伊賀弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

伊賀弁(いがべん)(伊賀方言)とは、三重県伊賀地方(旧伊賀国)で話されている日本語の方言で、近畿方言の一種である。伊賀弁のアクセントは京阪式アクセントであり、南山城の言葉と類似する要素が多い。

奥村三雄による区分案図。大阪弁京都弁奈良弁と共に中近畿式方言(橙色)に属す。茶色が西近畿式方言、黄色が東近畿式方言、緑色が南近畿式方言。灰色は非近畿式方言

主な表現[編集]

表現 意味
あじない (食べ物が)まずい
あらくたい ひどい(無茶な)
あらへん 無い
あれっこわい 「あれまあ」に相当する感動詞
あんなあ~ あのねぇ
いがむ 歪む、曲がる
いぬる(終止形は「いぬ」をとる場合も) 帰る
いらう 触る
うちゃける ひっくり返す
うめる 水などを入れて温度を下げる
ええあんばいやな いい天気だね
ええがや いいじゃないか
えらい 疲れた
おおきに ありがとう
おしもん 飴入り米粉の蒸し物
おせて 教えて
おぞい ひどい
おちおち ゆっくり、落ち着いて
おちょこん 正座
おっさん 僧侶(「お」にアクセントを置いた場合)
おまん お前
おやすみなして お休みなさい
かいだるい 疲れてだるい
がさがさする (子供が)落ち着きのない様子
かって(終止形は「かる」) 借りて
かど 家の前、庭
かなん 嫌だ
きばる 奮発する
ぐいち 食い違い
ぐれんぽ (体操の)前転
けつまづく つまづく
げんじ クワガタ虫
けんずい 軽い食事
こしょばい くすぐったい
ごめんなして ごめんください
さいなら さようなら
さくい もろい
さしこ おせっかい
さぶい 寒い
しいな、しいさ しなさい(「したら」位の軽い意味の場合も屡々ある)
しなごい すじ肉やスルメ等のように噛み切れない食感を差す
(相当する標準語は存在しない)
すか はずれ
ずつない 身体が辛い、苦しい
せや そうだ
せやて そうだよ
せんど 何回も(「せんどなる」で「飽きた」という意味)
そうかえ そうかい
そやして そうだってよ
そやぞ、そやど その通り
そやわて そうなんだ
~だぁこ ~(して)頂戴
たあかり 稲刈り
だだくさ 粗雑な事
食べさがし 食べ残し
ちみる つねる
ちゃう 違う
ちゃんと きちんと
ちょうず 便所
ちょける ふざける
つし 物置の屋根裏部屋
つむ 混雑する
つる (机を)運ぶ
であい 地区で行う共同作業
とごる 沈殿する
どんがめ カメムシ
なおす 片付ける、元に戻す
ながたん (菜切り)包丁
なんば トウモロコシ
なんや~ なんだ~
ぬくたい 暖かい
はしかい (喉が)咳き込む、(背中が)むずがゆい、特に稲刈り後の籾の粉塵が服の中に入ってかゆいこと
はた 近く
ぱっぱ おんぶ
(はらが/おなかが)
おっきい/おおきい
(お腹が)いっぱい、満腹
ひやわい 狭い路地
へつる (食事の)一部を取って食べる、つまみ食い
ひんなか 一日中
まくれる 転ぶ、(階段を)踏み外す
まわり 仕度、準備
もろた 頂いた、もらった
~や ~だ、~である
~やろか ~だろうか
~やなー ~だねえ
~やないか ~じゃないか
~やろまいか ~でしょう
~やわさ ~だよ、~なのだよ
ようけ たくさん
よばれる ご馳走になる
よさり
よっぽど 余程
わがと(自分と) 自分で(~する)
わや めちゃくちゃ

関連項目[編集]