六本木ヒルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
六本木ヒルズ
Roppongi Hills
Roppongi Hills 2013-12-01.jpg

Wellhole Roppongi Hills.jpg
六本木ヒルズ全景(上)と
六本木駅からの入り口メトロハット(下)
施設情報
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-10-1
状態 完成
着工 2000年平成12年)2月
竣工 2003年平成15年)3月
開業 2003年平成15年)4月25日
用途 事務所店舗共同住宅ホテル美術館映画館テレビスタジオ学校寺院駐車場
地上高
高さ 238m
各種諸元
階数 地上54階地下6階 塔屋2階
敷地面積 84,801.02m²m²
延床面積 724,524.60m²m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
戸数 総戸数837戸(賃貸戸数517戸)
駐車台数 1,073台
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所コーン・ベダーセン・フォックスジャーディ・パートナーシップ槇文彦
施工 大林組鹿島建設清水建設大成建設竹中工務店熊谷組戸田建設フジタ西武建設
デベロッパー 六本木六丁目地区市街地再開発組合(森ビルなど)
所有者 森ビルハリウッド化粧品テレビ朝日ほか
管理運営 森ビル
六本木ヒルズ森タワー
Roppongi Hills Mori Tower
Roppongi Hills Mori Tower (2006.05.05).jpg
ライトアップされた六本木ヒルズ森タワー
施設情報
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-10-1
状態 完成
着工 2000年平成12年)2月
竣工 2003年平成15年)3月
開業 2003年平成15年)4月25日
用途 事務所店舗美術館
地上高
高さ 238m
各種諸元
階数 地上54階地下6階 塔屋2階
敷地面積 23,000m²m²
建築面積 16,169m²m²
延床面積 379,408.63m²m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所コーン・ベダーセン・フォックスジャーディ・パートナーシップ
施工 大林組鹿島建設
デベロッパー 森ビル
所有者 森ビル
管理運営 森ビル
グランドハイアット東京
Grand Hyatt Tokyo
Grand Hyatt Tokyo.JPG
施設情報
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-10-3
状態 完成
着工 2000年平成12年)2月
竣工 2003年平成15年)3月
開業 2003年平成15年)4月25日
用途 ホテル店舗駐車場
地上高
高さ 238m
各種諸元
階数 地上21階地下2階
敷地面積 11,325.71m²m²
建築面積 9,068.241m²m²
延床面積 69,001.74m²m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所
施工 大成建設
デベロッパー 森ビル
所有者 森ビル
ハリウッドビューティープラザ
Hollywood Beauty Plaza
情報
用途 事務所店舗学校
設計者 森ビル三菱地所設計
施工 鹿島建設
事業主体 森ビルハリウッド美容専門学校
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 6,570.32㎡m²
建築面積 3,720㎡m²
延床面積 24,811㎡m²
階数 地上12階地下3階
着工 2000年3月
竣工 2003年3月
開館開所 2003年4月25日
所在地 106-0032
東京都港区六本木6-4-1
テンプレートを表示
六本木ヒルズレジデンス
Roppongi Hills Residences
Condo Towers Tokyo Roppongi.jpg
施設情報
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-12-1
状態 完成
着工 2000年平成12年)3月
竣工 2003年平成15年)3月
用途 共同住宅店舗駐車場
各種諸元
階数
A:地上6階地下2階
B・C:地上43階地下2階
D:地上18階地下2階
敷地面積 16,649.47m²m²
延床面積 149,812m²
*A15,198m²
*B58,576m²
*C49,595m²
*D26,443m²m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
戸数 総戸数793戸(賃貸戸数473戸)
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所
施工 A・B:戸田建設フジタ
C・D:清水建設西武建設
デベロッパー 六本木六丁目地区市街地再開発組合(森ビルなど)
所有者 森ビルほか
管理運営 森ビル
六本木ヒルズけやき坂テラス
Roppongi Hills Keyakizaka Terrace
けやき坂のイルミネーション
情報
用途 事務所店舗
設計者 森ビル入江三宅設計事務所ジャーディ・パートナーシップ
施工 熊谷組
事業主体 森ビル
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 3,338.62m²
建築面積 1,448.3㎡m²
延床面積 6,856㎡m²
階数 地上6階地下1階
竣工 2003年3月
開館開所 2003年4月25日
所在地 106-0032
東京都港区六本木6-15-1
テンプレートを表示
六本木ヒルズけやき坂コンプレックス
Roppongi Hills Keyakizaka Complex
情報
用途 店舗映画館駐車場
設計者 森ビル山下設計ジャーディ・パートナーシップ
施工 フジタ
事業主体 森ビル
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 6,483.27㎡m²
建築面積 4,274.62㎡m²
延床面積 2,3,702.03㎡m²
階数 地上7階地下3階 塔屋2階
着工 2000年3月
竣工 2003年3月
開館開所 2003年4月25日
所在地 106-0032
東京都港区六本木6-10-2
テンプレートを表示
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
TOHO CINEMAS ROPPONGI HILLS
情報
正式名称 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
旧名称 ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ、VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ
完成 2003年
開館 2003年4月25日
客席数 (9館合計)2,099
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTSSDDSTHX
用途 映画上映
運営 TOHOシネマズ株式会社
所在地 106-0032
東京都港区六本木6-10-2
六本木ヒルズけやき坂コンプレックス内
位置 北緯35度39分34.3秒
東経139度43分45.6秒
アクセス 六本木ヒルズと同様
公式サイト TOHOシネマズ六本木ヒルズ
テンプレートを表示
六本木ヒルズゲートタワー
Roppongi Hills Gate Tower
[[ファイル: |alt=|250px]]
施設情報
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木6-11-1
状態 完成
着工 2000年平成12年)3月
竣工 2003年平成15年)3月
用途 事務所店舗共同住宅駐車場
各種諸元
階数 地上15階地下2階
敷地面積 4,560.15m²m²
延床面積 30,793m²m²
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
戸数 総戸数44戸(賃貸)
関連企業
設計 森ビル入江三宅設計事務所
施工 大林組
デベロッパー 六本木六丁目地区市街地再開発組合(森ビルなど)
所有者 森ビルほか
管理運営 森ビル
テレビ朝日
TV Asahi
テレビ朝日 本社社屋
情報
用途 放送局オフィス
設計者 槇文彦
施工 竹中工務店
事業主体 テレビ朝日
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
敷地面積 16,386㎡m²
建築面積 9,469㎡m²
延床面積 73,700㎡m²
階数 地上8階地下3階 塔屋1階
着工 2000年3月
竣工 2003年3月
所在地 106-0032
東京都港区六本木6-9-1
テンプレートを表示

六本木ヒルズ(ろっぽんぎヒルズ、Roppongi Hills)は、東京六本木にある複合施設である。

高層オフィスビル 「六本木ヒルズ森タワー」を中心に、集合住宅 「六本木ヒルズレジデンス」、ホテル 「グランドハイアット東京」、テレビ朝日本社社屋、映画館「TOHOシネマズ」などの文化施設、その他の商業施設などで構成されており、2003年平成15年)4月に開業した。事業主は森ビルで、港区六本木6丁目地区の再開発として、完成までには約17年の歳月を要している。

概要[編集]

主な施設として、六本木ヒルズ森タワー(54階建て)は、ブランド街のショッピング・モール、オフィス、上層部は展望台の東京シティビューや文化施設や美術館などで構成される森アーツセンター、森美術館、がある。企業テナントではレノボ ジャパンやゴールドマン・サックスや民放FMラジオ局のJ-WAVEなどが入居する。屋上には、オープンエア展望台としては、都心の夜景を一望できる(海抜270m)スカイデッキがある(このスカイデッキは東京タワーの特別展望台より高い位置にある)。森タワー地下には自家発電設備(六本木エネルギーサービス)があり、ヒルズ全体の電力を賄っている。

施設内にはテレビ朝日本社ビルがある他、映画館シネマコンプレックスTOHOシネマズ 六本木ヒルズ)、ホテル(グランドハイアット東京)、屋外型イベントスペース(六本木ヒルズアリーナ)、ルイ・ヴィトンなどを始めとする多数のショップやブティック、レストラン、高級マンションである住居棟(六本木ヒルズレジデンス、ゲートタワーレジデンスなど)や学校施設ハリウッド化粧品本社やハリウッド美容専門学校のあるハリウッドビューティプラザ、アメリカ人向けナショナル・スクールアメリカンスクール・イン・ジャパン幼稚園がある。

デザインは、コーン・ペダーセン・フォックス・アソシエイツが森タワーやグランドハイアット東京などを、ジャーディ・パートナーシップジョン・ジャーディen:Jon Jerde)がけやき坂など低層部の商業エリアを担当した。また、テレビ朝日は建築家槇文彦、イメージキャラクターの「ロクロク星人」は現代芸術家の村上隆によるものである。

六本木ヒルズ森タワーにはJ-WAVEの非常用送信設備が備わっており、東京スカイツリーからの送信が不可能になっても最大で1kWの放送が可能である。

歴史[編集]

港区六本木6丁目の再開発として事業計画された六本木ヒルズであるが、この地にはかつて約500世帯が暮らしていた[1]。また、計画の立案後にはバブル崩壊や反対派住民による抵抗などの紆余曲折があり、その完成までには約17年の歳月を要した[1]

前史[編集]

江戸時代に、麻布日ヶ窪(現在の六本木六丁目)に長府毛利家長州藩支藩長門府中藩)の屋敷がおかれた。長門府中藩(長府藩とも。現山口県下関市の一部)出身の乃木希典もこの地で生まれている。

明治時代には、法律家増島六一郎中央大学の前身である英吉利法律学校の創立者の1人で初代校長)の邸宅になった。第二次世界大戦の戦災に遭った後、1952年ニッカウヰスキーの工場、後に日本教育テレビ(NETテレビ)(後の全国朝日放送→テレビ朝日)の敷地となった。また、日本で最初の美容室として知られるメイ牛山のハリウッドビューティサロンやハリウッド化粧品、ハリウッド美容専門学校の広大な敷地が戦前からあった。現在のメトロハット、ろくろくプラザ、ハリウッドビューティプラザの辺りである。下に通るトンネルは、ハリウッドの社屋があった後に掘削されたことで、「ハリウッドトンネル」と呼ばれていた。

かつては広大な毛利家の庭園が残っていた(毛利甲斐守邸跡)。園内の池はニッカ〜テレ朝時代にニッカ池という通称が付き[2]テレビ朝日の番組「さんまのナンでもダービー」で一部に知られるようになる(同番組の中期以降は「ダービー池」と呼称していた)。現在、敷地内には面積約4300平方メートルの毛利庭園が設けられ、「毛利池」があるが、これはニッカ池とは異なる。かつての庭園遺構は毛利池の下に埋土保存されている[3]

また、東京都立駒場高等学校の前身に当たる東京府立第三高等女学校と、駒澤大学の前身で1882年明治15年)に開校した曹洞宗大学林専門本校があった場所も六本木ヒルズの一角に当たる。北欧家具の販売店やレストラン・ストックホルム(現在は赤坂エクセルホテル東急のショッピングアーケードである赤坂プラザへ移転)があったスウエーデンセンター、宝タクシーの跡地周辺はスーパーマーケットなどとなった。その他、メトロハットになっている場所は、西武セゾングループの文化・音楽拠点の一つだった六本木WAVE(地下に西武百貨店が開設後、西友を経て、閉館時には東京テアトルが経営・運営していた映画館「シネ・ヴィヴァン・六本木」があった)の跡である。

経緯[編集]

六本木ヒルズ誕生前は、テレビ朝日周辺の六本木六丁目は住宅密集地だったこともあり道路が狭く、消防車が通行する事も困難な状況であったため、1990年平成2年)に同局本社の移転も兼ねた再開発計画地域に指定された。愛称で「六六(ろくろく)」と呼ばれているのも六本木六丁目が由来となっている。なお、この付近の再開発の先行事例として、同じく森ビルが行った赤坂アークヒルズがある。

建設[編集]

  • 1984年 - アークヒルズ完成に伴いテレビ朝日の本社が一時移転。権利変換により森ビルが地権者となり、ここを中心にアークヒルズに続く大規模な都市再開発計画が同社内でスタートした。
  • 1984年 - この大規模な都市計画が六本木六丁目であることから、66再開発と呼ばれた。
  • 1993年 - 森ビルの働き掛けをきっかけに東京都も加わり、「六本木六丁目地区第一種市街地再開発事業」を開始。住民による勉強会が行われる。
  • 1995年 - 東京都が都市計画決定を告示。この年の阪神・淡路大震災を教訓に、耐震構造が組まれる。
  • 1996年 - 「6.6プラン」を発表。
  • 1997年 - 港区が地区の区域の公告を実施。東京都、港区、公共施設管理者が同意に至り、最終計画案がまとまる。
  • 1998年 - 六本木六丁目地区再開発準備組合を設立。
  • 1999年 - 東京都権利変換計画が認可され、仮住居への入居を開始。
  • 2000年 - 着工。ピーク時には1万人近くの工事作業員が作業に携わる(総事業費約2,700億円)。テレビ朝日もこの年の2月末までこの地にあったので、着工時は江東区東陽町に仮設のスタジオ棟を、また新宿区四谷にも中規模スタジオを建設して対応していた。
  • 2000年7月 - 森ビルが、東京日産本社ビルを買収。ZONE六本木ビルを経て、六本木ヒルズノースタワーに名称変更。
  • 2003年4月2日 - グランドオープンを控えた六本木ヒルズにエリツィンロシア連邦初代大統領が視察。森社長と六本木ヒルズの記念品を交換する。内装仕上げなど多くの関心を示される。
  • 2003年4月22日 六本木ヒルズのオープニングーセレモニーが行なわれた。出席した小泉純一郎首相は「この東京の新たな街づくりに極めて刺激的、魅力的な六本木ヒルズが誕生したという、この誕生に立ち会うことができたのは幸運だと思います」と祝賀挨拶した。
  • 2003年4月25日 - 開業(街開き)。10月、テレビ朝日の本社・スタジオが東陽町、四谷から戻る(東陽町はその後解体、四谷は他者に譲渡)。

完成後[編集]

2005年(平成17年)5月20日来日したロシアのプーチン大統領は、六本木ヒルズ展望台(52階)を訪れ、開催中の日ロ修好150周年を記念した友好アート展を見学した[4]

開業以来の来街者数は開業5年目で累計で約2億人となる。内訳は初年度4,500万人、2004年度4,400万人、2005年度4,400万人、2006年度4,300万人、2007年度4,200万人、2008年度4,500万人となる[5]

作曲家の坂本龍一が、六本木ヒルズの誕生を祝って祝典音楽を作品化した。曲名は『The Landsong〜music for Artelligent City〜』で六本木ヒルズのテーマ曲となる[6]

オープン時のキャッチフレーズは「六本人、生まれる。」であり、テレビCMも流れていた[7]

高所得者の象徴[編集]

住居棟である六本木ヒルズレジデンスには、大物俳優・タレントやトップミュージシャンなどの著名人が数多く居住し、 また、オフィス塔である六本木ヒルズ森タワーには、株式を公開したITベンチャー企業は相次いでオフィスを設けた。 これらの企業の経営者たちは、若くして成功したことでマスコミなどに注目されるようになった。 IT関連などの企業も多く入居し、「六本木ヒルズ族」(六本木ヒルズ住民)という言葉が使われる様になった。

上棟記念パーティー[編集]

2002年(平成14年)4月8日に都内で森ビルの六本木ヒルズ上棟記念パーティーが行なわれた。

前日上棟式を行った54階建て事務所棟A(森タワー)の40階で開かれたパーティーには、小泉純一郎首相を始め、平沼赳夫経済産業相、竹中平蔵経済財政担当相、石原伸晃行政改革担当相など大物閣僚がズラリと揃った。ほかにも森喜朗前首相、綿貫民輔衆院議長、野田毅保守党党首、藤井裕久自由党幹事長、中川秀直前IT担当相、佐藤静雄国土交通副大臣など大物政治家が顔を揃えた。

会場は整備されているとはいえ、工事中の現場にこれだけ国政を司る面々が出席するなど、六本木ヒルズの期待度の高さを見せ付けた。 小泉純一郎首相はパーティで「六本木ヒルズは、規模、面積、事業費どれをとっても過去最大の都市再生事業である。都市再生のお手本をつくってくれたと感心している。民間の力こそ都市再生と構造改革の鍵であることをしめしてくれた」と語った。 竹中平蔵経済財政担当相は「近くの高層マンションに住んでいるので、毎日のように六本木ヒルズが建ち上がっていくのを見ていた。閣僚の中でわたしが一番身近に見てきた」と語り、六本木ヒルズは「21世紀をリードするのは都市型の労働集約型産業」とエールを送った。

施設・設備[編集]

自家発電

六本木ヒルズでは、六本木エネルギーサービス電力とガスなど熱力の供給を全てを担っている。六本木エネルギーサービスは、森ビル株式会社と東京ガスによって設立された特定電気事業である[8]

ガスタービンコジェネレーションを採用し、都市ガスを燃料として施設独自のエネルギープラントを設置しており、一般家庭数千世帯分にのぼる電力を域内に供給している。これにより、停電などの電力制限をほとんど受けることなく、電力供給が可能となっている[9]。万一ガスの供給が停止した場合は東京電力から買電し、それも不能となった場合には備蓄してある灯油で発電する二重のバックアップ体制をとっている。これは、非常時にも電力供給が止まらないオフィス環境を求める外資系テナントの要請によるものである[10]

通常時は稼働しないが、電力供給機能はビル街にとどまらず外部に対してもなされており、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に伴う電力不足の折にはビル街の節電などにより余剰となった電力を限定的ながら外部へ供給した実績もある[11]

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ[編集]

TOHOシネマズ 六本木ヒルズは、六本木ヒルズけやき坂コンプレックスにあるシネマコンプレックス。9スクリーンある。

六本木駅より徒歩0分(六本木ヒルズと直結しているため。実際にはメトロハットと直結している日比谷線B1出口から徒歩5分程度所要し、大江戸線の六本木駅および麻布十番駅の改札口まで徒歩10分強は要する)。

計画時点ではヴァージンシネマズ・ジャパン株式会社による「ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ」であったが、施設開業直前の2003年(平成15年)4月4日にヴァージンシネマズの株式を東宝株式会社が取得して完全子会社化し、同月7日にはTOHOシネマズへ社名変更を実施した事に伴い、TOHOシネマズによる「ヴァージンシネマ六本木ヒルズ」として、4月25日にグランドオープンした。

基本的に東宝系の邦画や、洋画ブロックバスター東宝東和ソニーピクチャーズ系)をメインに配給する。昼間の時間帯を中心に東映(テレビ朝日制作)作品や松竹映画も上映されている。

ブロックバスターを中心とした日本国内でのプレミア上映会(ジャパンプレミアレッドカーペット)の会場としては六本木ヒルズアリーナが使用される。

座席数[編集]

  • シネマ1:164席
  • シネマ2:369席
  • シネマ3:148席
  • シネマ4:124席
  • シネマ5:265席
  • シネマ6:180席
  • シネマ7:644席
  • シネマ8(PREMIRE):79席
  • シネマ9(ART):108席

交通[編集]

再開発前の旧テレビ朝日本社屋を中心とした当地の交通機関は、六本木交差点の地下を通る東京メトロ日比谷線六本木駅と、六本木通りを走る都営バス渋88渋01の六本木六丁目停留所が最寄りであった。

都営大江戸線開通前までは、田町駅より六本木駅前を通り青山一丁目駅、信濃町駅、四谷三丁目駅を経て新宿駅西口へと到達する田70(甲・乙・丙・丁)が運行されてきたが2000年(平成12年)12月12日を以って廃止されている。

六本木ヒルズを中核とした地域再開発によって、青山一丁目交差点方面から青山葬儀所を経て鳥居坂下交差点を結ぶ麻布トンネル・六本木トンネルの完成、ビル開業に合わせた各種バス路線の整備により、格段に向上している。

なお、都営地下鉄大江戸線や東京メトロ南北線と接続する麻布十番駅は六本木六丁目再開発が着工された直後の2000年(平成12年)12月時点で完全開業している。

鉄道[編集]

バス[編集]

一般路線バス[編集]

都営バスの路線は、渋谷駅とを結ぶ都01折返と直行版のRH01、並びに五反田駅品川駅とを結ぶ反96の各系統が運行されている。六本木ヒルズ内には六本木ヒルズ(森タワー1階)、六本木けやき坂の停留所があり、都01折返とRH01は六本木ヒルズ→けやき坂→渋谷方面、反96系統は麻布十番駅→けやき坂→六本木ヒルズ→六本木駅の経路で運行される。

また、六本木通りを走る都01(渋谷駅 - 赤坂アークヒルズ新橋駅東京ミッドタウン)および渋88(渋谷駅 - 新橋駅、青山学院神谷町駅経由)の六本木六丁目停留所も利用可能である。

コミュニティバス[編集]

2004年(平成16年)10月1日からは、港区のコミュニティバス「ちぃばす」の2路線が田町駅および赤坂方面から運行されている。都営バスの反96と同様に、六本木ヒルズと六本木けやき坂の両停留所に停車する。

さらに、2010年(平成22年)3月24日からは麻布・芝、青山方面からのルートも運行される様になった。なお、麻布ルートは六本木けやき坂停留所のみの停車である。


高速バス[編集]

観光周遊バス[編集]

  • スカイホップバス(六本木・東京タワーコース)(日の丸自動車興業) - 「車寄せA」にバス停がある。


[編集]

六本木ヒルズ内に数箇所の駐車場があるものの、違法駐車をしている観光客の車や客待ちのタクシーなどで周囲は恒常的に渋滞している。


その他[編集]

ビルの設備は非常に先進的であるが、再開発の経緯があり、住人が多いので、日常生活にも配慮がある。自転車置き場には可動式の自転車ラックと防犯カメラが設置されている。

六本木ヒルズの商業エリア等のオープンスペースではdocomo Wi-Fiフレッツスポットといった公衆無線LANが利用できる。

六本木ヒルズクロスポイント[編集]

六本木ヒルズ クロスポイント
Roppongi Hills Cross Point
情報
用途 事務所店舗共同住宅バイク駐輪場
建築主 森ビル
管理運営 森ビル
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積 1,003.61m²m²
建築面積 892.19m²m²
延床面積 7,578.57m²m²
階数 地上10階地下1階
高さ 57.96m
着工 2009年平成21年)9月
竣工 2011年平成23年)3月
所在地 東京都港区六本木六丁目3-1
テンプレートを表示

六本木ヒルズ「66ぷらざ」に接続し、六本木通青山・西麻布・渋谷方面からの新たな玄関口となるビルとして「六本木ヒルズ」を拡張する形で整備された[12]。 六本木ヒルズの玄関口として機能しており六本木ヒルズの公式な構成施設であるが、建築・竣工時期が他の施設と異なるため、同ビルの建設は別のプロジェクトとして扱われている[13]

ノースタワー[編集]

  • 麻布警察署の並びにあり、六本木通り首都高速3号渋谷線に面するオフィスビルで、その名の通り六本木ヒルズで最も北に位置する。
  • 他の施設と異なり、再開発プロジェクト以前から存在した建物で、1971年に東京日産自動車販売の自社ビルとして竣工したものである。
  • 再開発が始まった2000年に森ビルが買収、いったん「ZONEビル」と改称後、六本木ヒルズ開業に併せ「六本木ヒルズノースタワー」と再度改称した。
  • 竣工から40年以上経過しており、近代的なリニューアルを施されている。オフィスビルとしてコカ・コーラ カスタマーマーケティングなどが入居しており、一般客向けのテナントもある。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 浅原敬一郎 「六本木 ヒルズっ子の夕焼け小焼け」 『日経マガジン』(日本経済新聞) No.103 2011年11月
  2. ^ それだけ当時の六本木界隈の水はキレイだったのである - ニッカウヰスキーと私・第20話
  3. ^ 毛利庭園 - eHills Club
  4. ^ [1] 【J 報道スタイルのブロードバンド・テレビ・ステーション】]
  5. ^ [2] 森ビル
  6. ^ [3]HILLCAST
  7. ^ [4]日テレ24
  8. ^ 【特集・お客さま導入事例】六本木ヒルズ - 東京ガス
  9. ^ 六本木ヒルズが東電に電力提供、都市ガス燃料の自前発電設備を保有 - ナリナリドットコム
  10. ^ 週刊ダイヤモンド 2011年4月2日号
  11. ^ 森ビル、東京電力に電力の一部を提供へ - 日テレNEWS24(2011年3月18日付、2013年8月23日閲覧)
  12. ^ 六本木ヒルズ拡充 「六本木ヒルズ クロスポイント」
  13. ^ 六本木ヒルズ クロスポイント | 森ビル株式会社


外部リンク[編集]


座標: 北緯35度39分36秒 東経139度43分48秒 / 北緯35.66000度 東経139.73000度 / 35.66000; 139.73000