月曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月曜日(げつようび)は、日曜日火曜日の間にあるの一日。週の始まりを日曜日と考えると2日目、週の始まりを月曜日と考えると一日目となる。ベトナム語では第二を意味する「thứ hai」が月曜日の意味にも使われる。現代中国語では「星期一」もしくは「礼拜一」と言うが、古典中国語では日本と同じく「月曜日」と言った。日本語の名称は七曜のひとつであるの日にちなむ。同様に英語の Monday も月にちなむ。

ニューヨーク株式相場が大暴落した1987年10月19日は月曜日であったので、ブラックマンデーと呼ばれる。

日本[編集]

振替休日[編集]

日本では、前日の日曜日が国民の祝日である場合は振替休日となる[1]。また、特定の月の特定の週の月曜日と定められている国民の祝日(一部のみ)もある(現在は、成人の日海の日敬老の日体育の日)。これは、土曜日・日曜日と併せて3連休になることを見込んで日付を変えられたもので、ハッピーマンデー(月曜固定祝日に限る)と呼ばれているが、3連休翌日の普段が増大するため、一部の人々や企業は月曜固定祝日に関しては祝日として認めないケースがある(カレンダーも当然平日表記扱い・月曜固定祝日反対派における祝日給や代休の付与を拒否)など現状と違う不利益が生じている。そのため、今後の政局次第ではこれらの月曜固定祝日は全廃・1999年以前の月日固定に復元・もしくは名称のみになる可能性がある[誰?]。行事の関係で日曜日に出校日休日出勤だった場合は、振替休業となる。

ブルーマンデー症候群[編集]

月曜の朝(月曜固定祝日も含む)に現れる憂鬱から心身に不調が現れるトラブルをブルーマンデー症候群と呼ぶ。1週間のうち最も自殺者が多いのは月曜日である。

休業とする業種[編集]

プロ野球においては月曜日は原則として休養日としている。パ・リーグでは2001年から2005年までマンデーパ・リーグが行われた。

組合に加盟している理容店のほとんどは月曜日を定休日としていた[2]ので、組合主催の講習会などが開かれる事もある。ハッピーマンデー制度や適正化規定の廃止によって事情が変わってきた。銭湯も月曜日は利用者が少ないため、月曜定休が多い。東京都浴場組合ではオイルショック以降、燃料が入手しづらい時期が続き、週1回の休みが義務づけられた[3]

公立図書館美術館博物館の多くも月曜日を、定休日(休館日)としている。

交通[編集]

月曜の早朝には単身赴任者向けの臨時列車が運転されることがある(ビジネスサンダーバードなど)。

発売日[編集]

週刊誌では週刊ポスト週刊現代週刊大衆週刊プレイボーイといった男性向け週刊誌と週刊ダイヤモンド週刊東洋経済エコノミストといった経済週刊誌の発売日である。漫画週刊誌では週刊少年ジャンプ週刊ヤングマガジンの発売日である。

月曜日に関する作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、2005年祝日法が改正されて、2007年からゴールデンウィーク5月4日が祝日・みどりの日になったので、5月4日、ないしは前日の5月3日憲法記念日)が日曜と重なるときは、曜日に関係なく5月6日が振替休日となる
  2. ^ 理美容の項参照
  3. ^ 業種ごとに決まっている!?定休日のナゾとルーツに迫る! - webR25

関連項目[編集]