東北方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東北方言(とうほくほうげん)は、主に東北地方で話される日本語の方言の総称である。東北弁(とうほくべん)とも言う。東日本方言に含まれる。多くの場合、東北地方6県と新潟県北部の方言を指し[1]北海道道南や沿岸部)や東関東方言(主に茨城弁栃木弁)を含むこともある。

概要[編集]

東北方言は、大きく北奥羽方言南奥羽方言とに分けられる。北奥羽方言の範囲は、青森県岩手県北中部・秋田県山形県庄内・新潟県北部(阿賀野川以北)である。南奥羽方言の範囲は、岩手県南部・宮城県・山形県内陸部・福島県である。

音声・音韻[編集]

イ段とウ段の母音は中舌母音[ï]・[ɯ̈]で発音される。このうち「し」対「す」、「ち」対「つ」およびその濁音「じ」対「ず」(「ぢ」対「づ」)は大半の地域で区別がなく、方言学ではこのことを「ズーズー弁」的発音と呼んでいる。北奥羽方言では「し・ち・じ」に近い発音、南奥羽方言は「す・つ・ず」に近い発音になる。例えば「寿司・煤」は、ともに北奥羽方言で「シシ[sïsï]」、南奥羽方言で「スス[sɯ̈sɯ̈]」と発音される傾向がある。さらに南奥羽方言では、これらのウ段拗音でも、「しゅ」が「す」に、「ちゅ」が「つ」に、「じゅ」が「ず」に統合され、たとえば「習字」が「スーズ[sɯ̈ːdzɯ̈]」と発音される[2]。現在、これらの区別が無いのは高年層に残すのみとなり、青年層では共通語の音声になっている。

また、エ段の母音は共通語よりも狭く、イ段に近い発音になる。共通語ではエ段母音は[ɛ ˔](基本母音eɛの中間)であるが、東北方言のエ段母音はeに近い。特に母音単独拍では、北部日本海側などを除いてイ/i/を欠いており、共通語でイにあたるものはエ[e][e˔]と発音され、イとエの区別がなくなる[3]。子音と結合した場合には、イ段とエ段は区別される。

カ行・タ行子音は、母音に挟まれた場合に「マド[mado](的)」のように有声化(濁音化)が起こる。その一方で、本来の濁音の前には、「マド[ma ̃do](窓)」のように「入り渡り鼻音」と呼ばれる鼻音が伴うため、語彙の混乱は見られなかった。ただし現在の中年層以降ではこの入り渡り鼻音が失われ、音声上の区別はない。

以上のような、イ段・ウ段の中舌母音、イとエの統合、カ行・タ行の濁音化は、東北地方・新潟県北部だけでなく、北海道南部・沿岸部や茨城県、栃木県、千葉県北部にも及んでいる。また「し・ち・じ」と「す・つ・ず」の統合は、東北地方(三陸海岸と福島県南部除く)と新潟県北部、北海道沿岸部に分布している。濁音の前の入り渡り鼻音は東北地方大部分や新潟県北部、北海道沿岸部に分布している。

また、東北北部では、特殊音素である長音(ー)、撥音(ん)、促音(っ)が、アクセントの単位として独立して数えられない。東北北部では、モーラ(拍)ではなく音節が単位となっており、促音・撥音・長音が共通語に比べて短く発音される。

広い地域で、連母音/ai/が融合して[ɛː]、[æː]、[æ]などになり、/eː/とは区別される。

アクセント[編集]

北奥羽方言には東京式アクセントが分布し、南奥羽方言には無アクセントが分布する。

北奥羽方言のアクセントは、大部分の地域が、外輪東京式アクセントの変種(北奥羽式)である。共通語と比べた場合に、次のような相違がある。

  1. 「石・紙・音・川」などの二拍名詞第二類に当たる語が平板型になる。共通語では尾高型(いが)。
  2. 「空・舟・雨・糸」などの語[4]が尾高型になる(そが)。ただし岩手県や青森県東部では共通語と同じく頭高型(らが)となるもののある。
  3. 「あたが」のように一文節につき高い音節は一つだけになる。また「桜が」のような平板型の語は、低く平らに発音される。

南奥羽方言は大部分の地域が無アクセントで、単語ごとのアクセントが定まっていない。無アクセントは茨城県・栃木県にまで広がっている。

文法[編集]

意志や推量を表すのに、広く「べ(ー)」を用いる。「かぐべー(書こう・書くだろう)」のように活用語の終止形に付き、「起きんべー」「起きっぺー」のように撥音化や促音化が起こることもある。ただし新潟県北部(東蒲原郡を除く)から山形県庄内地方、秋田県由利地方には「べ(ー)」がなく、意志には「えごー(行こう)」、推量には「えぐろ・えぐだろ・えぐでろ・えぐがろ(行くだろう)」のように言う。

形容詞は、北奥羽を中心に活用しなくなる傾向があり、「たげぁぐ(高く)」「たげぁば(高ければ)」「たげぁがった(高かった)」のようになる地域がある。また秋田県・山形県庄内地方・新潟県北部では、「起きれ」「開けれ」のように一段活用の動詞の命令形を「-れ」とする。北奥羽方言では「静かだ晩(静かな晩)」のように形容動詞の連体形に「-だ」を用いる。

方向を表す格助詞には「さ」が広く用いられる。また対象を表す「を」は一般に使われず、無助詞で表されるか、「ごど・どご」を用いる。

理由を表す接続助詞には、「から・がら」を広く用いるほか、近畿の「さかい」に由来する「さげ・はげ・すげ・しげ・しけ・すけ」(新潟県北部(東蒲原郡を除く)・山形県(特に庄内地方)・青森県南部地方など)や、「はんで・へんで・んて・えんて」(秋田県・青森県津軽など)、「すて・して」(青森県下北半島)がある。また逆接には、南奥羽方言では「けれども」系の語彙を使い、北奥羽方言で「ども」を用いるほか、青森県津軽・秋田県北部で「ばって」、青森県下北半島で「たって」も用いる。

下位方言[編集]

東北方言では、方言分布が津軽藩南部藩仙台藩などの江戸時代の藩の区域に沿う傾向が強く、藩の境界がそのまま方言の境界となっている場合が多い。

北海道海岸部方言[編集]

和人の定着が早かった道南渡島半島を中心とする地域)や北前船で結ばれていた歴史を持つ沿岸部で話される言葉。いわゆる浜言葉。北奥羽方言に近い。

  • 松前方言
  • 道南方言

北奥羽方言[編集]

現在、複数の県に分かれている旧南部藩領で話される方言を、広義の「南部方言」(南部弁)とする場合もある。

青森方言[編集]

の知行域に従って津軽方言と南部方言の2つに大別する場合と、下北方言を南部方言から独立させて3つに大別する場合とがある。

岩手方言[編集]

  • 南部方言(岩手県中部および北部。旧南部藩領)

秋田方言[編集]

  • 南部方言(旧久保田藩領)
  • 由利方言
  • 中央方言(旧久保田藩領)
  • 鹿角方言(旧南部藩領)

山形庄内方言[編集]

新潟県北方言[編集]

  • 北越方言(阿賀野川以北で使用され、北越方言には「岩船・北蒲原方言」と「東蒲原方言」の2種類があり、そのうち、「東蒲原方言」は南奥羽方言に分類されることもある。)

南奥羽方言[編集]

現在、複数の県に分かれている旧仙台藩領で話される方言を、広義の「仙台方言」(仙台弁)とする場合もある。福島県中通りの方言をまとめて福島弁とする場合もある。

山形内陸方言[編集]

岩手県南方言[編集]

宮城県方言[編集]

  • 仙北内陸方言(旧仙台藩領の北部)
  • 仙台方言(旧仙台藩領)
  • 仙南方言(旧仙台藩領の南部)

福島方言[編集]

  • 岩城弁と相馬弁に分かれる。

東関東方言[編集]

東関東方言栃木弁茨城弁)は福島県方言と連続しており、音韻体系やアクセントが南奥羽方言とほとんど共通しているため、東北方言(南奥羽方言)に含める学者も多い。

東北方言および関東方言の音韻の比較表[編集]

北奥羽方言 南奥羽方言 東関東方言 西関東方言
イ段とウ段の中舌性 ×
エ段の狭さ  ×
イとエの混同 ×
語中のカ行・タ行の有声化 ×
語中の濁音の入り渡り鼻音 × ×
シ・ス、チ・ツ、ジ・ズの統合 ○(/i/) ○(/u/)  × ×
シラビーム方言性 × × ×
有アクセント × ×

脚注[編集]

  1. ^ 東条操(1953)の案。
  2. ^ 『現代日本語講座 第3巻 発音』33頁。
  3. ^ 『講座方言学 1 方言概説』81-84頁。
  4. ^ 二拍名詞第四類・第五類のうち二拍目の母音がa、e、oのもの。

参考文献[編集]

  • 大野晋柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年、57頁-73頁(東条操、都竹通年雄らの方言区画について)
  • 飯豊毅一日野資純佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 4 北海道・東北地方の方言』国書刊行会、1982年
  • 平山輝男「全日本の発音とアクセント」、NHK放送文化研究所編『NHK日本語発音アクセント辞典』日本放送出版協会、1998年
  • 佐藤亮一「現代日本語の発音分布」、飛田良文・佐藤武義編『現代日本語講座 第3巻 発音』明治書院、2002年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]