開発のさきがけとなったこともあり、開業した1986年(昭和61年)には新語・流行語大賞の新語にノミネートされている。

所在地は虎ノ門の高台の中腹から谷底にかけての起伏に富んだ傾斜地であり、六本木通り首都高速道路都心環状線首都高速3号渋谷線などの幹線道路に接している。また、開業当初からしばらくは最寄に鉄道駅がない状態であったが、1997年平成9年)に東京メトロ溜池山王駅2000年(平成12年)には同・六本木一丁目駅がそれぞれ至近に開業した。

沿革[編集]

  • 1967年 - 森ビルが高島湯と周辺の土地を買い入れる。
  • 1969年11月 - 33階の高層ビルの建設を計画、東京都は都市再開発法施行直後だったこともあって、周辺地域も含めた開発を行うことを提案する。
  • 1971年3月 - 再開発適地調査が行われ、適地として指定される。
  • 1971年5月 - 再開発計画がマスコミなどで公表されるが、住民の反発に遭う。
  • 1972年4月 - 港区によって赤坂地区市街地再開発基本計画が取り纏められる。
  • 1973年9月 - ミニコミ誌『赤坂・六本木地区だより』を創刊し、住民との親善を図る。
  • 1974年1月 - 56階建ての超高層ビルを中心として、庭園の回りに大型商業施設を配するARK構想案が取り纏められる。
  • 1976年6月 - オイルショックを慮り、商業施設からオフィスを中心とした計画に変更されたARK計画案が取り纏められる。
  • 1978年5月 - 森ビルの社長森泰吉郎(当時)を長とする赤坂・六本木地区再開発準備組合が発足する。
  • 1978年12月 - 東京都道415号高輪麻布線沿いに商業施設、オフィスを配置する第一次計画案が取り纏められる。
  • 1979年7月 - その後協議を重ねた末、第二次計画案が取り纏められる。
  • 1979年11月 - 住民との和解成立。
  • 1982年11月 - 赤坂・六本木地区第一種市街地再開発事業が認可され、森泰吉郎を長とする赤坂・六本木地区市街地開発組合が発足する。
  • 1983年8月 - 権利変換計画が認可される。
  • 1983年11月 - 着工。
  • 1986年4月 - 竣工。
  • 1999年3月 - エグゼグティブタワー竣工。
  • 2002年4月 - アーク森ビルにおいて、国内の賃貸オフィスビルでは初の非接触式ICカード(RFID)によるセキュリティーゲート(ビル入館管理システム・自動改札機)を設置。
  • 2003年 - メインテナントであったテレビ朝日のオフィス・スタジオが六本木ヒルズ内の新社屋へ移転。
  • 2005年 - アーク森ビルの共有施設・空きオフィスを中心に全面改装。共有区画は重厚な木目調の空間となる。

主要施設[編集]

アーク森ビル[編集]

37階建のインテリジェントオフィス。建物中央で半分ずつ位置を迫り出した様なデザインのため、遠方からはワールドトレードセンター2棟の隔たりを近づかせたツインタワーの様に見えるが、実際は一棟である。斜向かいに「赤坂ツインタワー」が立地しているため、ビル名と建物が混乱される場合もある。下層階は商業施設、上層階はオフィステナントとなっている。

オフィステナント[編集]

竣工時より数多くの外資系・貿易関係の企業・団体が入居している。開業当時は日本に進出した外資系金融機関の拠点として“国際金融センター”の顔が強かったが、2000年代に他のビルへ転出したり、日本撤退などで雰囲気は一変した。

エアバスA.T.カーニーソシエテ・ジェネラルフォルクスワーゲン独立行政法人日本貿易振興機構 (JETRO) 、イタリア銀行ローランド・ベルガーロイヤル・バンク・オブ・カナダワークスアプリケーションズ西村あさひ法律事務所カネカアミューズキャピタルなど。

日本貿易振興機構は2005年(平成17年)1月より入居した。テレビ朝日に代わる大口テナントであるため、専用の受付が別途設けられている。

ショップテナント[編集]

サントリーホール[編集]

ANAインターコンチネンタルホテル東京[編集]

東京全日空ホテルとして1986年(昭和61年)に開業。36階建てで「A」を模した三角形状の建物である。

2006年(平成18年)にホテル運営を英国インターコンチネンタルホテルズグループと合弁化 (IHG-ANA) し、2007年(平成19年)4月より現名称へ変更した。

また、開業当初より全日本空輸子会社の全日空エンタプライゼスが所有する形で、全日本空輸の自社物件の一つであったが、2001年(平成13年)に不動産信託による流動化で住友信託銀行へ譲渡し、507億円の受益権を獲得。2007年(平成19年)に、不動産自体をモルガン・スタンレー系の城山プロパティーズへ売却した。

テレビ朝日アーク放送センター[編集]

同社が六本木ヒルズ移転後、グループ会社のテレビ朝日映像とテイクシステムズが本社を移転。旧社屋のスタジオ施設をリニューアルしテレビ番組用の貸スタジオおよび編集室として運用、その後テレビ朝日の子会社化を経てテレビ朝日の収録専用スタジオに戻り、事実上の「本社別館」として機能している。

テレビ朝日の部署も一部残っており、壁面には3社のロゴが掲示されている。また、屋上にはテレビ朝日のお天気カメラも設置されている。

テレビ朝日がアーク森ビル(港区赤坂一丁目12番32号)に本社機能を置いていた時代も、登記上の本社住所は放送センターのある「六本木一丁目1番1号」であった。

アークガーデン[編集]

アークヒルズ周辺の7つの庭の総称。一部を除き、日中は一般開放されている。1997年(平成9年)には専任ガーデナーに杉井明美を迎え「アークガーデニングクラブ」を発足させ、都市緑化に参加できるコミュニティ活動を行っている。2005年(平成17年)と2006年(平成18年)には、社会・環境貢献緑地評価システム Excellent Stage 3 に認定された。

住居[編集]

月賃料30万円以上の高級賃貸レジデンスサービスアパートメントとして運営されている。

  • アークタワーズ(ウエスト25階建・イースト22階建・サウス6階建)
アークヒルズスパ(会員制)併設
  • アークヒルズエグゼクティブタワー(9階建て。SOHO・サービスアパートメント)

交通アクセス[編集]

バス[編集]

都営バス渋谷営業所

都01系統(渋谷駅 - 西麻布 - 六本木駅前 - 赤坂アークヒルズ前 - 溜池 - 虎ノ門 - 新橋駅
渋谷・六本木方向からの場合は、降車後地下道を通り抜け、反対車線に渡る必要がある。
  • 赤坂アークヒルズ前停留所(始発時のみアーク森ビル車寄せ側から発車)
都01系統(渋谷駅 - 西麻布 - 六本木駅前 - 赤坂アークヒルズ)

地下鉄[編集]

ヘリ[編集]

アーク森ビル屋上のヘリポートから、関連会社の森ビルシティエアサービス(運行はエクセル航空に委託)が運営するヘリコプター路線に搭乗できる(要予約)。成田国際空港近くの成田(佐倉)ヘリポートまでを約20分で結ぶ[2]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Ark Hills Times2011年11月21日
  2. ^ サービス概要 - 森ビルシティエアサービス

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度40分00秒 東経139度44分29秒 / 北緯35.666615度 東経139.741405度 / 35.666615; 139.741405