ゆず一家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゆず一家
ゆずスタジオ・アルバム
リリース 1998年7月23日
ジャンル J-POP
時間 50分03秒
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
プロデュース 寺岡呼人&ゆず
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • 1998年度年間46位(オリコン)
ゴールド等認定
ゆず 年表
ゆずマン
1998年
ゆず一家
1998年
歌時記 〜サクラサク篇〜
1999年
ゆず一家 収録の シングル
  1. 夏色
    リリース:1998年6月3日
  2. 少年
    リリース:1998年9月18日
テンプレートを表示

ゆず一家』(ゆずいっか)は、ゆずにとって初めてのオリジナルアルバム。1998年7月23日発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー

解説[編集]

  • 初のフルアルバム。先行シングル「夏色」(1998年6月3日)を含んだ全14曲。
  • のちに「少年」がシングルカットされて発売された(9月18日)。エースコックコマーシャルソング。なお、当アルバム収録「少年」の間奏では、ネプチューンが参加している(ブックレットにクレジットはなし)が、が、シングルバージョンでは、テレビ番組『ねるとん紅鯨団』内でとんねるずが発していたお決まりの有名台詞をリーダー・北川が叫ぶパターンに変わっている。
  • シングル「夏色」がじわじわとオリコンチャートを駆け昇り、それとともにアルバムもロングセールスを記録。最終的には最高6位、約90万枚を売り上げている。
  • これらのヒットとともに、横浜・伊勢佐木町松坂屋前での「路上パフォーマンス」にも注目が集まった。「路上ライブは続ける」と宣言していたが、あまりの見物客の集結ぶりに続行を断念、8月30日をもって終了した。今でも原点として、初心を思い出すべく、ごくごく稀に路上に立つことがあるという(ライブMCなどで、「実はこの前、路上で歌ってきた」と報告されることがある)。
  • 現在、その場所にはゆずのサインや写真が飾ってある。初めて出演した『第54回NHK紅白歌合戦』(2003年12月31日)では、その場所からの生中継がなされた。21世紀に入ってからの中継出演は、北川が「よく聴く」と雑誌のインタビューで名前を挙げたこともある中島みゆきと平井堅が初(2002年、第53回NHK紅白歌合戦)。男性ではゆずが2組目にあたる。2005年にはゆずにもゆかりのある横浜・桜木町から、山崎まさよしが中継で出演した。なお、岩沢が影響を受けたと明言している長渕剛も『第41回NHK紅白歌合戦』で中継による出演をしている(ゆず・長渕共に、のちにNHKホールからの出演も有り)。
  • その第54回NHK紅白歌合戦では、メドレー形式で当アルバム収録曲「夏色」を披露。リリース当時は地上波のテレビ番組で歌うことは滅多になかった。

収録曲[編集]

  1. 四時五分 (2:30)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    完成した時間がそのままタイトルになったというエピソードを北川が披露している。朝の四時五分。
  2. 少年 (2:41)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    エースコックのCMソング。ゆずも出演した。後にシングルカットされたCDジャケットでは、魚屋・警察・泥棒・サーファーなど、様々な格好に扮している。その姿はミュージック・ビデオでも見ることが出来る(DVD『録歌選 金銀』に収録)。シングルより若干テンションが低い。
  3. 以上 (3:49)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
  4. 夏色 (3:23)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    ミニアルバムでのレコードデビューであったため、シングルデビュー曲に当たる。海辺ではしゃいだり、満面の笑みで歌う爽やかさ満点のミュージック・ビデオも当時、「あれは誰?」と話題になったらしい(『SPACE SHOWER TV』番組内のトークにて)。
  5. 手紙 (4:03)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    ライブで披露される機会が多い。途中に手紙を読む箇所があるが、公演ごとに北川が観客に向けて手紙を読み上げるのが恒例となっている。
  6. 心の音 (5:19)
    • 作詞・作曲: 岩沢厚治
    「ゆず体育館ツアー2004 夢の地図」で感動的に歌われた。限定販売で商品化済(「ゆず LIVE FILMS 夢の地図」)。
  7. 雨と泪 (3:31)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    『録歌選 金銀』のミュージック・ビデオは、ふたりによる弾き語り。ヴォーカルも吹き替えではなく、そのままその時のものがライブ収録されている。
  8. 巨女 (3:11)
    • 作詞・作曲: 岩沢厚治
    VHSで発売された『録歌選 金』では、エンドロールが流れた後、シークレットトラック的に収録されていた(DVD『録歌選 金銀』では特典映像として収録)。北川が様々な姿に扮装する、コミカルな内容。「きょじょ」と読む。
    岩沢が誰かにつけたあだ名だったと、ゆずのオールナイトニッポンGOLDにて公言している。
  9. ソウロウ (3:10)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    ゆずの担当するゆずのオールナイトニッポンGOLDに長渕剛がゲスト出演した際、この曲をセッションした。路上時代この曲を歌うと観客が逃げていくという逸話もある。
  10. 月曜日の週末 (2:53)
    働いていたバイト先の定休日が月曜日であったためにこのようなタイトルになった、というエピソードを岩沢が披露した。初期のライブの定番曲。
  11. 街灯 (3:11)
    • 作詞・作曲: 岩沢厚治
  12. ねこじゃらし (4:06)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    仮タイトルは「Q」。当時は適当にタイトルを決めていたらしい。(REASON特典DVDより)
  13. 贈る詩 (2:51)
    • 作詞・作曲: 北川悠仁
    ライブでは、アンコールの掛け声の代わりに、会場一丸となって歌われることがある。シングル「夏色」のカップリング曲でもある。
  14. 境界線 (5:21)
    • 作詞・作曲: 岩沢厚治
    ベストアルバム『ゆずのね 1997-2007』(2007年10月3日)の初回限定盤DVDには、あらたに撮りおろしたミュージックビデオが収録されている。2005年7月23日・24日に行われた日産スタジアムでのライブでは、セットリストに組み込まれていたにもかかわらず、2日間とも当日になり急遽違う曲に変更されて披露されなかった、という逸話がある(ファンクラブ会報より)。
  • 作詞・作曲: 北川悠仁 1・2・3・4・5・7・9・12・13
  • 作詞・作曲: 岩沢厚治 6・8・10・11・14
  • 編曲: 寺岡呼人&ゆず 1・2・4・5・6・9・10・11・12・13・14 、ゆず 3・7・8

関連作品[編集]

関連項目[編集]

関連人物[編集]