相棒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相棒
TITLE info.jpg
ジャンル 刑事ドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
東映
監督 和泉聖治
脚本 輿水泰弘
出演者 水谷豊
寺脇康文(PS.1〜S.7-9)
及川光博(S.7-19〜S.10-19)
成宮寛貴(S.11-1〜)
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 番組連動データ放送(S.5〜S.9,S.12-1)
Pre season
放送時間 土曜日21:00 - 22:51(111分)
放送期間 2000年6月3日 - 2001年11月10日(3回)
プロデューサー テレビ朝日
松本基弘(PS.1〜S.12)
東映
香月純一(PS.1〜S.3)
須藤泰司(PS.1〜S.4)
出演者 鈴木砂羽(PS.1〜S.7-9)
益戸育江(PS.1〜S.10-1)
川原和久(PS.1〜)
大谷亮介(PS.2〜S.12-1)
六角精児(PS.2〜)
山西惇(PS.2〜)
オープニング Basement Jaxx「rendez-vu」(PS.2〜3)
エンディング ZARDpromised you
外部リンク 土曜ワイド劇場
season1
放送時間 水曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2002年10月9日 - 12月25日(12回)
プロデューサー 東映
西平敦郎(S.1〜)
出演者 岸部一徳(S.1-1〜S.8-19,S.9-9,19)
オープニング 作曲:池頼広(S.1〜)
外部リンク 公式サイト
season2
放送時間 同上
放送期間 2003年10月8日 - 2004年3月17日(21回)
出演者 神保悟志(S.2-1〜)
山中崇史(S.2-4〜)
外部リンク 公式サイト
season3
放送時間 同上
放送期間 2004年10月13日 - 2005年3月23日(19回)
プロデューサー テレビ朝日
島川博篤(S.3〜S.5)
外部リンク 公式サイト
season4
放送時間 同上
放送期間 2005年10月12日 - 2006年3月15日(21回)
外部リンク 公式サイト
season5
放送時間 同上
放送期間 2006年10月11日 - 2007年3月14日(20回)
外部リンク 公式サイト
season6
放送時間 同上
放送期間 2007年10月24日 - 2008年3月19日(19回)
プロデューサー テレビ朝日
伊東仁(S.6〜)
東映
土田真通(S.6〜)
外部リンク 公式サイト
season7
放送時間 同上
放送期間 2008年10月22日 - 2009年3月18日(19回)
外部リンク 公式サイト
season8
放送時間 同上
放送期間 2009年10月14日 - 2010年3月10日(19回)
外部リンク 公式サイト
season9
放送時間 同上
放送期間 2010年10月20日 - 2011年3月9日(18回)
外部リンク 公式サイト
season10
放送時間 同上
放送期間 2011年10月19日 - 2012年3月21日(19回)
出演者 鈴木杏樹(S.10-12〜)
外部リンク 公式サイト
season11
放送時間 同上
放送期間 2012年10月10日 - 2013年3月20日(19回)
出演者 真飛聖(S.11-1〜)
石坂浩二(S.11-1〜)
外部リンク 公式サイト
season12
放送時間 同上
放送期間 2013年10月16日 - 2014年3月19日(19回)
外部リンク 公式サイト
season13
放送時間 同上
放送期間 2014年10月15日 -
プロデューサー テレビ朝日
桑田潔(S.13〜)
佐藤涼一(S.13〜)
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

相棒』(あいぼう)は、テレビ朝日東映の制作でシリーズ化されている日本の刑事ドラマ

2000年6月から2001年11月にかけてテレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」で単発ドラマとして放送され、2002年10月から連続ドラマとしてシリーズ放送されている。派生作品として劇場版3作とスピンオフ映画2作が公開されている。

テレビシリーズの単位は「season」(シーズン)と呼称している。

本項での「PS.」はPre season、「S.」はseasonを表す。

概要[編集]

杉下右京水谷豊)が係長を務める警視庁内の窓際部署特命係」を舞台にした刑事ドラマ。いわゆるバディものであるが、相棒は3人(亀山薫神戸尊甲斐享)変わっている(#歴史)。

基本的に1話完結型のストーリー構成で、超人的な推理力・洞察力を持つ右京が相棒や、米沢守や、角田六郎等の協力者と協力しながら、難事件の捜査を展開し、謎を解き明かしていくミステリドラマを軸とする。併せて相棒や彼らを取り巻く刑事達との人間模様、警察組織との摩擦、社会的な問題、それらに複雑に絡み合う官僚・政治家の陰謀などが併せて展開されている。

現在までの最高視聴率は2011年2月23日放送のseason9 第16話「監察対象 杉下右京」で、23.7%を記録した(ビデオリサーチ関東地区調べ)。また、season9では平均視聴率が20%を超える(20.4%)という快挙を遂げている。テレビ朝日が2012年3月から夕方の時間帯で行っている再放送「相棒セレクション」は高い視聴率となっており、同局が4月からの四半期で開局以来初の視聴率4冠を獲得する要因になったと報じられている[1][2]

歴史[編集]

土曜ワイド劇場枠で、水谷豊が主演していた『探偵事務所』シリーズの原作が残り一本になった時点で、同作のプロデューサー松本基弘により、水谷主演の新シリーズというコンセプトで企画が立ち上がった。まもなく土曜ワイド劇場枠で同じく松本がプロデュースしていた寺脇康文主演の『京都お見合いツアー殺人事件』シリーズの打ち切りが決まる。寺脇と松本が打ち合わせした際に寺脇が水谷に憧れている話をし、水谷との共演を希望したことから、まもなく水谷と寺脇のコンビものという企画に決定する[3]

当初は探偵ものという形で話が進むが、探偵では話が広がりにくいという点から、刑事ものに変更され、更にコンビという設定を生かすために、所轄署や捜査一課ではなく、警視庁の窓際部署「特命係」という特殊な舞台を設定するなど、構想1年をかけて企画を練りこんでいった。なお「特命係」の発案者は本作のチーフ脚本家の輿水泰弘

和泉聖治の参加以降制作が開始され、2000年6月から2001年11月まで土曜ワイド劇場枠で『相棒・警視庁ふたりだけの特命係』として単発の2時間ドラマで3回放送。3作全てが好評だったことから連続ドラマ化が決定。

連続ドラマの第1弾となるseason1が、2002年10月から水曜21時刑事ドラマ枠で1クールで放送。翌2003年10月以降からは同枠で2クールで放送。さらにこのseason2から「相棒」とタイトルが簡略化。以降10月開始・3月終了のサイクルでシーズンを重ねている。また2006年(season4)からは元日1月1日)夜9時から2時間超の長編特番「相棒〜元日スペシャル」が放送されており、これ以降曜日に関係なく毎年元日にスペシャルとして放送されている。

2008年には初映画化されるなどし、ドラマ自体とともに複数の賞を受けた(#受賞)が、2008年12月17日放送のseason7 第9話「レベル4〜後篇・薫最後の事件」を最後に寺脇が降板し、暫くは右京単独行動もしくは、ゲストキャストやメインキャストと一時的な相棒を組んだりする形を取っていた。そして、翌2009年3月18日放送のseason7 最終話「特命」から2012年3月21日放送のseason10 最終話「罪と罰」まで及川光博が演じる神戸尊が2代目相棒を務め、2012年10月10日放送のseason11 第1話「聖域」からは成宮寛貴演じる甲斐享が3代目相棒を務めている。

また、相棒を務める人物以外でも何人かの登場人物が入れ替わり立ち替わりで変わっている。

受賞[編集]

2008年には本作での演技が評価され水谷と寺脇が第16回橋田賞を受賞[4]。また映画『相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン』でも複数の賞を受けている。

2011年には多彩なキャラクターの魅力、硬派なテーマを扱う一方で遊び心もうまく取り混ぜるシリーズ構成、脚本の完成度の高さ、人気に甘えないチャレンジ精神などが評価され、第48回ギャラクシー賞テレビ部門特別賞を受賞した[5]。同じく2011年にはseason9第8話の「ボーダーライン」が派遣労働者の貧困を扱ったことが評価され、貧困ジャーナリズム大賞2011を受賞している[6][7]。受賞の対象は主演の水谷と脚本担当の櫻井武晴

登場人物[編集]

警視庁特命係[編集]

杉下 右京 - 水谷豊(警部補 ⇒ 警部)
本作の主人公。
警察庁キャリアとして警視庁刑事部捜査二課に出向していた際に起きた重大事件を機に「特命係」へ追いやられる。
マイペースで変わり者だが、強い正義感と人並み外れた推理、観察、洞察力の持ち主で、普通、人が気にしない点でも見落とさずに着眼して、それを足掛かりに捜査を展開。加えて特命係の相棒や、米沢守や、角田六郎等からの協力を得て数々の難事件を解決に導いてきている。一方でその強烈なキャラクター性故に着いていけず、過去に6人もの人間が警視庁を辞めているため、「杉下右京は人材の墓場」と言われている。
とある事が原因で、1度だけ上記の超人的な推理力が発揮されず、スランプに陥った事がある(season10 第12話)。
亀山 薫 - 寺脇康文(巡査長 ⇒ 巡査部長)
右京の初代相棒。
捜査一課の刑事だったが、指名手配犯を捕まえようとして逆に人質にされるという失態を犯し、特命係へ左遷される。(Pre season 第1話)
特命係へ来た当初は右京とはそりが合わなかったが話を重ねて行くにつれ、右京の人柄を理解し始め、次第に右京からも信頼されるようになる。それに伴い、現状にも満足し始め、徐々に振る舞いにも余裕を見せるようになっていき、右京の良き相棒となる。
長らく相棒を務めていたが、親友が殺された事件(season7 第1話、第2話)をきっかけに心境に変化が表れ、右京と共に最後の事件を解決に導いた後に退職し、妻・美和子とサルウィンへ旅立つ。(season7 第9話)
歴代相棒の中で、唯一右京のことを「杉下さん」とは呼ばず、「右京さん」と呼んでいる。[注 1]
神戸 尊 - 及川光博(警視 ⇒ 警部補)
右京の2代目相棒。
警察庁警備局警備企画課の課長補佐だったが、警察庁上層部の特命により右京の潜入調査のため2階級降格する形で特命係へ。(season7 最終話)
当初は、右京の人となりなどを逐一上層部に対して報告を入れるなどを行っており、右京との関係に至っては距離を置かれて関係はぎくしゃくしていたが、とある事件により自身も調査対象になっていたことが明らかとなり、終結後は警察庁への異動を蹴って潜入調査としての立場を捨てて、特命係に残ることを決意(season8 最終話)。
以降は、組織寄りの正義よりも、自らの正義に従って行動するようになり、右京とも相棒としての信頼関係を築き上げていたが、ある事件をきっかけに特命係を去り、警察庁長官官房付に[注 2]。(season10 最終話)
特命係を去った後も、直接会ったり劇中に登場はしないものの、右京とは交流がある様子で、時に事件解決に協力する場合もある(season11 最終話、X DAY、劇場版III)。
また、右京が甲斐享を引き抜いて特命係に異動させたことに関して、かなり驚いていたことが大河内の口から語られていた(season11 第1話)。
歴代相棒の中で、右京の正義を徹底して貫く信念を曲げさせた唯一の人物である。(season10 最終話)
甲斐 享 - 成宮寛貴(巡査部長)
右京の3代目相棒。
父親は警察庁次長だが、非常に仲が悪く、ほとんど付き合うことがない。所轄署の新米刑事だったが、香港旅行中に遭遇した事件をきっかけに右京と知り合い、右京に引き抜かれて特命係へ。(season11 第1話)
歴代相棒の中では唯一、左遷扱いではなく、右京に指名される形で特命係に異動した人物であり、唯一、被弾した人物でもある。(season12 最終話)

特命係とゆかりのある女性[編集]

奥寺 美和子 → 亀山 美和子 - 鈴木砂羽
帝都新聞[注 3]社会部記者 → フリージャーナリスト。亀山薫の恋人だったが、一度別れている。(season3 第1話)しかし、後に復縁して妻となる(season4 最終話)。
職業柄、右京や薫に事件の情報や手掛かりを持ち込むことも多々ある。
薫と同様、薫に付いていく形でサルウィンに旅立っていった(season7 第9話)。
宮部 たまき - 益戸育江 (旧芸名:高樹沙耶)
小料理屋「花の里」の初代女将。
右京の元妻。しかし、右京との交流は途絶えることはなく、右京やその相棒もよく彼女の店に食事に行っており、尊と映画に行ったりするなど、親しい間柄になっているほど。時には彼女の何気ない言葉が事件の解決をするきっかけとなることもあった。
長らく「花の里」を切り盛りしてきたが、突如、店を閉め世界放浪の旅へ出る(season10 第1話)。
月本 幸子 - 鈴木杏樹
小料理屋「花の里」の2代目女将。
自他共に認める「ついていない女」。殺された夫の復讐のため殺人未遂事件を起こし、逃亡しようとしたが右京に諭される形で投降し、服役する(season4 第19話)。
その後、とある事件に巻き込まれ、命の危険に晒されたが、右京と薫に助けられ、服役の期間が延長したものの(season6 第11話、第12話)、無事に出所、その後はとある会社の社長の家政婦をしていたが、自身が今までとは一転してつきすぎている出来事に疑問を抱き、右京や尊、捜査一課を巻き込んだ一騒動を起こしてしまう。騒動が終結した後、右京の薦めで「花の里」の女将となった(season10 第12話)。
ゲストキャストからレギュラーキャストになった、シリーズでは初の人物である。
笛吹 悦子 - 真飛聖
日本国際航空(NIA)の客室乗務員。甲斐享の年上の恋人。
亨との結婚の準備をしていたが、峯秋との和解を条件に一旦白紙にしている。(season13 第1話)

警視庁[編集]

伊丹 憲一 - 川原和久(捜査一課刑事 巡査部長)
特命係を疎ましく思っているが、時には協力する。
亀山薫とは犬猿の仲であり、ことあるごとに「特命係の亀山」と呼んでいる。だが、状況によっては協力することもあり(劇場版I等)、薫が警視庁を退職した際は憎まれ口を言いながらもしっかりと見送った(season7 第9話)。
神戸尊とは、自身が過去に捜査していた事件と結び付く事件を共に解決に導いて以降は、ある種の信頼を寄せるようになっていた(season8 第15話)。
甲斐享に対しては、先の二人ほど排他的には扱っていない。
三浦 信輔 - 大谷亮介(捜査一課刑事 ⇒ 係長 | 巡査部長 ⇒ 警部補)
特命係を疎ましく思っているが、ある事件を境に頼りにするようになった。甲斐警察庁次長が誘拐された事件で足を負傷し、慰留されたが辞職する(season12 第1話)。
芹沢 慶二 - 山中崇史(捜査一課刑事 巡査)
亀山薫が先輩にあたるため、特命係には来てもらっては困るといった表示は見せるものの、伊丹ほど反感を抱いていない。知人に起きた事件の捜査のため、特命係と共に捜査をしたこともいくつかある。
やや口が軽く、お調子者の傾向があり、特命係に捜査情報を口走ったりして伊丹や三浦からよく叩かれている。また、神戸尊が在籍していた時は口の軽さを利用されて巧みに誘導され、情報を引き出される事もしばしばあった。
甲斐享に対し、階級が自分より上であるにもかかわらずタメ口で話し、先輩風を吹かせている。
いとこが自衛官である。(season13 第1話より)
陣川 公平 - 原田龍二(捜査一課 経理担当 警部補)
特命係に一時左遷されたことがある「特命係第3の男」。
特命係に協力する数少ない人物の一人。
真面目な性格で刑事に憧れているが、思い込みが激しい所があり、いつも空回りする事が多い。が、時には有益な情報を持ち込んで事件解決への突破口となる事がある。
毎シーズン1話のペースで登場し、彼が登場すると必ず女性が絡む。
米沢 守 - 六角精児(鑑識課 巡査部長)
優れた鑑識能力を持つ。
落語という共通の趣味を持つ右京と親しく、特命係に積極的に協力し、事件の情報に関しては、捜査1課よりいち早く右京に伝える事もある程。鑑定の依頼も快く引き受けるする数少ない人物の一人。
亀山薫が警視庁を退職した際は肌身離さず持っていた御守りを渡して、サルウィンに旅立つ亀山を激励した。
角田 六郎 - 山西惇(組織犯罪対策第5課長 警視)
部屋の隅にある特命係にたびたび顔を出し、コーヒーを飲みながら雑談をしたりしている。
特命係に協力する数少ない人物の一人。
口癖は「暇か?」。
大木 長十郎 - 志水正義(組織犯罪対策第5課 巡査部長)
小松 真琴 - 久保田龍吉(組織犯罪対策第5課 巡査部長)
角田の部下で、二人して特命係の部屋をのぞき見たりしている。特命係に協力することもあり、逆に摘発の人員を頼んでいたりしていることから、特命係には特に嫌悪していない様子。
体格が小柄なほうが大木で、大柄なほうが小松。
大河内 春樹 - 神保悟志(警視庁警務部首席監察官 警視 ⇒ 警視正)
特命係の理解者の一人。尊とは旧知の仲。
幼少の頃からラムネが好物であり、頻繁に食べているが、それが、錠剤を口にして噛み砕いているように見える事から、「ピルイーター」と呼ばれることがある。
一時期は特命係と距離を置いたこともあったが(season7 第1話、第2話)、尊が特命係に残ることになった際は、右京に頭を下げて守ってほしいと懇願する(season8 最終話)など、再び特命係を信頼する様子を見せている。
内村 完爾 - 片桐竜次(警視庁刑事部長 警視長)
特命係を最も毛嫌いしている人物。
特命係が毎度毎度勝手に捜査に出向いていることに頭を痛めており、ことある毎に呼び出して叱責している。その一方で事と場合によっては、特命係に仕事を依頼することもある(劇場版I、season10 第4話など)。
釈明会見になると必ず首を痛め(寝違え)て中園参事官に丸投げする。
中園 照生 - 小野了(警視庁刑事部参事官 警視正)
内村の腰巾着。
内村同様、特命係を毛嫌いしているが、内村ほどではなく、時々捜査情報を教えることもある。
傍若無人な、内村の振る舞いに耐えかねて、一度だけ反抗したことがある(season11 第9話)。

警察庁[編集]

小野田 公顕 - 岸部一徳(警察庁長官官房室長(通称・官房長) 警視監)
右京が特命係に追いやられる原因をつくった人物。しかし、特命係に追いやったその後も右京とは、交流が続いており、時には事件解決に協力し、時には対立する。
『劇場版 II』のラストで、とあることから恨みを買われた警視庁幹部により、刺殺されてしまう。
名前の「公顕」の読み方は「こうけん」だが、season12 最終話で、本来は「きみあき」である事が判明した。
甲斐 峯秋 - 石坂浩二(警察庁次長 警視監)
享の父親。
特命係に対しては右京の能力を高く評価する一方、享の存在については苦々しく思っている。

用語[編集]

※ストーリー内にたびたび登場する施設・組織・会社などを記す。

特命係
杉下右京が係長を務める窓際部署。警視庁が不要と判断した人材を右京の下に置いて自然に辞めさせるための役割を持ち、警察組織にとって不要な人間の島流し先、警視庁の陸の孤島と言われている。PS.1で亀山薫が配属される前までに6人がこの部署に在籍し、辞めていった過去がある。S.7-9で薫が退職してからは、S.7-最終話からS.10-最終話まで神戸尊が、S.11-1から甲斐享が後任として配属された。S.3-6で陣川公平が一時配属されて3人体制となったり、S.7-10では失踪事件を捜査するために、人事交流という形で法務省の女性職員が配属されて右京の一時的な相棒となったこともある。
元々は外務省高官宅篭城事件の解決のために小野田公顕が非公式に立ち上げた組織「緊急対策特命係」。作戦参謀右京とSATから選抜した隊員5人で構成されていた。小野田の横槍が入ったせいで、右京視点では作戦は失敗し、右京は激昂し「緊急対策特命係」の表札を破壊した。その後、正式に特命係として発足。便宜上、角田六郎が課長を務めている部署の所属(S.4までは「生活安全部薬物対策課」、S.5以降は「組織犯罪対策部組織犯罪対策第5課」)になっているが、角田は直属の上司に当たらないというポジションになっている[注 4]
「特命」は右京によると「特別に命令があれば何でもする」という意味であり、通常は証拠品の返却などの雑務や時に組対5課の手伝いを行っている。また、捜査権限を持っていない非公式の捜査も行い、犯人を逮捕直前まで追い込むが、手柄は全て捜査一課や組対5課など公式な捜査をしている部署のものになっている。窓際部署であることや右京が利害関係を問わずに警察組織の黒い部分を洗い出そうとしていることもあってか、大河内の言葉によれば上層部の中には「特命係の活躍を認めるぐらいなら迷宮入りした方がマシ」と考える者もいる(S.7-1)が、時として能力を買われることもある(S.8-最終話)。
実際の部署の存在する部屋が頻繁に移動している。初登場時には、2室に分かれた入口から見て右側に窓のある部屋だったが、その後、地階とも思われる場所に移動したこともある。現在は警視庁本部庁舎3階[8]の組織犯罪対策部組織犯罪対策5課の奥に居を構えている[注 5]
特命係の人間は、出勤時に名札を名前が黒字で書かれた面を表にし、退勤時に名前が赤字で書かれた面へ裏返すことが規則となっている。
領収書の宛名は「警視庁刑事部臨時付特命係組織犯罪対策部組織犯罪対策第五課内都合」。
捜査一課
トリオ・ザ・捜一が所属する警視庁の花形部署。PS.では係長が存在感を放っていたが、S.1以降は係長という存在がないも同然になり、トリオ・ザ・捜一の面々が係長でなく「部長に呼び出されて説教される」という通常の警察組織ではありえない現象が起きている。また、PS.の時に亀山が「課長、お邪魔しました」というセリフを発していることから捜査一課長の存在そのものはあるも、係長と同様に存在が無いも同然となっており、捜査一課長が直接登場したことは無い。なお、実際の警察組織では「捜査第一課」が正式名称であるが、作中では「第」が無く、表札も「捜査一課」「捜査二課」といった具合に表記されている。
花の里
右京の元妻・宮部たまきが営んでいた小料理屋。PS.では「新ふくとみ」[注 6]という名前だった。座席数は10席程度でカウンター席のみ。シーズンによって内装や外観などが多少異なっていたが、S.5から固定されている。名前の由来は杉下右京の遠縁の親戚「杉下」から。
劇中では右京、薫・美和子(いずれもS.7まで)、尊(S.10まで)、享(S.11以降)、たまきの会話を重視していることもあってか、初期を除いて他の客が来店する様子などはほとんど見られないが、それ以外の人物も来店することがある[注 7]
また、右京達以外にも他のメインキャストの人物が来店することもある。
S.10-1からたまきの意向により突如閉店するが、右京の薦めで月本幸子が女将の立場を引き継いだことにより営業を再開した(S.10-12)。
赤いカナリア
左翼過激派のテロ組織。全共闘などいわゆる学生運動の時期に生まれた国際的なテロ組織であるが、現在では下火であり(尊によると「国内勢力は壊滅状態」)一部の幹部が活動を続け復活の時を待っているとされる。かつて有名な革命戦士として名を馳せていた本多篤人が幹部として所属していた。劇中ではその名称や構成員が話の一端に絡む程度で話の本筋に関わることはほとんどなかった(S.5-11、S.6-10、劇場版1、S.8-1)が、S.9-最終話にて国家を危機に直面させる事態を引き起こしている。
創始者の言葉として「夜が明けるから目覚めるのではない、目覚めたから夜が明けるのだ。目覚めぬ者に夜明けは来ない」がある。
エルドビア共和国
南米に位置する架空の国家(詳しい位置は不明)。反政府ゲリラや反米勢力による内戦で国内は混乱状態にあり、劇場版I時の5年前、S12-1の10年前頃には誘拐がビジネス化していたようである。また、甲斐峯秋がS12-1でエルドビアの日本大使館にいたこと、および、同時期に日本大使館にいた綿貫孝雄と親交があったことが劇場版IIIで、それぞれ明かされている。
東亜民主共和国
東アジアに位置する、架空の国家(詳しい位置は不明)。作中では、主に『東国』と呼ばれている。日本企業の社員を買収しての炭素繊維の国外持ち出しやそれを捜査していた刑事の謀殺(S.11-最終話)、日本の数学者への素数解析プログラムの依頼など(S.12-2)、数々の事件の裏で暗躍している。また関係者の一人が「疑問に思ったことを自由に考えてはいけない」と話していることから、基本的人権の一部が制限されていることが考えられる。

スタッフ[編集]

Pre season(土曜ワイド劇場)[編集]

レギュラー放送[編集]

  • 助監督 - 吉野晴亮、安養寺工、田村孝蔵ほか
  • 撮影 - 上林秀樹・志賀葉一(J.S.C)、会田正裕・笹村彰・中村耕太・木村祐一郎・宮本亘(アップサイド
  • 音楽 - 池頼広
  • 音楽監督 - 義野裕明(〜season5)
  • 選曲 - team K(season6,7,番外編)、辻田昇司(season6 第10話,season8〜12)・三田兼玄(season8,9)(アウルサウンドワークス)、谷川義春(SPOT/season13)
  • 音響効果 - 大野義彦・阿部作二(大泉音映)、佐々木英世・小川広美(東洋音響)、伊藤進一カモメファン)、渡辺基(ヴォックス)、丹雄二
  • MA - 藤沢信介
  • 宣伝 - 保坂正紀・五十嵐恵・西尾浩太郎・冨田裕美(テレビ朝日)ほか
  • タイトルバック - 澤井昭彦[注 10](〜season6)、IXNO image LABORATORY (season7〜9)、画龍(season7)、 イイノ・メディアプロ(season10,11)、藤田恒三・会田正裕・戸枝誠憲・佐藤俊之(season12)、朝日広告社・岩下みどり(ILCA/season13)
  • 制作 - テレビ朝日・東映
  • season1・season2
    • プロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)、香月純一・須藤泰司・西平敦郎(東映)
    • プロデューサー補 - 島川博篤(テレビ朝日)
  • season3
    • チーフプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 島川博篤(テレビ朝日)、香月純一・須藤泰司・西平敦郎(東映)
    • プロデューサー補 - 伊東仁(テレビ朝日)
  • season4
    • チーフプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 島川博篤(テレビ朝日)、須藤泰司・西平敦郎(東映)
    • プロデューサー補 - 伊東仁(テレビ朝日)
  • season5
    • チーフプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 島川博篤(テレビ朝日)、西平敦郎(東映)
    • 協力プロデューサー - 須藤泰司(東映)
    • プロデューサー補 - 伊東仁(テレビ朝日)
  • season6・season7
    • チーフプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎・土田真通(東映)
  • season8
    • ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎・土田真通(東映)
    • プロデューサー補 - 秋山貴人(テレビ朝日)
    • ラインプロデューサー - 今村勝範
  • season9
    • ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎・土田真通(東映)
    • プロデューサー補 - 山田兼司(テレビ朝日)
    • ラインプロデューサー - 今村勝範
  • season10 - season12
    • ゼネラルプロデューサー - 松本基弘(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎・土田真通(東映)
    • ラインプロデューサー - 今村勝範
  • season13
    • エグゼクティブプロデューサー - 桑田潔(テレビ朝日)
    • ゼネラルプロデューサー - 佐藤涼一(テレビ朝日)
    • プロデューサー - 伊東仁(テレビ朝日)、西平敦郎・土田真通(東映)
    • プロデューサー補 - 古草昌実
    • ラインプロデューサー - 今村勝範

放送日程[編集]

凡例[編集]

  • 劇中にサブタイトルの表示はなく、サブタイトルの表記などは、すべて公式サイトや公式ガイドブック、DVDの表記に準じる。
  • 放送日はテレビ朝日での初回放送日。
  • 視聴率はビデオリサーチ関東地区)調べ。
  • 各season表内の赤字最高視聴率青字最低視聴率を示す。
  • season4発表前までは、season1は「First season」、season2は「Second season」、season3は「3rd Season」と表記・呼称されていた。
  • season4,season5放送時の公式HPなどでの表記は「seasonIV」「seasonV」である。
  • season1,season2では本編において、OPの直後に「No.○」という形で話数が表示されている。
  • season7以降からは、タイトルの横に「相棒 season7」というようにseason表記の形でナンバリングがつくようになり、表記の仕方を変えながら、以後のシーズンに継承されていく形となる。
  • 「season~」と着くシーズンは、season7、season8、season9、season13である。
  • season10,season11はseason表記ではなく、「相棒ten」「相棒Eleven」といった数字を英語表記にしたものとなっている。
  • season12は、「相棒12」というようにタイトルの横に数字が表記された形となっている。

Pre season(土曜ワイド劇場)[編集]

  • タイトルはそれぞれ「相棒1」「相棒2」「相棒3」。
  • 第1話から第3話の再編集版をそれぞれ2001年7月、2002年7月、2003年7月に土曜ワイド劇場で放送。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2000年06月03日 刑事が警官を殺した!? 輿水泰弘 和泉聖治 17.7%
第2話 2001年01月27日 恐怖の切り裂き魔連続殺人! 22.0%
第3話 11月10日 大学病院助教授、墜落殺人事件! 17.4%

番外編[編集]

  • 土曜ワイド劇場特別企画として放送。
  • 劇場版公開に合わせて、再編集版に新撮映像[注 11]を加え、音楽を池頼広による連続ドラマ版音源に差し替えた。
タイトル 話数 放送日 脚本 監督 視聴率
劇場版公開記念スペシャル
「名コンビ誕生篇」[注 12]
第1話 2008年5月03日 輿水泰弘 東伸児 20.6%
映画大ヒット御礼スペシャル
「相棒3〜いま明かされる7年目の真実!」
第3話 6月14日 安養寺工 16.9%

season1[編集]

  • 2002年10月9日 - 12月25日、全12話、平均視聴率 13.1%。
  • 第1話は20時00分から21時48分の2時間SP。
  • 第7話は21時30分から22時24分の放送。
  • 最終話は21時30分から23時24分の2時間SP。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2002年10月09日 警視総監室にダイナマイト男が乱入!
刑事が人質に!? 犯罪の影に女あり…
輿水泰弘 和泉聖治 16.3%
第2話 10月16日 教授夫人とその愛人 麻生学 11.8%
第3話 10月23日 秘密の元アイドル妻 櫻井武晴 和泉聖治 12.5%
第4話 10月30日 下着泥棒と生きていた死体 麻生学 09.4%
第5話 11月06日 目撃者 輿水泰弘 和泉聖治 13.2%
第6話 11月13日 死んだ詐欺師と女美術館長の指紋 砂本量 13.9%
第7話 11月20日 殺しのカクテル 櫻井武晴 大井利夫 12.6%
第8話 11月27日 仮面の告白 輿水泰弘 11.9%
第9話 12月04日 人間消失 砂本量 吉野晴亮 15.2%
第10話 12月11日 最後の灯り 櫻井武晴 大井利夫 12.9%
第11話 12月18日 右京撃たれる〜特命係15年目の真実 輿水泰弘 和泉聖治 14.2%
最終話 12月25日 午後9時30分の復讐 特命係、最後の事件 13.0%
平均視聴率 13.1%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season2[編集]

  • 2003年10月8日 - 2004年3月17日、全21話、平均視聴率 12.7%。
  • このシーズンから半年間の放送となり更に、『相棒・警視庁ふたりだけの特命係』から『相棒』とタイトルが簡略化されて表記されるようになった。
  • 第1話・最終話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 第6話・第16話は21時30分から22時24分の放送。
  • オープニングテーマが前シーズンのものとは、変更されている。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2003年10月08日 ロンドンからの帰還〜ベラドンナの赤い罠 輿水泰弘 和泉聖治 17.0%
第2話 10月15日 特命係復活 16.3%
第3話 10月29日 殺人晩餐会 櫻井武晴 大井利夫 16.4%
第4話 11月05日 消える銃弾[注 13] 砂本量 10.5%
第5話 11月12日 蜘蛛女の恋 15.0%
第6話 11月19日 殺してくれとアイツは言った 11.6%
第7話 11月26日 消えた死体 櫻井武晴 和泉聖治 12.6%
第8話 12月03日 命の値段 橋本一 11.2%
第9話 12月10日 少年と金貨 砂本量 和泉聖治 11.9%
第10話 12月17日 殺意あり 輿水泰弘 大井利夫 10.6%
第11話 2004年01月07日 秘書がやりました 和泉聖治 09.2%
第12話 1月14日 クイズ王 深沢正樹 12.5%
第13話 1月21日 神隠し 輿水泰弘 大井利夫 13.0%
第14話 1月28日 氷女 砂本量 13.9%
第15話 2月04日 雪原の殺意 櫻井武晴 和泉聖治 10.7%
第16話 2月11日 白い罠 12.2%
第17話 2月18日 同時多発誘拐〜消えた16人の子供達 砂本量 吉野晴亮 09.0%
第18話 2月25日 ピルイーター 輿水泰弘 長谷部安春 13.7%
第19話 3月03日 器物誘拐 坂田義和 13.2%
第20話 3月10日 二分の一の殺意 深沢正樹 和泉聖治 11.0%
最終話 3月17日 私刑〜生きていた死刑囚と赤いベルの女 輿水泰弘 16.1%
平均視聴率 12.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season3[編集]

  • 2004年10月13日 - 2005年3月23日、全19話、平均視聴率 13.2%。
  • このシリーズからハイビジョン制作(アナログ放送ではサイドカットで放送)へ移行した。
  • 第1話・第9話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 最終話は21時00分から22時30分の90分SP。
  • なお、再放送用に第1話と第2話を合わせて2時間にしたバージョン、最終話を1時間にしたバージョンがそれぞれ存在し、たびたび各局で放送されている。
  • このシリーズから、オープニングテーマが再び変更。以後のシーズンでは、このオープニングテーマが継承され、様々な所でアレンジを加えられながら使われ続けていくこととなる。さらに本作からは、話数の表記がされなくなった。
  • 括弧内はDVD収録時の公式話数である(第1-6話、最終話に関しては公式話数が同じなので省略)。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2004年10月13日 双頭の悪魔 輿水泰弘 和泉聖治 14.5%
第2話 10月20日 双頭の悪魔II〜堕天使 12.2%
第3話 10月27日 双頭の悪魔III〜悪徳の連鎖 13.8%
第4話 11月10日 女優〜前編〜 14.1%
第5話 11月24日 女優〜後編〜 13.4%
第6話 12月01日 第三の男 砂本量 長谷部安春 12.1%
第7話(欠番) 12月08日 夢を喰う女 12.4%
第8話(第7話) 12月15日 誘拐協奏曲 櫻井武晴 猪崎宣昭 09.5%
第9話(第8話) 2005年01月05日 潜入捜査〜私の彼を探して! 輿水泰弘 橋本一 15.2%
第10話(第9話) 1月12日 ゴースト〜殺意のワイン 東多江子 長谷部安春 12.0%
第11話(第10話) 1月19日 ありふれた殺人〜時効成立後に真犯人自首!? 櫻井武晴 和泉聖治 12.2%
第12話(第11話) 1月26日 予告殺人〜狙われた美人姉妹の謎 砂本量 14.6%
第13話(第12話) 2月02日 警官殺し〜銃に残された赤い指紋 櫻井武晴 長谷部安春 13.4%
第14話(第13話) 2月16日 薔薇と口紅〜名門殺人学園の美女 岩下悠子 橋本一 12.9%
第15話(第14話) 2月23日 殺しのピアノ 櫻井武晴 和泉聖治 11.5%
第16話(第15話) 3月02日 人間爆弾 砂本量 13.4%
第17話(第16話) 3月09日 書き直す女 林誠人 橋本一 14.3%
第18話(第17話) 3月16日 大統領の陰謀 近藤俊明
(脚本協力:輿水泰弘)
11.6%
最終話 3月23日 異形の寺 輿水泰弘 和泉聖治 14.1%
平均視聴率 13.2%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season4[編集]

  • 2005年10月12日 - 2006年3月15日、全21話、平均視聴率 14.7%。
  • 第1話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 第11話は日曜21時00分から23時30分の2時間30分SP。
  • 最終話は20時00分から21時48分の2時間SP。
  • このシリーズ以降、曜日に関係なく元日に2時間もしくは2時間30分のスペシャルとして放送されることになる。
  • 本作から、メロディは変わらないが、リアレンジしたオープニングテーマに変更され、season6までこのアレンジが使われていくことになる(season7以降も次回予告やCMなどで現在でも使われている)。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2005年10月12日 閣下の城 輿水泰弘 和泉聖治 13.3%
第2話 10月19日 殺人講義 古沢良太 長谷部安春 14.7%
第3話 10月26日 黒衣の花嫁 砂本量 12.4%
第4話 11月02日 密やかな連続殺人 砂本量
瀬巻亮犬
(須藤泰司)[注 14]
和泉聖治 14.8%
第5話 11月09日 悪魔の囁き 13.8%
第6話 11月16日 殺人ヒーター 櫻井武晴 近藤俊明 13.5%
第7話 11月23日 波紋 入江信吾 森本浩史 12.7%
第8話 11月30日 監禁 古沢良太 和泉聖治 14.0%
第9話 12月07日 冤罪 櫻井武晴 12.0%
第10話 12月14日 殺人生中継 古沢良太 近藤俊明 16.3%
第11話 2006年01月01日 汚れある悪戯 輿水泰弘 和泉聖治 16.1%
第12話 1月11日 緑の殺意 戸田山雅司 橋本一 12.5%
第13話 1月18日 最後の着信 櫻井武晴 西山太郎 16.8%
第14話 1月25日 アゲハ蝶 岩下悠子 橋本一 15.3%
第15話 2月01日 殺人セレブ 真部千晶
(協力:櫻井武晴)
和泉聖治 16.5%
第16話 2月08日 天才の系譜 古沢良太 16.2%
第17話 2月15日 告発の行方 櫻井武晴 橋本一 13.8%
第18話 2月22日 節約殺人 林誠人 17.7%
第19話 3月01日 ついてない女 古沢良太 和泉聖治 15.8%
第20話 3月08日 7人の容疑者 櫻井武晴 森本浩史 13.4%
最終話 3月15日 桜田門内の変 輿水泰弘 和泉聖治 16.5%
平均視聴率 14.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season5[編集]

  • 2006年10月11日 - 2007年3月14日、全20話、平均視聴率 16.1%。
  • このシリーズからアナログ放送は16:9サイズでの放送となった。
  • 第1話・最終話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 第11話は月曜21時00分から23時30分の2時間30分SP。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2006年10月11日 杉下右京 最初の事件 輿水泰弘 和泉聖治 15.5%
第2話 10月18日 スウィートホーム 古沢良太 森本浩史 14.7%
第3話 10月25日 犯人はスズキ 岩下悠子 15.6%
第4話 11月01日 せんみつ 戸田山雅司 和泉聖治 16.2%
第5話 11月08日 悪魔への復讐殺人 櫻井武晴 15.4%
第6話 11月15日 ツキナシ 西村康昭 近藤俊明 13.9%
第7話 11月22日 剣聖 古沢良太 西山太郎 14.3%
第8話 11月29日 赤いリボンと刑事 岩下悠子 和泉聖治 15.9%
第9話 12月06日 殺人ワインセラー 櫻井武晴 17.6%
第10話 12月13日 名探偵登場 戸田山雅司 長谷部安春 16.0%
第11話 2007年01月01日 バベルの塔〜史上最悪のカウントダウン! 古沢良太 和泉聖治 13.8%
第12話 1月10日 狼の行方 吉本聡子
(協力:岩下悠子)
長谷部安春 17.9%
第13話 1月17日 Wの悲喜劇 輿水泰弘 近藤俊明 18.1%
第14話 1月24日 貢ぐ女 岩下悠子 長谷部安春 16.8%
第15話 1月31日 裏切者 櫻井武晴 16.6%
第16話 2月07日 イエスタデイ 古沢良太 和泉聖治 15.7%
第17話 2月14日 女王の宮殿 戸田山雅司 17.1%
第18話 2月28日 殺人の資格 橋本一 17.0%
第19話 3月07日 殺人シネマ 岩下悠子 15.3%
最終話 3月14日 サザンカの咲く頃 櫻井武晴 和泉聖治 18.6%
平均視聴率 16.1%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season6[編集]

  • 2007年10月24日 - 2008年3月19日、全19話、平均視聴率 15.9%。
  • 第1話・最終話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 第4話・第5話は21時30分から22時24分の放送。
  • 第10話は『開局50周年記念』として火曜21時00分から23時30分の2時間半SP。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2007年10月24日 複眼の法廷 櫻井武晴 和泉聖治 15.9%
第2話 10月31日 陣川警部補の災難 戸田山雅司 森本浩史 15.1%
第3話 11月07日 蟷螂たちの幸福 和泉聖治 16.0%
第4話 11月14日 TAXI 西村康昭 森本浩史 14.2%
第5話 11月21日 裸婦は語る 吉本昌弘 和泉聖治 14.2%
第6話 11月28日 この胸の高鳴りを 入江信吾 森本浩史 14.6%
第7話 12月05日 空中の楼閣 岩下悠子 12.5%
第8話 12月12日 正義の翼 長谷部安春 16.8%
第9話 12月19日 編集された殺人 櫻井武晴 17.5%
第10話 2008年01月01日 寝台特急カシオペア殺人事件! 戸田山雅司 和泉聖治 16.9%
第11話 1月16日 ついている女 古沢良太 17.7%
第12話 1月23日 狙われた女 15.9%
第13話 1月30日 マリリンを探せ 岩下悠子 近藤俊明 15.1%
第14話 2月06日 琥珀色の殺人 櫻井武晴 長谷部安春 15.9%
第15話 2月13日 20世紀からの復讐 吉本昌弘
(協力:高橋享)
18.3%
第16話 2月20日 悪女の証明 戸田山雅司 和泉聖治 14.7%
第17話 3月05日 新・Wの悲喜劇 輿水泰弘 近藤俊明 16.9%
第18話 3月12日 白い声 岩下悠子 長谷部安春 15.7%
最終話 3月19日 黙示録 櫻井武晴 和泉聖治 17.8%
平均視聴率 15.9%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season7[編集]

  • 2008年10月22日 - 2009年3月18日、全19話、平均視聴率 18.1%。
  • 第1話・最終話は20時00分から21時54分の2時間SP。
  • 第3話・第14話は21時30分から22時24分の放送。
  • 第10話は『テレビ朝日開局50周年記念番組』として木曜21時00分から23時30分の2時間半SP。
  • タイトルロゴは『相棒season7』。
  • 本作以降、タイトルの後に「season7」といった形でシーズンのナンバリングがつくようになり、以後は表記の仕方を変えながら継承されていく事になる。
  • 亀山薫演じる寺脇康文が第9話で降板することになっていたためか、これまでのシーズンとは異なり、オープニングシーンに右京や薫が登場していない。また、右京やその相棒が登場しない唯一のシーズンでもある。本作以降、主演俳優の名が表記されなくなった。
  • season4以降、OPの際に使われていたオープニングテーマは同じアレンジで固定されていたが、本作以降は、毎年違ったアレンジを加えられて使われていくことになる。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2008年10月22日 還流〜密室の昏迷 輿水泰弘 和泉聖治 17.9%
第2話 10月29日 還流〜悪意の不在 19.7%
第3話 11月05日 沈黙のカナリア 徳永富彦 東伸児 15.0%
第4話 11月12日 隣室の女 岩下悠子 長谷部安春 20.7%
第5話 11月19日 顔のない女神 渡辺雄介 近藤俊明 17.3%
第6話 11月26日 希望の終盤 櫻井武晴 長谷部安春 15.7%
第7話 12月03日 最後の砦 近藤俊明 15.1%
第8話 12月10日 レベル4〜前篇[注 12] 輿水泰弘 和泉聖治 17.4%
第9話 12月17日 レベル4〜後篇・薫最後の事件 19.6%
第10話 2009年01月01日 ノアの方舟〜聖夜の大停電は殺人招待状! 徳永富彦 17.4%
第11話 1月14日 越境捜査 ハセベバクシンオー 橋本一 20.5%
第12話 1月21日 逃亡者 櫻井武晴 18.8%
第13話 1月28日 超能力少年 近藤俊明 20.2%
第14話 2月11日 男装の麗人 佐伯俊道 16.1%
第15話 2月18日 密愛 古沢良太 和泉聖治 17.3%
第16話 2月25日 髪を切られた女 徳永富彦 東伸児 17.9%
第17話 3月04日 天才たちの最期 波多野都 和泉聖治 16.9%
第18話 3月11日 悪意の行方 櫻井武晴 東伸児 21.7%
最終話 3月18日 特命 輿水泰弘 和泉聖治 19.5%
平均視聴率 18.1%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season8[編集]

  • 2009年10月14日 - 2010年3月10日、全19話、平均視聴率 17.7%。
  • 第1話、最終話は20時00分から21時48分の2時間SP。
  • 第10話は金曜21時00分から23時30分の2時間半SP。
  • 『相棒』ロゴがマイナーチェンジされ、season10まで使用される。タイトル表記は『相棒season8』。
  • 本作から、season9まではオープニングシーンに水谷豊及川光博がそれぞれ演じる杉下右京と神戸尊の名がローマ字で表記されている。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2009年10月14日 カナリアの娘 輿水泰弘 和泉聖治 19.4%
第2話 10月21日 さよなら、バードランド 太田愛 16.6%
第3話 10月28日 ミス・グリーンの秘密 18.9%
第4話 11月11日 錯覚の殺人 戸田山雅司 橋本一 17.8%
第5話 11月18日 背信の徒花 徳永富彦 17.6%
第6話 11月25日 フェンスの町で 福田健一 東伸児 18.0%
第7話 12月02日 鶏と牛刀 櫻井武晴 16.1%
第8話 12月09日 消えた乗客 徳永富彦 和泉聖治 18.0%
第9話 12月16日 仮釈放 ハセベバクシンオー 18.5%
第10話 2010年01月01日 特命係、西へ! 戸田山雅司 17.8%
第11話 1月13日 願い 太田愛 安養寺工 15.7%
第12話 1月20日 SPY 櫻井武晴 近藤俊明 17.2%
第13話 1月27日 マジック ブラジリィー・アン・山田 東伸児 17.1%
第14話 2月03日 堕ちた偶像 太田愛 近藤俊明 17.5%
第15話 2月10日 狙われた刑事 戸田山雅司 和泉聖治 17.8%
第16話 2月17日 隠されていた顔 玉田義正
(協力:西村康昭)
15.8%
第17話 2月24日 怪しい隣人 徳永富彦 東伸児 17.2%
第18話 3月03日 右京、風邪をひく 古沢良太 18.1%
最終話 3月10日 神の憂鬱 櫻井武晴 和泉聖治 20.4%
平均視聴率 17.7%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season9[編集]

  • 2010年10月20日 - 2011年3月9日、全18話、平均視聴率 20.4%。
  • 第10話は土曜21時00分から23時10分の2時間10分SP。
  • 最終話は20時00分から21時48分の2時間SP。
  • タイトルロゴは『相棒season9』。
  • 全シーズンの中では、第1話が2時間SPではない唯一のシーズンとなっている。
  • アナログ放送では16:9レターボックスでの放送となった。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2010年10月20日 顔のない男 戸田山雅司 和泉聖治 17.7%
第2話 10月27日 顔のない男〜贖罪 19.6%
第3話 11月10日 最後のアトリエ 太田愛 近藤俊明 18.4%
第4話 11月17日 過渡期 櫻井武晴 20.2%
第5話 11月24日 運命の女性 太田愛 21.1%
第6話 12月01日 暴発 櫻井武晴 20.5%
第7話 12月08日 9時から10時まで 徳永富彦 東伸児 19.7%
第8話 12月15日 ボーダーライン 櫻井武晴 橋本一 21.2%
第9話 12月22日 予兆[注 15] 戸田山雅司 東伸児 19.3%
第10話 2011年01月01日 聖戦 古沢良太 和泉聖治 19.3%
第11話 1月12日 死に過ぎた男 ブラジリィー・アン・山田 橋本一 19.8%
第12話 1月19日 招かれざる客 戸田山雅司 近藤俊明 20.4%
第13話 1月26日 通報者 太田愛 22.5%
第14話 2月02日 右京のスーツ 徳永富彦 東伸児 20.4%
第15話 2月16日 もがり笛 櫻井武晴 和泉聖治 21.2%
第16話 2月23日 監察対象 杉下右京 戸田山雅司 田村孝蔵 23.7%
第17話 3月02日 陣川警部補の活躍 東伸児 22.7%
最終話 3月09日 亡霊 戸田山雅司
輿水泰弘
和泉聖治 20.0%
平均視聴率 20.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season10[編集]

  • 2011年10月19日 - 2012年3月21日、全19話、平均視聴率 16.6%。
  • タイトルロゴは『相棒ten』。
  • 第1話は20時00分から21時48分の2時間SP。
  • 第10話は日曜21時00分から23時30分の2時間半SP。
  • 最終話は20時00分から22時09分までの2時間9分SP。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[9]
第1話 2011年10月19日 贖罪 輿水泰弘 和泉聖治 19.7%
第2話 10月26日 逃げ水 櫻井武晴 東伸児 17.4%
第3話 11月02日 晩夏 太田愛 近藤俊明 15.0%
第4話 11月09日 ライフライン 櫻井武晴 17.0%
第5話 11月16日 消えた女 戸田山雅司 東伸児 16.5%
第6話 11月23日 ラスト・ソング 橋本一 13.9%
第7話 11月30日 すみれ色の研究 徳永富彦 田村孝蔵 18.3%
第8話 12月07日 フォーカス 守口悠介 橋本一 13.1%
第9話 12月14日 あすなろの唄 櫻井武晴 安養寺工 15.1%
第10話 2012年01月01日 ピエロ 太田愛 和泉聖治 16.2%
第11話 1月11日 名探偵再登場 戸田山雅司 近藤俊明 16.3%
第12話 1月18日 つきすぎている女 古沢良太 18.4%
第13話 1月25日 藍よりも青し 高橋悠也 田村孝蔵 15.2%
第14話 2月01日 悪友 徳永富彦 東伸児 15.0%
第15話 2月08日 アンテナ 櫻井武晴 和泉聖治 15.1%
第16話 2月15日 宣誓 戸田山雅司 14.5%
第17話 2月29日 陣川、父親になる 守口悠介 近藤俊明 14.0%
第18話 3月07日 守るべきもの ハセベバクシンオー 16.5%
最終話 3月21日 罪と罰 輿水泰弘 和泉聖治 20.5%
平均視聴率 16.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season11[編集]

  • 2012年10月10日 - 2013年3月20日、全19話、平均視聴率 17.3%。
  • タイトルロゴは『相棒Eleven』。
  • 第1話と最終話は20時00分から22時09分の2時間9分SP。
  • 第11話は『テレビ朝日開局55周年記念』として火曜21時00分から23時30分の2時間半SP。
  • 本作からタイトルの書体が変更された。
  • 本作から、season12までオープニングでのタイトルロゴが最初に表示される形になっている。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[9]
第1話 2012年10月10日 聖域 輿水泰弘 和泉聖治 19.9%
第2話 10月17日 オークション 戸田山雅司 近藤俊明 17.3%
第3話 10月24日 ゴールデンボーイ 太田愛 和泉聖治 16.5%
第4話 10月31日 バーター 櫻井武晴 東伸児 15.0%
第5話 11月07日 ID ハセベバクシンオー
(協力:守口悠介)
田村孝蔵 15.4%
第6話 11月21日 交番巡査・甲斐享 徳永富彦 和泉聖治 16.4%
第7話 11月28日 幽霊屋敷 櫻井武晴 近藤俊明 15.7%
第8話 12月05日 棋風 金井寛 14.0%
第9話 12月12日 森の中(前編) 輿水泰弘 安養寺工 17.2%
第10話 12月19日 猛き祈り(後編) 17.8%
第11話 2013年01月01日 アリス 太田愛 和泉聖治 17.4%
第12話 1月16日 オフレコ 戸田山雅司 近藤一彦 19.4%
第13話 1月23日 幸福な王子 徳永富彦 15.0%
第14話 2月06日 バレンタイン計画 酒井雅秋 東伸児 17.1%
第15話 2月13日 同窓会 金井寛 和泉聖治 15.4%
第16話 2月20日 シンデレラの靴 ハセベバクシンオー
(協力:柿木健二朗)
近藤俊明 17.0%
第17話 2月27日 ビリー 櫻井武晴 橋本一 16.7%
第18話 3月13日 BIRTHDAY 古沢良太 16.5%
最終話 3月20日 酒壺の蛇 櫻井武晴 和泉聖治 20.7%
平均視聴率 17.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season12[編集]

  • 2013年10月16日 - 2014年3月19日、全19話、平均視聴率 17.4%。
  • タイトルロゴは『相棒12』。
  • 第1話・最終話は20時00分から22時09分の2時間9分SP。
  • 第8話はテレビ朝日開局55周年記念プロジェクトである『55時間テレビ』の一環として放送。
  • 第10話は『開局55周年記念』として21時00分から23時30分の2時間半SP。また同話は2014年8月3日に『テレ朝人気番組集結 1日丸ごと夏祭りSP』での『相棒夏祭り』で14時50分から17時30分に全国ネットで再放送された。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[9]
第1話 2013年10月16日 ビリーバー 輿水泰弘 和泉聖治 19.7%
第2話 10月23日 殺人の定理 金井寛 17.0%
第3話 10月30日 原因菌 櫻井武晴 15.9%
第4話 11月06日 別れのダンス 戸田山雅司 東伸児 18.6%
第5話 11月13日 エントリーシート 金井寛 近藤俊明 16.8%
第6話 11月20日 右京の腕時計 徳永富彦 15.6%
第7話 11月27日 目撃証言 飯田武
(櫻井武晴)
東伸児 14.4%
第8話 12月04日 最後の淑女 戸田山雅司 橋本一 15.4%
第9話 12月11日 かもめが死んだ日 輿水泰弘 16.9%
第10話 2014年01月01日 ボマー 太田愛 和泉聖治 19.6%
第11話 1月08日 デイドリーム 高橋悠也 安養寺工 16.2%
第12話 1月15日 崖っぷちの女 金井寛 近藤一彦 18.6%
第13話 1月22日 右京さんの友達 真野勝成 橋本一 17.4%
第14話 2月05日 真部千晶 17.6%
第15話 2月12日 見知らぬ共犯者 山本むつみ 和泉聖治 15.6%
第16話 2月19日 聞きすぎた男 戸田山雅司 14.9%
第17話 3月05日 ヒーロー 金井寛 田村孝蔵 14.4%
第18話 3月12日 待ちぼうけ 古沢良太 近藤俊明 15.2%
最終話 3月19日 プロテクト 輿水泰弘 和泉聖治 19.6%
平均視聴率 17.4%[10](視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

season13[編集]

  • 2014年10月15日スタート。
  • 第1話は20時00分から22時09分の2時間9分SP。
  • 本作でのタイトルロゴは『相棒season13』。season9以来、「season(数字)」と言う表記になった。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率[11]
第1話 2014年10月15日 ファントム・アサシン 輿水泰弘 和泉聖治 19.8%
第2話 10月22日 14歳 森下直 池澤辰也
(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

映画[編集]

相棒 -劇場版- 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン
テレビ朝日開局50周年を記念して2008年5月1日に公開された劇場版。
相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿
2009年3月28日に公開されたスピンオフ。
相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜
相棒10周年を記念して2010年12月23日に公開された2作目の劇場版。
相棒シリーズ X DAY
2013年3月23日に公開された2作目のスピンオフ。
相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ
テレビ朝日開局55周年を記念して2014年4月26日に公開された3作目の劇場版。

裏相棒[編集]

「トリオ・ザ・捜一」の伊丹、三浦、芹沢と鑑識の米沢を中心としたコメディ仕立てのショートドラマ。『裏相棒2』から角田も加わり5人となる。時間は3分。

裏相棒』は劇場版公開に合わせて2008年4月21日から同年5月1日まで深夜枠で放送された。関東地方での放送時間は月-木25:15 - 25:23、地域により放送日が異なる。全8回。また新作映画公開記念として、CSテレ朝チャンネル(30分、8話連続)と東映チャンネル(15分、4話連続、前・後編)で放送され、2008年5月18日(関東地方で24時30分から25時20分)ドスペ2「相棒まだまだ公開中スペシャル!」内でも、第7回以外を一挙放送(前半「テラコヤ!」、後半「裏相棒」)。season6のDVD1(初回版)の特典ディスクとしてソフト化された(「相棒 season6 - Vol.12」として単品レンタルあり)。

裏相棒2』は『鑑識・米沢守の事件簿』公開に合わせ公式サイトで配信されたスピンオフ作品。2009年3月18日のシーズン7最終回放送終了後から第1夜の配信を開始、以後全4回を毎週水曜日に1回ずつ配信された。なお、配信の前にキャストが出演するオリジナルCMが挿入された。season7のDVDBOX2に全話収録。

スタッフ[編集]

  • 音楽 - 池頼広
  • 助監督 - 安養寺工(裏相棒)、村松卓(裏相棒2)
  • 選曲 - team K(裏相棒)、三田兼玄(アウル・裏相棒2)
  • 音響効果 - 大野義彦(大泉音映)
  • MA - 藤沢信介
  • 宣伝 - 蓮実里奈(テレビ朝日)
  • プロデューサー - 松本基弘・上田めぐみ(裏相棒)・伊東仁(テレビ朝日)、香月純一(裏相棒)・西平敦郎・土田正通(東映)
  • 編成 - 島川博篤(裏相棒)・西勇哉(裏相棒2)(テレビ朝日)
  • 制作 - テレビ朝日・東映

放送日程[編集]

裏相棒[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第一夜 2008年4月21日 茶色の小瓶 戸田山雅司 近藤俊明
第二夜 4月22日 「花の里」奇譚
第三夜 4月23日 踊る大発毛腺
第四夜 4月24日 張り込み
第五夜 4月28日 マジックミラー
第六夜 4月29日 伊丹の足の下
第七夜 4月30日 続・「花の里」奇譚
第八夜 5月01日 恋するイタミン

裏相棒2[編集]

話数 配信開始日 地上波放送 サブタイトル 脚本 監督
第一夜 2009年3月18日 2009年4月06日 宿直の夜 櫻井武晴 安養寺工
第二夜 3月25日 致命的なミス
第三夜 4月01日 4月13日 驚愕の事実
最終夜 4月08日 鑑識ショッピング

舞台[編集]

宝塚歌劇団によって舞台化され、2009年12月から2010年1月にかけて花組公演として、シアター・ドラマシティ日本青年館で公演された[12]

輿水泰弘の原案をもとに石田昌也が脚本を執筆し、杉下右京と神戸尊を中心としたテレビドラマ版とは異なるオリジナルストーリーとなっている。桜乃彩音が演じたパリス・エヴァンスをはじめ、一部の配役は舞台版のオリジナルキャラクターが登場している。またパパイヤ鈴木が振付として参加した。

人気テレビドラマの宝塚における舞台化は話題を呼ぶと同時に不安視もされたが、出演者がそれぞれのメインキャラクターの特徴を研究した役作りが好評だった[13]

なお、この舞台で右京役を演じた真飛聖はseason11から甲斐享の恋人である笛吹悦子役として出演している。

主な配役
(舞台版の登場人物)

その他[編集]

  • 番組タイトルは当初『黄金刑事(ゴールデンコップス)』という候補があった。しかし、なかなかスタッフ全員が納得のいくタイトルがないがために仮タイトルという扱いになり、その後スタッフが中華料理屋で食事中に偶然出てきた『相棒』と言うフレーズがタイトルに決まった(誰が思いついたかはいまだに不明)[14][15]
  • 以前の作品に登場した設定や人物が、何らかの形で再登場していることがある。
  • 警視庁には、略称ではあるが「特命係」と呼ばれる部署が警備部内に実在している[要出典]。劇中のエピソードでは刑事部の所属となることに刑事部が反発したため、しかたなく本庁内でも(作中設定として)ランクが低い生活安全部に押し付けたということになっている。
  • 2008年3月、右京と薫が、警視庁の飲酒運転抑止ポスターに起用された。キャッチコピーの一節には右京が激昂したときに口にする「まだ、わからないのですか!」が使われた。東京地区で約15万枚がはり出された。
  • 2008年4月29日に劇場版の公開キャンペーンの一環として水谷と寺脇は『徹子の部屋』にゲスト出演した。番組前半は杉下右京と亀山薫(役のままの2人)で、後半は水谷豊と寺脇康文(素の2人)の体で進行した。また、2008年12月16日にsesason7 第9話「レベル4〜後篇・薫最後の事件」の放送前に合わせて寺脇が再び『徹子の部屋』にゲスト出演し、番組前半に卒業の詳細や最後の収録終わりの裏話などを語った。2009年3月27日には、スピンオフ作品の公開にあわせ、六角精児が『徹子の部屋』に出演した。このときも、番組前半は鑑識の衣装を着て米沢守の役のままで出演し、番組後半は私服に着替えて六角精児として出演した。劇場版IIの公開時には、2010年12月23日に水谷豊と及川光博(神戸尊)が、2011年1月6日にはTeam相棒として川原和久、大谷亮介、山中崇史、六角精児もそれぞれ同様に出演。
  • 2008年4月下旬から、劇場版の公開を記念したコラボレーション企画として、米沢役の六角精児と伊丹役の川原和久が出演するリポビタンDのCMが放送された[16]。また、2010年12月には劇場版IIの公開を記念したコラボレーション企画として、上記2人のほかに宮部たまき役の益戸育江を加えた黄桜のCMが放送された。両社とも本番組のスポンサーである[注 16]
  • season7放送後の『ザテレビジョン』主催の「第60回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」では薫卒業後も右京単独で活躍させた取り組みなどが評価され、ザテレビジョン特別賞を受賞した。
  • season8から日本の連続ドラマとしては初めて完全テープレス、ノンリニア編集の撮影・編集形態となった。なお、作中では特命係や警視庁・警察庁のパソコンが(編集システムと同じアップル製品である)iMacMacBook Proとなっている[17][18]
  • 2011年1月1日放送のseason9 第10話「聖戦」で、本作ファンの漫画家・青山剛昌カメオ出演した。取材の誘いを受けて、現場を訪れたことが出演のきっかけだという[19]
  • 2012年2月15日放送のseason10 第16話「宣誓」で、映画監督の三池崇史が特別出演[20]した。三池と交流のある和泉聖治監督からのオファーによるもの[21][22]
  • season4 第11話「汚れある悪戯」で、薫が見ていたネット掲示板に「25ちゃんねる」と表示されている場面がある(2ちゃんねるのパロディ)。
  • 現実の警察組織では、ペアを組む相手を「相勤(あいきん)」と呼んでいたが、本作の影響で「相棒」と呼ばれるようになった[23]

欠番[編集]

season3 第7話「夢を喰う女」は、閲覧者の個人情報図書館司書から聞き出す場面に対して、日本図書館協会から「地方公務員法(第34条。守秘義務)違反になりかねない」「警察においてもこのようなことは現在ほとんどしていない」[24]という意見が、他にも世田谷区の図書館など図書館関係者からの指摘が寄せられた[25]ため欠番となっている(図書館の自由に関する第3宣言[26]違反の行為。捜索差押許可状以外は「捜査関係事項照会書」も認められない)。

テレビ朝日は、2004年12月15日付で日本図書館協会などに「令状を見せる場面を省略したことは不適切だった」とお詫びを表明したほか、謝罪テロップを放送している。

このストーリーについては、オフィシャルガイドブックでは「season3 第7話は欠番です」と記されているのみで、地上波、BS、CSでの再放送、番組販売は行われていないうえ、DVDにも収録されておらず、事実上の封印作品となっている。また、season3テレビ朝日公式サイトのあらすじのバックナンバー一覧からも削除されており、ノベライズ3上巻末の放送リストでも触れられていない。ただし、これらの措置は協会側ならびにその関係者が欠番を要請したものではなく、あくまでも番組サイドの自主的な判断によるものである[要出典]

パロディ[編集]

  • 未来講師めぐる』 - 田口浩正が右京のようなキャラクターを演じている。
  • 炎神戦隊ゴーオンジャー』GP-28(第28話)「相棒グンペイ」 - 石原軍平 / ゴーオンブラック(海老澤健次)の警官時代の「相棒」だった右京風な警視庁「特犯係」の刑事・柏木左京(今井朋彦[注 17])が登場(水谷もこのパロディ回の存在を把握しているようである[27])。GP-FINAL(最終話)「正義ノロード」でも、警察に復帰した軍平が右京を模した服装と口調で登場するシーンがある。両番組共に東映の制作であることもあって、これらのシーンの撮影には実際の特命係のセットが使用された[28]
  • 特命係長 只野仁スペシャル'08』 - 只野仁(高橋克典)が右京そっくりな左京さんというキャラクターに変装。森脇幸一(永井大)も薫風に扮している。
  • アニメ版『ケロロ軍曹』第253話Bパート「ケロロ 黒電話捜査官66(ロクロク)であります」 - 『ケータイ捜査官7』をパロディ化したストーリーで、ケロロが右京を意識したケロ下右京(仮称)に。
  • 朝日放送新社屋完成記念 くるくる朝日です』 - ABCセンターの掲示板に劇場版?「相方」のポスター、登場したのは、宮根誠司をはじめとする朝ワイドのキャスター陣、隣は本物の劇場版ポスター。
  • 爆笑レッドシアター』杉下ウッ京の事件簿 - 4人の容疑者の中で誰が面白くないかを決める内容で、内村光良が右京ならぬ杉下ウッ京に、坪倉由幸我が家)が薫に、福徳秀介ジャルジャル)が尊にそれぞれ扮している。被害者役は柳原可奈子が演じている。
  • 2011年8月29日『お試しかっ!』の、「ワケありボツメニュー」のクイズに、タカ下右京という、杉下と同じ衣装で、ティーカップを持った回答キャラクターが、相棒のBGM込みで登場した。
  • ピカルの定理』2013年1月16日放送『哀棒Eleven』第1話「熟女へのあふれる愛」 - ピースがそれぞれ綾下右京(綾部祐二)、又甲斐享(又吉直樹)を演じる。ピカルの定理が21時から始まる2時間スペシャルだったため、『相棒』放送中に放送された。

関連商品[編集]

DVD・Blu-ray DISC[編集]

2006年のseason4最終回でDVDソフト化が発表された。なお、テレビ朝日系刑事ドラマでは、この作品が初めてDVD化されたものとなる。販売元のクレジットはワーナー・ブラザース・ホームエンタテイメント。販売元であるNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン[注 18]は、ワーナーとの契約により表記していなかった。しかし、劇場版のリリースに限りDVDレンタル向けに関しては表記されるようになった[注 19]。『X DAY』のみ販売元はハピネット

  • 相棒 pre season(2006年10月6日発売)1BOX仕様
  • 相棒 season1(2006年11月3日発売)1BOX仕様
  • 相棒 season2(2007年2月9日発売)2BOX仕様
  • 相棒 season3(2007年9月7日発売)2BOX仕様(第7話未収録)
  • 相棒 season4(2007年12月7日発売)2BOX仕様
  • 相棒 season5(2008年3月7日発売)2BOX仕様
  • 相棒 season6(2008年12月10日発売)2BOX仕様 ※BOX1には初回生産分のみ「裏相棒」を収録した特典ディスクを同梱。
  • 相棒 -劇場版- (2008年10月22日発売)初回限定の豪華版(4枚組)と通常版(1枚のみ)の2種。初回限定特典は、杉下右京の着ボイス
  • 相棒 スリム版(2009年3月18日発売)Pre seasonからseason2までを6巻のスリムパッケージに収めた2009年8月31日までの期間限定発売の廉価版。
  • 相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 (2009年10月21日発売)season7.5を収録。初回限定はスペシャルパッケージ+封入特典(デジタル特典)付。
  • 相棒 season7(2009年10月21日発売)2BOX仕様 ※映像特典 PRスポット集(BOX1,2)同時使用。DVD完全撮り下ろし寺脇康文インタビューほか(BOX1に収録)『裏相棒2』(BOX2に収録)
  • 相棒 season8(2010年10月20日発売)2BOX仕様 ※映像特典 第18話「右京、風邪をひく」時系列再編集版ほか
  • 相棒 スリム版(2010年11月23日発売)Pre seasonからseason2までを6巻のスリムパッケージに収めた前作の再発売と、新たにseason3からseason5までを9巻のスリムパッケージに収めた2011年3月31日までの期間限定発売の廉価版。
  • 相棒 -劇場版II-(2011年8月3日発売)初回限定の豪華版(5枚組)と通常版(1枚のみ)の2種。豪華版には劇場公開時にカットされたシーンを追加した「エクステンデッド・エディション」も収録。また『相棒』としては初めてBlu-ray Disc版が発売された。
  • 相棒 season9(2011年10月19日発売)DVDは2BOX仕様で発売。またテレビシリーズでは初のBD-BOXが1BOX仕様で発売された。
  • 相棒 season10(2012年10月17日発売)Blu-ray版は1BOX、DVD版は2BOX仕様 ※映像特典・舞台「裏相棒―劇場版―」・ほか相棒スペシャルファンミーティング・卒業発表記者会見・水谷豊×及川光博インタビュー・スーパーJチャンネル独占インタビュー<未公開映像あり>・相棒season10オールアップ集・PRスポット集
  • 相棒 season11(2013年10月16日発売)Blu-ray版は1BOX、DVD版は2BOX仕様。映像特典として「水谷豊×成宮寛貴 製作発表会見」、「はい! テレビ朝日です『オープニングの舞台裏』」、PRスポット集、第18話「BIRTHDAY」ディレクターズカット版。
  • 相棒シリーズ X DAY(2013年11月2日発売)特典DVD付きの2枚組。初回限定特典はブックレットとアウターケース。

CD[編集]

  • 相棒 サウンド・トラック(2006年)
  • 相棒 -劇場版- オリジナルサウンドトラック(2007年)
  • 相棒 オリジナル・サウンドトラック(2008年)
  • 相棒 Classical Collection -杉下右京 愛好クラシック作品集-(2008年)
  • 相棒 Classical Collection -杉下右京 愛好クラシック作品集 デラックス- (2009年)
  • 相棒 オリジナル・サウンドトラック デラックス(2009年)
  • 相棒シリーズ「鑑識・米沢守の事件簿」 ORIGINAL SOUNDTRACK(2009年)
  • 相棒 season8 オリジナル・サウンドトラック(2009年)
  • 相棒 season9 オリジナル・サウンドトラック(2010年)
  • 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜 オリジナル・サウンドトラック(2010年)
  • 相棒 season10 オリジナル・サウンドトラック(2011年)
  • 相棒 season11 オリジナル・サウンドトラック(2013年)初回限定盤はオールナイトニッポン特別版 相棒回想編付き
  • 相棒シリーズ X DAY オリジナル・サウンドトラック(2013年)
  • 相棒 season12 オリジナル・サウンドトラック(2013年)
  • 相棒-劇場版III- オリジナル・サウンドトラック(2014年)

書籍[編集]

ガイドブック[編集]

  • オフィシャルガイドブック 相棒(2006年10月5日発売、扶桑社ISBN 4-594-60464-1 - Pre seasonからseason4までの、ほぼ全エピソードを148ページに渡って解説。
  • 雑誌『ドラマ』2008年2月号・『相棒』シナリオ特集(2008年1月18日発売、映人社) - season2 第1話・第2話、season3 第11話、season4 第19話、season5 第4話のシナリオを掲載。輿水泰弘インタビュー、各脚本家のコメント、松本基弘プロデューサーへのインタビューも掲載。
  • オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版-(2008年4月1日発売、扶桑社)
  • 刑事マガジンSpecial相棒検定(2008年4月18日発売、辰巳出版ISBN 978-4-7778-0516-7 - 問題総数は400問以上。ドラマ、劇場版含めあらゆる範囲から出題。
  • 相棒シリーズ鑑識・米沢守の事件簿オフィシャルガイドブック(2009年3月発売、扶桑社)
  • オフィシャルガイドブック 相棒Vol.2(2009年10月28日発売、産経新聞社ISBN 9784819150057 - season5からseason7までの全エピソードを解説。
  • オフィシャルガイドブック 相棒 -劇場版II-(2010年12月24日発売、産経新聞出版)ISBN 978-4-8191-5022-4
  • オフィシャルガイドブック 相棒Vol.3(2012年9月14日発売、産経新聞出版) ISBN 9784819150446 - season8からseason10までの全エピソードを解説。なお、Vol.2まで同じ役で複数回登場している人物を扱ってきたが、Vol.3では本作のファンを公言する研ナオコがゲストとして演じたジャズシンガー・安城瑠璃子を例外的に取り上げている。
  • オフィシャルガイドブック 相棒-劇場版Ⅲ-(2014年3月31日発売、産経新聞出版)ISBN 978-4-8356-2310-8

ノベライズ作品[編集]

特記の無い限り、ノベライズ碇卯人[注 20]が担当。TVシリーズは朝日文庫、劇場版は小学館または小学館文庫から刊行される。なお、劇場版のノベライズ作は結末が映画版と異なっている。

  • 相棒 警視庁ふたりだけの特命係(2007年10月10日発売、朝日文庫ISBN 978-4-02-264416-9 - pre season 全3話を小説化。脚本は輿水泰弘。朝日文庫朝日新聞社、2008年4月から朝日新聞出版)の創刊30周年記念作品として刊行開始。総計数十万部に達している。
  • 相棒 season1(2008年1月11日発売)ISBN 978-4-02-264428-2 - 全12話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、砂本量
  • 相棒 season2・上(2008年3月7日発売) ISBN 978-4-02-264434-3 - 第1話から第10話を小説化。脚本は輿水泰弘、砂本量、櫻井武晴。
  • 相棒 劇場版(2008年3月17日発売) ISBN 978-4093862103 -著者は司城志朗
  • 相棒 season2・下(2008年5月7日発売) ISBN 978-4-02-264437-4 - 第11話から第21話を小説化。脚本は輿水泰弘、砂本量、櫻井武晴、深沢正樹、坂田義和。
  • 相棒 season3・上(2008年10月7日発売) ISBN 978-4-02-264451-0 - 第1話から第9話(記載は第8話)を小説化。脚本は輿水泰弘、砂本量、櫻井武晴。
  • 相棒 season3・下(2008年12月5日発売) ISBN 978-4-02-264467-1 - 第10話から第19話(記載は第9話から第18話)を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、砂本量、東多江子、岩下悠子、林誠人近藤俊明
  • 相棒 season4・上(2009年1月9日発売) ISBN 978-4-02-264472-5 - 第1話から第10話を小説化。脚本は輿水泰弘、古沢良太、砂本量、櫻井武晴、瀬巻亮犬、入江信吾。
  • 相棒 season4・下(2009年2月20日発売) ISBN 978-4-02-264482-4 - 第11話から第21話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、古沢良太、戸田山雅司、岩下悠子、林誠人、真部千晶。
  • 相棒 season5・上(2009年10月7日発売) ISBN 978-4-02-264513-5 - 第1話から第10話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、古沢良太、戸田山雅司、岩下悠子、吉本聡子。
  • 相棒 season5・下(2009年12月4日発売) ISBN 978-4-02-264530-2 - 第11話から第20話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、古沢良太、戸田山雅司、岩下悠子、吉本聡子。
  • 相棒 season6・上(2010年1月20日発売) ISBN 978-4-02-264533-3 - 第1話から第9話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、戸田山雅司、岩下悠子、吉本昌弘、西村康昭、入江信吾。
  • 相棒 season6・下(2010年2月19日発売) ISBN 978-4-02-264538-8 - 第10話から第19話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、戸田山雅司、古沢良太、岩下悠子、吉本昌弘。
  • 相棒 劇場版II(2010年11月5日発売、小学館文庫)ISBN 978-4-09-408558-7 - 著者は大石直紀
  • 相棒 season7・上(2010年12月7日発売) ISBN 978-4-02-264577-7 - 第1話から第9話を小説化。脚本は輿水泰弘、徳永富彦、岩下悠子、渡辺雄介、櫻井武晴。
  • 相棒 season7・中(2011年1月7日発売) ISBN 978-4-02-264590-6 - 第10話から第14話を小説化。脚本は徳永富彦、ハセベバクシンオー、櫻井武晴、佐伯俊道。
  • 相棒 season7・下(2011年2月4日発売) ISBN 978-4-02-264594-4 - 第15話から第19話を小説化。脚本は輿水泰弘、古沢良太、徳永富彦、波多野都、櫻井武晴。
  • 相棒 season8・上(2011年11月4日発売)ISBN 978-4-02-264635-4 - 第1話から第6話を小説化。脚本は輿水泰弘、太田愛、戸田山雅司、徳永富彦、福田健一。
  • 相棒 season8・中(2011年12月7日発売)ISBN 978-4-02-264639-2 - 第7話から第12話を小説化。脚本は櫻井武晴、徳永富彦、ハセベバクシンオー、戸田山雅司、太田愛。
  • 相棒 season8・下(2012年1月10日発売)ISBN 978-4-02-264644-6 - 第13話から第19話を小説化。脚本はブラジリィー・アン・山田、太田愛、戸田山雅司、玉田義正、徳永富彦、古沢良太、櫻井武晴。
  • 相棒 season9・上(2012年11月7日発売)ISBN 978-4-02-264690-3 - 第1話から第7話を小説化。脚本は戸田山雅司、太田愛、櫻井武晴、徳永富彦。
  • 相棒 season9・中(2012年12月7日発売)ISBN 978-4-02-264694-1 - 第8話から第13話を小説化。脚本は戸田山雅司、古沢良太、ブラジリィー・アン・山田、太田愛。
  • 相棒 season9・下(2013年1月4日発売)ISBN 978-4-02-264696-5 - 第14話から第18話を小説化。脚本は徳永富彦、櫻井武晴、戸田山雅司、輿水泰弘。
  • 相棒シリーズ X DAY(2013年2月6日発売)ISBN 978-4-09-408794-9 - 著者は大石直紀。
  • 相棒 season10・上(2013年9月6日発売)ISBN 978-4-02-264717-7 - 第1話から第6話を小説化。脚本は輿水泰弘、櫻井武晴、太田愛、戸田山雅司。
  • 相棒 season10・中(2013年10月8日発売)ISBN 978-4-02-264721-4 - 第7話から第13話を小説化。脚本は徳永富彦、守口悠介、櫻井武晴、太田愛、戸田山雅司、古沢良太、高橋悠也。
  • 相棒 season10・下(2013年11月7日発売)ISBN 978-4-02-264727-6 - 第14話から第19話を小説化。脚本は戸田山雅司、古沢良太、高橋悠也、徳永富彦、櫻井武晴、守口悠介、ハセベバクシンオー、輿水泰弘。
  • 相棒 season11・上(2013年12月6日発売)ISBN 978-4-02-264728-3 - 第1話から第6話を小説化。脚本は輿水泰弘、戸田山雅司、太田愛、櫻井武晴、ハセベバクシンオー、徳永富彦。
  • 相棒 season11・中(2014年1月4日発売)ISBN 978-4-02-264731-3 - 第7話から第13話を小説化。脚本は櫻井武晴、金井寛、輿水泰弘、太田愛、戸田山雅司、徳永富彦。
  • 相棒 season11・下(2014年2月7日発売)ISBN 978-4-02-264735-1 - 第14話から第19話を小説化。脚本は酒井雅秋、金井寛、ハセベバクシンオー、櫻井武晴、古沢良太。
  • 相棒 劇場版III(2014年3月6日発売)ISBN 978-4-09-406028-7 - 著者は大石直紀。

シナリオ集[編集]

  • 相棒シナリオ傑作選 Pre season - season7(2011年2月22日発売、竹書房)ISBN 978-4-8124-4525-9 - Pre seasonからseason7の脚本の決定稿を収録。著者は、輿水泰弘、櫻井武晴、砂本量、戸田山雅司、古沢良太。
  • 相棒シナリオ傑作選2 season2 - season9(2011年12月21日発売、竹書房)ISBN 978-4-8124-4775-8 - season2からseason9の脚本の決定稿を収録。著者は、輿水泰弘、櫻井武晴、戸田山雅司、吉沢良太、深沢正樹、岩下悠子、徳永富彦、ハセベバクシンオー、太田愛。
  • 月刊ドラマ 2014年2月号(映人社) - 本作特集号。Season12の「ビリーバー」「かもめが死んだ日」「崖っぷちの女」を収録。

オリジナル小説[編集]

漫画化作品「相棒-たった二人の特命係-」[編集]

小学館『ビッグコミックスペリオール』2008年第1号(2007年12月14日発売)から2012年第12号(2012年5月25日発売)にかけて連載された。作画はこやす珠世。漫画化のエピソードはドラマの放送順とは異なる。単行本は全12巻(ビッグコミックス)。

  1. 2008年4月26日刊行 ISBN 978-4-09-181867-6
  2. 2008年9月30日刊行 ISBN 978-4-09-182149-2
  3. 2009年2月27日刊行 ISBN 978-4-09-182360-1
  4. 2009年8月28日刊行 ISBN 978-4-09-182584-1
  5. 2009年12月26日刊行 ISBN 978-4-09-182787-6
  6. 2010年4月28日刊行 ISBN 978-4-09-183148-4
  7. 2010年9月30日刊行 ISBN 978-4-09-183414-0
  8. 2011年1月28日刊行 ISBN 978-4-09-183620-5
  9. 2011年6月30日刊行 ISBN 978-4-09-183856-8
  10. 2011年10月28日刊行 ISBN 978-4-09-184127-8
  11. 2012年2月29日刊行 ISBN 978-4-09-184272-5
  12. 2012年7月30日刊行 ISBN 978-4-09-184624-2

番外編に『鑑識・米沢守の事件簿』がある。同じくこやす珠世の作画で、『ビッグコミック増刊』2009年4月17日号に掲載された。

その他の関連書籍[編集]

  • ドラマ「相棒」はビジネスの教科書だ!杉下右京に学ぶ「謎解きの発想術」(2010年10月22日発売、プレジデント社ISBN 978-4-8334-7115-2 - Pre seasonからseason8までの中から、いくつかのストーリーをケーススタディに、仕事術に生かす方法を解説したビジネス書。著者は勝見明。
  • 『相棒』10周年メモリアルBOOK 杉下右京10years(2010年12月9日発売、ぴあMOOK)ISBN 978-4-8356-1368-0 【オリジナル付録】「右京さんサスペンダー型 オリジナルカードケース(ネックストラップ付)」

手帳[編集]

  • 「相棒」オフィシャル 杉下右京手帳 2011(2010年10月31日発売、PHP研究所ISBN 978-4-569-79218-7 - シリーズ開始10周年記念として発売された手帳。所々に右京のセリフが書かれている。

ゲーム[編集]

テクモ(現・コーエーテクモゲームス)よりニンテンドーDSアドベンチャーゲーム相棒DS』が2009年3月5日に発売された[29]

ゲームオリジナルストーリー3編を楽しめるドラマモード(全編ドラマ同様に音声つきの実写で展開される)、ドラマでの人気エピソードや重要な物語を元にしたストーリーを5話収録し小説で再現したノベルモード、相棒にちなんだミニゲームなどのコンテンツがあるおまけモードの3つにより構成されている。

ゲスト[編集]

Episode1 「残照」
Episode2 「殺意の琴線」
Episode3 「遺志」

スタッフ[編集]

エピソードリスト[編集]

各話 サブタイトル 脚本
Episode 1 残照 石川雅之(シナリオプロデューサー)、平松正樹、都築孝史、小澤俊介、山崎修(シナリオ制作)
Episode 2 殺意の琴線
Episode 3 遺志

グッズ[編集]

  • 2008年2月13日からドラマの公式グッズの販売が開始された。
  • テレビ朝日本社やWebサイト、東京駅のテレアサショップで購入できる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ season12 第13話の毒島幸一との茶会での会話でもこのことに触れている。
  2. ^ 警察庁長官官房付への異動後の階級は明かされておらず、辞令には階級についての記載がなかったため、警部補のままである可能性がある。
  3. ^ この新聞社は『警視庁捜査一課9係』や『遺留捜査』にも登場している。
  4. ^ ノベライズでは生活安全部に残った形を経たうえでどこの部にも所属しない設定となっている。
  5. ^ S.2までは窓の配置などの部屋のレイアウトが現在のものと微妙に異なっていた。
  6. ^ エンディングの撮影協力に同名があり、実在の店だった模様。
  7. ^ 予約の電話が入ったり(S.5-3)、実際に客が帰宅する様子が見られるなど(S.10-12)ある程度の来客は存在するようである。
  8. ^ 相棒Pre seasonのメインテーマ。DVDでは他の曲に差し替えている。ただしPS.3のDVDに収録されている予告編は差し替えられていない。この曲は、放送当時もクレジットされていなかった。
  9. ^ 初放映当時の土曜ワイド劇場の共通エンディング曲。DVDでは他の曲に差し替えられており、クレジットもボカシ処理されている。
  10. ^ season4まではサワイアキヒコ 名義
  11. ^ 新撮映像部分はハイビジョン撮影。その為、アナログ放送では画面サイズ4:3と14:9の混合放送となった。
  12. ^ a b 番外編「名コンビ誕生篇」の新撮部分とSeason7第8話「レベル4〜前篇」は、ストーリー上、繋がっている。
  13. ^ 当初、第3話として2003年10月22日に放送する予定だったが、日本シリーズ中継延長のため放送休止になり、前話の「殺人晩餐会」を第4話から第3話として予定通り10月29日に放送した後、順延する形となった。
  14. ^ 砂本(2005年死去)の病状悪化により須藤プロデューサーが書き継いだ。
  15. ^ 相棒 -劇場版II-』のプロローグ的位置づけとなっている。
  16. ^ 「花の里」の店内には黄桜の樽が置いてある。
  17. ^ 今井は後にseason10 第18話に出演した。
  18. ^ 2008年まではジェネオンエンタテインメント。2009年から2014年まではジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン。
  19. ^ DVDレンタルショップ向けのPOPでは、テレビ朝日のロゴの横にワーナー・ホーム・ビデオとジェネオンの双方のロゴが表記された。
  20. ^ 推理作家鳥飼否宇アナグラムで、ノベライズ作品に用いる際の別名義。

出典[編集]

  1. ^ “打倒! 王者「相棒」 夕方4時台で勃発 ドラマ“再放送戦争””. 週刊文春. (2012年9月7日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1758 2012年9月7日閲覧。 
  2. ^ “テレビ朝日 : 視聴率好調の理由 “キャストより内容”が時代にマッチ”. 毎日新聞デジタル. (2012年5月16日). オリジナル2012年6月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120619162054/http://mantan-web.jp/2012/05/16/20120515dog00m200056000c.html 2013年2月20日閲覧。 
  3. ^ 東映ウェブサイトより”. 東映ウェブサイト. 2013年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月1日閲覧。
  4. ^ テレ朝「相棒」の水谷&寺脇らが橋田賞…大賞なし、夕刊フジ、2008年4月10日
  5. ^ 第48回ギャラクシー賞プレスリリース
  6. ^ ドラマ「相棒 season9」の第8話がなんと「貧困ジャーナリズム大賞」に!、東京スポーツ、2011年7月1日
  7. ^ 貧困ジャーナリズム賞 本紙連載が受賞、京都新聞、2011年7月1日
  8. ^ 劇場版IIパンフレットp.15
  9. ^ a b c “相棒 シリーズ”. スポニチアネックス. (2014年3月13日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/yomimono/drama/2011/aibou9/ 2014年3月20日閲覧。 
  10. ^ 『ザテレビジョン』が発表した数字では17.1%。「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」、『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA2014年5月16日、 10頁。
  11. ^ 相棒 シリーズスポニチアネックス、2014年10月18日閲覧。
  12. ^ 東京特別公演『相棒』,宝塚歌劇団,公演案内
  13. ^ “あの右京さんが踊ってる… 宝塚花組公演「相棒」開幕”. 朝日新聞. (2009年12月23日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK200912230038.html 
  14. ^ お願い!ランキング』2010年12月19日放送分より。
  15. ^ キングコングのあるコトないコト』2010年12月20日放送分より。
  16. ^ 「相棒」の脇役2人がリポビタンDのCM、日刊スポーツ、2008年4月19日
  17. ^ 事例 - 『相棒』テレビ朝日 - ページ1”. アップル. 2009年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月30日閲覧。
  18. ^ 事例 - 『相棒』テレビ朝日 - ページ2”. アップル. 2009年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月4日閲覧。
  19. ^ “青山剛昌がTVドラマ出演「相棒」元日スペシャルに登場”. コミックナタリー. (2010年12月22日). http://natalie.mu/comic/news/42453 2011年7月7日閲覧。 
  20. ^ STORY 第16話「宣誓」”. テレビ朝日 相棒season10. 2012年2月16日閲覧。
  21. ^ “三池崇史監督が『相棒』に暴力団幹部役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2012年2月14日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2006961/full/ 2012年2月16日閲覧。 
  22. ^ “相棒 :三池崇史監督がゲスト出演 事件の鍵握る役どころ”. 毎日新聞デジタル. (2012年2月14日). オリジナル2012年2月15日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120215075042/http://mantan-web.jp/2012/02/14/20120213dog00m200052000c.html 2012年2月16日閲覧。 
  23. ^ 2014年10月14日放送『林修の今でしょ講座』内で警察OBの小川泰平が発言。
  24. ^ 社団法人 日本図書館協会 JLAメールマガジン 第234号(2004年12月15日発信)
  25. ^ 『相棒』の図書館描写に図書館協会が抗議 テレビドラマデータベース(2005年1月19日)
  26. ^

    読者が何を読むかはその人のプライバシーに属することであり、図書館は、利用者の読書事実を外部に漏らさない。ただし、憲法第35条にもとづく令状を確認した場合は例外とする。

    図書館の自由に関する第3宣言第1項

  27. ^ 刑事マガジン』vol.6(辰巳出版)インタビュー
  28. ^ 炎神戦隊ゴーオンジャー GP-28 相棒グンペイ|東映[テレビ]
  29. ^ “あの名コンビがニンテンドーDSでも! 『相棒DS』制作発表会見が開催”. ファミ通.com. (2009年1月14日). http://www.famitsu.com/game/news/1221213_1124.html 

関連項目[編集]

  • テレビ朝日番組一覧
  • テレビ朝日水曜21時枠刑事ドラマ
  • 刑事貴族
  • オヤジ探偵
  • 警視庁捜査一課9係
  • 853〜刑事・加茂伸之介
  • 探偵はBARにいる - 本作の主要スタッフが制作に参加し、東映・テレビ朝日が製作した映画作品。
  • お願い!ランキング - 劇場版第2作の公開に合わせて、特別番組『相棒×お願い!ランキング』を放送。また、番組内でもコラボコーナー「グッズ鑑識・米沢守」「グッズ課長・角田六郎」「グッズ監察官・ 大河内春樹」を放送。さらに2012年12月31日放送の年またぎスペシャルでは、『season10』の視聴率発表コーナーに右京と享のCGアニメキャラクターが登場(声は水谷と成宮がそれぞれ担当)、最後には翌日(2013年1月1日)放送の『元日SP』の宣伝をした。なお『season10』では右京の相棒は亨ではなく尊だったため、亨キャラが「この作品は僕が入る前の『相棒』ですね。」と断ってから紹介を行った。

外部リンク[編集]

テレビ朝日公式[編集]

BS朝日公式[編集]

東映公式[編集]

テクモ公式[編集]

その他[編集]

テレビ朝日 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
はぐれ刑事純情派(第15作)
(2002.4.3 - 2002.10.2)
相棒
〜警視庁ふたりだけの特命係〜
(2002.10.9 - 2002.12.25)
はみだし刑事情熱系(第7作)
(2003.1.8 - 2003.3.19)
はぐれ刑事純情派(第16作)
(2003.4.2 - 2003.9.17)
相棒 2nd season
(2003.10.8 - 2004.3.17)
はみだし刑事情熱系〜最終章〜
(2004.4.14 - 2004.6.30)
はぐれ刑事純情派(第17作)
(2004.7.7 - 2004.9.22)
相棒 3rd season
(2004.10.13 - 2005.3.23)
はぐれ刑事純情派ファイナル
(2005.4.20 - 2005.6.29)
相棒 season IV
(2005.10.12 - 2006.3.15)
警視庁捜査一課9係(season1)
(2006.4.19 - 2006.6.21)
PS -羅生門-
(2006.7.5 - 2006.9.13)
相棒 season V
(2006.10.11 - 2007.3.14)
警視庁捜査一課9係(season2)
(2007.4.25 - 2007.6.20)
相棒 season6
(2007.10.24 - 2008.3.19)
警視庁捜査一課9係(season3)
(2008.4.16 - 2008.6.18)
ゴンゾウ 伝説の刑事
(2008.7.2 - 2008.9.10)
相棒 season7
(2008.10.22 - 2009.3.18)
臨場
(2009.4.15 - 2009.6.24)
新・警視庁捜査一課9係(season1)
(2009.7.1 - 2009.9.16)
相棒 season8
(2009.10.14 - 2010.3.10)
臨場(第2シリーズ)
(2010.4.7 - 2010.6.23)
新・警視庁捜査一課9係(season2)
(2010.6.30 - 2010.9.15)
相棒 season9
(2010.10.20 - 2011.3.9)
遺留捜査
(2011.4.13 - 2011.6.22)
新・警視庁捜査一課9係(season3)
(2011.7.6 - 2011.9.14)
相棒 ten
(2011.10.19 - 2012.3.21)
Answer〜警視庁検証捜査官
(2012.4.18 - 2012.6.13)
テレビ朝日系 水曜21時枠刑事ドラマ
前番組 番組名 次番組
警視庁捜査一課9係(season7)
(2012.7.4 - 2012.9.5)
相棒 Eleven
(2012.10.10 - 2013.3.20)
遺留捜査(第3シリーズ)
(2013.4.17 - 2013.6.12)
警視庁捜査一課9係(season8)
(2013.7.10 - 2013.9.11)
相棒 12
(2013.10.16 - 2014.3.19)
TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-
(2014.4.16 - 2014.6.11)
警視庁捜査一課9係(season9)
(2014.7.9 - 2014.9.10)
相棒 season13
(2014.10.15 - 〔予定〕)
-
テレビ朝日 平日14:04 - 15:56枠
前番組 番組名 次番組
劇的5ch!
※14:04 - 15:57
(2012.4.2 - 2014.3.31)
相棒セレクション
または
ゴゴワイド・第2部
(2014.4.1 - 9.26)
ゴゴワイド
※14:05 - 15:56
(2014.9.29 - )
【1時間繰り下げ、単独化】
テレビ朝日 平日15:56 - 16:53枠
劇的5ch!
※14:04 - 15:57
(2012.4.2 - 2014.3.31)
劇的空間
※15:57 - 16:53
(2012.4.2 - 2014.3.31)
相棒セレクション
(2014.4.1 - )
-