奈良弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

奈良弁(ならべん)または大和弁(やまとべん)とは、奈良県(旧大和国)で話される日本語の方言で、近畿方言の一種である。県北中部の方言は京言葉大阪弁に近いが、奥吉野は特異な方言を用いる言語島として有名である[1]

概要[編集]

奈良県の面積は狭いが、北中部と奥吉野で方言に大きな違いがある。北中部(特に奈良盆地)は古代の日本の中心地であり、また平安時代以降は、京・大坂と伊勢・高野などを結ぶ街道筋として栄えた。そのため北中部の方言は京阪方言と高い共通性を持ち、特異な俚言や訛りも少なく(楳垣実は「京言葉を下地に大阪弁の上塗りをしたような状態」と評している[2])、奈良盆地の住民の間では自負心とともに「大和ことばにさん打つな[3]」や「大和ことばに訛りなし」という諺が伝えられてきた[4]。一方奥吉野は紀伊山地によって周囲との交通が隔絶されてきた地域であり、近畿地方にあって東京式アクセントを用いるなど、特殊な方言が育まれた[5]。ただし現在の奈良県では、マスコミの影響に加えて、北部は大阪の通勤通学圏(大阪都市圏)と化し、交通網の発達で県民の往来が活発になり、また南部もダム建設による住民移転や交通事情の改善、過疎化などから、方言は急速に変化している[6]

南北での主な違い
北部方言 南部方言
アクセント 京阪式 東京式
連母音の融合 あり
1拍語の長音化 あり なし
断定 じゃ、だ
過去推量 降ったやろ 降っつろお
進行相と結果相の区別 なし あり
待遇表現 複雑 助詞待遇のみ

方言区画[編集]

言語島として知られる天川村洞川。

天辻峠小南峠伯母峰峠を境に、北中部の北部方言と奥吉野の南部方言に大きく二分される。細かく見ると、南部では十津川村と上・下北山村と大塔村・天川村で違いがあり、北部では北和中和南和、または「国中(くんなか)」と呼ばれる奈良盆地一帯と「東山中(ひがしさんちゅう)」と呼ばれる大和高原一帯(奈良市東部・山辺郡・宇陀市・宇陀郡)で違いがある。なお野迫川村は北部方言に分類されるが、補助動詞待遇を持たないなど南部的な要素もあり、南部方言に含める区画もある。以下は西宮一民による区画である[7]

音声[編集]

北部は総じて典型的な京阪式アクセントであるが、東山中には「たる(建てる)」(国中では「たて」)のようなアクセントがある[8]

南部は内輪東京式アクセント名古屋弁丹後弁岡山弁などと同種のアクセントであり、東京のものとはやや異なる)である。ただ、南部内でも地域による違いがあり、例えば同じ無核型でも「かぜが」「かぜが」「かぜ」(風が)と異なり[9]、上北山村・下北山村では「」のような初拍卓立調が現れる[10]。南部方言と北部方言の接触する地域のうち、天川村(洞川を除く)から旧大塔村阪本にかけては東京式・京阪式の中間的なアクセントで[11]、天川村坪内・和田・塩野・旧大塔村阪本の間では集落ごとにアクセントに揺れがある[12]。それより山奥の天川村洞川は東京式アクセントだが、同じく東京式の十津川村や上北山村からは離れており、地理的に孤立している[13]。また五條市西吉野町西日裏はB型垂井式アクセントである[14][13]。下北山村池原は、地理的に孤立して三重県紀北町と同種のアクセントである[15]

近畿方言では一般に「エイ→エー」(例:丁寧→てえねえ)以外の連母音変化は稀であるが、南部では「アイ→アー」(例:大根→だあこ、早い→はやあ、行きたい→いきたあ)と「ウイ→イー」(例:明るい→あかりい)の連母音変化が起こる。また、南部では近畿方言の特徴である「目→めえ」のような1拍語の長音化が起こらず[16]、「行こおか→いこか」や「おもおた→おもた(思った)」のような短音化も起こらない。

全県にわたって、「座布団→だぶとん」「雑巾→どおきん」のようなザ行音→ダ行音の交替が極めて多い(特に天川村洞川では徹底的)。中和地方では「襞→ひざ」「百足→むかぜ」のようなダ行音→ザ行音の交替も多い。また「…けど→…けろ」のようなザ・ダ行音とラ行音の混同が稀にある[17]

古音の残存としては、南部に四つ仮名の区別がある[18]ほか、全県に合拗音クヮ・グヮ、南部の一部に語中・語尾のダ行鼻濁音(十津川村では[d̃]、下北山村では[nd])、生駒市・大和郡山市の一部・香芝市にシェ・ジェの発音があるが、クヮ・グヮは急速に消滅しつつある[19]

その他特殊なものとしては、奈良市旧都祁村山添村で顕著なエとイの母音交替(例:豆→まみ、箒→ほおけ)、奈良市富雄・天理市における「猫→ねほ」「垣根→かひね」のようなカ行音とハ行音の交替、天川村洞川における「貸して→かいせ」「消しとけ→けいそけ」「明日→あいさ」「人→ひそ/いそ」のようなタ行音とサ行音の交替、北部各地における円唇摩擦有声音などがある[20]

文法[編集]

活用など[編集]

動詞

全県で「ゆうて(言って)」「こおた(買った)」のようなア・ワ行ウ音便が起こるほか、南部の各地に特殊な音便が存在する。十津川村・下北山村には「かあて(書いて)」「なあて(泣いて)」のような音便がある[21]。天川村洞川には「とんだ(研いだ)」「つんだ(注いだ)」のようなガ行撥音便があり、天川村坪内にはその前段階とみられる「といだ」、黒滝村桂原には両者を合わせた「とんだ/といんだ」がある[22]。十津川村・旧大塔村・下北山村には「のおで/のおで/のおんで(飲んで)」のようなバ・マ行ウ音便がある[23]。またサ行イ音便は、北部では一部の高齢層に「さいて(差して)」があるのみだが、天川村洞川では徹底して音便化する[24]

南部では「見らん(見ん)」「見れ(見よ)」「見ろお(見よう)」のような一段動詞の五段活用化が進んでいる。一方で十津川村では「起くる」「笑わるる(受身)」「見さする(使役)」「飛ばるる(可能)」のような二段活用の残存がある[25]。また南和地方ではナ変の「死ぬる」「いぬる(帰る)」が終止・連体形で残っている[26]

形容詞

全県で「あこおなる(赤くなる)」「よおない(良くない)」のようなウ音便があり、北部では「あこなる」のように短音化が起こる。天川村洞川では「良い」の語幹がすべて「え」となり、「えかった(良かった)」「えけりゃ(良ければ)」「えかろお(良かろう)」などと活用する[27]

主な表現[編集]

断定
北部では「や」を用いるが、南部では「じゃ」または「だ」を用いる(「じゃ」の方が優勢)。丁寧な断定には共通語の「です」と大阪的な「だす」を用いる。また北部には「おわす」から転じたとされる「はす」があり、形容詞および助動詞「たい」「らしい」の連用形音便に付く[28]。(例)えらいあつはんなあ(たいそう暑いですね) 行きたいらしはっさ(行きたいらしいですわ)
否定
全県で強い打消に「-ん」を用いるほか、弱い打消として北部では「-へん」、南部と野迫川村では「-せん」を用いる。「-へん」は「-ひん」や「-いん」とも。「-ん」には「見いでも(見なくても)」「まだ行かずか(まだ行かないのか)」「書かんどくに(書かないままに)」などの表現がある。仮定形は北部で「書かな」、南部で「書かにゃあ」。過去形は「書かんだ」「書かへんだ」「書かなんだ」「書かへなんだ」であるが、昭和初期以降は「書かんかった」も用いる[29]。また北部では一段・サ変・カ変動詞の否定に「-やん」を用いることがある。
受身・可能・自発
五段・サ変では共通語と同じく「-れる」を用いるが、それ以外では「-られる」ではなく「-やれる」とする[30]。(例)見える/見やれる/見れる/よう見る(いずれも共通語では「見ることができる」の意)
使役
北部では五段・サ変に「-す」、それ以外に「-やす」を用いる。南部では「-やす」ではなく「-さす」を用いる[31]。(例)食べやす/食べさす(食べさせる)
打消推量・意志
南部で「-まい」をよく用い、「書こうまい」「泣かまい」「せまい・来やしまい」の3通りの接続がある。北部でも「あこまい(駄目だろう)」などと言うが、高齢層以外では「あかんやろ/あかへんやろ」のように「-やろ」で代用する[32]
アスペクト
南部では進行と結果のの区別、すなわち進行形完了形の区別がある。進行は「-おる」の変形(降りよる、降りょる、降りょおる、降っりょる、降ろる)で、結果は「-ておる」の変形(降っとる)で表す。例えば「雪降りよる」は雪がちらちらと降っている状態を表し、「雪降っとる」は雪が降り積もっている状態を表す。一方、北部でも「-ておる」または「-ている」の変形(降っとる、降ってる)で進行を、「-てある」の変形(降ったある、降ったる)で結果を表すが、南部に比べて区別は曖昧である[33]
待遇
北部と南部では待遇表現の体系が異なり、南部では文末助詞による待遇のみであるのに対し、北部では助動詞や補助動詞で複雑な待遇表現を表す。待遇表現は用法に微妙な地域差があり、同形であっても地域によって意味が異なることがある。以下、敬いの気持ちを込めて用いるものを敬、親しみを込めて用いるものを親、見下げの気持ちを込めて用いるものを卑とする[34]。卑は男性が主に用いる。
助詞待遇:全県で広く多用される文末助詞として「なあ」と「のお」があるが、南部では「のお」を敬、「なあ」を卑とするのに対し、北部では逆転して「のお」を卑、「なあ」を親とする。南部に限っても、十津川村では敬・親に「のおら」を用いるが、下北山村では「のおら」は卑であり、敬には「のおえ」を用いる。下北山村では親に「ねや」を用いるが、旧大塔村・天川村では「にや」となり、天川村でも洞川では「にょお」となる。また南部に隣接する南和地方では、「なあ」を敬、「ねや」または「にや」を親とする[35]
助動詞待遇 - 敬は北部全域で「行かはる」であるが、親で用いることもある。「行きなはる/なある」もあるが、「行かはる」よりやや敬意が低い。古風な敬として、葛城市旧新庄町に「行かいす」、山添村に「行かんす」があり、南部の天川村洞川にも「行かんしよ(いらっしゃい)」という表現がある[36]。親には「行きある」から派生した「行きゃる」と「行かる」があり、中和地方では前者を、北和地方では後者を用いる。卑には「行きおる」から転じた「行っきょる」と「行っこる」があり、南和地方では前者を、北和地方では後者を、中和地方では両方を用いる。
補助動詞待遇 - 助動詞待遇の「はる」「ある」「おる」を「-て」に付けたもの。敬・親の「-てはる」は「-てはる」そのままか「-たはる」となる。親の「-てある」は宇陀市・宇陀郡で「-てやる」(敬も兼ねる)、中和地方で「-ちゃる」、北和地方で「-てらる」となる。卑の「-ておる」は北部全域で「-とる」となる。また吉野郡北部では敬と親を兼ねるものとして「-てたる」を用いる[37]
助詞
北部では格助詞「が」「を」「と」や係助詞「は」が省略されやすく、引用の「と」は「という→ちゅ」と融合したり、「て」に置き換わったりする。南部では「を」の省略は起こりにくく、また「は」は「杖は→杖あ」「バスは来たか→バスや来たか」のように「あ」や「や」に変化する傾向がある[38]
接続助詞では、逆接の「かて」(共通語の「ても」に相当)や「けど/けんど」(「けんど」は南部に多い)があるほか、原因・理由を表す順接は「さかい(に/ん/し)/さけ/さけえ/さけん/さきん/はかい(に)/はけ/はきん」や「よって(に/ん)/よっちん/やって(に/ん)/やっちん」「ので/んで/で」「し」など多数錯綜している(「さかい」系は北部のみ)[39]
北部で係り結びの「こそあれ」が「こされ」の形で化石的に残っている[40]。(例)親なりゃこされ心配すんねや(親なればこそ心配するのだ)
疑問・反語の終助詞には「か」「け(え)」「こ(お)」の3種類があり、地域によって待遇的な使い分けがある。南部においては、旧大塔村・天川村では「こ(お)」を敬、「か」を卑とするが、上北山村・下北山村では「こ(お)」を待遇を伴わずに用いる。北部においては、国中では「け(え)」を親、「か」を待遇を伴わずに用いるが、東山中と南和地方では「け(え)」を敬とし、東山中では「こ(お)」を卑とする[41]
「しか」や「だけ」に当たる副助詞には「しか/だけしか/だけよか」と「ほか/ほちゃ/はっちゃ/はか」の2系列があり、南部では前者を、北部では両方を用いる[42]
北和・中和地方では間投助詞「み(い)」を盛んに用いる。回想的内容を表す[43]
相手を誘う表現に北部では「行こおよ」のように「よ(お)」を用いるが、南部では「行こおら」「行こおらい」のように紀州弁と共通する「ら」や「らい」を盛んに用いる[44]

語彙[編集]

  • 「おとろしい」を「煩わしい」「面倒臭い」という意味で用いる。(例)おとろしい仕事や(=×恐ろしい仕事だ ○面倒臭い仕事だ)
  • 「まわり」を「準備」という意味で用いる。(例)まわりしたけ?(=準備したかい?)
  • 接続詞「それで・・・」「そして・・・」を「ほんで・・・」と用いる。 (例)・・・やった。ほんで、・・・もやった。(=・・・だった。そして(それで)・・・もだった。)
  • 「ほうせき」を菓子などに用いる。 (例)ほうせきよばれた。(=お菓子をもらった。)
  • 「じべた」を「地面・土間」などに用いる。 (例)じべたに座る。(=地面に座る)
  • 「平たい」を「ぺちゃこい」と用いる。 (例)ぺちゃこいじべた(=平らな地面)

例文[編集]

  • 「こら、お前は何をしているのか」と言って尋ねたら、「バカを言え」と言いおったよ。[45]
    • ら、わなにしてんのど」うてたんねたら、「あほぬかせ」ちゅおったわれ。(北部)
  • あのねえ、あの子ったら、学校へ行っていたずらをしておったのさ、それでねえ、ひどいこと叱られおったんだって。[46]
    • あのい、あのこちゅうたら、がっいいて わとってんい、ほんでんみい、ひどっこお おこられよってんてえ。(北部)
  • 雨(が)降っているから、傘(を)差して行きなさいよ。[47]
    • え ふってるかい、か さして いきなはれよ。(奈良市)
    • ふっかい、か さして いきなあれよお。(宇陀郡)
    • ふっるさけ、か さして けさ。(山辺郡)
    • え ふっかい、か さいて いきよ。(五條市)
    • りよるよって、さ さして けよ。(野迫川村)
    • めや ふっとるよって、さあ あて けさ。(下北山村)
    • りょるよって、して けよお。(十津川村)
    • めや りょおるよって、さ さいせ いかんしよお。(天川村洞川)
  • そうだ、そうだ、そのほうがよいだろうな。[48]
    • おや、おや、そのほおが えやろ。(奈良市)
    • や、や、そのほおが えやろ。(宇陀郡)
    • や、や、そのほが えやろお。(山辺郡)
    • や、や、そのほおが えやろや。(五條市)
    • おじゃ、おじゃ、そのほおが えじゃろおあ。(野迫川村)
    • じゃえ、じゃえ、そのほおが いじゃろおお。(下北山村)
    • おじゃ、おじゃ、そのほおが いじゃろおおら。(十津川村)
    • おれえ、おれえ、そのほおが えれにゃあ。(天川村洞川)
  • 焼鳥(を)食って酒(を)飲んで半日遊んでしまったそうだ。[49]
    • とり くて さけ のんで はんにち あそんでもたおや。(奈良市)
    • とり くて さけ のんで ひんなか あすんでもたおや。(宇陀郡)
    • とり くて さけ のんで はんにち あすんでもたげな。(山辺郡)
    • どり くて さけ のんで はんにち あそんでもたおな。(五條市)
    • きどり うて さけえ んで ひなか あそんでしもたそおじゃ。(野迫川村)
    • きどり うて さけえ おで はんぐそんでしもたちゅわれ。(下北山村)
    • きとりゅう うて さきょお おで はんぐそおでしもおたちゅげえ。(十津川村)
    • きどり うて さけ んで はんぐすんでしもたげな。(天川村洞川)

奈良弁のみられる文学など[編集]

会話文などに奈良弁がみられる文学作品には、堀辰雄『浄瑠璃寺の春』、里見淳『若き日の旅』、住井すゑ橋のない川』、上司小剣『木像』『鱧の皮』、高浜虚子『斑鳩物語』、宇野浩二『高天ケ原』、田村泰次郎『夢殿』などがある。

また天理教の三原典のうち『おふでさき』と『おさしづ』の文章には、江戸末期から明治中期にかけての国中の方言が一部にみられ、方言研究の上でも貴重な資料となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、117頁。
  2. ^ 楳垣編 (1962)、14頁。
  3. ^ 「けちを付けるな」の意。「さん」を漢字で書くと「讃」または「桟」。
  4. ^ 楳垣編 (1962)、306-307頁。
  5. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、117頁。
  6. ^ 楳垣編 (1962)、310頁。
  7. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、124頁。
  8. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、125頁。
  9. ^ 大野・柴田編(1977)、152頁。
  10. ^ 山口(2003)、244頁。
  11. ^ 二拍名詞では、1類(牛・風…)が平板型、2・3・4・5類(石・足・糸・雨…)が頭高型(最初が高い)。いわゆる「A型アクセント」。山口(2003)、245頁。
  12. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、125-126頁。
  13. ^ a b 井上ほか編(1996)、139頁。
  14. ^ 山口(2003)、166頁。
  15. ^ 二拍名詞では、1類(牛・風…)が平板型、2・3類(石・足…)が頭高型(最初が高い)、4・5類(糸・雨…)が尾高型(二拍目が高く助詞が低い)。山口(2003)、244-245頁。
  16. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、126-127頁。
  17. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、128頁。
  18. ^ 大野、柴田編(1977)、256頁。
  19. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、128頁。
  20. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、127-128頁。
  21. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、118頁。
  22. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、131頁。
  23. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、132頁。
  24. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、131頁。
  25. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、118頁。
  26. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、133頁。
  27. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、133-134頁。
  28. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、137頁。
  29. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、136頁。
  30. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、135頁。
  31. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、134頁。
  32. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、138頁。
  33. ^ 楳垣編 (1962)、349-350頁。
  34. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、119頁での表し方。
  35. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、119-120頁。
  36. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、136頁。
  37. ^ 楳垣編 (1962)、347-349頁。
  38. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、138-139頁。
  39. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、138頁。
  40. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、139頁。
  41. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、120頁。
  42. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、139頁。
  43. ^ 楳垣編 (1962)、354頁。
  44. ^ 楳垣編 (1962)、354頁。
  45. ^ 楳垣編 (1962)、350頁。
  46. ^ 楳垣編 (1962)、354頁。
  47. ^ 楳垣編 (1962)、588頁。
  48. ^ 楳垣編 (1962)、588頁。
  49. ^ 楳垣編 (1962)、589頁。

参考文献[編集]

  • 平山輝男ほか『日本のことばシリーズ 29 奈良県のことば』明治書院、2003年。
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学7 ―近畿地方の方言―』国書刊行会、1982年。
  • 楳垣実編著『近畿方言の総合的研究』三省堂、1962年。
    • 西宮一民「奈良県方言」301-364頁。
  • 西崎亨『大和のことば誌』桜楓社、1990年。
  • 大野晋柴田武編『岩波講座 日本語11方言』岩波書店、1977年。
  • 山口幸洋「南近畿アクセント局所方言の成立」『日本語東京アクセントの成立』港の人、2003年(井上ほか編(1996)にも収録)。
  • 井上史雄ほか編『日本列島方言叢書 13 近畿方言考1(近畿一般)』ゆまに書房、1996年。
    • 生田早苗「近畿アクセント圏辺境地区の諸アクセントについて」97-187頁(『国語アクセント論叢』1951年)。

外部リンク[編集]