山形弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新庄駅にて

山形弁(やまがたべん)は、山形県内で話される日本語の方言の総称。東北方言に属する。しかし、県内共通の「山形弁」という方言は存在せず、北奥羽方言に属する庄内方言庄内地方)と、南奥羽方言に属する内陸方言に分けることができる。さらに内陸方言は、最上地方新庄弁村山地方村山弁置賜地方置賜弁に分けられる。

  • 庄内方言(北奥羽方言系)
  • 内陸方言(南奥羽方言系)

庄内地方のほとんどと最上地方(最上町舟形町除く)、小国町では北奥羽式アクセント(外輪型東京式アクセントの変種)を用い、村山地方・置賜地方は無アクセント(崩壊型アクセント)である。四つ仮名の区別はなく、ジ・ヂ・ズ・ヅはジまたはズに統合される。語中・語尾のガ行音素(濁音音素)は、カ行(清音)子音は有声音化して[ɡ]となり、正真正銘のガ行子音(濁音)/ɡ/は、すべて鼻濁音化して[ŋ]と発音され、清濁の弁別が保たれることになる。意志・勧誘には、内陸方言では「べ」「べぇ」を用いるが、庄内方言には東北方言で広く用いる「べ」がなく、「書ご」「起ぎろー」と言う。

例:「そうです」を意味する各方言

  • 村山弁「んだず」「んだべした」「んだずにゃー」
  • 新庄弁「んだじゅー」「んだにゃー」
  • 置賜弁「んだっそ」「んだごで」
  • 庄内弁「んだのー」

この4つの地域間の差異は、4地域が地理的に独立していること、また近世においてが別個に存在したことが原因と考えられる。

山形弁に関連した人物・作品など[編集]

ロケは山形県置賜地方中心に行われた。

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか編『日本のことばシリーズ 6 山形県のことば』明治書院、1997年

関連項目[編集]