博多弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
博多弁番付(川端通商店街

博多弁(はかたべん)は、福岡県福岡市を中心に話される日本語の方言九州方言のなかの肥筑方言のひとつで、筑前方言の中心的位置にある。厳密には商人町の博多地区(博多部)を中心に使われる言葉を指し、城下町の福岡地区(福岡部)の福岡弁(がっしゃい言葉)とは区別される。ただし、方言の廃れによりちゃんとした福岡弁を使用する人は現在では少ない。

使用範囲[編集]

博多弁はもともと福岡市博多地区を中心とする方言のことであるが、現在は福岡市内全域は勿論、福岡地方の筑紫地区・糸島地区(厳密には糸島弁)・糟屋地区南部などで一般的に使われる言葉を総称して博多弁と呼ばれている。

福岡県全域で博多弁が使われていると誤解されることもあるが、福岡県には博多弁以外の方言も多数存在する。例えば、北九州市東部や京築地区などの旧豊前国では豊日方言に属する方言が話される。また、博多弁と同じ肥筑方言に属する方言でも、大牟田市などで話される大牟田弁については、言い回しやアクセントなどが博多弁とは大きく異なる。

特徴[編集]

日本語の方言区画では、九州方言の肥筑方言に分類される。肥筑方言には博多弁のほか、筑後弁柳川弁大牟田弁佐賀弁長崎弁熊本弁などがあり、アクセントは異なるものの、いずれも「何ばしようと(しよっと)?」という共通の言い回しが見られる。肥筑方言の中での博多弁の特徴は「どげん」「っちゃん」「〜やけん」を使うことが挙げられる。また、筑後弁、柳川弁、大牟田弁、熊本弁が無アクセントに分類され、長崎弁が二型式アクセントであるのに対し、博多弁の語アクセントは東京式アクセントの変種である

発音[編集]

  • 「せ」→「しぇ」、「ぜ」→「じぇ」と発音される。また、共通語を話そうと「せ」「ぜ」と発音することを意識しすぎるあまり、「しぇい」「じぇい」は「せい」「ぜい」となることもある。[1]
「先生はJRで来る」→「しぇんしぇいはぜいあーるでくる」
「タンジェント」→「タンゼント」
「ジェットコースター」→「ゼットコースター」
  • 語中の「わ」は前の音につられて「あ」「ー」のように発音される。
「人は笑われて変わるものだぜ」→「人はわらーれて、かーるもんぞ」
  • 「だ行」と「ら行」の発音を取り違えることが多い。
「角のうどん屋」→「かろのうろんや」

アクセント[編集]

福岡弁ともに、語アクセントは東京式アクセントの変種(筑前式アクセント)であり、平板型を欠いている。一方、文レベルではこれが崩れることがある[2]

  • 「帰るの?」などの共通語の「の」にあたる「と」がついた動詞のアクセントは尻上がりになる。
「帰ると?」低高高高
「帰りよーと?」低高高高高高
  • 動詞の補助の関係がある時、補助の関係にある二つの動詞の最初の音節と最後の音節のみ低くなる
「出てきた」低高高低
「帰ってきた」低高○高高低
  • 助詞「の」がついた文節の自立語は尻上がりになる。
「雨のあがった」低高高高高○低
  • 動詞で言い切る、または、動詞に過去、完了の「た」がついて言い切る時、最後の音節は必ず下がる。このアクセントは東京式アクセントと関わりが強いので、(東京方言のアクセント) 、(博多弁アクセント) で表すと下記のようになる。
    • 「見る」(高低) (高低)
    • 「きく」(低高) (高低)
    • 「かえる」(高低低) (高低低)
    • 「あるく」(低高低) (低高低)
    • 「さがす」(低高高) (低高低)
    • 「きこえる」(低高高高) (低高高低)

文法[編集]

動詞[編集]

上一段活用下一段活用サ行変格活用動詞命令形の活用語尾は、標準語ではオ段音となるのに対して、博多弁ではエ段音となる。

  • 「着ろ」→「着れ」
  • 「食べろ」→「食べれ」
  • 「調べろ」→「調べれ」
  • 「準備しろ」→「準備せれ」

上一段活用、下一段活用の動詞の未然形五段活用の未然形と同様に活用する。

  • 「寝ない」→「寝らん」
  • 「寝させる」→「寝らせる」
  • 「寝よう」→「寝ろう」
  • 「寝なければならない」→「寝らないかん」

カ行変格活用動詞に使役助動詞「せる」を付ける時

  • 「来させる」→「来らせる」

受け身尊敬自発・可能の「れる」「られる」を博多弁では「るう」「らるう」と言い、下二段活用する。 「笑われるよ」→「わらーるーばい」

  • 知っとる→しっとー
  • 雨の (が) 降りよー
  • 雪の降るごたる→雪の降るごたー
  • 教えてやる→教えちゃー
  • 終止形の語尾が「う」である五段活用動詞の連用形+「て」「た」にウ音便を使う。
終止形→連用形+「て」or「た」
  • かう→こうて
  • こう→こうて
  • いう→いうて
  • わらう→わろうて

形容詞[編集]

  • ウ音便
形容詞も動詞と同様に連用形でウ音便を用いる。
  • 例 「さむうなる」 [共通語訳] 「寒くなる」
  • 例 「えろうなる」  [共通語訳]「偉くなる」
共通語の終止形、連体形の活用語尾「い」を「か」ということがある。語源は平安時代に京都で多用されていた「カリ活用」である。しかし、福岡でカ語尾は「よか」を除くとあまり聞かれず、「よか」以外の形容詞にカ語尾を付ける時は詠嘆を表すことが多い。
  • 例 「いいよ、いいよ」→「よか、よか」
  • 例「今日も暑かねえ」 [共通語訳]「今日も暑いねえ」

助詞、語尾の変化など[編集]

格助詞
連体修飾を表す。
  • 「誰のグローブか?」→「誰のグローブや?」
  • 「さい (さ) 」
動作の対象を表す。
  • 「天神に買い物に行ってくるね」→「天神さい (天神さ) 買いもんに行ってくるね」
  • 「ご主人に、その言葉を言いなさい」→「ご主人さい (ご主人さ) 、その言葉ば言いんしゃい」
  • 「ば」
目的語を表す。(「をば」の略)
  • 「もっと腰を入れて綱を引け」→「もっと腰入れて網ば引け」
接続助詞
  • 「〜けん」(順接)
→「〜から」
  • 「お前が遅れるから、連絡できなかったんだよ」→「お前が遅れるけん、連絡されんやったったい」
  • 「やけん」…「や」+「けん」
  • 「っちゃけん」…「と」+「じゃ」+「けん」
  • 「〜ばってん」(逆接・単純接続)
→「〜けれども」。語源は「ば」+「とて」+「も」。
  • (逆接)「炭坑は閉山されたが、建物は残っているよ」→「炭坑は閉山したばってん、建物は残っとうよ」
  • (単純接続)「よく探してみたんだけど、その書類は見つからなかったよ」→「よーっと探してみたばってん、その書類は見つからんやったばい」
  • 「〜とに」(逆接)
→「〜のに」「ものを」
  • 「普通、子が親の言うことを聞くのに、あいつの家では、親が子供の言うことを聞くらしいよ」→「普通、子が親の言うことば聞くとに、あいつんがたじゃ、親が子供の言うことばききようげなぞ」
終助詞
「〜ばい」「〜たい」「〜っちゃん」「〜とって (「とたい」の訛か) 」などはあまり強く発音されない。
  • 「と」を末尾につけて疑問文にする。
  • 「知っているの?」→「知っとーと?」
  • 「取っているの?」→「とっとーと?」
  • 「〜ばい」
終助詞「は」が転じたものとされ、断定や詠嘆のニュアンスがある。
  • 「俺は男だ。そんなことは言われなくても分かるさ」→「俺は男ばい。そげなこと言われんで(言われんでん)も分かるくさ」
  • 「〜たい」
状態の存続、作業の完了などのニュアンスがある。古語「たり」の転という説も。
  • 「花火を見ているんだ」→「花火ば見よーったい」
  • 「〜っちゃん」
  • 「それ持っているんだよね」→「それ持っとーっちゃんね」
  • 「〜って」
  • 「天気予報で明日は雨が降るって言っていたよ」→「天気予報で明日は雨の降るって言いよったばい」
  • 「〜くさ」
  • 「あのさ、願い事があるんだけど、聞いてくれない?」→「あのくさ、願い事のあるとばってん、聞いちゃらんや?」
  • 「〜げな」(伝聞、伝言、伝達)
  • 「明日は雨が降るそうだから、傘を持っていかないと(いけない)よ」→「明日は雨の降るげなけん、傘ば持って行っとかなよ」
  • 「〜ぞ」
  • 「俺が作ったんだぜ!」→「俺が作ったとぞ!」
  • 「〜っつぇ」
  • 「俺が作ったんだぜ!」→「俺が作ったっつぇ!」
  • 「ごたー (る) 」(推定 婉曲な断定 比況 希望)
  • 推定 「留め具が壊れているみたいだね」→「留め具がぱげとうごたーね」
  • 婉曲な断定 「今日はパソコンの調子が悪いみたいだね」→「今日はパソコンの調子の悪かごたーね」
  • 比況 「8月みたいな暑さだねえ」→「8月のごたーあつさやなあ」
  • 希望 「120歳までは生きたいな」→「120歳までは生きようごたー」
  • 「〜ごと」(比況 様態 例示)
  • 「馬鹿みたいに、ピーピー家で笛を吹くな」→「馬鹿んごと、ピーピー家で笛ば吹きなんな」
  • 「〜や?」(疑問 確認 反語)
  • 「いいか?」→「よかや?」
  • 「早く帰らないか!」→「早よ帰らんや!」
  • 「どうするつもりか!」→「どうするとや!」
  • 「探しもんはこれか?」→「探しもんなこれや?」
  • 「何をしているのか?」→「なんばしようとや?」
  • 「~んめえ」(逆接推量)
動詞や助動詞の未然形に接続
  • 「今日はもう、としちゃんは来ないだろうなー」→「今日はもう、としちゃんは来んめえやー」
  • 「んずく」(打消結果)
動詞の未然形に接続
  • 「としちゃんは今日はとうとう来なかったね」→「としちゃんは今日は来んずやったね」
  • 「〜やー」(詠嘆)
推量の助動詞の直後つくことが多い。
  • 「あいつは寂しがってんだろうなー」→「あいつぁ寂しがっとうっちゃろうやー」
  • 「もう良いだろうなー」→「もう良かろうやー」
  • 「やい」(軽い命令)
動詞の連用形に接続。「やれ」の転化したもの。
  • 「ちょっとあそこを見て」→「ちいとあすこば見やい」
  • 「てんやい」「でんやい」(軽い命令)
動詞の連用形に接続。接続助詞「て」+動詞「見る」の連用形「見」+補助動詞「やる」の命令形「やれ」が転化したもの。「やい」の部分が省略され、「てん」の部分だけが語尾に現れることがある。
  • 「ほら、ここに手を突っ込め」→「ほら、ここに手ば突っ込んでんやい」
  • 「ない」(少し丁寧な命令)
動詞の連用形に接続。語源は「なさい」の転化したもの。
  • 「騙されたと思って、食いなさい」→「騙されたと思うて、食いない」
  • 「てんない」(少し丁寧な命令)
動詞の連用形に接続。接続助詞「て(で)」+「なさい」がつづまり、転化したもの。

「ない」の部分が省略され、語尾に「てん」だけが現れることもある。

  • 「騙されたと思って、食ってみなさい」→「騙されたと思って、食うてんない」
  • 「てんしゃい」「でんしゃい」(丁寧な命令)
動詞の連用形に接続。接続助詞「て(で)」+「見なさい」がつづまったものである。
  • 「ちょっと来てみなさい」→「ちいと来てんしゃい」
  • 「ちゃる」「じゃる」
接続助詞「て(で)」に補助動詞「やる」が接続したもの。口蓋音化し「ちゃる」「じゃる」という音に変化する。さらに、終止形、連体形では「る」が落ち、全体として「ちゃー」「じゃー」と発音されることがある。
ナ行文末詞
  • 「〜な」
  • 「あれやね。」→「あれやな。」
  • 「先輩も来るよね。」→「先輩も来るよな。」
  • 「この教室は寒いね。」→「この教室は寒かな。」
  • 「あの先生の授業は、みんな静かだね。」→「あの先生の授業は、みんな静かかな。」

助動詞[編集]

  • 「〜きる」{五段活用} (動詞の連用形に接続)
自らにそれをする能力があることを表す。
  • 「お前、泳げないのか?」「いや、危ないから泳がないだけだよ」→「お前、泳ぎきらんとや?」「いんにゃ、危なかけん、泳がんだけたい」
  • 「俺、英語を書けるよ」「俺、英語ば書ききぃとばい」
  • 「〜る」「〜らる」{下二段活用} (動詞の未然形に接続)
自らの能力に拘わらず、天候、法的拘束力、人間関係における力などで禁止されないからすることが出来ることを表す。
  • 「今日、水泳の授業をするんですか?」「ない。雨の降るのはいいんだけど、雷が鳴っているから…」→「今日、水泳あるとですか?」「なか。雨の降るたーよかとばってん、雷の鳴りようけんが…」
  • 「貴様、いつまでも中学生でいられるとでも思うなよ」→「きさん、いつまんでん中学生でおらるーとでん思うなよ」
  • 「やった」(打ち消しの助動詞「ん」について過去をあらわす)
  • 「見なかった」→「見らんやった」
  • 「しなかった」→「せんやった」

語彙[編集]

名詞[編集]

  • 「おいしゃん」…伯父さん・叔父さん・小父さん。苗字、または地名を冠して「佐藤のおいしゃん」「中洲のおいしゃん」などと呼ぶ。
  • 「がと」…〜の分。例えば「300円分買って来なさい」は「300円がと買うて来んしゃい」となる。
  • 「かったりこうたい」…交互に。交代交替。[1]
  • 「かべちょろ」…ヤモリ。
  • 「きさん」…貴様。
  • 「ど (ん) べ」…最下位。
  • 「こす」…こすいこと。
  • 「せこ」…せこいこと。
  • 「ちかちか」…チクチク
  • 「へこ」…ふんどし
  • 「てぬぐい」…手拭
  • 「ごりょんさん」…主婦。
  • 「さん・のー・がー・はい」…掛け声。他の地域では、いっ・せー・のー・で等。

動詞[編集]

  • 「あせがる」{ラ行五段} …急ぐ。
  • 「いぼる」{ラ行五段活用} …田んぼで足が沈む。
  • 「いける」{カ行下二段} …未だ食うことが出来る。
  • 「おっせこっせする」{サ行変格活用} …時間に追われてバタバタする。
  • 「おろたえる」{ア行下一段活用} …うろたえる。
  • 「かく」{カ行五段活用} …山笠を担ぐ。
  • 「ぐぜる」{ラ行五段} …駄々をこねる。
  • 「くらす」 {サ行五段} …殴る。(「喰らわす」から)
  • 「くちのまめらん」{ラ行五段}…呂律が廻らない。
  • 「おらぶ」{バ行五段} …叫ぶ。
  • 「かたる」{ラ行五段} …仲間に入れる。
  • 「からう」{ワ行五段} …背負う。
  • 「ちゃげる」{ラ行五段} …壊れる。
  • 「きびる」{ラ行五段} … (紐などで) 縛る、束ねる。
  • 「こまめる」{マ行下一段} …両替で金銭を細かくする。
  • 「こえる」{ア行下一段} …太る。
  • 「こぎる」{ラ行五段} …値切る。
  • 「こずむ」{マ行五段} …積み上げる。
  • 「…ばつんのうて」…と一緒に。
  • 「しかぶる」{ラ行五段} …小便を漏らす。
  • 「ずんだれる」{ラ行下一段} …だらしない。
  • 「ぞろびく」{カ行五段} …引きずる。
  • 「たまがる」{ラ行五段} …びっくりする。
  • 「たれかぶる」{ラ行五段} …大便を漏らす。
  • 「なおす」{サ行五段} …片付ける。仕舞う。
  • 「なんかかる」{ラ行五段} …寄り掛かる、もたれる。
  • 「ねぶる」{ラ行五段} …舐める。
  • 「ねまる」{ラ行五段} …腐る。
  • 「のうならかす」{サ行五段} …なくす。
  • 「ふとらかす」{サ行五段} …育てる。
  • 「ねぶりかぶる」{ラ行五段} …うとうとする
  • 「ぱげる」{ガ行下一段} …壊れる、故障する。
  • 「腹かく」{カ行五段} …腹が立つ、苛立つ。
  • 「はわく」{カ行五段} …ほうき等で掃く。
  • 「ほがす」{サ行五段} …穴を開ける、穿孔する。
  • 「ほげる」{ガ行下一段} …穴が開く。
  • 「ほとびらかす」{サ行下二段} …ふやかす。
  • 「またごす」{サ行五段活用} …またぐ。
  • 「まどう」{ワ行五段} …弁償する。
  • 「まる」{ラ行五段活用} …排泄する。
  • 「もやう」{ワ行五段活用} …共有する。

形容詞・形容動詞・副詞・連体詞[編集]

  • 「あげな」{連体} …あんな。語源は「あ」+「が」+「やうなる」
  • 「あげん」{副} …あんなに。あんなふうに。「あ」+「が」+「やうに」
  • 「おおまん」{形動} …適当。気ままで我が儘だ。
  • 「からい」{形・ク} …塩辛い。しょっぱい。
  • 「きない」{形・ク} …黄色の。鶏卵の黄身は「きなみ」と呼ぶ。「あのきないとは何な?」
  • 「こまい」{形・ク} …小さい。細い。
  • 「しゃあしい (か) 」(語源は「せわし」)「じゃかしい (か) 」「せからしい (か) 」{形・シク} …うるさい、騒がしい。「そわそわすんな。しゃあしかぞ」[共通語訳]「そわそわすんな。気が散る。」
  • 「しゃばい」{形・ク} …体が細くて、頼りない。
  • 「しょんない」{形・ク} …仕方ない。
  • 「しかたもない」{形・ク} …1. くだらない。どうでもいい。2. 期待して損する。
  • 「ちゃくい」{形・ク} … 横着な、不誠実な、ずるい。「横着な」が短縮されて形容詞になったもの。例えば「あいつちゃくくねぇ?」[共通語訳]「あいつ、横着じゃない?」となり、意訳して「あいつむかつく」となる。
  • 「ちっこい」…小さい。
  • 「つまらん」「つぁーらん」…「駄目だ」。1. 不許可を表す。「食べたら駄目だ」は「食うたらつぁーらん」2. 「くだらない」「面白くない」の意味で用いる。3. 「駄目になる」は「つまらんごとなる」となる。
  • 「つまるもんかい」 …「良いはずがない」[共通語訳]「良いわけないだろうが」
  • 「いっちゃん」{名} … (副詞的に) 一番。「今日学校にいっちゃん早う着いたばい」
  • 「いっちょん」{副} … (否定語を伴って) 少しも。全然。「弓道やらいっちょんしきらん」「いっちょん好かん」[共通語訳]「これっぽっちも好きじゃない」「大嫌い」という意味になる。
  • 「えずい」{形・ク}怖い。
  • 「さっちが」「しゃっちが」{副} … (不快を含めて) 必ず。いちいち。「さっちが明日もこないかんとね?」
  • 「すいい」{形・ク} …酸っぱい。
  • 「そげな」{連体} … そんな。「そ」+「が」+「やうなる」
  • 「そげん」{副} … そんなに。そんなこと。そんなふうに。「そ」+「が」+「やうに」
  • 「ちかっぱい」{副} …力一杯の省略形。
  • 「ちかっぱ」{副} …ちかっぱいの省略形。
  • 「どげな」{連体} … どんな。
  • 「どげん」{副} … どんなに。どう。どんなふうに。
  • 「なし」「なして」{副} …なぜ、どうして。
  • 「なんやかや」{副} …あれこれ (言う) 。
  • 「ばり」{副} …とても。凄く。
  • 「ぱき」{副} …「ばり」を強めた言い方。「ちかっぱ激」の省略形。
  • 「ふとい」{形・ク} …大きい。太い。
  • 「やわい」{形・ク} …柔らかい。「やおうする」
  • 「いたらん」{連体} …余計な。多くは「いたらんこと (するな / 言うな) 」の形で使用される。
  • 「なんかなし」{副} …とにかく。「なんかなし、電子辞書ば使わんで紙の辞書ば使うて見れ」
  • 「ふてえがってえ」{感動} 驚いた時に発する。[1]
  • 「よしれん」{連体} …得体の知れない。つまらない。「よしれんものば〜」[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 余り使われない。
  2. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 9 九州地方の方言』国書刊行会、1983年、71頁-72頁
[ヘルプ]

関連項目[編集]

博多弁を使う芸能人[編集]

博多弁が使われる漫画など[編集]

外部リンク[編集]