スピンオフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スピンオフ: spin-off, spinoff)の語義としては、派生的に生じることや派生により生じた物、副産物などをさす。転じて各分野における特定の派生現象や派生物をさす。異なる概念が同じ用語を使用しているため詳細はそれぞれの節にしるす。

また、分野によっては同義語や類義語として使用される言葉にスピンアウト: spin-out, spinout)がある。これは本来は自動車スピンしてコースから飛び出すことをさし、「飛び出す」の意味から転じて、特定の派生現象をさす場合がある。

科学技術におけるスピンオフ[編集]

科学技術分野におけるスピンオフとは特定の分野で開発された技術民生転用(民間の需要に転用)すること。または転用された技術を利用して生産された民需製品(スピンオフ製品とも呼ばれる)のこと。特に、国家的研究開発機関の開発技術(軍事技術開発、宇宙開発自然科学研究など)の民間への転用をさす場合が多い。

対義語としてはスピンオン: spin-on, spinon)があるが、これは民間の技術(民生技術)を軍事技術に転用する場合をさす。

ビジネスにおけるスピンオフ[編集]

経営経済ビジネス分野におけるスピンオフおよびスピンアウトとは、既存の企業組織(以下、便宜上「親会社」と呼ぶ)の一部を分離し、独立した別の企業や組織とすることをさす。親会社との資本関係があるなど関係が深い別会社とすることをスピンオフ、親会社との関係が薄いか全くない別会社を興すことをスピンアウトとして区別する。

作品制作におけるスピンオフ[編集]

作品制作の分野におけるスピンオフとは、既存の作品(本編)から派生した作品全般を指す。または、そうして制作された派生作品(スピンオフ作品とも呼ばれる)のこと。日本ではテレビドラマや映画漫画などの派生作品によく使われる。

元々はラジオドラマテレビドラマなどから別番組が派生することをさす英語。外伝作品、または続編、番外編などとも訳されることがあるが、単純に外伝とスピンオフを同義にとらえるのは誤りである。

本編と同じ媒体で制作されることが多いが、異なる媒体で制作される場合もある(テレビドラマから映画へのスピンオフなど)。この場合、物語の焦点が本編とは異なる点で、一般的な映画化やドラマ化、漫画化などとは区別される。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]