方言学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

方言学(ほうげんがく、英語:dialectology)とは、方言についての言語学

概要[編集]

研究対象とするのは方言であるが、方言と言語との区別は必ずしも明確でない。例えば、上海語中国語の一方言であるが、北京語を母体とする普通話との差は、別々の言語とされるスペイン語ポルトガル語以上に大きい。

つまり、純粋に言語構造としての見方と、社会国家のしたでの言語の見方が必ずしも一致していないわけである。

しかし、一般に方言学が関心を寄せるのは、言語の地域変種または社会変種としての特性、その成因、分布、通時的変化などであり、一般言語学とはある程度違う視点をもつ。

隣接した分野[編集]

方言学は民族学歴史学社会学民俗学地理学など周辺分野との学際的な研究が多い。その一つには柳田國男が提唱した「遷移論」がある。

関連項目[編集]