志摩弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

志摩弁(しまべん)は、三重県鳥羽市志摩市度会郡南伊勢町で話されている日本語の方言近畿方言の一種。

大正時代以前はアクセントの地域差が見られたが、近年は人の移動や放送の影響で伊勢弁との同化が進んでおり、伊勢志摩弁と言われることもある。全域で近畿方言のアクセントに近くなっている。

奥村三雄による区分案図。志摩弁は、三重県の東紀州の一部、和歌山県全域、奈良県南部淡路島共に南近畿式方言(緑色)に属す。茶色が西近畿式方言、黄色が東近畿式方言、水色が北近畿式方言。灰色は非近畿式方言

表現[編集]

接続詞[編集]

  • ~やがぃ - ~だから

名詞[編集]

産業交流館ちちろ
  • いどころね - うたた寝
  • いなさ - 東南風
  • オガイ - クロアワビ
  • おかずき - 海女
  • 親孝行星(おやこうこうぼし) - オリオン座
  • おんび - アワビ
  • ゴケンジョ、クダメ - トコブシ
  • ちちろ - コオロギ古語
  • どうぜい - 大海老
  • のー - お前、あんた
  • はこ - 大便
  • まぜ - 南風[1]
  • まめ - シッタカという貝
  • もうれん - 妖怪
  • やい気 - 元気、やる気[2]

形容詞[編集]

  • あばばい - まぶしい(徳島弁と同じ)
  • おそがい・おとし - 恐ろしい
  • かいだるい(かいだりい) - 疲れてだるい
  • だいない・だいねえ - 構わない

動詞[編集]

  • あざれる - 魚が腐敗する
  • あめる - 食物が腐敗する
  • げんとうする - 十分以上のことをする
  • ごうわく - 腹が立つ[3]
  • めめる - 幼児が人見知りして泣き顔になる
  • よめく - 大声で叫ぶ

助詞[編集]

  • ~こ - 疑問・付加疑問を表す。【例】行くこ? - 行くか?
  • がれ - 強意の終助詞

感動詞[編集]

  • おおきんな - ありがとう[3]

志摩弁を使う著名人[編集]

アイドル歌手時代はそれほど目立たなかったが、リンドバーグのボーカル時代のフリートークではかなり目だった。

脚注[編集]

  1. ^ 賢島レストランの店名として使われている。
  2. ^ 飯田(2011):28ページ
  3. ^ a b 志摩町役場企画課(2004):69ページ

参考文献[編集]

  • 飯田竜司「伊勢えび祭 "やい気"満ちる 多彩な踊り 『志摩のまつり』も」2011年6月5日付、中日新聞朝刊、伊勢志摩版28ページ
  • 志摩町役場企画課『志摩町町勢要覧 町制50周年記念号 〜磯笛と潮騒のまちを記録する〜』志摩町役場企画課、2004年7月、121pp.
  • 西垣晴次・松島博『三重県の歴史』(山川出版社、昭和49年、県史シリーズ24、付録 51 - 58ページ)

関連項目[編集]