石原裕次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いしはら ゆうじろう
石原 裕次郎
石原 裕次郎
映画「勝利者」での石原裕次郎
本名 石原裕次郎
生年月日 1934年12月28日
没年月日 1987年7月17日(満52歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市須磨区
死没地 日本の旗 日本 東京都新宿区信濃町
民族 日本人
身長 183 cm
血液型 A型
職業 俳優歌手声優司会者モデル実業家ヨットマン
活動期間 1956年 - 1987年
活動内容 1956年:『太陽の季節』でデビュー。
配偶者 石原まき子(北原三枝)
著名な家族 父:石原潔
母:石原光子
兄:石原慎太郎
公式サイト フィルモグラフィ/石原裕次郎/石原プロモーション
主な作品
映画
太陽の季節
狂った果実
嵐を呼ぶ男
テレビ
太陽にほえろ!
大都会」シリーズ
西部警察」シリーズ
備考
石原裕次郎賞(追悼創設)映画の殿堂(1990年)

石原 裕次郎(いしはら ゆうじろう、1934年昭和9年)12月28日 - 1987年昭和62年)7月17日)は、日本俳優声優歌手であり、司会者モデルといったマルチタレント実業家ヨットマンとしても活動していた。身長183cm、血液型はA型。愛称はタフガイ・裕ちゃん・ボス・ユージロー石原軍団総帥石原プロモーション元代表取締役社長(初代)兼会長。

来歴[編集]

概要[編集]

兵庫県神戸市須磨区北海道小樽市神奈川県逗子市に育つ。父・石原潔(山下汽船社員)は愛媛県、母・光子は広島県宮島の出身[1][2]

マリア幼稚園(現在の小樽藤幼稚園)卒園、稲穂国民学校時代に競泳天狗山スキーに親しむ。逗子中学校時代からはバスケットボールに熱中した。その後、慶應義塾高等学校を目指すが受験に失敗し、慶應義塾農業高等学校に籍を置くが、1951年に慶應義塾高等学校に編入学。卒業後は慶應義塾大学法学部政治学科内部進学するが、放蕩生活に明け暮れる。

大学在学中から、俳優を目指し東宝大映日活のオーディションを受けるも全て不合格。しかし1956年に、映画プロデューサー水の江瀧子と兄・慎太郎の推薦があって、慎太郎の芥川賞受賞作『太陽の季節』の映画化の端役で映画デビュー。その後、慶応義塾大学を中退して日活に入社。太陽の季節に続いて製作された、同じく慎太郎原作の映画化作品『狂った果実』では、後に妻となる北原三枝を相手役に主演。その後は歌手・俳優として活躍し、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に昭和を代表する日本最高のスターの一人となったが、ケガや病気に苦しんだ一生でもあった。1963年に石原プロモーションを設立。70年代以降は、映画から離れ『太陽にほえろ!』、『大都会』などテレビドラマで活躍した。戒名は陽光院天真寛裕大居士。万成石五輪塔神奈川県横浜市鶴見区にある總持寺に立てられている。墓碑には妻直筆で次のような言葉で綴られている。

美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に更に力を、全ての友に思い出を、愛する者に永遠を。心の夢醒める事無く。

ケガ・病気の遍歴[編集]

  • 1952年:バスケットボール最中に左足膝に大ケガ。
  • 1956年:この頃まで、酒とたばこと女に溺れる日々を送る(不良少年)。幼少時代から肝臓は悪かったといわれている(高校生の頃に黄疸を発症したことがある)。
  • 1957年:自由が丘で無免許運転し右足打撲(もう一つは映画ロケ中にデッキチェアーに手を挟み右手薬指負傷)。
  • 1961年:志賀高原スキー場でスキーヤーと衝突し右足首粉砕複雑骨折(後に右太股腫性膿瘍の手術で入院)。
  • 1964年:ハワイでヨット乗船中に右まぶたを11針縫う。
  • 1965年:ヨット乗船中に腹痛のため大会を途中断念。
  • 1967年:右手親指骨折および左足打撲で入院。
  • 1968年:右足打撲で全治1か月入院。
  • 1971年:心労胸部疾患(後に急性肺炎肺結核と判明)のため映画宣伝中に入院。
  • 1974年:階段から転倒し左肩打撲(後に左鎖骨骨折と判明)
  • 1978年:舌下潰瘍のため入院・手術。その後悪性腫瘍舌癌)との診断を受けたが、石原本人には告知されなかった(1983年再発)。
  • 1979年:舌下白板症と診断され、術後部に潰瘍が出来たため再手術し退院。
  • 1981年:4月、西部警察のロケ撮影中、背中と胸に激痛が走り慶應義塾大学病院に緊急入院。当初椎間板ヘルニアと疑われたが、その後解離性大動脈瘤と診断され(後に右耳が難聴となる)大手術を決行。生還率3%と言われたが、手術後、奇跡的な回復を遂げ無事退院(見舞い客は1万2000人、手紙5000通、花束2000束、千羽鶴1000束、さらには石原の車のボディーにも励ましのメッセージを書く人もあった)。退院後も首、腰の痛み、発熱が続いた。
  • 1984年:肝臓癌が発覚し、倦怠感・腰痛の末、原因不明の発熱にいたる(前の定期健診で肝細胞癌と診断されるが、裕次郎本人には最期までガン告知せず)。
  • 1986年:5月、高熱が続くため慶應義塾大学病院に入院。血圧降下剤の副作用による肝内胆管炎と診断。7月に退院後はハワイで静養。
  • 1987年:4月、ハワイから帰国直後に慶應義塾大学病院へ検査入院。5月に一旦退院した(カテーテル治療)ものの、間もなくして再入院。しかし容態悪化(高熱)、ついには幻覚症状(肝性脳症)を発する。そして7月17日金曜日午後4時26分肝細胞癌のため死去。52歳没。

エピソード[編集]

人物[編集]

(以下、呼称については「裕次郎」と記載)

映画デビューについて
  • 父が亡くなった頃にショックから自暴自棄になった裕次郎は、家から金目の物を持ち出しては換金し、その金で銀座などへ繰り出す遊行三昧の日々を送り、兄・石原慎太郎から心配された。そんな頃に兄は水の江瀧子より『太陽の季節』の映画化を促されたため、「裕次郎って弟がいるんだけど、遊び人でどうしょうもない奴で…弟を出してくれるんなら」という条件を提示した。瀧子はその条件を呑み、裕次郎は同作品で俳優デビューし、脇役ではあったが主演格に匹敵するダイナミックな存在感で注目されることとなる。裕次郎本人は「太陽の季節」への出演は至って遊び感覚で、迎えの車に乗り初めて日活撮影所へ降り立った時は素肌にヨット・パーカーを羽織り、海水パンツゴム草履履きといったいでたちに、その場に居合わせた宍戸錠小林旭は「何だ!ありゃあ?!?」と仰天したという(テレビでの小林旭談)。
  • 1956年3月28日、日活撮影所内の理容室で『太陽の季節』の撮影に際し、太陽族に扮する連中の「慎太郎刈り」のモデルを引き受けたのが日活での初仕事であった[3]
  • 『狂った果実』が映画化されることとなり、シナリオを書き上げるため有楽町の日活ホテルに缶詰状態だった兄は左手で書くのは早かった。しかし読み難かったため裕次郎が「俺が清書しなきゃあ誰も読めない!」と付きっ切りで清書しながらも自身が演ずる役のセリフを少なくするよう慎太郎に催促するという具合であった。だが兄弟で一つの仕事を成し終えるその姿に世間は「太陽族の美しい兄弟愛」と褒め称えた。
仕事に対する姿勢
  • 俳優業について、しばしば「男子一生の仕事にあらず」と語っていた。
  • セリフ覚えが悪いことで知られ、開いた状態の台本を机の中に置いて演技を行ったこともあるという。その代わり、NGを出すことはほとんどなかったともいわれる。
  • ロケ先などで女学生に囲まれサインをねだられても断ることが多かった。理由は「真っ白な紙に名前だけ書いて渡すなんて試験の答案のようなもの」であることから[4]
  • 銀座の恋の物語」、「二人の世界」、「夜霧よ今夜も有難う」などの数々のヒット曲がある裕次郎だが、『紅白歌合戦』には1957年第8回雪村いづみの応援ゲストとして出演したことはあるものの、歌手としては生涯出場しなかった。「歌は素人」という理由で毎年、歌手としての出場を辞退していたといわれている。
  • ヒット曲を多数持つスター歌手が他人の持ち歌をカバーすることに消極的だった時代に、積極的に他人の持ち歌(当時のヒット曲や古い流行歌など)をレコードに吹き込んだ。ただ一曲、梶芽衣子の「怨み節」のカバーについては断られたという[5]

性格など[編集]

  • 性格として今で言う体育会系の気質があり、車の中や外、店の隅(外)・店内で運転手を待たせることや、自分の車の中に1人でも人が残ることを嫌っていたという。また人前で食事をすることも嫌っていた。
  • 困っていることがあると自ら率先して動くタイプであった。また、「人の悪口は絶対に口にするな、人にしてあげたことはすぐ忘れろ、人にして貰ったことは生涯(一生)忘れるな。」というポリシーを持っていた。
  • スポーツ界や政財界などを問わず広い交友関係を楽しんだ人物で、誰かに会ったときは必ず、上下関係分け隔てなく、あいさつのときは立ち上がり、握手をするという礼儀正しさでもよく知られていた。
  • 気遣いのできる優しい性格と豪快な人柄から石原プロモーション所属の俳優達からはもちろん、『西部警察』で共演した三浦友和および柴俊夫らからも『石原社長』と呼ばれていた。さらに石原プロが倒産の危機のときには家のない社員全員に家を建ててプレゼントとしたことがある。また、現在でも石原プロのイベントなどで名物となっている炊き出しは、裕次郎が考案したものである。

好きなもの、趣味など[編集]

その他のエピソード[編集]

  • 1960年、日本の芸能界で初めて記者会見を開いた[7]。当時は同じ映画会社の所属でスター同士の恋愛がタブーだった時代で、マスコミに騒がれたことに嫌気を差して後の妻まき子である北原三枝とともにアメリカに逃れていたが、元日活社長堀久作の説得に応じ帰国、羽田空港の控え室で会見に応じたのが記者会見の第一号とされる。ちなみに芸能界の記者会見の第二号も、その10ヶ月後に開いた二人の結婚会見だとされる。
  • 1965年には国粋会ピストル密輸事件に絡み家宅捜索を受け、後に銃刀法違反で有罪となる。
  • 甥の(兄・慎太郎の三男)石原宏高を養子にしたがっていたとも伝えられる。
  • ハワイで過ごす芸能人の先駆けとなった人物でもある。
  • 志賀高原スキー場での負傷後、療養を兼ねて信玄の隠し湯として知られる下部温泉下部ホテル」の別館に妻と共に滞在していた。この別館は裕次郎によって「裕林亭」と名付けられ、現在も客間として提供されている。

その他[編集]

1980年1月に成城の自宅(上神明遺跡内)において、古墳時代の遺跡、土器が発見されたこともある。それが歴史的大発見で話題になった。なおこれを契機に苅谷俊介は考古学に目覚めて石原プロモーションを退社している。

家族・親族[編集]

小樽にて家族写真
(左から父・潔、裕次郎、母・光子、兄・慎太郎

石原家[編集]

愛媛県松山市八幡浜市大洲市兵庫県神戸市須磨区北海道小樽市神奈川県逗子市東京都
1899年 (明治32年) 12月生 - 1951年 (昭和26年) 10月没
  • 母・光子
1909年 (明治42年) 9月生 - 1992年 (平成4年) 6月没
1932年 (昭和7年) 9月生 -
1933年 (昭和8年) 7月生 -

裕次郎は良家の子弟というイメージがあるが、父・潔は山下汽船のサラリーマンであり、旧制中学も出ていない身から叩き上げて関連会社役員にまで出世した人物。累代の名家とも、一代の商才で財を成した新興富裕層とも異なる、戦後の新興中流階級に属する。

略系図[編集]

         石原潔━光子
           ┣━━━━━━━━━━━━━┓
       石原慎太郎━典子         石原裕次郎━まき子
           ┃          
           ┣━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┓
        石原伸晃  石原良純  石原宏高   石原延啓

出演[編集]

映画[編集]

主な代表映画[編集]

映画配給代表20作品(年代順・日活調べ)

  • 1957年:「嵐を呼ぶ男」-3.4億円
  • 1958年:「陽のあたる坂道」-4.0億円
  • 1958年:「明日は明日の風が吹く」-3.2億円
  • 1958年:「風速40米」-3.1億円
  • 1958年:「赤い波止場」-2.7億円
  • 1958年:「嵐の中を突っ走れ」-2.8億円
  • 1958年:「紅の翼」-3.6億円
  • 1959年:「若い川の流れ」-2.7億円
  • 1959年:「世界を賭ける恋」-2.7億円
  • 1960年:「天下を取る」-3.2億円
  • 1960年:「喧嘩太郎」-2.7億円
  • 1960年:「闘牛に賭ける男」-2.9億円
  • 1961年:「あいつと私」-4.0億円
  • 1961年:「堂々たる人生」-2.9億円
  • 1961年:「アラブの嵐」-2.8億円
  • 1962年:「銀座の恋の物語」-3.0億円
  • 1962年:「花と竜」-3.6億円
  • 1964年:「赤いハンカチ」-2.8億円
  • 1968年:「黒部の太陽」-7.9億円(観客動員734万人、興行収入16億円)
  • 1970年:「富士山頂」-2.8億円
  • 上記の外にも全ての映画を合わせた配給額は、現在の物価で換算すると約1兆円にもなるという。

映画出演歴[編集]


テレビドラマ[編集]


ラジオ[編集]

レギュラー番組[編集]

ラジオドラマ[編集]

CM[編集]

※放映されなかったCM

大会出場[編集]

  • 大島ヨットレース(1959年・1963年)
  • トランス・パシフィック・レース(1965年・1973年・1975年)
  • アドミラルズ・カップ・レース(1977年)
  • パンナム・クリッパーカップ・ヨットレース(1982年)
  • インビテーショナル・ゴルフ大会-途中ホールアウト(1986年)
  • 石原裕次郎メモリアルヨットレース(死後)

パチンコ[編集]

歌手活動[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

出版[編集]

連載[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ グレートマザー物語参照。
  2. ^ 佐野眞一『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』(講談社 2003年)
  3. ^ 近代映画 近代映画社 1970年2月号 146頁。
  4. ^ 以上の2件は近代映画 近代映画社 1970年3月号 141-142頁。
  5. ^ 高柳六郎『石原裕次郎 歌伝説―音づくりの現場から』社会思想社(現代教養文庫)、2000年、101-104頁。ISBN 4-390-11637-1
  6. ^ ただし、ヘッドランプを含むフロントフェンダー部分は所有当初から300SLロードスター用のものに交換されている。
  7. ^ 有吉弘行&劇団ひとり&ビビる大木の天才リトル(2014年3月30日、フジテレビ

関連項目[編集]

※なお生前ラジオ日本TBSラジオには出演できなかった。

記念館[編集]

ファンが集まる店[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]