広島弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

広島弁(ひろしまべん)は、日本広島県で話される日本語の方言である。この項では特に注釈のない限り、県西部の旧安芸国安芸方言(あきほうげん)について記述する。県東部の旧備後国の備後方言については、備後弁を参照。

概説[編集]

広島弁は、西日本方言のうち中国方言に属する。語彙・語法的に西隣の山口弁や北隣の石見弁と近く、一般的に西部中国方言に位置づけられる。備後弁は岡山弁と同じ東山陽方言に分類され、系統的にはやや遠い(日本語の方言を参照)。なお、瀬戸内海を挟んで向かい合う愛媛県の方言(伊予弁)とは、語のアクセントこそ異なるものの、語彙・語法面で非常に似通った面がある。

音韻・アクセント[編集]

アクセント
広島弁のアクセントは東京式アクセント(乙種アクセント)である。そのため単語のアクセントでは近畿方言とは大きく異なりいわゆる標準語との共通点が多い。ただし、安芸方言では一文節内で高く発音される音節がひとつだけになる傾向がある(例:ことが)(上線・太字はアクセントの高音部。以下同じ)。平板型の語(音の下がり目のない語)では、一単語のみ発話されるときは語末の一音節のみ高くなり(さく。)、助詞が付くと高い部分が助詞に移動し「さくら。」、さらに文が続くときは次に下がり目のある位置の直前まで低いままになる(さくらのたっとる)。
連母音の融合
「アイ」連母音は「アー」になる(例:赤い→あかー)。これは山口弁と共通する特徴であり、「エァー/ャー」になる備後弁とは異なる点である。
助詞の発音
格助詞の「は」や「を」は前の母音と融合して発音される(例:薬を→くすりゅう、ここは→こかあ)。また、引用を示す「と」は省略され、ほとんど用いない(標準語の「……と思って」は「……、思うて」となる)。例:「あんたぁ、はぁやる金がねぇがどがーするんねぇー、ゆうての」(「あなた、もうあげるお金はないけれどどうするの」言ってね=強調部が助詞省略部分)。
その他
母音の無声化はほとんど起こらない。
母音「」は、他の西日本と同様に、唇を左右から寄せてかなり丸めて発音する。
特定の語句に限り、サ行音がハ行音に変化している場合がある(例:行きまへん)。「七」「質」は「ひち」、「敷く」は「ひく」と発音される。[1]

文法[編集]

広島弁の文法はおおむね他の西日本方言と共通している。

断定の助動詞(コピュラ)には「じゃ」を用いるが、島根県に近い北部には「だ」を用いる地域がある。中国地方のうち、山陽側では「じゃ」を用いるが、山陰地方では「だ」を用いる。

用言[編集]

アワ行五段動詞連用形は、他の西日本方言と同じく「て」「た」「とる/ちょる」の前でウ音便になる(例:洗う→あろーて、言う→ゆうとる、~てしまう→~てしもーた)。また、バ行・マ行五段動詞も高齢層を中心にウ音便化する(例:飛ぶ→とーだ、飲む→のーだ)。また、サ行五段動詞は同じ条件でイ音便になる(例:出した→だいた・だあた)。

「~しよう」という意思・勧誘形は、下一段動詞では「あぎょー」(上げよう)、「でょー」(出よう)のような「~ょー」の形を取る。上一段動詞では、「みゅー」(見よう)、「おきゅー」(起きよう)のような「~ゅー」形となるが、瀬戸内海の島々では「みょー」「おきょー」のように「~ょー」形を取る。カ変は「こー」(来よう)、サ変は「しょー」(しよう)を用いる。

形容詞の連用形もウ音便を用いる(例:あこーなる/あこなる(赤くなる)、うれしゅうなあ/うれしなあ(嬉しくない)、あつうて/あつて(熱くて))。形容詞の未来表現には、「あかかろー」のような「~かろー」形を用いる。仮定形は「あかけりゃ」のような「~けりゃ」の形が一般的だが、高齢層では「~かりゃ」と言う。

形容動詞の終止形は「静かな」のように「~な」の形になる。過去形(~だった)は「静かなかった」のような「~なかった」形、「静かじゃった」のような「~じゃった」形、「静かにあった」のような「~にあった」形がある。仮定形にも「静かなら」と「静かなけりゃ」の形があり、推量表現は「静かなろー」「静かなかろー」「静かなじゃろー」のような形がある。

助動詞[編集]

打ち消し「-ん」
動詞の否定には「行かん」「落ちん」「食べん」「せん」「来(こ)ん」のような「未然形+ん」を用いる。過去の打ち消しでは「-んかった」や「-なんだ」や「-ざった/だった」などを用いる。
アスペクトの区別「-とる/ちょる」「-よる」
共通語では進行・完了のいずれの場合も「~ている」で表現するが、広島弁を始めとする西日本方言・九州方言の多くでは、結果継続態と進行態とで区別をする(アスペクトの区別)。結果継続態とは、ある行為や動作の行われた結果がまだそこに残っていることを表す形で、安芸方言では山陽道沿いで「~とる」、それ以外の地域で「~ちょる」を用いたが、「ちょる」を用いた地域も「~とる」になりつつある。進行態とは、行為や動作が行われつつあることを表す形で、広島弁では「~よる」を用いる。しかし現在(1998年時点)では区別のできない人が増加しつつある。岡山弁などと同じく、「たびょーる」(←食べよる)や「やりょーる」(←やりよる)のように融合した発音をすることもある。
[例] めがふっとる(今も雨が降っていた跡がある)、めがりよる(今、雨が降っている)
[例] ドアが開いとる(ドアが開け放してある)、ドアが開きょーる(ドアが開こうとしている)
敬語
広島弁でも様々な方言敬語が用いられる。尊敬語として「-なさる」に由来する「-んさる」や、「連用形+て(+じゃ)」などがある。「て」は体言を修飾するときは「てん」になり、過去形は「てじゃった/ちゃった/ちゃーた」になる
[例] 町長さん、きんさったで(町長さんが来られたよ)
[例] 行ってんとき(行かれるとき)
[例] 先生がきちゃったよ(先生が来られたよ)。

助詞[編集]

順接「けえ」「けん」
理由・原因を表す順接の接続助詞には、「けえ」または「けん」を用いる。もとは、古語の「けに(故に)」とされる。
[例]今度、こうたげるけえ(今度、買ってあげるから)
[例]今から行くけえのう(今から行くからね)
[例]怒らんけ、ゆうてみぃ。(怒らないから話してみなさい)
[例]わしゃ、わるじゃけんのう。(私はわるだからな)
準体助詞
準体助詞には「の」または「ん」を用いる。例:食べよるん?(食べているの?)、行ってん?(行かれるの?)、寝るんが(寝るのが)
「のお」
「ねえ」にあたる助詞には「のお」を用いる。

語彙[編集]

広島弁で用いられる語彙を五十音順に配列した。

あ行[編集]

あおじ【青血】
青あざ。青たん。「青血」と表記されることもあるが、まったくの当て字。広島県民が広島弁だと知らず、標準語だと思って使っている言葉の一つ。県外に出て通じないということがある。
(例)あっこで打って、あおじになったんよ。(あそこでぶつけて青あざができた)(全域)←(情報社会なので地域の特定は難しいが、広島県内でもアオジが通じないところはある。この場合、「青あざ」と言う。)
あがいな/あがーな/あげな/あんとな
あのような。指し示す対象を悪く言う場合に使うことが多い。
(例)あがいなこと言いんさんなや。(あのような言葉、言ってはいけないよ)
(例)あんとなもん、相手しんさんなや。(あのような人、相手にするのはやめなさいよ)
上記の例文での意味はほとんど同じである。また、「そのような」はそがいなそがーな/そげな/そんとな)、「このような」は、こがいなこがーな/こげな/こんとな)と変化する。
あがく
夏の暑いときなどに布団・毛布などをはねのけること。
あぎ
上あご。
あぐ
飽きる。
あげな
あがいな」を参照。
あずる
てこずる。苦労する。
(例)車がぬかるみにはまって、あずってあずってのう。(車がぬかるみにはまって、苦労しましたよ)(県北)
味付けパン
コッペパン。県内では学校給食時の校内放送で単に「パン」というとコッペパンを指す事が多い。
あつがみ
ボール紙
あっこ/あすこ
あそこ。
(例)あっこにゃぁいけんよぉ。(あそこには行けないよ)
あっ、ほうね
ほー(ほう)」を参照。
ありこ(ありんこ)
アリ(蟻)
ありゃぁー
「あれは」という意味だが、広島で使う場合、「あの人」という意味で使うことが多い。
(例)ありゃぁーワルで。(あの人は悪人だよ)
ありゃりゃぁー
「あれあれ」という意味で、割りとよく口に出す言葉。
あるまーもー
もー」を参照。
あんとな
あがいな」を参照。
あんな
あの人。彼。彼女。
(例)あんながよおったでえ。(あの人が言っていたよ)
あんに
あんな」の少し丁寧語。
(例)あんには、ええ人じゃねえ。(あの人は良い人だねえ)
あんねぇー
あのね。多く呼びかけに使う。
いいえの
いいえ(違います)」や「いいえ(どういたしまして)」などの「いいえ」の部分を強調した言い回し。この言葉は発音部分がポイント。平坦に言うのではなく、「」を強く発音する。 「いいの」となる。
いいよん
いよん」を参照。
いいよってん
いよん」を参照。
いがる
叫ぶ。
(例)そがいにいがってもつまらんで。(そんなに大声を出してもだめだよ)(県北・西部)
いかんのに
いけないのに。「いかん」や「いけん」を強調した言い方。子供がよく使う。実際の使用は「いかんのー」と語尾を伸ばすことが多い。
いきる
気分が高揚し、張りきっていたり格好をつけたりしている様子を、他人から見て揶揄したり茶化したりする言葉。
(例)あんなぁーいきっとるのー。(あいつ格好つけて、いい気になっているな)
いたしい
難しい。
(例)いたしいこと言いんさるのぉ。(難しいことをおっしゃいますね)(県北・西部)
いちんち
一日。「してい(ひてい)」ともいう。なお、広島弁の日にちの数え方は、「いちんち(一日)」、「ににち(二日)」、「さんち/さんにち(三日)」、「よんにち(四日)」、「ごんち(五日)」、「ろくんち(六日)」、「ひちんち(七日)」、「はちんち(八日)」、「くんち(九日)」、「じゅうにち(十日)」となる。
いつぃき/いっつも
いつも。
(例)あんなぁいつぃきおるけぇのう。(あの人はいつもいますよ)(西部)
いっこも
一つも。全然。 言い方は、「い」の後、少しためて「こも」と言う。「いっ こも」である。
いっちゃん
一番(位置的に)。いっちゃん前(一番前)、いっちゃん後ろ(一番後ろ)、いっちゃん横(一番横)、いっちゃん上(一番上)など、後ろに位置を示す名詞をつけて用いる。競い合って一番になった時には用いない(「走って、いっちゃんになった」という言い方はしない)。
いっつも
いつも。何時も。 言い方は、「いっ こも」と同様に「いっ つも」
(例)あんたぁいっこも分かっとらんじゃない。(あなたは全然、分かっていないじゃない)
いなげな【異な気な】
変な。おかしな。一部の地域では「いんなげな」ともいう。
(例)いなげな人がおる。(変な人がいる)(県北・西部)
いぬ(る)【去ぬ(る)】
帰る。去る。ナ行変格活用の残存である。また、「1月はいぬる、2月は逃げる、3月は去ると 申しますとおり……」というのが、校長先生の卒業式の時の話の定番になっている。
(例)ほんじゃあ、わしいぬるわ。(それでは、私は帰ります)(県北・西部)
いぬの【去るの】
帰るのか。疑問を表す。
(例)実家にいぬの?(実家に帰るのですか?)
いぬん【去ぬん】
帰るのか。親しい間柄で用いる。質問を表す。
(例)実家にいぬん?(実家に帰るの?)
いねや【去ねや】
帰れ。強い命令を表す。非常にきつい表現である。普通は「いにんちゃい」を使う。
(例)わりぁ、はよういねや!(お前、早く帰れよ!)
いねん【去ねん】
帰らない。帰ることができない。否定ないし不可能を表す。文脈で判断することになる。
(例)うち、まだいねんけぇね。(私はまだ帰らないからね)
(例)自転車がパンクしたけぇ、うちまでいねんようになったのぅ。(自転車がパンクしたから、家に帰ることができなくなってしまった)
いにんちゃい【去にんちゃい】
帰りなさい。丁寧な命令を表す。
(例)もうおそいけぇ、みんなうちにいにんちゃいね。(もう暗くなったから、みなさん家に帰りなさいね)
いのう【去のう】
帰ろう。帰りましょう。意志ないし勧誘を表す。
(例)こがな時間になったけぇ、いのうかのぅ。(こんな時間になったから、帰ろうかな)
(例)一緒にいのうや。(一緒に帰りましょう)
いびしい、いびせえ
恐ろしい。怖い。
(例)あん男はいびせえのぅ。(あの男は怖いですね)(西部)
イモハゼ
クラカケトラギス。海水魚の一種。
いやがる/いいやがる
(不快なことを)言われたの意。
(例)あんなぁ腹の立つことばっかりいやがる。(あいつは腹の立つことばかり言う)。完全な過去形は「いやがった
いよいよ
語尾に付けて使う。
いよん/いいよん
言っているの。丁寧な言い方では「いいよってんいよってん)」
(例)あんた、何いよん。(あなた、何を言っているの)
(い)よいよ
よいよ」を参照。
いらう/かもう
触る。
(例)えーけぇ、いらうな。(いいから、触るな)(県北・西部)
いらんことしぃ
余計なことをする者。
(例)あんたぁ、ほんまにいらんことしぃじゃね。(あなたは本当に余計なことをする人だね)
いんじゃうん【去んじゃうん】
(もう)帰ってしまうのか。(まだ帰らないでほしい)願望を含む疑問を表す。
(例)え、もういんじゃうん?(え、もう帰ってしまうの?)
いんじゃったん【去んじゃったん】
(もう)帰ったか。(もう)お帰りになったのか。過去疑問ないし尊敬を含む過去疑問を表す。
(例)もう先生はいんじゃったんか?(すでに先生はお帰りになったのですか?)
いんだん【去んだん】
(もう)帰ったのか。過去疑問を表す。これには尊敬の意味合いはない。
(例)息子さんはいんだん?(息子さんは帰ったの?)
いんどるん【去んどるん】
(もう)帰っているのか。過去疑問を表す。
(例)息子さんはいんどるん?(息子さんは帰っているの?)
いんえのぅ
いいえの」を参照。
いんさい
言いなさい。
いんや
「いいえ」の意。呉地方では「うんにゃ
(例)A:あんたがやったんじゃろ?(あなたがやったのだろ?) 
   B:いんや。(いいえ)
うげる
とれる。剥げる。
(例)屋根のペンキがうげてしもうた。(屋根のペンキが剥げてしまった)(県北・西部)
うそこけ
うそを言うな。
うちかた/うちがた
私の家。→かた/がた」も参照。
うちら
私たち。女性の方がよく使う。→○○ら」も参照。
(例)うちらは知らん。(私たちは知りません)
うべる
薄める。
(例)湯が熱いけえ、うべてえや。(お湯が熱いので、薄めてください)」(県北・西部)
ええ
いい。良い。うまく。広島県人が東京に行って、標準語を話したつもりでも、つい出て怪訝な顔をされる言葉の一つ。特に、否定形である「ええがにいかん(うまくいかない)」と言ってしまうと、ひどく変な顔をされる。週刊誌『女性自身』にも掲載された広島弁の笑い話の一つに、東京から広島に越して来た女性が、男女共有の洗面所でコンタクトレンズを片方落とし、鏡の前で装着に苦労していると、広島のオヤジが覗き込み「ええがにいかんか、ええがにいかんか?」としつこく言うので、女性が「そんなに映画に行きたいなら、一人で行けばいいでしょう!」と怒鳴ったと言う話がある。
ええとこずき
八方美人。
(例)ありゃぁ、ええとこずきする奴じゃ。(あの人は、自分に都合のいい方へいい顔をする人だ)
えーたい
いつも。「えーてぇ」ともいう。
(例)えーたい雨じゃの。(いつも雨だね)
えずい
賢い。
(例)試験で100点取ったんか、えずいのぅ。(試験で100点を取ったのか、賢いね)(西部)
えっと
(量が)多い。
(例)そがいにえっとかわぁでもええじゃろうにのぉ。(そんなにたくさん買わなくても良いでしょうに)
えらい/えらぁ
苦しい。しんどい。決して「偉い」や「賢い」という意味ではない。また、「非常に」という意味もある。中部地方から西日本にかけて広く用いられる。
(例)ありゃあえらかったで。(あれは苦しかったね)(全域)
(例)台風で木がえらい倒れとったで。(台風で木がたくさん倒れていたよ)
おいい
標準語では、「多い(おおい)」であるが、広島在住者および出身者は、この言葉を標準語と思い込んでいる場合が多いため、東京などに居住が長くても、会話にこの言葉が残る場合が多い。広岡達朗、達川光男の野球解説や矢沢永吉伝説の一つの因ともなっている独特の言いまわしに、この言葉が使用される事がある。
おうてんない(ですか)/おうてない(ですか)
会ってみないですか。通常は「あう」ないし「あわん」だが、丁寧に言う場合のみ、「おう」の発音となる。
おおけー
「大きい」という意味だが、年配者は「大(だい)けー」と発音する場合がある。
おおもん
大きな(実際は出来もしないような)こと。
(例)おおもん、いんさんなや。(大きなことを言うなよ)
おおもんタレ
大きな(実際は出来もしないような)ことを言う人。大ホラ吹き。
(例)おおもんタレが(大ホラ吹きめが)
おごうさん
花嫁。(童謡、「花嫁人形」)の歌詞にある「金襴緞子の帯しめながら花嫁御寮(はなよめごりょう)はなぜ泣くのだろう。」の御寮が変化したものと思われる。
おさる
ちゃんちゃんこ。袖のない綿入れ。ゲゲゲの鬼太郎が羽織っている物。
おさめる
しまう、かたづける。方言であるという意識がないため、「はよおさめんさいや(早くしまいなさいよ)」を標準語で言おうとして、「早くおさめなさい」と言う例などが多く見られる。
おしこみ
押し入れ。
おしぴん【押しピン】
画鋲。
おじゃみ
お手玉。
おじんじょ
正座。
おせ
大人(おとな)。
お調子い
悪ふざけする人。
おとこにし
スガイ、巻貝の一種。蓋はサザエのように硬い。《おんなにし》も参照。
おどりゃーすどりゃー/おどれすどれ
「お前」の意味と思われるが、意味はなきに等しく、喧嘩の時にのみ使用し、相手を威嚇する言葉である。そのため、滅多に聞くこともないし、日常会話では絶対に使わない。怖く汚い広島弁を代表する言葉として知られるが、あまりの汚さにか、テレビで披露されることもない。なお、実際に使うのは、「おどりゃー」「おどれ」だけである。「すどりゃー」「すどれ」は、実際には使わない意味の無い言葉である。「おどりゃーすどりゃー」「おどれすどれ」は、おそらく他県から広島に来た人が、広島県人の喧嘩がこう聞こえる、という揶揄的な意味を含んで呼んだものと思われる。ほかに汚く怖いと言われる兵庫県の播州弁などでは広島弁の「おどりゃー」に対し「おんどりゃ」になる。
おなみ
雌牛。
おはっつぁん
仏壇に供えるごはん
おらぶ(うらぶ)【哭ぶ】
叫ぶ。
(例)おらぶなや。(叫ぶなよ)
おらん
いない。否定。肯定は「おる」である。過去形の「いなくなる」は「おらんよなるおらんなる/おらーなる/おらーくなる)」。さらに、「いなくならない」の肯定である「いる」の場合は、「おる」のほかに、「おらーならん」という言い方もあり、少し複雑である。
おる
いる。否定は「おらん」である。
(例)あんなはおるかい?(あの方はいますか?)
おんなにし
イシダタミ、巻貝の一種。蓋は硬くなく、薄い。《おとこにし》も参照。

か行[編集]

○○(の)か
○○の所、宮のかで〇〇さんにおうたで(宮の所で〇〇さんに会ったよ)。
○○(より)か
○○よりは。比較を表す。
(例)思うとったよりか、こまかった(思っていたよりは小さかった)。
○○か、○○かくらい
比較を表す言い方で、女子や子供がよく使う。
(例)見える、見えんかぐらい、(見えるか、見えないかぐらい(微妙なところ))
(例)終わる、終わらんかぐらい、(終わるか、終わらないかぐらい(微妙なところ))
カギジャコ
トビヌメリ。スズキ目・ネズッポ亜目・ネズッポ科に分類される海水魚の一種
かぐる
引っ掻く。「かなぐる」ともいう。
(例)猫にかぐられた(猫に引っかかれた)。(全域)
かける【駆ける】
走る。広島では「はしる」は別の意味にしか使わず、もっぱら「かける」と言う。→はしる」も参照。
ガゾウ(ガドウ)
モクズガニ
かた/がた【方】
家。
(例)うちかたきんさい。(私の家に来なさい)
カナコギ
ハオコゼ。カサゴ目ハオコゼ科の海水魚。
かばち
文句。屁理屈や生意気であるといったニュアンスを含む。本来は、平面であるべきところに段差や食い違いができている状態を指す、大工の符牒。年配の広島人は現在でも「風呂のかばち」といったように、段差の意味でも使用している。「じゃけん/じゃけえ」などとともに代表的な広島弁の一つ。「かばち(ょ)ぉたれな!/かばちゅぅーたれんな!(文句を言うな!)」などと用い、「かばち」の「」と「」が繋がって、「ちょぉ/ちゅぅ」というように発音する。テレビドラマにもなった漫画カバチタレ!』や矢沢永吉、1980年のアルバムタイトル『KAVACH』は、この言葉からの命名[2]
(例)あんなぁ、かばちばっかりいうとるげな。(あいつは、もんくばっかり言っているらしい)
かもう
いらう」に意味合いが近いが、「相手にする」や「からかう」の意味でも使い、否定形の「かもうな」は「ほっとけ」という意味となる。
(例)A:あいつどうするん? (あいつはどうするだい?)
   B:かもうな。(ほっとけよ)(県北・西部)
かやる/かやれる
ひっくり返る。「こぼれる」に意味合いが近い。
(例)味噌汁がかやった。(味噌汁がこぼれた)
(例)耕運機がかやった。(耕運機がひっくり返った)(西部・県北)
かやす
ひっくり返す。「かやる」の他動詞型。
○○からに
「○○してしまう」や「○○するとは」のような意だが、「○○(勝手に)しやがって」のような怒ったニュアンスを含む言い方。
(例)私をはねにして、勝手にやってからに。(私をのけ者にして、勝手にしてそんなことして)」
(例)食べてからに。(食べてしまうとは)
から
身体(体格について)
(例)からが大きい(身体が大きい。【体格がいい】の意)。反対は、からがこまい(身体が小さい)。
カラスギザ
ニシキベラ、スズキ目ベラ科の魚。
がり
祭りの
かる【借る】
借りる。過去形は「かった」。
(例)今日、図書館で借ったんじゃ。(今日、図書館で借りたんだ)
○○がんす
○○です。○○でございます。最近は、ほとんど耳にする事のない言葉。「ござんす」からの変化と言われる。かつては、備後・安芸方言の特徴を「備後ばぁばぁ安芸がんす」などと揶揄する表現もあった。藤子不二雄Ⓐの漫画「怪物くん」に登場するオオカミ男が使う。
がんぼう/がんぼ/がんぼたれ
腕白小僧。暴れ者。暴れん坊。喧嘩。よく喧嘩をする子供。著名な広島弁の一つ。
ギース
キリギリス。鳴き声が「チョンギース」と聞こえることから、その後ろ半分をとったもの。
ギザミ
キュウセン(ベラ科の魚)。オスは青いので「青ギザ」、メスは赤いので「赤ギザ」とも言う。
きちゃない/きたなむさい
汚ない。汚らしい。
きっぽ
古い傷痕。子供の頃の傷が、大人になっても残っているような傷痕。
きょうだいし
兄弟たち(兄弟衆からの変化?)
ギョールさん
少女。若い女性。ハワイやカリフォルニアに居住経験のある高齢者がよく使う。
ギンガー
ヒイラギ (魚)。スズキ目ヒイラギ科に分類される魚の一種。表面が銀色に光るから?
きんにょう【昨日】
昨日。「きにょう」ともいう。高齢者のみが使用している、絶滅寸前の広島弁の一つ。
くしゅぐる・くちゅぐる
くすぐる。
(例)くちゅぐんなや。(くすぐるなよ)
くしゅばいい・くちゅばいい
くすぐったい。「くすばいい」、「くつばいい」ともいう。西日本語の「こそばゆい」が訛ったもの。
(例)何かくちゅばいいのぉ。(何かくすぐったいなぁ)
ぐべんしゃ
金持ち(分限者からの変化か?)
クモのえば(蜘蛛のえば)
クモの糸。網を張るクモの糸を指すこともあるが、倉庫・小屋などにハエトリグモなどの網を張らないクモがはいた糸を指すことが多い。
くる
切る。トランプ花札などのカードを切る以外では使用はしない。相手に頼む時は、「トランプをくってぇやぁ一」のような言い方となる。
グレン
クレーン
けがれ
汚いのが嫌いな人。
(例)わしゃあ、けがれじゃけえ。(私は、汚いのが嫌いだ)
これには、他人が口を付けた物(食べ物や飲み物)には、「口を付けたくない」ということも含んでいる。
ケーキ
アイスクリーム。広島弁では、アイスクリームのことをアイスケーキと言い、さらにそれを略した言い方。
○○げ
○○のような。○○なふうな。
(例)あの人、悪なね。(あの人、悪そうだね)
(例)あの人、やらし。(あの人いやらしそう)
こすい/こぶい
ずるい、狡い。
げな/げなー
○○のような。○○らしい。伝聞を表す。
(例)あっこに、ビルが建ったげな。(あそこに、ビルが建ったらしいよ)(西部)
げに/げんに/げんど/がに
(相手の話の腰を折って)ところで本当のとこは○○。議論が行き詰まって、まとめる時に使うことがある。奥田民生の『マシマロ』という楽曲に「げにこの世はせちがらい(ところで本当にこの世はせちがらい)」と、広島弁のこの言葉を使う歌詞があるが、他県の人には気付かれないこともある言葉でもある。また中川秀直が、私的公式サイトの名前にこの言葉を付けている[1]古典などにも出てくる、もともとは標準語らしいが、現在も広島地方の方言として残っている。
(例)げに、どうしょうかいのぉ。(ところで、どうしようか)(県北・西部)
げぼ
嘔吐物。
(例)げぼ吐く。(もどしてしまう)
○○こうに
○○しないように。
(例)じゃませんこうに。(じゃましないように)
(例)喧嘩せんこうに。(喧嘩しないように)
ごうをいる
面倒を見る。世話をする。これが転じて、「面倒をかける」や「苦労をさせる」ともなる。「ごういる」ないし「手ごういる」ともいう。
こうへいげな【公平げな】
生意気な。偉そうな。一丁前な。一見すると不満のなさそうな。平静そうな感じを装っているが、内心は不満たらたらな(そんなところがまた、しゃくに障る、生意気だ、という意味)
(例)公平げなこと言うとらんこぉ、早う手伝うてぇやぁー。(得々と一丁前なこと(賢しらな言い訳、理屈、もっともらしい逃げ口上)言っていないで、早く手伝ってよ)
(例)あんなぁ、公平げなことを言よったで。(あいつは、一丁前な、生意気なことを言っていたぞ)
こがあな/こがいな/こげな
あがいな」を参照。*
こげる
折れる。標準語の「焦げる」とは違う。→もげる」も参照。
(例)かどがこげた。(隅っこが欠けてしまった)(県北)
ここら
このあたりで。このへん。
(例)こんなもここらで男にならんと、もう舞台は回ってこんど。(お前、このあたりで男にならなければ、もう舞台の出番が回ってこないからな)
   『仁義なき戦い 頂上作戦』の三上真一郎のセリフから引用。
こさえる
作る。標準語の「こしらえる」に由来。
こっから
ここから。
こっぱり
かさぶたのこと。
コッペパン
メロンパン共通語でのコッペパンは、味付けパンという。)
こつる
コツンと小さく当たること。
こまい
小さい。非常に小さいときは「こんまい」とも言う。
(例)肝っ玉、こまいのぉ。(肝っ玉が小さいねぇ)
ごりんどう
ダボハゼのこと。何にでも喰らいつく「はぜ」のことで、何にでも飛びつく人を軽蔑し、これに例えることがある。
ころ
自転車の補助輪、あるいはキャスター。
(例)今日はころを外して、練習してみようかのぅ。(今日は補助輪を外して、練習をしてみよう)(全域)
こわい
固い。
(例)あんたの髪の毛はこわいねえ。
ごんち
五日。いつか。
こんとな
あがいな」を参照。
こんな/こんに
こいつ。
(例)こんなと飲んだら死んだもんにすまんけえのぉ。(こいつと飲んだら、死んだ者に申し訳が立たないからな)(西部)
   『仁義なき戦い 完結篇』での菅原文太の終盤のセリフから引用。

さ行[編集]

○○さい
○○しなさい。標準語の「○○しなさい」よりも強制度は低い。子どもや家族など親しい人に対しては、「○○ちゃい」とも言う(主に女性)→○○ちゃい」も参照。
(例)はよ寝んさい。(早く寝なさい)
(例)これ食べてみんさい。(これ食べてみたら)
(例)持って帰りんちゃい。(持って帰りなさい)
ささらもさら/さざらもざら
無茶苦茶(むちゃくちゃ)である。また、『ささら・もさら』のタイトルで、1970年10月~11月に日本テレビで広島を舞台にした連続ドラマが放送されている。
(例)お前ら構わんけぇ そこらの店さざらもざらにしちゃれぇ。(お前たち、構わないから その辺りの店をむちゃくちゃにしてやれ)『仁義なき戦い 完結編』の松方弘樹のセリフ。
さし
定規。物差し。
(例)さしでしばかれた。(物差しで叩かれた)
さす
させる。やらせる。使役を表す。標準語の「指す」や「刺す」の意味ではない。「」にアクセント。
さげる
標準語の「提げる」よりも広い意味で使われ、 物を下から支え持つ時にも使われる。
(例)おい、そっちのはしをさげてくれえやぁ。(そちらの側を支え持ってくれ)
しあいこ
交互にすること。
(例)マッサージしあいこしよう。(マッサージを交互にしよう)
シクチ
メナダ。海水魚の一種。ボラに似ているが、頭部がボラより平たい。ボラより不味いとされる。
しご
始末。世話。手入れ。県西部の島部や海沿いではさほど恐ろしいニュアンスでは用いられず、むしろ日用語である。
(例)しごに(ん)ならん。(始末に終えない)」
(例)魚のしごをしとけ。(魚をさばいておきなさい)
(例)しごぉされるど。(大変な目に遭わされるよ→つまりしばかれる、なぐられる、痛い目に遭う。)
(例)畑のしごをせにゃあ。(畑の手入れをしなくては)
しったげ【知ったげ】
知ったかぶり。
してい/してー
(長さとしての)1日。1日2日は「していふつか」という。古代に「1日」を「ひとひ」と呼んだことに由来する。
○○したげる
○○してあげる。
○○しちゃる
○○してあげる。男性はこちらを使うことが多いと思われる。
(例)わしが代わりにしちゃろう。(私が代わりにしてあげよう)
してる
捨てる。落とす。
(例)どこでしてたんかのぉ。(どこで落としたのかなぁ)(西部)
○○しな
○○している最中である。○○している途中である。「いにしな(帰る途中)」や「いきしな(行く途中)」などと使う。
(例)いにしなに、よっとくわ。(帰る途中で、寄っておくよ)(西部)
じなくそ
嘘。大間違い。まったく駄目な様子。
(例)あんなぁ大じなくそ、たれやがってからに。(彼は大ウソをつきました)ありゃあ、じなくそばぁ、しょーるでなあ。(あいつは、大間違いばかりしているよ。)(県北)
しにいる
青あざができる。標準語の「染みになった」から生じたもの。
(例)しにいった(青あざができた)
しぬる【死ぬる】
死ぬ。「往ぬる」とともに、古語のナ変動詞の活用が現在に残ったもの。
しまつ
節約。
(例)あっこの家はようしまつしんさる。(あそこの家はよく節約される)(西部)
しみる【凍みる】
凍る。
(例)はぁ、道がしみとろうのぉ。(もう、道が凍っているだろうなぁ)(西部)
じゃっかぁしゃい・じゃっかぁしい
やかましい。うるさい。北○先生がよく使う。
しゃび・しゃびる
錆・錆びる。
○○じゃもん
○○だから。○○だもの。
(例)分からんのじゃもん。(分からないのだから)
(例)知らんのじゃもん。(知らないのだもの)
○○じゃわ
○○だわ。○○である。
(例)またじゃわ。(まただわ)
しょーる/しょーん/しょん/しちょる/しとん
している。たいていは「何しょーるん?(何しょん?)」や「どうしょーるん?」という、どちらかの使い方が多い。「何しょーるん?」という言い方は、「おま何しょーるん?(あなた何をしているのですか?)」というように、今、何をしているのかを聞く場合と久しぶりに会った人に、長く会わない間、どんな生活をしていたかを聞く場合でも使う。さらに、強い調子で「何しょーるん!(「」、「」、「なら」などが語尾に付く)」と言うのは相手の行為を非難したり叱ったりする意味となる。→○○ょん」も参照
じゅるい
ぬかるんでいる。
(例)田がじるいのぉ。(田圃がぬかるんでいますね)(西部)
ショウト
ホオジロ(古い呼び名である「シトド」からの変化。)。
しわい/しゅわい
疲れる。しんどい。また、噛んでも噛み切れないような、筋の残る野菜を食べた時などにも使う。
(例)しわいけぇ、よぉ食べれん。(硬くて食べられないな)
しんきな
辛気な。退屈な。しんどい。片腹痛い。
すいい
酸っぱい。
すいじん(水神?)・すいじんさん
シラスウナギ
すいばり
(木のごく小さい)とげ。木材表面のささくれ立った部分のこと。特に、皮膚に刺さったときに使われる。
(例)すいばりがたった。(とげが刺さった)(西部)
ずえる
崖・土手などが崩れ落ちること。
すぐ/ずく
調子に乗ってふざける。(東部)
(例)なんするんなら!(何するの!)
ずる
ズボンなどが下にずり下がること。 
ずんごむ
突っ込む。
(例)川へずんごんだ。(川に突っ込んだ→川に落ちた)(西部)
ずんだらかす
ズボンを下にずらしてはくこと。
せ/せぇ【背】
身長。年配者は「せぇが高い」というような言い方をする。
(例)せんないのぉ。(面倒くさいなぁ)(西部)
せにゃぁ/せんにゃぁ/せんとぉ
○○しないと(いけないよ)
(例)はようせにゃぁ。(早くしないと(ダメだよ))
せばい
狭い。
せやぁーない
大丈夫。問題ない。
(例)せやぁーないよ、やってみんさいや。(大丈夫よ、実行してみなさいよ)
せんとぉ
せにゃぁ/せんにゃぁ」を参照。
せんない
面倒くさい。
そがいな/そげな/そんとな
あがいな」を参照。
そばえ・そばえる
通り雨・通り雨が降る。
そばり/そべら
すいばり」を参照。
そら
上(かみしものかみ)。北
(例)そらのはたけぇ、なっぱぁ採ってきてぇや。(上の畑へ、葉物野菜を採って来てよ)
そんなん
そんなの。そんなこと。そこまで。子供が用いる。
(例)そんなん、なろーとらんし。(そんなの習っていないのに)
(例)そんなん笑わんでも。(そこまで笑わなくても)

た行[編集]

たあ/たー
○○より。○○以上である。比較を表す。
(例)10万(円)たーなる。(10万円以上になる)
(例)パンたあ好き。(パンよりは好き)
だーれも
誰も。広島弁は言葉を伸ばし強調するという特徴があるが、これは後に続く言葉(動詞)が必ず否定で、「だーれもおらん(誰もいない)」やや「だーれも見ん(誰も見ない)」などとなり、「より誰も○○ない」ということを強調する言い方となる。
たいがたぁ
ありがたい。申し訳ない。(耐えがたいからの変化)
たいぎい
面倒くさいなどネガティブな意味。古語の「大儀(たいぎ)」が変化したものと言われる。一部では、山口県の方言である「せんない」に由来するという説があるが、あまり有名ではない。広島県人が世代を問わず非常に良く使う言葉。「じゃけぇ」と並んで、広島弁の中でも有名な言葉の一つ。呉周辺では、「疲れた」の意味で使われる。
(例)たいぎいけぇ、行かんかった。(面倒くさいから、行かなかった)
また、「たいぎい」を人に対して使うことによって、「うざったい」という意味を表すこともある。
(例)A君はたいぎい。(A君はうざったい)
(例)おまえたいぎいんじゃーや(あんただるいね)
たいがい【大概】
標準語の「大概」と意味ではあまり相違なく、方言でないかもしれないがよく使う。しばしば、「いい加減」という意味で使う。
(例)たいがいにせぇよ。(いいかげんにしなさい)
タイタイ
魚の幼児語。(そこにタイタイがおるよ。)
たう
(高い所などの離れた場所に手や足などが)届く。「(郵便などが)送られてくる」といった標準語の「届く」の意味はない。広島県人が標準語だと思っている言葉の一つ。 否定は「たわん」である。→たわん」も参照。 2012年7月東京銀座にオープンした広島県アンテナショップ「tau」の店名に採用された(命名は有吉弘行[3]
(例)天井に手がたう。(天井に手が届く)
(例)プールに足がたう。(プールに足が届く)
たける【猛る】
大きい声を出す。
(例)おい、たけって呼んでみい。(おい、大きい声で呼んでみなさい)(西部)
たちまち【忽ち】
取りあえず。標準語の「忽ち」のように「短時間に」という意味ではないのに注意。アクセントは「たまち」と、「」を強く言う。後述の「取りあえず」と逆転している者もいる。
(例)たちまち、それでええわ(取りあえず、それで良いですよ)
たびにでる【旅に出る】
地元を離れる。
たびのひと【旅の人】
他所から引っ越してきた人。《反対》…地の人
たわん
届かない。肯定は「たう」である。→たう」も参照。
(例)梯子がたわん(梯子が届かない)
○○だん
○○する段階になって。○○する途中で。「○○しな」とほぼ同義だが、タイミングの悪い時に使うことが多い。
(例)往ぬだんになって来やがった(帰ろうと思った時に来たよ)
ちぃたぁ/ちーたー/ちいと
少し。
(例)ちぃたぁゆぅことを聞け。(少しは言うことを聞きなさい)(全域)
ちいちゃい/ちっさ
小さい。
ぢのひと【地の人】
その地に住み続けている人。《反対》…旅の人
ちびる
磨り減る。摩耗する。若者には標準語の「漏らす」の意味で取られ、通じない場合がある。
(例)タイヤがちびとるど(タイヤが磨り減っていますよ)
○○ちゃい/○○ちゃい
○○(しな)さい。年配の女性が子供など、目下の人に使う命令を表す言葉だが、優しく言う時にも使う。
(例)早くしんちゃい。(早くしなさい)
(例)帰りんちゃい(帰りなさい)
ちょっくり
ちょっと
(例)ちょっくり、出てくるわ。(ちょっと、出かけてくるわ。)
ちんくそ
恥垢
ちんこ
身長が低いこと。
(例)広島の人間はちんこじゃけん…。(広島の人は身長が低いから…。)
チンボキリ
タイコウチ水生昆虫の一種。
チンボダシ
アサヒアナハゼ。海水魚の一種。大きな生殖器が体外に出ていることから。
チンボミミズ
フトミミズなどの大きなミミズ。
○○(して)つかあさい
○○してください。○○してもらえませんか。
(例)席をゆずってつかあさい。(席を譲っていただけませんか)
つぐ
「注ぐ」が転じて、車にガソリンを給油する、ストーブに灯油を継ぎ足す場合に用いる(標準語ではそれぞれ「給油する」「継ぎ足す」)
つどう
かち合う。
つばえる
ふざける。騒ぐ。(嬉しいとや喜ばしいことなどがあって)興奮してのぼせてしまう。
(例)あんたら、電車でつばえんさんなよ。(君たち、電車の中では騒がないのよ)
つまらん
1.駄目な。面白くない。2.機能しない。故障した。
(例)電話がつまらんようになった。(電話が壊れた)(西部)
○○て(手)
○○する人。
(例)見てがない……見る人はいない。来てがない……来る人はいない。食べてがない……食べる人はいない。
テカブリ
イトヒキハゼ。スズキ目・ハゼ科に分類される魚
てご
手伝うこと。
(例)やれんけぇ、てごう(を)してぇや。(難しいので、手伝ってください)(県北・西部)
でべそ
出たがり。外出好き。
(例)あんたあ、でべそじゃねえ。(あなたは、外に出たがりだねえ)
デングイ
スナメリ。(ネズミイルカ科に属する小型のイルカ)
デンチョウ
ウシノシタ(シタビラメ)。沿岸部で干物にされているのをよく見かける。
トウガキ(唐柿?)
イチジク
とうじん
愚人。
(例)とうじんじゃのう。(馬鹿だな)(瀬戸内)
   相手のおこないを「愚行」と決めつけて、貶す(けなす)ときに使う
どーしょん?(どうしょーるん?、何しょーるん?)
何をしているのですかの意。今何をしているのかを聞く場合と久しぶりに会った人に、長く会わない間、どんな生活をしていたかを聞く場合でも使う。
どーしょんなら!
何をしているんですかの意。どう(何)しているんだ、が変化したものでケンカが始まるきっかけとなるセリフ。「どーしょん?」という言葉を強く言う言い方。同様な言い回しに、何しょーんなら!、何よーるんなら!(何言っているんだ)など。実際の使用例としては「わりゃ、どーしょんなら!」と言う言い方が多い。
どうたらこうたら
どうしたこうしたの意。何をたらたらの変化か? 広島人はこれを標準語と思っているが、これはれっきとした方言である。「とうたらこうたら言いんさんなよ(どうしたこうした言わないでね)」
どーなろーにゃ
どーにもならないの意。
とぎ
友達の意。おそらく「伽」の事だと思われる。「とぎゃぁおらんのんか?(友達はいないの?)」(西部)
ど・で
疑問・否定を含んだ動詞の語尾に付く、~よ、を強くした言い方。思うよ、知らないよ、違うよ。が「思うど(で)」、「知らんど(で)」、「違うど(で)」となる。また完全に否定する場合は語尾を強く止め(「思うど」)、疑問を含む場合は語尾を伸ばしながら上げる(「思うど~」)、という微妙な使い分けがある。標準語の言い方では「~で」の後は「~で、~」と必ず話が続くが、広島弁で「~で」は「~で。」と話が終わるケースがあり、変わった言い回しの一つと思われる。「仁義なき戦い 頂上作戦」の小林旭最大の見せ場での名セリフ「広島ヤクザはイモかも知れんが、旅の風下に立った事はいっぺんも無いんで。
どがい(どがぁ)
どうにも、の意。「どがいもならん(どうにもならない)」
どしたん?(どうしちゃったん?)
どうしたの?の意。親しい間柄だけで使う。関西弁で、どないしたん、にあたる。
どっしゃげる
大きいものが他の大きなものにぶつかるの意。「あっこでどっしゃげとらぁ(あそこでぶつかっているよ)」
とどる
液体などに溶けている固体や、なにかしらの成分が瓶など容器の底に沈澱すること。
どぶ
魚の内臓。
とらげる
片付けるの意(東部)。
取り敢えず
・・・たちまちの意。広島弁では標準語とは逆転していることがある。
どーゆん
→なんてゆん?
どようし
→莫大。きわめて大きいこと。
どベ
→ビリ
ドンコウ
河口・沿岸部で見られる、体表がヌメヌメとした食用とはならない小型のハゼ科の魚の総称。

な行[編集]

ないなった、のうなった
無くなった、の意味。
ないなかす
なくす。
ないようなった
無くしてしまったの意。ないなった、のうなったの過去形。「財布ないようなった(無くしてしまった)」
なおす
片付ける。近畿から九州にかけて使用。「使ったおもちゃはちゃんとなおしとくんよ」
~なかった
~だった。「大きなかった。(大きかった。)」
なかろーもー
もー
なげる
放っておくの意。ゴミを捨てる時は「ゴミを投げる」と言う。「そがなもん、投げとけ(そのような物は、放っておけ)」(西部)
なして
なぜ、どうして。「なしてそがぁなことをしたん?(なんでそんなことをしたの?)」(県北・西部)
~なのにから
~なのに。
なにしょん、なんしょん(何しょーるん、何しちょる)
疑問形。なにしているの?「あんたあ、なにしょん?(あなた、何やっているの?)」というように、今何をしているのかを聞く場合と久しぶりに会った人に、長く会わない間、どんな生活をしていたかを聞く場合でも使う。優しく言えばこの意味だが、強く「なにしょーん!(なにしょん!、なにしょんなら!)」と言うと「お前何やってんだコラ!」とケンカの始まりような意味あいとなる。
何して、なんして
標準語では「何(を)して」。これを用いた活用例として「何してええかわからん」などがある。これは三つの広島弁が合わさった言い方。「何して(何をしたら)ええか(いいのか)わからん(分からない)」。
なば
まつたけの意。その他の食べることができないキノコは「クソなば」と一括で表現(西部)。
なまける
湿気る。
~なら!
(動詞の語尾につける)~ですか!、にあたりケンカの時によく使い、広島弁が乱暴なイメージを与える言葉の一つ。「わりゃ何いょーるんなら!(あなた何を言っているのですか!)」 「どしたんなら!(どうしたって言うんだ!)」。よく使う例として「なんなんなら!(何なのですか!)」がある。
なりて
する人、やる人。「段々なりてがおらんよーになるで(段々やる人がいなくなるよ)」
○○なん
○○なの、○○のような事。「こんなん知らん(こんなの知らない)」「そんなんダメじゃ(そのようなことはダメだ)」「そがいなんいらん(そんな物はいりません)」。
なんてゆん?、どーゆん
~なんて言うの?。発音は「なんてん?」と「ゆ」を強く発音する。言い方が分からない時、繋ぎで女性がよく使う言い方。 参考→ ~ゆん?
何となし(に)
何となく。
なんなん?
何なの?。なんなん?、と、あとの方の「なん」を強く発音する。「なんなんじゃろー?(何なのかなー?)」。
なんよのう..
何だろうなぁ..。話をまとめたり変えたりする時に使う慣用句。あまり意味はない。
にがる
苦しい、痛い「つべたいもん食うたら腹がにがってのう(冷たい物を食べたら腹が痛くなったよ)」(県北・西部)
にぎり
ケチ、守銭奴の意(悪い意味で)。「あれはにぎりじゃけえのぉ(あいつはケチだからね)」(西部)
○○にゃぁ
~しないと(ダメ)。見にゃぁ(見ないと)、食べにゃぁ(食べないと)、せにゃぁ(しないと)。
ぬくい
ぬきい、とも。暖かいという意味。「昨日はぬくかったのに、今日はさみいわぁ」(昨日は暖かかったのに、今日は寒いなあ)
ぬぶ
伸びる。「髪がぬぶ(髪が伸びる)」、「草がぬぶ(草が伸びる)」
ねき
そばの意(人間関係的な近さも表すか?)。「火のねきに行くなよ(火の側にいくなよ)」(西部)
ねと
すぐそばの意「そのねとへ置いてぇてください(その近くに置いてください)」(県北・西部)
ねと
根元「木のねと切っとき」
ねぶる
寝る。
ねぶたい
眠い。「ぶちねぶたい(凄く眠たい)」(西部)
ねぶる(舐る)
なめる。「犬にねぶられたぁや(犬になめられたよ)」(西部)
ねま
寝床、布団。「ねまぁひいたか?(布団ひいたか?)」
ねんだぁほる
あれこれうるさく聞く。「ねんだほり」は人の噂話などをあれこれと探る人を指す。
~の
~人、~な奴、の意味だが、語尾のみに付ける。標準語では例えば「嬉しいの」と形容詞の後に付いたり「嬉しいの?」動詞の後に付いて質問形となるが、広島弁で「~の」を使う時は「嬉しげなの(はしゃいでる人、奴)」、「生意気なの(生意気な奴)」となる。
ノウクリ
ドチザメ。海岸部では湯引きして、酢味噌で食用にする。
のかす、のく、のける
人間がどく(動く、動かす)場合と物を動かす時と両方使う。「ちーと掃除するけぇ、そこの机のけといてくれん?(ちょっと掃除するから、そこの机をどけておいてくれる?)」
のる
「の」にアクセントがある。下を向いているときに顔を上に上げる動作。背筋を伸ばすことという意味もある。「のって食べんさい(背筋を伸ばして食べなさい)。」
~のん
~でない、という意味の否定。「死なんのん(死なない)」「生きんのん(生きないの)」「食べんのん(食べないの)」。

は行[編集]

ぱーぷー
アホ。
はぁ
もう、すでにの意。「はぁ、いんだん?(もう、帰ったの?)」(県北・西部)
ばぁ
~ばっかりの意。「ばばぁばぁじゃ(婆さんばっかりです)」(東部)
はがええ、はぐいい
はがゆい、腹立たしいの意。「あ~、もうぶちはがえぇのう(あ~、とてもはがゆいな)」
はぐる
めくるの意。布団や衣服のようなある程度大きく厚みのあるものに使われ、カードのような薄く小さいものには使わない。
はげ
ウマヅラハギカワハギ
はしる
痛いの意。おそらく痛みが走るの事だと思われる。「足と頭がはしる(足と頭がいたい)」(県北・西部)
はさる
挟まる事。「(食べかすが)歯にはさってしもうた」などと使う。
はせる
挟むの意。他地域で働いている時、書類をファイルに綴じてもらおうと「これ、そこのファイルにはせといて」などと言うと怪訝な顔をされる。
ばっち
他所(よそ)、知らない遠方の場所。「某地」からの転と思われる。
ばばいい
まぶしい。(「まばゆい」からの変化)
はぶてる
不機嫌になる。すねるに近い。「そがぁに、はぶてんなさんなや(そんなに、すねないでよ)」(西部)
はめ・はみ
まむしの意「はめぇ捕まえたけぇ、焼酎につけちゃろ(まむしを捕まえたから、焼酎につけよう)」県北では「はみ」(西部)
はね
のけ者。はねっこ、とも。「今日は遊びょうって、はねになった。」(今日、遊んでいて、のけ者になった。)
はぶ
歯茎のこと。「歯槽膿漏で、はぶが痛とうてのう。」(歯槽膿漏で、歯茎が痛くてねえ。)
はやる
紙切れ・布切れなどの薄くて小さなものが風に飛ばされる事。
ハランキョウ
スモモ
ばり
とってもの意。「ぶち」の同義語。
ばんげ
夜の意。「きにょうのばんげに(昨日の夜に)」(県北・西部)
明かりの意。火、陽、灯などから。「ひ、つけてや(明かり、つけてよ)」(西部)
ひぃー
必死の意。「そがいに、ひぃーなりんさんなや(そんなに必死にならないでください)」
ひこずる
引きずるの意。
ぴしゃげる
叩くの意。平手打ちをすること。また、「平手打ち」を表す名詞として「ぴしゃげ」もある。「逆らうやつはぴしゃげるど!(逆らうやつはひっぱたくぞ!)」
びっしゃこ
びしょ濡れの意。「急に雨降ってきて、びっしゃこじゃ(急な雨でびしょ濡れです)」(県北・西部)
ひてい
1日の意。もう聞く事も少なくなった死語となりつつある広島弁の一つ。「ひてい、ふつか(1日、2日)」
ひなか
日中の意。「日のひなかから、そとに出らりゃあせんわいや(日中(昼過ぎ)から、(暑くて)そとに出ることなんて出来ないよ)」(西部)
ひよる
風で物が飛んでいく。「洗濯物がひよる」
ひらめ
やまめの意(西部)。
ひわる
曲がること。「この板はひわっとる(この板は曲がっている)」
ひんじょう
文句、不平不満の意。「ひんじょう言うな(文句を言うな)」(西部)
ブイブイ
グミ (植物)
ふうがええ
みっともない、格好悪い。本来は、風体・体裁(風)が良い(ええ)という意味で、「むすびのむさし」の包み紙にも「好都合である」と書かれているが、現在では皮肉を込めて逆の意味に用いられることの方が多い(西部)。
ふうがわるい
みっともない、格好悪い。通常こちらを使うことが多いと思われるが、上記の「ふうがええ」を使う事もある。
ぶち、ブチ
とっても、ものすごく、の意。強調するときは「ぶちくそ」となる場合もある。「ぶちえらぁ(とってもしんどい)」。また言葉遊びとして「ブチ」の部分を「ブリ」「バリ」「ベリ」「バチ」などという言い換えも若者の間で流行り、このうち現在も「バリ(ばり)」はよく使われている。(全域)
ぶと
標準語でいう所のブユ(蚋)。
ふとい
大きいの意。「ぶちふといはめ(はみ)がおったで(とても大きいマムシがいたよ)」(西部)
ぶに
分(ぶん)、物(もの)の意。「わしのぶに」「このぶに」。岡山弁であるが福山市でも使われる。
ぶり、ブリ
「ブチ」と同義。「これ、ブリうまいのう」など。
ブンダイ
バテイラ。ニシキウズガイ科もしくはサザエ科に分類される巻貝の一種。
ブンブン
カナブンドウガネブイブイハナムグリなどのコガネムシの総称。
へしゃげる・へちゃげる
つぶれる、へこむの意。へちゃげるとも言う。「事故で車がへしゃげた(車がつぶれた)」
べっち・べこ
子牛の意。「べっちをこうてくらあ(子牛をかってくるよ)」
へり
そば、ふちのこと。縁。「ねと」との違いは微妙。「本はテレビのへりに置いたる(ほんはてれびのそばにおいてある)」(西部)
ほいで、ほいでから
それで。「ほいでのぅ、いんだげなで(それで、帰ったらしいよ)」 (西部)。
ほー(ほう)
そう、という相鎚で使う言葉。そうそう、と言う時、ほーほーと言う。「あぁ ほうね(ああそうか)」。
ほうくる
強調しかし、放くるか? ほうくりだす(叩き出すのような)。ほうくりなげる(いまいましく投げ捨てるの意)
ほいと
物乞い。
ほいとぐい
自分の欲しい物を最後まで取っておく食べ方。「あんたあ、ほしとぐいしんさんなや。」
ほうとくない
情けない、だらしない、つまらないの意。「ほうとくない奴じゃのぉ(情けない奴だなぁ)」(西部)
ホゴ
カサゴ。カサゴ目フサカサゴ科の魚類。
ほしい
惜しい。ほしかった(惜しかった)。
ほっとぬるい
のろい、もたもたしている。
ほんじゃーね
それでは、さようなら。といった意味の広島弁。主に広島の若い女性がよく使う。男性や言葉遣いの荒い人だと「ほんじゃーの」となる。
ボンジャコ
シャコ。軟甲綱 トゲエビ亜綱 口脚目・シャコ科に属する甲殻類

ま行[編集]

まくれる
(豪快に)転ぶ。ひっくり返る。「ばあちゃんが、まくれた(婆ちゃんが、(股関節骨折していないか心配なくらい)。ころんだ。)」
まげ
見事、立派、上手。「あんたぁ、まげな鯉を釣ったのう(あんたは、立派な鯉を釣ったね)」、「まげにいかん(上手にできない)」
まねし
真似をする人の意。相手を揶揄する時使うが、死語になりつつある。「まねしじゃーや(真似する奴だ)」。
まめ(に)
元気(に)。
(例)あんたぁ、まめにしとったんね。(あなたは、お元気でしたか?)
マメダヌキ
アナグマ。イタチ科アナグマ属に分類されるイタチ。タヌキに似ており、タヌキより小さいからか?
マルムシ
ダンゴムシ
まんがええ
運がいい。めぐりあわせがいい。
マンジュウガニ
マメコブシガニ
まんまんさん
南無阿弥陀仏(幼児語)
まんまんきび
トウモロコシ(南蛮黍からの変化)
みそ
遊ぶ時に鬼などにはならない子供。鬼ごっこなどで年の離れた子供が遊ぶ時、小さな子供は走るのが遅く狙われやすいので、タッチなどされても鬼などになることを免れる。
みて
観る人。
みてる
(ある一定の量があったものが減って)無くなるの意。忌み言葉と同音の為、反義語「満てる」が転じて使われるようになった。「みなみてたわ(全部無くなったよ)」(全域)
みな
みんな。「みなおらんわ(みんないないな)」(全域) 全部という意味も持つ。「みな腐ってしもぅたわ(全部腐ってしまったよ)」
みみご
耳垢
みやすい
簡単な。「そりゃ、みやすいの(それは、簡単だね)」県北・東部は「みやしぃ」。(西部)
~むん
もの、の意味だが、確保しているもの、の意味。「お菓子ウチのむん、あんたのむん(お菓子私の(これが確保している)もの、これがあなたのもの)」
めぼ
ものもらい
めげる
壊れるの意。人(精神)にも使う。「ゲームがめげてしもうた(ゲームが壊れてしまった)」。過去形は「めげた」と、故意に壊す意味を含む「めがした」というのがある(全域)
メンタイ
明太子ではなく、広島でしか食べられない白身の魚。ロシア語のミンタイに通じる。広島では、白身の魚のフライというと、メンタイのフライ。主に「ヨロイイタチウオ」の事
もげる
はずす、摘む(採る)の意。「あっ、首がもげた!(あっ、首がとれた!)」(西部)
もとぉらん
つまらない、駄目な、役に立たないの意。「もとぉらんことぉゆうな(つまらないことを言うな)」(西部)
もぶれる
まとわりつくの意。
~もん
もの(者、物)。『仁義なき戦い 完結篇』での菅原文太、終盤の名セリフ。「こんなと飲んだら死んだもんにすまんけえのぉ(お前と飲んだら死んでいった人にすまないと思うよ)」(西部)
もんすごい
ものすごい。

や・ら・わ行・ん[編集]

命令型。「はよぅせえや(早くしろ)」(安芸)
やおい
やわらかい。
やし
うそを言う人。だます人。山師からきている。「あんたあ、やしじゃねえ」
やっちもない
しょうもない(東部)
やねこい
だるい・しんどい・難しい。最近は県内でも主に年配の世代で使われ、若者はあまり言わない。「この山を登るんはやねこいでぇ(この山を登るのはだるいよ)。」
やぎろおしい
ややっこしい、むずかしい。「あんた、やぎろおしいことをいいんさんな(あなた、ややっこしい(難しい)事を言わないで)」。
やーや
感嘆句。「やーや、どぶにはまっとらあ。」または「やー、きしゃなあ(きたない)。」
やーやー
うるさく。「やーやー言う(うるさく言う)」
やれん
やっかい、しんどい、の意。「あれはやれんことばぁ言うけえのぉ(彼はやっかいなことばかり言うからなぁ)」(西部)
ゆうことがええよ!
相手の物言いに不平がある場合に使う慣用句。標準語で訳すと「言うことがいいな」だが、「いいな」は皮肉で、実際は言うことは「悪い」という意味。
ゆうとったるがの!
(最初に)言っておくがな!
ゆわん
言わない。ゆわんでいいんよね(言わなくていいのよ)
〜ゆん?
〜言うの? ん? と「ゆ」の方を強く発音する。「なんてゆん?(何と言うの?)」「どーゆん?(どう言えばいいの?)」
ゆーたげんさんな
言うのはやめてあげなさい。
よいよ
文頭に用い、あきれた気持ちを表す。「よいよ、あんたぁ何回言やぁわかるんねえ。」(まったく、あなたは何度言ったら解るのか。)
よぅ〜せん(れん、ん)
〜できないの意。元は古語で、西日本では現在も広範囲で使われる。似たものに「〜れん」と言うのもある。「そりゃぁよぅ食べん」と言った時には自分の都合、例えばアレルギーなど、で食べられないことを指し、「そりゃぁ食べれん」と言ったら上記の場合も、またそのものが食べることが不可能な場合も指しうる。
よぉ
良く。
よぉよぉ
良く良く。
よぉよぉせにゃぁ
良く良くしないと。 → せにゃぁ/せんにゃぁ/せんとぉ。
よおけぇ(よおけ、よけぇ)
沢山・多いの意味。余計という言葉の変化と思われる。えっととの違いは微妙だが、数が多い場合によおけぇを使い、量が多い場合にえっとを使う傾向が見られる場合もある。どちらかしか使わない(知らない)人も多い。「えらいよおけぇもっとりんさるのぉ(すごく沢山持ってらっしゃるなぁ)」 よく使う言葉で県外で使うと怪訝な顔をされる言葉の一つ。上京して標準語に直したい方には、「えいがにいかん」「ほいで」などと共にポロッと出るので御注意。
よかる
寄りかかるの意。
よごれ
見た目の汚れた人ではなく、生き方のなっていない人の意。「あんたあ、よごれじゃのに、けがれじゃねえ。」(君は、見た目汚いのに、汚いのが嫌いなんじゃねえ。)転じて、自分には甘いのに人には厳しいという指摘に使う。
よす
仲間に入れる。
よせる
仲間に入れる。
よしてえや〜
私(私たち)も仲間に入れてくださいの意。子供が遊びの輪に入りたいときの呼びかけ。
よったり
4人
○○よーねぇ
○○だよ。「そんなん簡単よーねぇ(そんなの簡単なことだよ)」。
よばれる
ご馳走になる。 「お隣さんが茶ぁ用意して待っとってくれてじゃけぇ、早よぅ呼ばれようやぁ」(お隣さんがお茶を用意してくださってるから、早くいただこうよ」
○○ら
名詞・代名詞の後に付けて複数形になる。標準語では「彼ら」のように人を意味する名詞・代名詞にしか付かないが、広島弁ではあらゆる名詞・代名詞に付けてよい。「うちら(私たち)」「子供ら」、「あれら」、「車ら」、「あんたら」「横ら(横の辺り)」「そこら、そこいら(その辺り)」「昨日ら(昨日なんか)(全域)。また、自分を卑下する意味で用いることもある。「わしらぁ、・・・(わしなんかは、・・・)」
○○らぁ〜
できることが可能、の意味で動詞の後に付ける。「できらぁ(できるよ)、いけらぁ(行けるよ)、知っとらぁ〜(知っているよ)」
○○れん
広島弁は「○○しない」という動詞は「○○せん」という「野球せん(野球しない)」が、同様に「○○れない」という動詞の時は「○○れん」となる。「食べれん(食べられない)」「走れん(走れない)」「いけれん(行けない)。」
わかた
自分の。「わかたの田(自分の田)」 または、自分の家。
わち
わたしの意。「わちがするけぇ(私がします)」年配の女性がよく使う。
ワチ
サッパ。海水魚の一種。岡山でいうママカリ。ワチを食べると、春が来たなあと思う。焼いて、酢醤油につけて食べる。
わや
めちゃくちゃの意。「わやすんなや(めちゃくちゃ(を)するなや)」。北海道や関西でも使われる(全域)。
わやくそ、わやくちゃ
「わや」よりも更にめちゃくちゃな様子。「部屋がわやくちゃじゃけぇ、はよぉなおしんさい(部屋がぐちゃぐちゃだから、早く片付けなさい)」
わら〜、わりゃ〜
お前は、の意味。元はおそらく古語の「我(われ)は」だが、主客が逆転している。広島市内などの都市部では、相手への威嚇に使われる。海沿い、田舎部では特に高齢者が親しい者を呼ぶときに日常的に使う。「わりゃ〜、はぁいぬるんかい(お前はもう帰るのか)」
〜んよ
〜〜したのよ。動詞の語尾につける。女性がよく使う言い方。食べたんよ(食べたのよ)、したんよ(したのよ)、寝るんよ(寝るのよ)。

関連[編集]

メディア[編集]

広島弁を話す著名人[編集]

カッコ内は出身地

など。またはっきり広島弁を話しているわけでは無いが、矢沢永吉(南区)の独特の言い回しは広島弁のイントネーションである。浜田省吾呉市)は、普段は訛りも出ないが、広島県内でのコンサートでは広島弁をしゃべる。他に広岡達朗(呉市)、張本勲(南区)、大下剛史海田町)、山本浩二佐伯区)ら、ベテラン野球解説者には、はっきりと広島訛りが残っている。広島出身の現役野球選手、金本知憲(南区)、新井貴浩(中区)、稲田直人廿日市市)らも広島弁のイントネーションがある。ポルノグラフィティの広島弁は本人曰く、備後弁に近いという。

関連商品[編集]

  • 現在撤退した府中町のキリンビール広島工場(後の『キリンビアパーク広島』(『ダイヤモンドシティソレイユ』、後『イオンモール広島府中ソレイユ』、現『イオンモール広島府中』)において、ご当地ビール「KIRIN広島じゃけん」が製造、小売店で販売されていた。
  • がんす 魚のすり身に玉ねぎと一味唐辛子を少々加え、パン粉をまぶして油で揚げた食べ物。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本のことばシリーズ34広島県のことば』21頁-22頁。
  2. ^ Kavachはヒンドゥ文化圏における「女神」あるいは「腕輪」宝飾品。
  3. ^ 達川&有吉が今後のカープについて激論! その全貌をレポート(ExciteBit)
  4. ^ 人口に膾炙している、ヤクザ物とは違う、オーセンティック(真正)な心優しい広島弁が使われている。
  5. ^ 2014年1月号:CanCamファンクラブ | CanCam.TV
  6. ^ 妖怪ウォッチ&花子とアン効果で甲州弁「~ズラ」が全国区に

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ34広島県のことば』明治書院、1998年(「音韻・アクセント」と「文法」の節はこれによる)
  • 高坂利雄 『呉地方の言葉』中国新聞 呉版、1979年1月1日から12月31日まで連載