なでしこリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なでしこリーグカップ
開始年 2007
終了年 2013
主催 日本女子サッカーリーグ
参加チーム数 10
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 INAC神戸レオネッサ(1回目)
最多優勝 日テレ・ベレーザ(3回)
テンプレートを表示

なでしこリーグカップは、日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)所属のチームによるリーグカップである。

2010年大会以降、なでしこリーグと同じくプレナスが冠スポンサーとなっており、プレナスなでしこリーグカップと呼称される。2012年大会はこれに加えてナックがなでしこリーグカップのみのスポンサーとなっており、同社の飲料水サービスブランド「クリクラ」の名前を冠しプレナスなでしこリーグカップ2012 powered by クリクラと呼称された。

概要[編集]

2007年に始まったこの大会は、男子による日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のJリーグカップ(ヤマザキナビスコカップ)に相当し、また1996年から1999年の4年間開催されたL・リーグカップの復活と位置づけられる。復活した理由は、1つには2007年のFIFA女子ワールドカップ開催による長い中断が挙げられる。

2010年に第2回大会が開催された[1]

2012年から優勝チームに同年に開催される国際女子サッカークラブ選手権の出場権が与えられる。

2014年より、なでしこリーグにおいて2回総当たりの後に上位チームと下位チームに分かれた総当たり戦を導入するため、当大会は廃止される[2]

開催方式[編集]

年度 参加チーム数 試合方式
2007 16
なでしこリーグ1部8チーム、2部8チーム
  • 各4チーム(1部2チーム、2部2チーム)の4グループに分け、1回戦総当たりの予選ラウンドを行う。
  • 各グループ1位の4チームが決勝ラウンド(トーナメント:3位決定戦なし)に進出。
2010 10
なでしこリーグ10チーム
  • 各5チームの2グループに分けて1回戦総当たりの予選リーグを行う。
  • 各グループ上位2チームが決勝トーナメント(3位決定戦なし)に進出。
(2011) (10)
(なでしこリーグ10チーム)
  • 各5チームの2グループに分けて1回戦総当たりの予選リーグを行う。
  • 各グループ上位1チームが決勝戦に進出。
(注)東北地方太平洋沖地震によりリーグ戦開幕が延期され、延期分の開催をなでしこリーグカップ予選日程に移行したため日程的な余裕がなくなり、この年は開催中止となった。
2012 10
なでしこリーグ10チーム
  • 各5チームの2グループに分けて1回戦総当たりの予選リーグを行う。
  • 各グループ上位2チームが決勝トーナメント(3位決定戦なし)に進出。
  • ロンドン五輪の選手強化のためのリーグ中断期間に開催する。ただしロンドン五輪開催中はこの大会も中断する。
2013 10
なでしこリーグ10チーム
  • 各5チームの2グループに分けて2回戦総当たりの予選リーグを行う。
  • 各グループ上位2チームが決勝トーナメント(3位決定戦なし)に進出。

結果[編集]

年度 決勝戦 準決勝敗退チーム
優勝 結果 準優勝 会場
1 2007年 日テレ・ベレーザ 2 - 1 浦和レッズ・レディース 埼玉 INACレオネッサ TEPCOマリーゼ
2 2010年 日テレ・ベレーザ 3 - 2 浦和レッズ・レディース 西が丘 TEPCOマリーゼ INAC神戸レオネッサ
3 2012年 日テレ・ベレーザ 3 - 2 INAC神戸レオネッサ NACK アルビレックス新潟レディース 伊賀FCくノ一
4 2013年 INAC神戸レオネッサ 3 - 1 岡山湯郷Belle Eスタ ジェフ千葉レディース 日テレ・ベレーザ

クラブ別成績[編集]

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
日テレ・ベレーザ 3 0 2007,2010,2012
INAC神戸レオネッサ 1 1 2013 2012
浦和レッズ・レディース 0 2 2007,2010
岡山湯郷Belle 0 1 2013

最優秀選手賞[編集]

年度 選手 所属クラブ ポジション 国籍
1 2007年 近賀ゆかり 日テレ・ベレーザ DF 日本の旗 日本
2 2010年 岩渕真奈 日テレ・ベレーザ FW 日本の旗 日本
3 2012年 永里亜紗乃 日テレ・ベレーザ FW 日本の旗 日本
4 2013年 海堀あゆみ INAC神戸レオネッサ GK 日本の旗 日本

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]