ヤクザ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤクザ映画(ヤクザえいが)とは、ヤクザを主役とする映画。もしくは日本におけるヤクザ暴力団の対立抗争任侠道などをモチーフとする映画カテゴリーである。仁侠映画(にんきょうえいが)とも称される。

本項では、各社がこのジャンルの映画を量産した1960年代以降1980年前後までの状況を中心に述べる。

流行の背景[編集]

前史[編集]

やくざ自体を主題とする映画は、股旅物といわれる長谷川伸の『瞼の母』や尾崎士郎の『人生劇場』などがあった。第二次世界大戦後、現代的なヤクザを演じる映画が作られるようになり、黒澤明の『酔いどれ天使』(1948年)や女ヤクザ映画の元祖、久保菜穂子の『女王蜂』シリーズ(新東宝1958年)が話題を集める。

1960年代から始まったヤクザ映画は、より“図式的な対立の構図”を前面に出していくようになった。これは、戦前の大衆芸能が完全に廃れた高度成長期において、観客も娯楽としての映画に“分かり易いプロット”を好んだ結果とされる。

日本の映画界では1950年代時代劇ブームが起こった。しかし1961年1962年に、無精髭を生やした三船敏郎主演の本格時代劇『用心棒』、『椿三十郎』がヒットすると、従来の時代劇は浪人も貧しい町人もヤクザもきれいな厚化粧をしており、で斬ってもも出ない歌舞伎調のものであったが、それらの作品の客足はみるみる減っていった。「時代劇の東映」と言われ、観客動員No.1だった東映は、他社のように現代劇でカバーできず、深刻な影響を受けた。

やくざ映画という呼称[編集]

「やくざ映画」という呼称が一般化したのは、その東映の岡田茂(のち同社社長)が1963年鶴田浩二主演でプロデュースした『人生劇場 飛車角』を大ヒットさせてからである[1]。翌1964年には初の本格的ヤクザ映画『博徒』(鶴田主演)も生まれ、同時期から高倉健主演『日本侠客伝』も大ヒットし、これらをシリーズ化、不振の時代劇から方針転換してヤクザ映画を量産し始めた[1][2][3]。その数が急増するにつれて、東映自ら一連の企画を「やくざ路線」と呼称しはじめた[1]。この「やくざ路線」的な企画が他社にも波及しはじめたとき、ジャーナリズムがそれらを一括して「やくざ映画」と呼びはじめたのである[1]。明治から昭和初期までの時代の侠客を主人公として映画が作られたことはそれまでにもないではないが、それがかくも大量に作られはじめたのは日本映画史上、はじめてのことであった[1]。「やくざ映画」という呼称は、最初は戦前派侠客の映画を指していた。しかし一度この名称が成立すると、それはやくざ者を主人公とするあらゆる映画への適用範囲を広げ、以前は「股旅映画」と呼ばれていた類の時代劇から、戦後を背景としたギャング映画や不良少年映画までも「やくざ映画」と呼ばれるようになったのが1970年頃の状況だった[1]。今日東映を中心とした1960年代の「やくざ映画」は「任侠映画」と呼ばれることが多いが「任侠映画」という呼称は1970年前後の文献に見られる[4]。東映は1960年代半ばから京都撮影所リストラを進め、従来型の時代劇はテレビ用に制作、映画館用には本格ヤクザ映画を作り、観客動員No.1に返り咲き、興行的にも成功した[5][6]

東映[編集]

"任侠映画"というと今日東映作品を指すケースも多く[7]、1960年代に始まって同年代後半にはプログラムピクチャーの過半を占めるまでに繁栄し、1970年代になると衰退していった特殊な映画ジャンルを指す[7]。1973年に『仁義なき戦い』が大ヒットして以降の実話を元にした映画を"実録シリーズ"、"実録ヤクザ映画"などと呼んだため、これらと区別するため、それまでの実話でないヤクザ映画を"任侠映画"と呼ぶようになった。これらはほぼ全て岡田茂(元東映社長)と俊藤浩滋の両プロデューサーによって製作された[2][5][8][9]。 

東映任侠路線[編集]

任侠路線は義理と人情に絡んだ人間模様を描き、『人生劇場 飛車角』シリーズに始まって、『日本侠客伝』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『兄弟仁義』、『博徒』、『博奕打ち』、『緋牡丹博徒』、『日本女侠伝』、の各シリーズで頂点を迎えた[2][10]。俳優は鶴田浩二高倉健藤純子北島三郎が主役になり[6][11]池部良若山富三郎田中邦衛待田京介丹波哲郎嵐寛寿郎安部徹松方弘樹梅宮辰夫大原麗子三田佳子佐久間良子が脇を添えた[11]マキノ雅弘佐伯清加藤泰小沢茂弘石井輝男山下耕作がメガホンを取った[8]。任侠路線は当時、サラリーマン・職人から本業のヤクザ学生運動の闘士たちにまで人気があり、「一日の運動が終わると映画館に直行し、映画に喝さいを送った」という学生もいた[6]。『博奕打ち』シリーズ第4作『博奕打ち 総長賭博』は三島由紀夫に絶賛された。

松竹・東宝[編集]

ホームドラマ・文芸作品が得意の松竹はジリ貧だったが、1960年代中盤に安藤昇主演の『血と掟』など、僅かながらヤクザ映画が制作される。渥美清がTVで演じたテキヤが主人公の『男はつらいよ』を1969年に映画化し、成功。ヤクザ臭をなくし松竹得意のほのぼのとした人情喜劇とし、1990年代まで続くロングシリーズとなった。

東宝は、1971年にヤクザ映画を作る(製作は傍系会社の東京映画)。東映の倍以上の予算をかけ、仲代達矢主演(脇には他社では主演級の安藤昇・丹波哲郎・江波杏子らを揃えた)の『出所祝い』を上映するが、同時期に東映が上映した高倉健の『昭和残侠伝 吼えろ唐獅子』の前に惨敗した。その後、東宝はヤクザ路線から撤退し、同年からは東宝が得意とする特撮映画『ゴジラシリーズ』を1975年まで制作した他、『日本沈没』や『ノストラダムスの大予言』といったパニック映画を制作した。

日活・大映[編集]

深刻な客離れにあった日活は、石原裕次郎小林旭高橋英樹渡哲也野川由美子らを主演にしたヤクザ映画を量産したが、いずれも東映ヤクザ映画の人気には及ばなかった[12]

大映は、江波杏子の『女賭博師』シリーズや勝新太郎の『座頭市』シリーズ、『悪名』シリーズがヒットしたが、『悪名』に出演していた田宮二郎が1968年に大映を離れ、翌年に『若親分』シリーズの市川雷蔵が病死した頃には苦境に陥っていた。ヤクザ映画ブームの流れに乗り、延命のためヤクザ映画を市場へ供給した両社だったが、1971年に大映は倒産。日活も同年からロマンポルノ路線に転進し、石原裕次郎ら主力俳優は日活を離れた。

その後[編集]

1980年代からレンタルビデオによる映画供給が可能となった。これを受けて東映は、映画館での上映を考慮せず、ビデオカセットのみで発売される作品として、東映の子会社「東映ビデオ」から「Vシネマ」と呼ばれる多数のヤクザ映画を発売し、成功をおさめた。それに追従してGPミュージアムソフトなど、独立系のビデオ映画の制作会社が多数設立された。哀川翔竹内力松方弘樹小沢仁志清水健太郎中条きよし白竜清水宏次朗的場浩司ら主演の、低予算ヤクザ映画が量産され、『難波金融伝・ミナミの帝王』など金融ヤクザ映画とも呼ぶべき、新ジャンルも存在する。

日本のヤクザ映画は海外でも注目を集め、その影響を強く受けた映画も登場した。ハリウッドではロバート・ミッチャム、高倉健主演の『ザ・ヤクザ』(1974)や『ブラックレイン』を制作。影響を受けた映画監督は、米国フランスイタリア香港台湾韓国などに及ぶ。その代表的な監督はクエンティン・タランティーノであろう(キル・ビルなど多数)。

レンタルビデオ・DVDで楽しめるほか、「ヤクザ映画専門上映館」とも呼べる映画館も残っている。新宿昭和館2002年閉館)・浅草名画座[1]2012年10月閉館)(東京)・トビタ東映(大阪)・新世界東映日劇会館(2012年8月に成人館に転換)などがある。

2006年4月より経済産業省の指導でCESAコンピュータソフトウェア倫理機構日本アミューズメントマシン工業協会映倫管理委員会日本ビデオ倫理協会映像コンテンツ倫理連絡会議(仮称)において審査基準・表示の一本化を協議することが決定している。それに伴い、年齢指定が変わる可能性がある。

沖縄県では1990年代前半に県内で起きた暴力団抗争以後、テレビ放送並びに上映を自粛している。東京キー局でテレビ放送される場合は、沖縄のみ差し替えられることも少なくない(特に他系列ネットの場合)。一例を挙げると日本テレビ系「金曜ロードショー」でネットされた『極道の妻たち』を琉球放送TBS系)が別の番組に差し替えている。

脚注[編集]

参考文献[編集]

研究書[編集]

  • 『やくざ映画完全ガイド』コスミック出版 ISBN 978-4774750934
  • 福間健二・山崎幹夫『大ヤクザ映画読本』
  • 斯波司・青山栄『やくざ映画とその時代』 (ちくま新書)
  • 高橋賢『東映実録やくざ映画』
  • 別冊宝島 (922)『ヤクザが認めた任侠映画』
  • 「ロマンポルノと実録やくざ映画 禁じられた70年代日本映画」樋口尚文 ・著/平凡社新書・刊

外部リンク[編集]