長谷部安春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はせべ やすはる
長谷部 安春
別名 藤井鷹史(ふじい たかし)
生年月日 1932年4月4日
没年月日 2009年6月14日(満77歳没)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 演出家映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1966年 - 2009年
家族 ハセベバクシンオー(作家)
長谷部香苗(女優)

長谷部安春(はせべ やすはる、男性、1932年昭和7年)4月4日 - 2009年平成21年)6月14日)は、日本の映画監督演出家

東京都出身。東京都立新宿高等学校早稲田大学文学部仏文科卒業。作家のハセベバクシンオー女優長谷部香苗は実子。

略歴[編集]

早稲田大学卒業後、脚本家の松浦健郎に師事し、雑誌編集者を経て1958年(昭和33年)に日活入社。鈴木清順らの助監督を務めた後、1966年(昭和41年)『俺にさわると危ないぜ』で監督デビュー。代表作である『野良猫ロック』シリーズ、『流血の抗争』などのハードボイルド・アクション作品を多数手掛け、澤田幸弘小澤啓一らとともに「日活ニューアクション」路線を支えた。その後日活専属フリーを経てフリーとなる。

以降、現代劇・時代劇とジャンルを問わず活動するが、特に『暴行切り裂きジャック』『犯す!』といったロマンポルノ作品では、バイオレンス性を前面に出した独自の映像世界を確立した。1960年代後半には円谷プロ制作の1時間ドラマ『恐怖劇場アンバランス』(放送は1973年)でテレビ作品に初参加し、外部監督としては唯一2本を演出。円谷プロでは後に『帰ってきたウルトラマン』『ウルトラマンA』などの企画にも関わった。

いまや1980年代を代表する刑事ドラマの一つとされる『あぶない刑事』だが、もともとは企画段階から長谷部がプロデューサーとともにさまざまなアイディアを出し作り上げたもので、テレビシリーズも長谷部が一番多くメガホンを取っており、自身最大の代表作ともいえる。また、同時期に製作されていた刑事ドラマ『ジャングル』においても中核ディレクターとして参加。

編集者時代は「藤井鷹史」(ふじい たかし)という筆名で執筆活動を行っており、その後も脚本執筆時には主にこの筆名を使用していた。

2009年平成21年)6月14日午後5時7分、肺炎のため川崎市宮前区の病院で死去。77歳没。息子のハセベバクシンオーの小説が原作の映画『相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿』が遺作となった。

主な作品[編集]

テレビ[編集]

テレビ(特撮)[編集]

バラエティ[編集]

  • 金曜スペシャル「戦慄・恐怖!鼡・ゴキブリ大襲来!!」(東京12チャンネル) - 構成演出

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 悪人専用
  • 傷だらけのライセンス
  • ベイサイド・バイオレンス 群狼
  • DANGER POINT 地獄への道
  • ろくでなし LAST DOWN TEN 1、2
  • チンピラ仁義 新・極楽とんぼ
  • チンピラ人生 むしむしころころ
  • 組織暴力流血の抗争1、2

作詞[編集]

  • 嗚呼(作曲:大谷恵道/唄:梶芽衣子)
  • ある出逢い(共同作詞:二条冬詩夫/作曲:荒木一郎/唄:梶芽衣子)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]